記事ID148711のサムネイル画像

    福島弓子の旦那はイチロー!年齢や経歴は?馴れ初めや子供は?現在は?

    TBSのアナウンサーとして活躍していた福島弓子の旦那は球界のレジェンドであるイチローです。そこで今回は、福島弓子の年齢や経歴について紹介します。また、彼女のイチローとの馴れ初めや子供などについても迫ってみたいと思います。

    福島弓子のプロフィール

    • 本名(ふりがな):鈴木 弓子(すずき ゆみこ)
    • 生年月日:1965年12月10日
    • 現在年齢:56歳
    • 出身地:島根県松江市
    • 血液型:O型
    • 身長:163cm
    • 活動内容:元TBSアナウンサー
    • 家族:夫(イチロー)

    旦那はイチロー

    元TBSアナウンサー・福島弓子さんの夫は、元野球選手でメジャーリーグ・ベースボールでも活躍したイチローさんです。福島さんは、イチローさんからのプロポーズを受け結婚しました。

     

    ●イチローのプロフィール

    • 本名(ふりがな):鈴木 一朗(すずき いちろう)
    • 生年月日:1973年10月22日
    • 現在年齢:48歳
    • 出身地:愛知県西春日井郡豊山町
    • 血液型:B型
    • 身長:180cm

    年齢は何歳?

    福島弓子さんは、島根県松江市で1965年12月10日に生まれているので、現在年齢は56歳です。彼女には1962年1月生れの3歳上の姉がいて、姉はフリーアナウンサーで経営アドバイサーとしても活動している福島敦子さんです。

     

    福島さんの実家は、島根県で創業は明治とも言われる老舗の造船業を営んでいるそうで、彼女は社長令嬢と言えます。

    福島弓子は若い頃からどんな経歴?

    福島弓子さんは、慶應義塾大学文学部を卒業後、1989年にアナウンサーとしてTBSに入社し、1999年に退社するまで約10年間、様々な番組に出演しました。そんな彼女のアナウンサー時代の出演番組やTBS退社後の活動を調べてみました。

    TBSに入社

    福島弓子さんは、1989年4月にTBSにアナウンサー第25期生として入社しました。同期には、小林豊さん、斎藤哲也さん、小笠原保子さん、原山理一郎さんがいます。

    報道や情報番組の司会

    福島弓子さんは、TBS入社後は、バラエティ番組『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』『三宅裕司のぎゃっぷウォーズ』『クイズランチ』、報道情報番組『JNNニュース1130』のサブキャスター、『ザ・フレッシュ』『オンタイム』『世界かれいどすこうぷ』などの司会を務めました。

     

    スポーツ分野では、『JNNスポーツ&ニュース』や『JNNニュースの森』のスポーツコーナーに出演し、長野オリンピックの現地キャスターなどを歴任しています。

     

    1990年頃から1998年までは、小堺一機さんと関根勉さんがパーソナリティを務めるTBSラジオ番組『コサキンDEワァオ!』に度々ゲスト出演しました。番組では、「ユミー」と呼ばれるなど、出演者・スタッフ・リスナーに親しまれました。

     

    他にゲームソフト「スーパーパワーリーグ2」(ハドソン)にキャスターとして声の出演をしたこともあります。

    TBSを退社

    福島弓子さんは、1999年1月にイチローさんからのプロポーズを受けた後、同年3月にTBSを退社しました。退社後は、フリーアナウンサーとしての活動はしていないようです。

    実業家として活躍

    福島弓子さんは、TBS退社後は、専業主婦に徹していたようですが、2005年に、夫のイチローさん、弓子さん、それに飼い犬の一弓(いっきゅう)の3者のイニシャルの頭文字を取った資産管理会社「IYIコーポレーション」を設立し、不動産投資などでかなり成功したそうです。

     

    また、シアトルで美容サロン「エン サロン」の経営に携わるなど、実業家として活動しました。

    イチローとの馴れ初めはどうだった?

    福島弓子さんの旦那はイチローさんですが、2人はどこで出会い、愛を育んだのか?また結婚式はどこで行ったのかなど、2人の結婚について調べてみました。

    8歳年上

    イチローさんは1973年10月22日生まれで、福島弓子さんは1965年12月10日生まれですから、福島さんはイチローさんより8歳年上になります。

    ラジオ番組で出会う

    1995年の暮れから数回にわたってTBSラジオで放送された『イチローの気持ちはいつもフルスイング』で、オリックス・ブルーウェーブの選手だったイチローさんはパーソナリティを務めましたが、その番組でアシスタントを務めたのが福島弓子さんでした。

     

    この仕事で出会ったのが2人の交際のきっかけだったそうです。

    インタビューに指名するようになる

    福島弓子さんとイチローさんがラジオ番組で共演したことをきっかけに、テレビ番組でも対談したほか、TBSがイチローさんにインタビューを行うときは、彼の方からインタビュアーに彼女を指名するようになりました。

    1999年1月にプロポーズ

    福島弓子さんとイチローさんは、取材する側と取材される側という立場を超え、個人的に交際するようになったそうです。そして、1999年1月にイチローさんが彼女にプロポーズしました。

    サンタモニカで挙式

    福島弓子さんとイチローさんは、1999年12月3日にアメリカ・サンタモニカ近郊にあるチャペルで挙式を行いました。式には、16名の親族が立ち会ったそうです。

     

    式を終え、帰国後の会見では、イチローさんは新妻・福島弓子さんのことを「話すリズムとか価値観とか同じ空間にいて心地よく感じた」と話し、福島さんはイチローさんのことを「信頼感のある方と思った」と話しました。

    福島弓子に子供はいるの?

    福島弓子さんとイチローさんは結婚して20年以上になりますが、2人の間に子供がいるのかどうかなど、子供に関することを調べてみました。

    子供はいない

    福島弓子さんとイチローさんの間に子供はいません。子供を望んでいないわけでもなく、イチローさんがインタビューで「欲しいと思っているけどなかなか子供ができない」と答えたことがあります。

    不妊治療をしていた?

    福島弓子さんが、アメリカのシアトルにある不妊治療で有名な病院に通っていると週刊誌で報じられたことがありますが、実際に通っていたのかどうか真偽のほどは不明です。

     

    イチローさんが「子供が出来たらキャッチボールをしたい」と話したことがあるそうで、ひょっとしたら福島さんはイチローさんのそんな思いをくみ取り不妊治療を受けていたのかもしれません。

    イチローが野球に打ち込んでいたから?

    福島弓子さんとイチローさん夫婦に子供が出来なかったのは、イチローさんがストイックに野球に打ち込んでいて、福島さんも彼に「野球一筋に歩んでほしい」と思い、それで出来なかったのではとも囁かれています。

    愛犬を溺愛中!

    福島弓子さんとイチローさん夫婦は、「一弓(いっきゅう)」という名の柴犬を飼っていて、我が子のように溺愛していました。名前の由来は、一郎の「一」と弓子の「弓」から来ていて2001年生まれです。

     

    でも、一弓はイチローさんが現役引退した2019年の夏に17歳で天国に召されました。柴犬の一般寿命は12歳~15歳と言われていますから、一弓の年齢は人間でいうと100歳を超えることなります。だから、天寿を全うしたと言えるでしょう。

     

    その後、一弓の祖父・長天坊の血統を継ぐ1歳の姉弟の犬を迎え入れたそうです。姉の名は「姫弓(ききゅう)」で弟の名は「天郎(てんろう)」だそうです。

    福島弓子は現在どうしている?

    福島弓子さんは現在はどこで暮らしているのか?また、がんの噂がありましたが本当にそうだったのかなど、現在の福島さんに関することを調べてみました。

    シアトル在住

    夫であるイチローさんが、現在シトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めているので、福島弓子さんもシアトル在住であると思われます。

     

    過去には、イチローさんがメジャーリーグ選手時代は、彼のヤンキースなどへの移籍に伴い、ニューヨークやマイアミで生活していたこともあります。

    がんの噂

    福島弓子さんが、がんのステージ4だという噂がありました。福島さんとイチローさん夫婦に子供ができないのは、そのせいだったのではとも噂されたようですが、この噂は全くのデマでした。

     

    なぜ、こんなデマが流れたのかは不明です。

    サロンは売却している

    福島弓子さんは、シアトルで美容サロン「エン サロン」を経営していたことがありますが、選手時代の夫・イチローさんの移籍に伴い、別の日本人美容師に譲り手放しているそうです。

    夫・イチローを支えて静かに暮らす福島弓子

    夫・イチローさんを支え、愛犬たちと静かに暮らしていると思われる福島弓子さん。子供には恵まれませんでしたが、これからも夫婦仲良く、互いにいたわり合いながら2匹の愛犬と共に日々を送っていくようですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ