記事ID145793のサムネイル画像

    【ブラタモリ】林田理沙アナが結婚?山田孝之との関係や実家も!

    かわいいと話題のNHKアナウンサー「林田理沙」。現在30歳の彼女に結婚の噂がでています。彼氏かと言われている山田孝之との関係は?また実家がお金持ちで彼女の学歴がスゴイ!という噂も調査してみました。林田理沙の出演番組や卒業番組も一緒にご紹介します。

    ブラタモリ卒業の林田理沙アナと山田孝之との関係は?

    NHK女子アナウンサー、ブレイクへの登竜門とも言われているブラタモリでアシスタントをつとめてきた林田理沙アナウンサーが3月に番組を卒業しました。

     

    かわいいと評判で、人気のある林田理沙アナウンサーですが、俳優の山田孝之さんと熱愛の噂が?また実家がお金持ちで彼女の学歴がスゴイ!という噂も調査してみました。

     

    最後までお付き合いくださいね。

    林田理沙のプロフィール

    • 本名(ふりがな):林田理沙(はやしだ りさ)
    • 生年月日:1989年12月19日
    • 現在年齢:30歳
    • 出身地:長崎県
    • 血液型:未公開
    • 身長:未公開
    • 活動内容:アナウンサー(報道・情報・バラエティー)

     

     

     

    NHKアナウンサー

    2014年にNHKにアナウンサーとして入社しました。最初の配属は長崎放送局でした。

     

    同年6月4日にラジオニュース、6月9日にはテレビのお昼のニュースで、それぞれ初出演しました。2年後、福岡放送局へ異動し、更に2年後の2018年春に東京アナウンス室へ異動しました。

     

    東京アナウンス室へ異動してから、今年の3月まで『NHKニュースおはよう日本』でキャスター、『ブラタモリ』でアシスタントをつとめました。

    かわいいと評判

    「ブラタモリ」で人気が出始めた彼女は、笑顔がかわいくリアクションも良く、癒されると視聴者から好評で、NHKの人気アナウンサーの一人です。

    身長と体重・血液型は?

    人気アナなので、身長や体重が気になる人は多いようですが、それらは公表されていません。

     

    しかし、福岡放送局所属時代に番組で共演することになった井上二郎アナウンサーが、「(前任の)近江アナとは身長差が30センチと言っていましたが、更に3センチほど拡大しました。」とコメントしたことがあり、井上二郎アナウンサーは186センチとのことなので、林田理沙アナウンサーは153センチだと判明しました。

     

    また血液型は、真面目な性格がうかがい知れるのでA型なのではないかと言われてます。

    近江友里恵に似てる?

    同じNHKアナの近江友里恵アナウンサーに似てると言われることがあるようですが、林田理沙アナウンサーの方が顔が細く顔もそこまでは似ていないと思われます。

     

    似ていると言われる一因としては、「ブラタモリ」の後任を、林田理沙アナウンサーが近江友里恵アナウンサーから引き継いだことにもありそうです。

    結婚の噂について

    NHKで人気アナウンサーの一人である、林田理沙アナウンサーに結婚の噂が出回っています。詳しく見ていこうと思います。

    山田孝之との交際の噂

    林田理沙アナウンサーをネットで検索すると、サブキーワードに結婚や山田孝之さんと出てきます。

     

    結婚の噂も出ていたため、山田孝之さんと熱愛かと憶測されたりしましたが、山田孝之さんは既婚で、2人は2018年から2020年3月まで放送された「植物に学ぶ生存戦略」での共演者だっただけです。

     

    『結婚』に関しては、林田理沙アナウンサーが結婚しているのか知りたい人がサブキーワードに入れ、『山田孝之』に関しては、共演番組のことを調べたい人がサブキーワードとして入れ、それらが並んだ際、「山田孝之と結婚?」と結びつけて考えてしまった人が出たようです。

    現在も独身!

    山田孝之さんとはただの共演者で、その他には彼氏などの噂は全く報道はされておらず、また結婚したという報告も無いため、現在も独身であると考えられます。

    林田理沙のスゴイ学歴

    続いては林田理沙アナウンサーの少し異色の学歴について見ていこうと思います。

    東京芸術大学大学院卒業

    林田理沙アナウンサーは、東京芸術大学学楽理科を卒業して、同大学院音楽研究科を修了しています。

     

    東京芸術大学は音楽の東大と言われるほどのレベルで、楽理科はピアノなどの実技よりもペーパー試験が重視されているのだそうです。

     

    東京芸術大学の卒業生には、野村 萬斎さん、石丸 幹二さん、坂本 龍一さん、葉加瀬 太郎さんなど各ジャンルの第一線で活躍している人が多数います。

    絶対音感の持ち主

    林田理沙アナウンサーは、4歳からピアノを始めており自らのプロフィールにも特技が絶対音感であることを公表しています。

     

    『ブラタモリ』では、ドビュッシーの「月の光」をグランドピアノで演奏したこともありました。また、その後、突然譜面を目の前に置かれ、さっと見渡しただけで「あ~なるほど!」とそのフレーズを察し、番組でお題が出される時に流れる“効果音”を初見で演奏しました。

    出身高校

    出身高校は、幼稚園から高校まで湘南白百合学園です。「従順・勤勉・愛徳」を校訓とした女子教育を行う私立のカトリックの学校で卒業生の多くは名門私大に進学する名門校です。

     

    卒業生には、医師でタレントの西川史子さんや元フジテレビアナウンサーの大島由香里さんなどがいます。

    実家がお金持ちの噂は本当?

    小さい頃からクラシックバレエを習っていた事や、幼稚園から私立に通っていたこと、ピアノを習っていた事から、裕福な家庭で育ったのではないかと言われています。

    林田理沙「ブラタモリ」卒業!

    林田理沙アナウンサーは、東京アナウンス室に異動してきてから、ブラタモリのアシスタントをつとめてきましたが、この春に卒業しました。

     

    ブラタモリでの活躍を見ていこうと思います。

    「ブラタモリ」アシスタント

    2018年4月から東京アナウンス室に異動してきて、番組『ブラタモリ』のアシスタントとして就任しました。

     

    素直で真面目な性格で、林田理沙アナウンサーを応援する人も多く、この番組で知名度が上がり人気が出始めました。

    『ブラタモリ』でのエピソード

    『ブラタモリ』では、身体をはったロケをこなしたり、様々な事に挑戦してきた林田理沙アナウンサーですが、比叡山にロケに行った際には、まじめな一面が見えました。

     

    おみくじを引くため訪れた「元三大師堂」では、おみくじを引く前に具体的な悩みを書かなくてはいけないのだそうで、林田理沙アナウンサーは、「ブラタモリで、もっと積極的に行動するべきかどうか」を悩んでいると話しました。

     

    「番組を盛り上げるために研究したり考えたりして、積極的に発言したり行動した方が良いんじゃないかっておっしゃる方もいて…」とも話しており、人気番組だからこそいろいろ言う人も多いようです。

     

    するとタモリさんからは「そんなことする必要ない」と、林田アナにアドバイスが送られました。

     

    視聴者からも「変わらないで」「そのままの林田アナでいて」という声がたくさんあがりました。

    2020年3月ブラタモリ卒業

    林田理沙アナウンサーは、2020年3月にブラタモリを卒業しました。

     

    オープニング時に、タモリさんから「林田アナウンサーはこれが最後になります。長い間ありがとうございました」とねぎらいの言葉が送られました。

     

    林田理沙アナウンサーは「そうなんです。2年間、本当にありがとうございました。今日が最後になってしまうと思うと本当に寂しいんですけどとしみじみ答え番組が始まりました。

    タモリからもねぎらいの言葉

    エンディングでは、林田理沙アナウンサーは「終わっちゃったんですね。」と涙ぐみ、タモリさんが「ご苦労さまでした」と労うと「この2年間の思い出を抱き締めて、一生生きていきます。ありがとうございます」と感謝し、頭を下げました。

     

    タモリさんは最後に「ご出世なさいませ」とエールを送りました。

    現在「首都圏ネットワーク」メインキャスター

    ブラタモリ卒業後すぐに「首都圏ネットワーク」のメインキャスターとして4月から頑張っています。

     

    首都圏ネットワークは、全国放送ではないので林田理沙アナウンサーの姿を毎週見れなくなった人は多く、残念がる声があがっています。

    林田理沙は独身で絶対音感を持つアナウンサー

    NHKアナウンサーの林田理沙アナについてご紹介してきました。

     

    東京芸術大学大学院卒業で、絶対音感を持つ、少し異色のアナウンサーで、素直でまじめな性格で人気がありました。

     

    現在30歳なので、今後、結婚などの話題が出るかもしれませんね。最後までお付き合いいたっだきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ