記事ID148671のサムネイル画像

作家・生島マリカの生い立ちやプロフィールは?現在(2022)は?

壮絶な人生を歩んできた作家の生島マリカ。彼女はどういった生い立ちの持ち主なのでしょうか。そこで今回は、生島マリカの生い立ちやプロフィールについて迫ってみたいと思います。また、彼女の現在についてもお伝えします。

生島マリカとは誰なの?

本人の経験をもとに執筆したデビュー作が話題となった生島マリカさんをご存知でしょうか?

芸能関係の方ではありませんが、テレビ出演の経験もありご存知の方も多いかも知れません。

今回は生島マリカさんについて調査をしまとめました。

 

ごゆっくりご覧ください。

自伝で有名になった作家

生島マリカさんは、2015年に自伝『不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私』で注目された作家さんです。

内容もかなり刺激的で印象に残った方も多いはず。

 

Wikipediaにもプロフィールがないので詳しいことは分かりませんが、1971年生まれのようです。

お顔はハーフみたいな顔立ちでした。

僧侶でもある

ホステスをしていた経験のある生島マリカさんですが、2012年に僧侶となったことを報告しています。

真言宗某寺にて得度したとのこと。

清原和博と交際していた!

22歳の頃に、北新地のクラブで働いていた頃に元プロ野球選手の清原和博さんに口説かれた生島マリカさん。

そして、1年半ほど交際していたことを明かしています。

 

現在でも清原和博さんと交流はある模様です。

生島マリカさん自身のSNSでご飯を共にしたことを報告しています。

すごい人とお付き合いをしていたのですね!

【清原和博さんの簡単なプロフィール】

  • 名前:清原 和博(きよはら かずひろ)
  • 生年月日:1967年8月18日
  • 出身:大阪府岸和田市
  • 元プロ野球選手(内野手、右投右打)
  • 現在は、野球評論家、タレント、YouTuber

 

高校野球の甲子園大会での通算本塁打数の最多記録保持者(13本)

1986年から2008年までの23年間、プロ野球選手として活躍をし、西武ライオンズ、読売ジャイアンツ(巨人)、オリックス・バファローズの3球団に所属をしていた。

西武ライオンズでの四番出場数1121試合の球団記録保持者。

巨人在籍185本塁打の移籍入団選手の最多記録保持者。

引退後以降は野球評論家として活動を開始したが、2016年に覚醒剤取締法(所持)容疑で逮捕された。

2019年よりワールドトライアウトの監督を務めている。

生島マリカの生い立ちはどうだった?

生島マリカさんは自伝を出版するほどですから、生い立ちもかなり濃いものだと思われます。

幼い日々、生島マリカさんはどのように暮らしていたのでしょうか?

 

生島マリカさんの生い立ちについて調査をしまとめました。

神戸生まれ

神戸市に生まれ、大阪で育った生島マリカさん。

 

最終学歴は小学校であるとのこと。

生島マリカさんは中学には通っていないようです。

宝石商の父親

生島マリカさんの父親は1928年生まれであり、朝鮮半島から船を漕いで日本に渡ってきたとのこと。

 

生島マリカさんはハーフではなく、お父さんが在日韓国人で韓国国籍を持っていたようです。

お仕事は宝石商をしていたようです。

 

幼少期から在日韓国人ということでいじめがあり、このことも中学に通えなかった一つの原因になったのでしょう。

母親はマルチリンガル

母親はエキゾチックな美貌を持っており、数か国語を話すことができたようです。

母娘の折り合いは良くなく、仲がいい家族ではなかったとのこと。

 

生島マリカさんが中1の頃に胃がんにより急死したそうです。

13歳でストリートチルドレンに

母親が亡くなった後、父親は再婚をしました。

再婚を機に生島マリカさんは家を追い出されてしまい、ストリートチルドレンになったようです。

 

団地の廊下で出前の残飯を探して食べて生き延びるが続き、ディスコに出入りし、薬漬けになったこともあるとのこと。

かなり壮絶な幼少期だったのですね。

生島マリカはどんなプロフィール?

生島マリカさんはWikipediaがありませんでした。

なので、ネット上にある情報でプロフィールを作成いたしました。

 

簡単ではありますが、生島マリカさんのプロフィールをご覧ください。

1971年生まれ

1971年生まれである生島マリカさん。

なので、2022年現在では51歳になります。

生島マリカさんは見た目がとてもお若いので、50代に見えません。

9人兄弟

9人兄弟であることを出版社のプロフィールで明かしています。

皆父親や母親が異なるそうです。

生島マリカさんは複雑な環境で育ったのですね。

神戸生まれの大阪育ち

神戸生まれであり、大阪で育ったことを明かしている生島マリカさん。

父親が韓国籍という、在日コリアンですね。

生島マリカさんは在日2世ということになります。

生島マリカは現在どうしている?

幼少期に壮絶な経験をした生島マリカさん。

2015年に自伝を出版し、その後芸能界でも活動をしていました。

現在はどのようなお仕事をしているのでしょうか?

 

生島マリカさんの現在の活動や生活について調査いたしました。

『修羅の花』を出版

2021年9月に、自伝『不死身の花』の続編となる『修羅の花』を出版した生島マリカさん。

前作とは作風が異なることで話題とされました。

 

続編では、ホステスの仕事を通して知り合ったヤクザ界隈のネタが多いようです。

息子もいる

生島マリカさんには息子が1人いるようです。

ですが、折り合いが良くないと噂を聞きました。

 

生島マリカさんの息子は2015年4月頃に家を出て、現在26歳くらいになっているそうです。

ツイッターを更新中

生島マリカさんはツイッターをやっています。

現在もこまめに更新を続けています。

今まで7.7万件ものツイートをしていました。

 

フォロワーは1.2万人います。

生島マリカは若い頃どうだったの?

生島マリカさんの幼少期は想像を絶するものでしたね…。

満足に教育を受けていない様子が判明しました。

 

そんな生島マリカさんは若い頃、どのように生活をしていたのでしょうか?

若い頃の生島マリカさんについて調査いたしました。

ホステスとなる

ストリートチルドレンになった後に、14歳でホステスになった生島マリカさん。

高級クラブのアクティブにスカウトされNO,1ホステスにまで成長したそうです。

 

ちなみに14歳で北新地で働き、16歳で銀座に移動しています。

モデルや秘書をしていた

ホステスの後に、モデルをして生活をしていたようです。

秘書をしたこともあると明かされています。

 

生島マリカさんは母親譲りで、きっと若い頃から美しくモテモテだったのでしょう。

鑑別所に入る

巨額の脱税事件を起こした伊藤義文さんの愛人であった生島マリカさん。

そのため鑑別所に入ったことがあるとおっしゃっておりました。

 

生島マリカさんは当時14歳だったので、伊藤義文さんは不純異性交遊でも逮捕されてしまったようです。

これまでの夫は4人

4度の結婚・離婚歴がある生島マリカさん。

前夫の中には、”伝説の経済ヤクザ”と言われた生島久次さんの息子もいたそうです。

前夫はみんなお金持ち。

生島マリカさんはお金がある男性からモテやすかったようです。

大物ヤクザに求愛される

北新地の高級クラブで働いていた頃に、大物ヤクザから求愛されていた生島マリカさん。

それは山口組の5代目組長であった渡辺芳則さんや、山口組の若頭補佐であった桑田兼吉さんと言われています。

2度の鴈を経験

38歳の頃に、レイプに遭い病院に行ったことがきっかけで子宮がんが見つかったことが判明しています。

これが、人生での2度目のがんであったようで、1度目の時期は語られておりません。

 

現在は完治しております。

出家した理由

2012年に僧侶となった生島マリカさん。

僧侶になる決意をした経緯は、30代後半頃、知り合いの女性に騙されて20代の男性に性的暴行を受けたことが原因でした。

 

知人女性に抗議したがバカにされ、人間不信に陥ってしまい精神科に通うほどどん底にいたそうです。

そんな時に出会ったのがお寺です。

壮絶な人生を歩んできた生島マリカは現在僧侶と作家として活動中

壮絶な人生を歩んできた作家の生島マリカさんについて調査いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

幼い頃から苦労をし大変な思いをしてきた生島マリカさん。

その経験をもとに2015年には自伝『不死身の花: 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私』で作家デビューを果たしました。

そして、辛い思いも経験し、出家をし僧侶になっていました。

2021年には続編『修羅の花』を出版しています。

 

今後も注目される作家さんだと感じました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ