記事ID38713のサムネイル画像

イチローの英語力は?イチローの英語力は本当に完璧なのか。

現在、多くのプロ野球選手がメジャーに挑戦するために海を渡っています。その中でもイチローはメジャーで長く活躍するメジャーリーガーです。今回はそんなイチローの英語は本当に流暢なのかを記事にしました。英語を使い英語を話すイチローの周りに反応を是非読んでみてください。

イチローのプロフィール

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手(外野手)。他表現では「Ichiro」「Ichiro Suzuki」「イチロー・スズキ」など。マイアミ・マーリンズ所属。

NPB・MLBの双方で多数の記録を保持している。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの記録がある。

夫人は元TBSアナウンサーの福島弓子。義姉はアナウンサーの福島敦子。代理人は長年トニー・アタナシオが務め、現在はジョン・ボッグス

出典:http://ja.wikipedia.org

イチローさんのプロフィールです。

小学校時代は地元の少年野球チーム・豊山町スポーツ少年団に所属。
エースで4番として活躍。6年生の時に全国大会に出場。
小学3年生の頃から学校から帰ると、父親と近くの公園で野球の練習に明け暮れた。
学年が上がるにつれて、それだけでは満足できなくなり、町内にある空港バッティングセンターにほぼ通い詰めていた。

出典:http://ja.wikipedia.org

少年の頃から努力を惜しまない方だったんですね。

豊山町立豊山中学校では小学生時代の仲間と共に学校の野球部に所属。
エースで中軸(主に3番)を打ち、中学3年の時に全日本少年軟式野球大会に出場し3位入賞を果たす。学校での成績も優秀で、学年では常にトップ10に入っていたという。
地元・愛知の多くの高校から誘いが来たが、愛工大名電に進学する。

出典:https://ja.wikipedia.org

中学時代の学業の成績が優秀だったことは驚きですね。さすがは、世界のイチローって感じです。

愛工大名電高校時代から地元では有名な選手で、愛知を代表する名門野球部において1年時からいきなりレギュラーを獲得(ポジションは三塁手で打順は主に1 - 3番) 。2年時に夏の甲子園(左翼手として出場)、3年時に春の甲子園(投手として出場)と2度甲子園に出場したものの、いずれも初戦敗退に終わっている。高校時代の監督は中村豪。
松井秀喜とはこの頃から練習試合を通じて面識があった。
高校3年生の地方大会での打率が7割以上を記録していた程の打者だった。

出典:http://ja.wikipedia.org

もし、イチローさんがけがをしていなかったら投手としても大成していたかもしれないですね。

1991年ドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブに入団します。ここからイチローのキャリアがスタートしました。

2001年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグの新人最多安打記録を更新(この年の両リーグ最多安打でもある)するとともに、メジャー史上初となるアメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞の同時受賞を達成(現在でも唯一)。

出典:https://ja.wikipedia.org

プロで実績を積んでメジャーに舞台に立ったイチローはいきなり活躍しました。日本人として誉れ高いですよね。

マリナーズ時代のイチローが成績でも全盛期だったと私はおもいます。

イチロー選手はマリナーズからヤンキーズ、マーリンズと移籍し活躍し続けています。

出典:

イチローのプロフィールいかがでしたか?(笑)
今回はそんなイチローと英語に関しての記事をご紹介していきたいと思います。
是非ご覧になってくださいね。(笑)

イチロー英語の記事の画像①

記者からの英語による質問が常に日本語に訳されているわけではない。イチローは英語による質問を、かなりの割合できちんと聞き取っている。チームメイトとのコミュニケーションにも不自由しているようには見えないし、街に出れば流暢(りゅうちょう)な発音で欲しいものを注文し、店員とは英語で冗談を交わして笑っている。

つまり、アメリカでのイチローは英語で困っているようには見えない。

出典:http://hon.bunshun.jp

イチローは英語でしっかりと聞き取って理解できてるみたいですね。本当に頭がさがります。英語の早口によくついていけますよね(笑)。

イチロー英語の記事の画像②

日本に生まれて日本で育ったイチローが、ここまでのニュアンスを正確に英語で話せるようになるのがいかに難しいか、容易に想像がつくだろう。イチローが英語での取材に必ず通訳を介そうとするのは、それだけファンに言葉を伝える取材という場を大事に考えている、ということにもなる。

出典:http://hon.bunshun.jp

イチローは英語で記者から質問をされたときに通訳を返すようにしているらしいです。
通訳にお願いすることでしっかりとした言葉で伝えようとするファンへの配慮なのかもしれません。

イチロー英語の記事の画像③

チームが苦しいときほど、自分のことに集中しようとイチローは言っているのだ。つまり、自分以外のことに気を配る余裕があるのならまずプロとして自分の仕事を完璧にこなせ、そうすればチームは自然と機能するはずだ、ということを伝えたいのである。

出典:http://hon.bunshun.jp

自分はメジャーリーガーなのだからプレーで貢献するためにはそのことだけを集中して仕事を行いというイチローのプロフェッショナルの一面が垣間見えます。イチローは英語でも記者の質問にも答えられるがプレーのためにあえてしないのでしょう。

イチロー英語の記事の画像④

イチローさんの服装とてもかっこいいですね。
成績優秀だったイチローさん!英語もはなせて素敵ですよね。
私も英語を話せるようになりたい。

日本語と英語の微妙なニュアンスを通訳に訳してもらっているらしいです。本当の妥協したくないんでしょうね。

イチロー英語の記事の画像⑤

イチローの英語でのスピーチが公開されているらしいですよ。
イチロー、英語、スピーチで検索してみると出てくるので是非ご覧になってください。

イチロー英語の記事の画像⑥

イチローさんが英語で話すスピーチはとっても貴重らしいですね。
英語は講師の人に習ったのか気になります(笑)。
英語は英語でもなまった英語とかあるときくので難しいそうですよね。

イチロー英語の記事の画像⑦

発音は日本人の英語という感じですが、尊敬する元チームメイトへの敬意が伝わってきますね。

出典:http://eigobank.jp

発音が日本人の英語っていうのがなんなのか疑問です。(笑)
英語話せるようになりたいですねー(笑)。
英語でもコミュニケーションもメジャーで活躍するには大事なのかもしれないですね。

イチローの英語記事まとめ

いかがでしたか?イチローさんは英語で話せるがプレーに集中するために通訳を返して伝えたりファンに配慮するために通訳と一緒にインタビューをするなど大変プロフェッショナルな方だなぁと実感しました。
イチローさんにはこれからも活躍されることを祈っています。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ