記事ID148869のサムネイル画像

    「クズの本懐」のあらすじやキャラは?名言や感想は?ドラマもある?

    アニメ化されドラマにもなっている『クズの本懐』。なにやらドロドロとした人間模様が想像できるタイトルですが、一体どういった作品なのでしょうか。そこで今回は、『クズの本懐』についてあらすじやキャラ、名言などについて迫ってみたいと思います。

    「クズの本懐」とは何のこと?

    2017年にアニメ化され、同年にテレビドラマ化もされた漫画「クズの本懐」。そんな「クズの本懐」がどんな雑誌に掲載されたのか、アニメ化だけでなくwebラジオも放送されたそうですが、どんなラジオだったのかなどを調べてみました。

    横槍メンゴの漫画

    「クズの本懐」は、横槍メンゴさんの漫画で、『月刊ビッグガンガン』で2012年のVol.10から2017年のVol.4まで連載されました。その後、2017年のVol.12から2018年のVol.6まで同誌に番外編「クズの本懐 decor」が連載されました。

     

    横倉メンゴさんは、三重県出身の漫画家で2009年に『マガジン・ウォー』(サン出版)に掲載された「真剣☆Hゼミ!」でデビュー。同誌を中心に成人向け漫画を執筆していましたが、2010年に『COMICすもも』(双葉社)で「はるわか」の連載を開始してからは主に青年漫画雑誌で活動中。「クズの本懐」は、横倉さんの代表作と言われています。

    テレビアニメを放送

    「クズの本懐」のアニメは、2017年1月12日より3月まで、フジテレビ『ノイタミナ』枠にて全12話が放映されました。声の出演は、ヒロインの安楽岡花火を安済千知佳さん、花火の彼氏を演じる粟屋麦を島崎信長さんが担当しました。

    webラジオも放送

    インターネットラジオ配信サイト『音泉』で「クズの女子会」が2016年1月5日から4月13日まで毎週木曜日に配信されました。パーソナリティは、アニメの安楽岡花火役の安済知佳さんと鴎端のり子役の井澤詩織さんでした。

    「クズの本懐」のあらすじがヤバい?

    「クズの本懐」がどんな設定の物語なのか?「クズの本懐」の序盤から中盤、終盤、そして結末に至るまでのストーリー展開を調べてみました。

    あらすじの概要

    一見すると利用のカップルに見える高校2年生の安楽岡花火と粟屋麦。でも、2人にはある秘密がありました。それは、互いに別々の人を恋していて、その寂しさを埋めるために恋人のフリをするということでした。

     

    お互いを好きにならないこと、どちらかの恋が実ったら別れること、そしてお互いの身体的な欲求にはどんな場合も受け入れることを条件に付きあっているフリを始めますが…。

    序盤のあらすじ

    高校2年生の安楽岡花火は、幼い頃から慕っていて、今は自分が通う高校の教師となった鐘井鳴海に恋していますが、鐘井は同じ教師で同僚の皆川茜に恋していました。花火は、ある時、同じ高校に通う同学年の男子、粟屋麦と関わり、彼が皆川に恋していることを知ります。

     

    鐘井と皆川は互いに距離を縮めて行くようで、互いに叶わぬ恋をしている安楽岡と粟屋は、お互いに似たところがあると思い、異性としての興味はなくても、お互いを「好きな人の身代わり」として、軽い接触のエロティックな関係を持つようになっていきます。

     

    安楽岡は、粟屋と付き合っているように装うことで、彼女の幼馴染みで粟屋に恋心を抱いていた鴎端のり子に目の敵にされてしまいます。

    中盤のあらすじ

    安楽岡は、粟屋に最初は恋愛感情を抱いていませんでしたが、肉体的接触が増えるにつれ、ほのかに好意的な感情が芽生えていきます。粟屋も安楽岡に対して同様な感情が芽生えていきますが、安楽岡の幼い頃からの知り合いで鐘井が好きな鴎端が絡んで来たり、安楽岡を好きな絵鳩早苗が絡んできたりします。

     

    性的なモラルが少々乱れている皆川は、鐘井といい感じになりながらも、安楽岡から粟屋をも奪ってしまいます。

    終盤からのあらすじ

    安楽岡は、結局、鐘井への思いは届かず、粟屋も皆川への思いも届くことはなく、恋は実りませんでした。そして、鐘井と皆川は結婚してしまいます。

    結末はどうなった?

    8巻の47話・最終回。

     

    皆川にフラれてしまった粟屋と久しぶりに会った安楽岡。2人は、偽りの交際を始めた頃のことを思いだします。安楽岡は、もう一度、そんな交際を続けられないかと思いますが、粟屋の答えは「ゴメン」。もう、互いに付きあうことができないんだと思う安楽岡でした。

     

    その後、卒業式の日、帰ろうとした安楽岡は下駄箱の前で粟屋と出会います。安楽岡は「あのね、私…麦に出会えてよかったなぁ」と笑顔を粟屋に向けます。見つめ合い、そしてハグする安楽岡と粟屋。

     

    互いに心の中では「離さないでほしい、終わりたくない」と思いました。でも、「さよなら」とお互いの身体を離します。それは、偽りではなく、本物の相手を探すため…。

    「クズの本懐」にはどんなキャラがいる?

    「クズの本懐」には、どんなキャラクターが登場しているのか、メインとなるキャラクターたちの何人かを紹介しましょう。

    安楽岡 花火

    安楽岡 花火(やすらおか はなび)。表向きは粟屋麦と付き合っているが、本当は担任の教師鐘井鳴海に恋心を抱いている美少女。家庭的で前向きな性格で、成績も優秀。優等生を演じているが、粟屋と2人でいるときは、本音のままに振る舞っている。

    粟屋 麦

    粟屋 麦(あわや むぎ)。安楽岡花火の彼氏を演じているが、本心では中学時代に家庭教師をしてくれた皆川茜に片思いしている。色白でサワサラ髪の容姿で、友人からモテると評されている。

    鐘井 鳴海

    鐘井 鳴海(かない なるみ/画像右側)。安楽岡花火のクラスを担任する教師。担当は国語で性格は温厚。安楽岡とは、幼い頃からの付き合いで、妹のように思っている。安楽岡の好意には気づいておらず、同僚の皆川茜に恋心を抱いている。

    皆川 茜

    皆川 茜(みなかわ あかね)。安楽岡や粟屋の通う高校に勤務する音楽教師。粟屋の中学時代の家庭教師である。清楚な容姿から生徒の人気は高いが、その清楚な容姿に反して性的なモラルが少々乱れている。

    絵鳩 早苗

    絵鳩 早苗(えばと さなえ)。安楽岡花火の友達で美人。安楽岡から「えっちゃん」と呼ばれている。同性である安楽岡に好意を寄せていて、彼女と粟屋の関係に疑問を抱いている。

    「クズの本懐」に名言があるの?

    「クズの本懐」には、印象に残るセリフがいろいろ出てきます。「クズの本懐」の名言の投票ランキング・サイトもあります。そんな「クズの本懐」の名言を紹介しましょう。

    「あなた以上の人なんて、どこにもいないよ」

    1巻・1話に出てくる言葉。高校2年生の7月、安楽岡花火は、幼馴染みでお兄ちゃんと慕っていた鐘井鳴海を想って放つ言葉です。

    「お互いがお互いの、掛け替えのある…恋人」

    普通なら「掛け替えのない=代替え不可能」とされる言葉が「掛け替えのある=代替え可能」と変わっているところがポイントの言葉です。

     

    安楽岡と粟屋は付きあっているフリをしていて、それぞれ本命の相手が他にいます。それで「私たちは付きあっている。でもお互いがお互いの掛け替えのある、恋人」となるわけです。

    「興味のない人から向けられる行為ほど」

    安楽岡が、告白してきた男子を1週間ほったらかしにしたあげく放つ言葉です。ある意味で本質を突いた言葉ですが、ちょっと衝撃的な言葉でもあります。

    「努力したって」

    「クズの本懐」名言・名場面ランキングサイトで2位になった安楽岡が放った言葉が「努力したって報われないのは、恋だけ。だから嫌いだ、恋なんて」

    ツイッターにbotがある

    ツイッターに、「クズの本懐名言集bot」があり、原作漫画やアニメの名言を呟いていて、現在1.5万ほどのツイートがあります。

    「クズの本懐」にはどんな感想がある?

    「クズの本懐」を読んだ読者が、どんな簡素を抱いたのか、『めちゃコミック』サイトに掲載されているレビューや感想から主なものをとりあげてみました。

    花火には麦と幸せになってほしかった

    お互いに別の人が好きなのに、カモフラージュするために付きあっている安楽岡花火と粟津麦。

     

    「目の前の等身大の異性、花火ちゃんは麦くん、麦くんは花火ちゃんに正面から向き合えば人生変わるのにね。」の感想の後、「花火ちゃんには麦くんと幸せになって欲しかった」と綴られた意見がありました。

    ドロドロ感はあまりなかった?

    「もっとドロドロになってもよさそうな設定なのに、ドロドロ感は全然、全く感じなかった。」という感想もあります。理由は、「絵はかわいいんだけど、あっさりしているというか描写力がいまいち。無表情が多い。」や「期待したほどのクズがいなくて残念」ということだそうです。

    ハッピーエンドで嬉しかった

    「なんか、ドロドロしているんですけど最後はなんか、みんなスッキリしててハッピーエンドで嬉しかったです!」という感想もあります。そして「エロい話もあるんだけど、友情や青春、純愛もあってお腹いっぱいな作品でした」と綴られています。

    幸せになっていきそうな感じが良い

    「「クズの本懐」番外編で、安楽岡花火と粟津麦が再会を果たし、幸せになっていきそうな感じが良かったです」というファンの声があります。安楽岡と粟津の成り行きが気になる人が多いようです。

    実写ドラマは制作されている?

    「クズの本懐」は、アニメ化されただけでなく、実写ドラマも制作されています。いつ頃制作され、誰が出演しているのかなどを調べてみました。

    2017年にテレビドラマ化

    「クズの本懐」の実写ドラマは、2017年1月よりFOD(フジテレビオンデマンド)の配信ドラマとして先行公開の後、同年、フジテレビで1月19日~4月6日(毎週木曜・深夜1:55)に放送されました。

    主要キャストについて

    ドラマ版の安楽岡花火役は吉本実憂さん、粟津麦役は桜田通さん、鐘井鳴海役は水田航生さん、皆川茜役は逢沢りなさん、絵鳩早苗役は池上砂理衣さん。

    FODで全話配信中

    実写ドラマ版「クズの本懐」は、FOD(フジオンデマンド)で現在も全話配信中です。2週間は無料トライアルとなり、それ以降は月額976円かかります。

    今も読まれているエロティック純愛ストーリー「クズの本懐」

    2012年に漫画連載が始まり、その後アニメや実写ドラマになった「クズの本懐」。ちょっとエロい描写がありながらも、ビビッドな青春ドラマとして漫画ファンの心に響く作品のようです。まだ読んでいないって漫画好きなら、早速手に入れて読んでみるのも良いかもしれませんよ。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ