記事ID148435のサムネイル画像

韓国・ナヨン事件とは何?概要や詳細は?犯人や女の子の現在は?

2008年に韓国で起きたナヨン事件を知っているでしょうか。まだ8歳という少女が被害に遭ったことの事件の、詳細についてお伝えしたいと思います。また、被害者や加害者のその後や現在についても迫ってみましょう。被害者は現在どうなっているのでしょうか。

ナヨン事件とはどんなもの?

2008年に韓国で起きたナヨン事件をご存じでしょうか。まだ8歳という少女が被害に遭ったこの事件、どんなものだったのか詳しく見ていきましょう。

強姦致傷事件

ヨナン事件とは、2008年12月に、韓国の京畿道安山市檀園区で起きた強姦致傷事件の事を指します。

 

京畿道(キョンギド)とは、大韓民国の北西部に位置する行政地区で、安山市は京畿道の西部に位置する人口70万人を超える都市のひとつです。

 

安山市は、檀園区・常緑区の二つから成っており、安山川の西側に位置する区が事件の起きた檀園区となります。

女児が性暴行を受けた

この事件の被害者は、8歳の女の子で、犯人の男に誘拐され性暴行を受けました。

 

被害女児は、肛門と膣の80%を失うほどの、暴行を受けていたのです。そして、女児の仮名からナヨン事件と名付けられました。

チョ・ドゥスン事件とも呼ばれる

事件は、ナヨン事件として呼ばれるようになりましたが、犯人の名前から、チョ・ドゥスン事件とも呼ばれています。

 

これは、あまりに残忍であり正常ではない犯人を世に知らしめて、問題にするべきであるとの意見から名付けられました。

事件の詳しい内容はどうなっている?

続いては、事件は、どうやって起きたのかを詳しく見ていこうと思います。

教会で発生

事件は、2008年12月11日午前8時30分に、韓国・京畿道安山市檀園区にある教会で起こりました。

 

その時、犯人であるチョ・ドゥスンは朝から酒に酔っていた状態だったそうです。

登校中に被害者を連れ込む

犯人のチョ・ドゥスンは、教会の前で、登校中だった被害者・キム・ナヨン(仮名)を発見し、「教会に行かなければならない」と声をかけて教会のトイレに連れ込みました。

 

被害者の家は生活困窮家庭だったが、母親は被害者のために約2500円を毎月保険料として積み立てており、子供の事を思う家庭で育っていた女の子でした。

犯人に何された?

犯人のチョ・ドゥスンは被害者に、自身の性器を舐めるように要求しましたが、被害者は拒否しました。するとチョ・ドゥスンは暴行を加え、被害者が泣き出したところ首を絞め失神させ、無理やり肛門性交を行ったのです。

肛門等をなぜ失ったの?

チョ・ドゥスンは精液から犯行が発覚するのを恐れて、便器のつまりを掃除する道具を、被害者の少女の肛門に入れ、精液を吸い出そうとしました。

 

吸引されたことにより、被害者は脱腸し、内臓が壊死してしまったのです。

 

更に、チョ・ドゥスンは被害者の頭部を井戸水から引いた水で洗い、水を被害者の頭にかけたままの状態にして逃走しました。

 

それが原因で、雑菌が入り、視力低下と鼻腔炎、内耳炎の後遺症を発症しています。

犯人は前科17犯だった!

犯人であるチョ・ドゥスンは前科17犯という大罪人でした。警察に保管されていた指紋データと現場に残された指紋の照合が取れ、チョ・ドゥスンは逮捕されます。

 

1983年には、当時19歳の女性を無理やり旅館に連れて行き性的暴行をし、懲役3年の判決が出、1986年出所していました。

 

また、1996年には、全斗煥、盧泰愚前大統領への嫌悪感から、支持者だった60代老人を暴行し死亡させています。この時は、傷害致死が認定され、懲役2年の判決が出て、1998年出所しています。

女の子のその後の詳細はどうなっている?

続いては、被害者がどうなったのか、今はどう暮らしているのか、詳しく見ていこうと思います。

身体的傷害を負う

前述もしていますが、被害者は殴られたことで鼻骨を骨折しており、肛門と膣の80%を失うという身体的傷害を負いました。

 

現在も、両親のサポートを得て暮らしていると言われています。

被害者の治療に専念

両親は仕事を辞め、生活保護を受けながら市の援助金の受給し、被害者の治療に専念することにしました。

市からの支援金の返還要求

先にも触れましたが、被害者の両親は、約2500円を毎月保険料として積み立ててり、事件後、保険会社から4000万ウォンという保険金が支給されました。

 

すると、市からの支援金600万ウォンの全額返還が要求されました。また返還しない場合返金しない場合は、住宅保証金を差し押さえ、さらに生活保護も停止すると通告されました。

返還請求が撤回される

両親は、被害者は身体の機能が永久に喪失され、心理治療も受けなければならない状態だとして、市の決定へ抗議しますが聞き入れらませんでした。

 

しかし、それが報道され、市の対応へ批判が殺到したことにより、市からの支援金返還請求は撤回され、生活保護も継続されることになりました。

被害者は手術成功

被害者は、2010年1月に、肛門機能復元などの手術を受け、成功したと明かされています。

 

6時間かけて被害者の小腸と肛門をつなぐ手術が行われ、一つになっていた左右の卵巣を分離する手術も受け、自然妊娠もできる状態となったと発表されました。

犯人チョ・ドゥスンはどうなった?

続いては、逮捕されたチョ・ドゥスンの刑の判決がどうなったのかを詳しく見ていこうと思います。

酒酔減軽の条項

裁判では、チョ・ドゥスンは、犯行当時は泥酔していて、覚えていないと主張し、無罪を訴えていました。

 

韓国には、酒酔減軽の条項があり、これは、酒に酔った上での犯行を心神喪失状態とみなすものなのだそうです。

懲役12年が言い渡される

検察は韓国での最高刑である無期懲役を求刑しましたが、酒酔減軽が適用され、懲役12年が言い渡されました。

 

また、位置情報を把握される電子足輪の装着を7年、身元公開5年という刑もつきました。身元公開とは、性犯罪を犯した犯人の個人情報をインターネット上で公開するという制度です。

 

具体的には、顔、実名、住所などが公開されます。

犯人の顔画像は分かる?

白黒の犯人の写真と、刑務所からの出所時の写真がネット上で公開されています。

犯人チョ・ドゥスンは現在どうしている?

続いては、チョ・ドゥスンが現在、どうしているのかを詳しく見ていこうと思います。

2020年に刑期を終え出所

刑務所の独房に収監されていたチョ・ドゥスンでしたが、12年が経ち2020年に出所しています。

 

出所前の2017年には、チョ・ドゥスンの出所に対し、国民から反対の声が上がり、「チョ・ドゥスン出所反対」の嘆願に60万人以上もの署名が集まりました。

 

被害者への接近禁止

刑期が満了となったことで、被害者への接近禁止、児童施設への立ち入り禁止等が適用となりました。

 

チョ・ドゥスンは、安山市へと戻ったため、居住地の半径1キロ以内への監視カメラの増設も発表されました。

公訴時効が廃止された

2009年12月に、当時の李明博大統領が主となり児童性犯罪に対する量刑を最大50年まで引き上げること、公訴時効を廃止することが発表されました。

 

また、2018年には心神耗弱の減刑義務が廃止となりました。

「被害者に会う」と言っていた?

出所後は自宅のある安山市に戻ったチョ・ドゥスンですが、裁判中に無罪を主張しており、収監中には「出所したら被害者の家の近くに住む」「出所したら被害者に会う」と言っていたと報道され、大きく取り上げられました。

ナヨン事件は映画化された?

続いては、韓国ではナヨン事件が映画化されています。映画の内容やキャストについて詳しく見ていこうと思います。

『ソウォン/願い』が公開

2013年に、『ソウォン/願い』という映画が公開されています。ヨナン事件をベースとして、女児暴行事件の被害に遭った女児と家族の苦悩と再生がテーマとなっている映画です。

『ソウォン/願い』のキャスト

少女役には、本作が映画デビューとなった子役のイ・レが務めました。2017年にはアニメ「君の名は。」の宮水四葉役の韓国語吹き替えを担当しています。

 

また、両親役にはソル・ギョングとオム・ジウォンが配役されました。

ナヨン事件は、法律をも変えた痛ましい事件

2008年に韓国で起きたナヨン事件について、ご紹介してきました。

 

まだ、8歳っだった性的暴行の被害に遭い、肛門と膣の80%を失うほどの、暴行を受けた痛ましい事件です。

 

被害者は、両親の手を借りながら、肛門機能復元などの手術を受け、少しずつ回復されているようです。

 

韓国では、この事件がきっかけとなり、2010年、児童性犯罪に対する処罰が強化され、有期刑の刑量を50年に上方修正される法改正が実現しています。

 

被害者の方の回復と、このような痛ましい事件が二度と起こらない事を祈りたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ