記事ID14840のサムネイル画像

イチローの年俸推移がみたい!最高年俸と年俸推移は?スポーツ長者番付は?

オリックスで活躍した後、メジャーまで活躍の幅を広げたイチロー選手。2019年の春に引退されました。野球選手として約20年間活躍されていました。日本でもアメリカでもトッププレイヤーだったイチロー選手の年俸や年俸推移は誰もは気になりますよね。

【この記事は2019/8/31に更新されました。】

年俸に注目!イチローのプロフィール

本名:鈴木一郎
生年月日:1973年10月22日
出身地:愛知県
身長:180cm
体重:71kg
血液型:B型
出身校:愛工大名電高
投打:右投左打
ドラフト:1991年 4位
甲子園出場:1990年夏 1991年春
年俸:200万ドル(約2億4000万円)

年俸が気になるイチローの、これまでの所属チーム

現在、日本で最も有名な野球選手といえるイチロー選手。日本のCMにも数多く出演し、人気絶頂期には、イチローの物まねをする子供が続出。

子供からおじいちゃんまで、幅広い世代で愛される日本を代表する野球選手のイチロー。

そんな人気がゆえ、年俸に関する噂がちらほら出てきています。
今回はイチローの年俸をみていきたいと思います。

チーム遍歴
1992-2000 オリックス・ブルーウェーブ
2001-2012.07 シアトル・マリナーズ
2012.07-2014 ニューヨーク・ヤンキース
2015-2017 マイアミ・マーリンズ
2018-2019 シアトル・マリナーズ

出典:http://www.sanspo.com

イチロー選手と言えば、小さい頃から野球選手になる事を夢見ていたんだそう。小学校時代には少年野球チームに所属し、エース4番として活躍していました。

その後も活躍の場を広げ、甲子園にも2回出場すると、1991年にドラフト4位でプロ入団を果たしました。

イチロー選手は、プロ野球における通算安打世界記録保持者としてギネスに認定されていたり、最多試合出場記録保持者として記録に残されています。

さらには、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)の記録も保持しているんですよ。

イチローの年俸の推移まとめ!

契約金4000万円、年俸430万円からのプロ生活スタート

94年に大ブレイクし、年俸が10倍の8000万

日本人最高年俸に。99年には5億円突破

出典:http://laughy.jp

【オリックス・ブルーウェーブ】所属時代のイチローの年俸

<オリックス・ブルーウェーブ時代>
1992年 430万円(契約金4000万円)
1993年 800万円
1994年 800万円
1995年 8000万円
1996年 1億6000万円
1997年 2億6000万円
1998年 4億3000万円
1999年 5億円
2000年 5億3000万円

出典:http://laughy.jp

【マリナーズ】所属時代のイチローの年俸

2000年ポスティングでマリナーズへ移籍マリナーズからオリックスに対し1312万5000ドル(約13億円)が支払われた。

出典:http://laughy.jp

<マリナーズ時代>
2001年 約5億6666万円
2002年 約3億6960万円
2003年 約4億6666万円
2004年 約6億5000万円
2005年 約12億5000万円($12,500,000)
2006年 約12億5000万円
2007年 約12億5000万円
2008年 約18億円
2009年 約18億円
2010年 約18億円
2011年 約18億円
2012年 約18億円

出典:http://laughy.jp

【ヤンキース】所属時代のイチローの年俸

<ヤンキース時代>
2013年 約6億5000万円($6,500,000)
2014年 約6億5000万円($6,500,000)

出典:http://laughy.jp

絶頂期より下がりつつある年俸ですが、出来高のボーナス付与があるイチロー選手

打席で構えるイチロー

イチローの今季の年俸はメジャー自己最低の200万ドル(約2億3600万円)。しかし、関係者によると、付帯条件に打席数に応じた出来高払いが盛り込まれており、300打席から50打席ごとにボーナスがアップ。年間600打席をクリアすれば、最大280万ドル(約3億3000万円)がプラスされ、年俸は480万ドル(約5億6600万円)になるという。

出典:http://laughy.jp

イチローの最高年俸はいくらでいつ達成した?

どうやらイチロー選手の最高年俸は
メジャーリーグのヤンキース時代のようですね。

さすがメジャートップと言われる球団です。年俸もハリウッドレベルで高いのかもしれません。イチローさんは、それだけ期待される世界のトップアスリートなんですね。

なお、フォーブス社の発表したスポーツ長者番付2013ではイチローは約19億円(1960万ドル)と世界77位にランクインしています。これはマリナーズ時代の有利な年俸契約に加え、CMにも多数出演しているので副収入が多かったためだと思われます。

出典:http://xn--4000-uk4csgwl7dy887c.com

日本人の最高年俸を達成したイチローは、オバマ元大統領とも対談!

マリナーズのロッカールームで、オバマ大統領と談話したイチロー

さすが年俸ランキングいりしたイチローさん。

オバマ大統領と会って話をしています。
少し恐縮しているのが日本人らしいですね。

画像は7月14日、MLBのオールスターゲームの開幕前にアメリカンリーグのロッカールームを訪れてシアトル・マリナーズのプレイヤー、イチロー・スズキと談話を行うオバマ大統領を撮影したもの。

出典:http://www.businessnewsline.com

イチローの年俸は世界・日本ランキング何位?

イチロー選手は最高年俸の時に
メジャーリーガーとしてもランキング入りはたしています。

では、年俸ランキングは一体何位だったのでしょうか。

1位 【ヤンキース】 アレックス・ロドリゲス内野手

1位はヤンキースと10年契約を結んでいるアレックス・ロドリゲス内野手で3200万ドル(約25億9200万円)。

出典:http://matome.naver.jp

2位 【ツインズ】ジョー・マウアー捕手

2位はツインズのジョー・マウアー捕手が2700万ドル(約21億8700万円)

出典:http://matome.naver.jp

3位 【ヤンキース】デレク・ジーター内野手

3位は、ヤンキースのデレク・ジーター内野手が2500万ドル(約20億2500万円)

出典:http://matome.naver.jp

見事!年俸ランキング『4位』になったイチロー

スポンサー料などをいれて2015年にランキング入りしたイチロー選手。<br>素晴らしいですね。同じ日本人として誇らしい気持ちになりますね。

米経済誌フォーブスは4月9日号で大リーグの経済事情を特集し、年収上位10選手では、イチロー外野手が2450万ドル(約20億1000万円)で4位に入った。

出典:http://matome.naver.jp

日本でのランキングは?

2015年現在は日本人ランキングよりも
もちろん年俸は上のイチローさん。

最高年俸で言うと田中将大投手の次の
2位にランクインするようです。

田中将大 約2200万ドル(2014~2020)

イチロー 1700万ドル(2009~2012)

黒田博樹 1600万ドル(2014)

福留孝介 1400万ドル(2010)

松井秀喜 1300万ドル(2006~2009)

出典:http://matome.naver.jp

ボールを投げるイチロー選手

1位 阿部(巨人)6億

2位 杉内(巨人)5億

3位 内海(巨人)4億

3位 摂津(ソフトバンク)4億

5位 岩瀬(中日)3.7億

出典:http://matome.naver.jp

イチローの年俸について口コミ反応は?

意外に知らない、 ヤンキースの田中将大(マー君)の年俸は22億円 ちなみにイチローが6億円 マー君スゲーな。

出典:https://twitter.com

バタコさんの肩はすごい。何がすごいってコントロールがすごい。イチローなんて目じゃない。毎回ストライク送球。メジャーリーグなら年俸30億もらえるレベル

出典:https://twitter.com

ゴジラ松井秀喜&イチローの年収・年俸は総資産108億円以上!?

出典:https://twitter.com

イチロー選手は 「何故これ程にまで怪我をしないことにこだわっているのか?」 という質問に対しては、 「僕、いくら貰っていると思います?」と答えており、 自身の年俸の高さなどから来る大きな責任感によるところが大きい。

出典:https://twitter.com

年俸でセーターを買うイチローのようですね

出典:https://twitter.com

【イチローの名言】平均年俸が5OO万円だとしたら、 弥生時代からプレイしないと出せない数字ですよね。

出典:https://twitter.com

イチローと言えば、謎のTシャツが話題!

『野菜も食べなさい』

『褒められて伸びるタイプです。』

『リョーマの休日』

『ashidas』

イチローの年俸は世界クラスだった!

実績でも年俸でも合計すると
日本人1位にランクインするイチロー選手。

やはり、今後の日本人選手が
年俸面で塗り替える必要があるのが
イチロー選手のようです。

2019年4月に野球選手としての人生に幕を閉じられました。今後、一人の人としての活躍が楽しみですね。

関連記事はこちらから!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ