記事ID143451のサムネイル画像

小暮裕美子はデーモン小暮閣下の姉!出身や学歴は?今もキャスターなの?

あの聖飢魔Ⅱのデーモン小暮閣下に姉がいるということを、みなさんご存知でしょうか?元キャスターであり、現在はTBSの上層部で重要なポストに就いているようです。なんでもデーモン小暮閣下に影響を与えた存在でもあるとか?そんな小暮裕美子さんについて調べてみました!

小暮裕美子ってどんな人?

小暮裕美子さんは、日本のヘヴィメタルバンド「聖飢魔II」でボーカルを務めているデーモン小暮閣下さんの実の姉で、元TBSの報道キャスターをされていました。小暮裕美子さんは現在もキャスターの仕事をしているのでしょうか?デーモン小暮閣下との関係性は?詳しく調べてみました。

小暮裕美子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):小暮裕美子(こぐれゆみこ)
  • 会社:TBS
  • 生年月日:1961年
  • 現在年齢:59歳
  • 出身地:広島
  • 活動内容:報道記者、報道キャスター
  • 家族構成:デーモン小暮閣下(弟)

 

デーモン小暮閣下の姉

小暮裕美子さんは、TBSのアナウンサーをしていたことでも有名ですが、聖飢魔Ⅱのボーカルであるデーモン小暮閣下の姉としても有名です。

デーモン小暮閣下の素顔と、小暮裕美子さんの素顔はとても似ていると言われています。デーモン小暮閣下が素顔を見せることはほとんどないですが、この画像がデーモン小暮閣下のすっぴんだと言われている画像です。

小暮裕美子の出身は?

小暮裕美子さんの出身地は公表されていませんが、調べてみると広島県なのでは?という情報が出てきました。小暮裕美子さんの父親は銀行員で転勤が多く、小暮由美子さんが幼稚園から小学校2年生くらいまではニューヨークにいて、その後は東京や広島など様々な場所に移動されているという情報もあります。

小暮裕美子さんの弟であるデーモン小暮閣下は「故郷は広島県である」と発言しており、広島東洋カープを応援していて、広島東洋カープの始球式に登場していたり、広島県の「がん検診啓発キャラクター」にも就任されているので広島県とゆかりがあるのは間違いないでしょう。

またデーモン小暮閣下は広島市の西区庚午という街で育ち、広島市立「古田小学校」に通っていたという情報もあるので、小暮裕美子さんも同じ学校に通っていた可能性が高いです。

小暮裕美子の学歴

小暮裕美子さんは慶應義塾大学経済学部を卒業しています。慶應義塾大学と言えば誰もが知っているレベルの高い大学です。その中でも経済学部は医学部などと並んで人気の学部のため、小暮裕美子さんはとても優秀だということがわかります。

ちなみにデーモン小暮閣下は、目黒第一中学校から桐生学園高校男子部というなかなか偏差値の高い高校に通い、その後早稲田大学の社会学部に進学しています。現在では早稲田大学の社会学部はとても偏差値が高いのですが、デーモン小暮閣下が通っていた時代は夜間学部で、今よりは偏差値が低かったそうです。

小暮由美子さんはデーモン小暮閣下と1歳しか年が違わないため、目黒第一中学校にデーモン小暮閣下と一緒に通っていた可能性があります。

高速増殖炉もんじゅのナトリウム漏洩事故では功績も上げた

1995年に発生した高速増殖炉もんじゅのナトリウム漏洩事故では、小暮が動力炉・核燃料開発事業団発表の事故ビデオ映像の不自然な点を指摘し、動燃のビデオ映像隠しの発覚に繋がったといわれています。

当初のカット編集は、報道によるメディアスクラムや反原発団体による糾弾を懸念した職員の判断で行われたものとされましたが、これがマスコミ等に「情報隠蔽ありき」と受け取られたことで結果的に裏目に出る形となり、より強い不信を煽る事となりました。

小暮裕美子さんの弟のデーモン小暮閣下とは?

小暮裕美子さんの弟であり、バンド活動や見た目に似合わない趣味でも有名な、デーモン小暮閣下についても詳しく調べてみました。

デーモン小暮閣下のプロフィール

 

 

  • 名前(ふりがな):デーモン小暮閣下(でーもんこぐれかっか)
  • 生年月日:紀元前100,036年11月10日
  • 現在年齢:10万58歳
  • 出身地:地獄の都 Bitter Valley地区
  • 血液型:θ33式XD類別A666型
  • 身長:168cm~80m
  • 活動内容:聖飢魔Ⅱ、マルチタレント、相撲評論家

 

 

聖飢魔IIのメンバーとして活躍

「聖なる物に飢えている悪魔がII(ふたた)び蘇る」の略である聖飢魔IIを1982年(魔暦紀元前16年)12月末に結成し、1983年(魔暦紀元前15年)3月23日に初黒ミサ(コンサート)を行った聖飢魔II。

1985年(魔暦紀元前13年)に大教典(アルバム)「聖飢魔II〜悪魔が来たりてヘヴィメタる」でCBSソニー(FITZBEATレーベル)から地球デビューし、翌年に発売した小教典(シングル)「蝋人形の館」が35万枚というへヴィメタルバンドとしては異例の売り上げを上げ一躍有名になりました。

1999年には年末の三日間に渡って究極の解散黒ミサを行い、聖飢魔IIは地球征服を全うして解散しましたが、その後も2005年、2009年、2015年などに再結成をしている。

相撲通としても有名

デーモン小暮閣下が好角家となったのは、祖父が旅順工科大学で相撲部に所属していたことが影響しており、世を忍ぶ仮の小学生時代に祖父と話がしたくて相撲に関する文献を読みあさったことが始まりです。

現在では相撲中継の解説をしていたり、過去には大相撲九州場所で懸賞幕を掲出したことでも話題となりました。

小暮裕美子は現在どうしている?

TBSの報道キャスターとして活躍していた小暮裕美子さんですが、現在でも報道キャスターとして活躍しているのでしょうか?それとも違う仕事をしているのでしょうか?

キャスターとして2006年まで活動した

もともとは1984年に報道記者としてTBSに入社した小暮裕美子さんは、主に文部省、警視庁、東京都庁といった官公庁部門の記者として活動していました。

1989年にJNN(TBS)系列の、ワイド形式の朝の報道番組である「JNNおはようニュース&スポーツ」のスタジオキャスターに就任。

その後は1992年に放送された「JNNニュース1130」にも五味陸仁さんと共に初代キャスターとして出演していましたが、1993年から記者活動に戻ったので表舞台に出ることは少なくなりました。

1994年に「筑紫哲也 NEWS23」のディレクターと結婚

小暮裕美子さんは1994年11月27日、1989年(平成元年)10月2日よりTBSをはじめとしていたJNN系列が生放送していた平日最終版の報道番組で、筑紫哲也の冠番組であった「筑紫哲也 NEWS23」のディレクターと結婚しています。

現在はTBS上層部で活躍中

2006年2月時点で、TBSテレビ編成制作本部報道局取材センター外信部次長に小暮裕美子さんは就任しています。

報道局というのはニュースの取材や番組制作とそれにかかわる予算や人員の全てを管理する「上部組織」なので、小暮裕美子さんは出世したことになります。

しかし2006年以降の情報がないため、現在でも同じ役職についているかは不明です。

デーモン小暮閣下との関係について

小暮裕美子さんとデーモン小暮閣下との関係はどんな関係なのでしょうか?二人のいろいろなエピソードを調べてまとめてみました。

小暮裕美子はデーモン小暮閣下が唯一口喧嘩で勝てない相手

デーモン小暮閣下から、小暮裕美子さんは、「『世を忍ぶ仮の』幼少時から、地上で唯一口喧嘩で敵わない相手である」と畏怖されています。

世の中では基本的に男性よりも女性の方が口が上手いと言われているので、やはり兄弟喧嘩は弟よりもお姉さんの方が強いのが普通です。それは口が達者なデーモン小暮閣下も例外ではないようで、お姉さんには口喧嘩で負けてしまうようです。

ロッククイーン姿が聖飢魔Ⅱのヒントに?

学生時代、小暮裕美子さんが学園祭でロック・クイーンになっている勇姿を見て「コレだ!」と思ったデーモン小暮閣下は、音楽活動のヒントを得たと語っています。

デーモン小暮閣下は、日本のバンドの中でも特に歌唱力が高いアーティストとして有名なので、小暮裕美子さんもデーモン小暮閣下同様、高い歌唱力を学園祭で披露していたのでしょう。

小暮裕美子さんは結婚し出世していた

小暮裕美子さんは、報道キャスターや報道記者を経て、TBSテレビ編成制作本部報道局取材センター外信部次長というとても偉い役職につき、TBSの人気番組の「筑紫哲也 NEWS23」のディレクターと結婚して幸せに暮らしているという情報が最新のものです。

現在では表舞台に出てくることはなくなってしまったので新しい情報が入り辛いのですが、とても責任のある仕事と、結婚生活で今後も幸せに暮らしていって欲しいものです。

関連記事はこちら!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ