元祖ヌードル・三浦綺音の現在は?すでに引退しているって本当!?

皆さん、三浦綺音という方をご存知でしょうか?この方は元祖ヌードルとして男性から多くの支持を集め、グラビア・歌手・女優など多方面で活躍していたようです。そんな三浦綺音さんですが2006年以降消息不明なのだとか。一体何があったのでしょうか?徹底調査していきます!

三浦綺音の現在はどうしてるのだろう?

1990年代に元祖ヌードルとして活躍していた三浦綺音。グラビアアイドルや、歌手など多方面で活躍していました。幼い顔立ちで巨乳と言うことで人気を得ていました。

ヌード+アイドルで脱ぐアイドルを意味する造語、「ヌードル」第1号としても有名になりました。そんな三浦綺音は消息不明になったという噂もあります。今回は三浦綺音がどうして消息不明になったのか、その原因などを徹底調査してみました。

三浦綺音のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):三浦綺音(みうら あやね/)
  • 所属事務所:ケイダッシュ→エムティ企画
  • 生年月日:1973年5月8日
  • 現在年齢:45歳
  • 出身地:静岡県
  • 血液型:0型
  • 身長:157.5㎝
  • 体重:公表なし
  • 活動内容:女優・元ヌードモデル・元歌手
  • 所属グループ:なし
  • 家族構成:公表なし

 

 

写真集が人気だったって本当?

三浦綺音は、グラビアアイドルとして人気を得ていました。幼い顔立ちでありながら、豊満な体つきのギャップに注目を集めるようになります。三浦綺音はアイドルでありながら、脱ぐことに抵抗がなかったようです。脱ぐアイドル「ヌードル」という造語の第1号となったのです。

三浦綺音の写真集は、とても人気が高かったようです。ヘアーヌードも有ったようですが、水着姿が多くて数多くの男性を虜にしたのではないでしょうか。幼い顔立ちで、水着では隠しきれない豊満なバストに男性達はそそられたのでしょう。

三浦綺音の魅力は?

「ヌードル」として人気を集めた三浦綺音。グラビアモデルや女優として華々しく活躍をしていました。その三浦綺音は、数多くの写真集を出しています。なぜそれほど、三浦綺音の写真集が人気を集めたのでしょうか。

それはヘアーヌードを出しているからと思いますが、三浦綺音の幼い顔つきに対して想像も付かないほどのくびれと、女性らしいヌードが男性達を魅了しました。

幼い顔つきで成熟した身体とのギャップが、三浦綺音の魅力となったのだと思います。

三浦綺音と勝新太郎の関係は?

三浦綺音で検索すると、勝新太郎という名前が良く表れます。勝新太郎は、日本一のアウトロー俳優として有名です。脚本家・映画監督・映画プロデューサー・三味線師範でも有る勝新太郎は、舞台で三浦綺音と共演したことがあるのです。

三浦綺音と勝新太郎は、舞台「不知火検校」での共演がキッカケで親しくなったようです。三浦綺音の写真集「裸舞 LOVE」では、勝新太郎が撮影したりとしています。三浦綺音は勝新太郎を尊敬しており、やましい関係ではなかったようです。

2009年に三浦綺音は、自身のブログで勝新太郎のことを綴っています。その文面からは、勝新太郎に対する尊敬の念が伝わってくるのです。しかもブログのタイトルに勝新太郎の名前を使うくらいに、尊敬してのでしょう。

三浦綺音の経歴

「ヌードル」という造語を作るキッカケとなった三浦綺音。グラビアアイドルや歌手と女優などでマルチに活躍していました。

そんな三浦綺音が、芸能界に入るキッカケとは何だったのでしょうか。ここから三浦綺音の経歴をまとめてみたいと思います。

1992年にスカウトで芸能界入り

三浦綺音が芸能界に入るキッカケとなったのは、コンサート会場での事でした。コンサート会場にはたくさんの人が居るのに、三浦綺音にスカウトは声をかけたのです。それほど三浦綺音の美貌は、当時から際立っていたと思われます。

1992年スカウトされたのをキッカケにして、その輝く美貌を武器にして三浦綺音はグラビアアイドルとして芸能界へとデビューします。

三浦綺音は脱ぐアイドル「ヌードル」として人気に

芸能界に、グラビアアイドルとしてデビューした三浦綺音。三浦綺音は、フェミニズムの考えから、アイドルとしての清純さを維持しつつヌードになることも嫌がりませんでした。その事が、脱ぐアイドル「ヌードル」と言う造語ができあがったのです。

幼い顔立ちでありながら豊かなバストと、綺麗なヒップラインで男性を魅了して人気者になったのです。

多方面で活躍をみせる三浦綺音

「ヌードル」第1号として活躍した三浦綺音。その華々しい活躍で、活動の場を幅広く広げていくのでした。「ヌードル」から女優へデビューしたのは、1993年NHKの「魚のように」という列島ドラマシリーズでした。

1994年には歌手としてデビューするのですが、そのプロモーションビデオでも見事なスタイルを披露して話題になったのです。その間シングル曲3枚、アルバム2枚と未発表の曲が1曲有るようです。


1997年から1998年の間は、カトリーヌ・カトリーヌとして歌手に専念しますが、女優の方に重点を移して行き映画や舞台などにも挑戦するようになったのです。このようにマルチタレントとして、多方面で活躍をしていました。

三浦綺音の現在は?

グラビアアイドルから女優、歌手として幅広い活躍をしてきた三浦綺音。三浦綺音は現在はどんな活動をしているのでしょうか

2006年以降活動なし

三浦綺音は、2006年に公開された「The焼肉ムービープルコギ」に出演しています。「The焼肉ムービープルコギ」は2007年に公開され、主演には松田龍平、山田優、井浦新など豪華メンバーです。

原作は『焼肉小説「プルコギ」』で、焼肉市場戦争を描いているフードバトルムービーとなっています。しかし主な出演者欄には、三浦綺音の名前はないようです。名前がないと言うことは、主演する時間が短かったのではと思われます。

この映画出演を最後に、三浦綺音は芸能界での活動を行っていないのです。

引退はしていない模様

「The焼肉ムービープルコギ」の出演を最後に、主だった活動をしていない三浦綺音。三浦綺音は自身のブログを持っているのですが、そのブログが更新されたのは2011年1月30日です。その日を最後に、ブログの更新はなされていません。

三浦綺音自身のブログにも、芸能界からの引退など書かれていないようなので、引退はしていないのでしょう。ブログも残っているし、事務所にもまだ所属しているようですね。

三浦綺音の出演作品まとめ!

三浦綺音は、女優として数加須のドラマは舞台で活躍しています。特にテレビドラマ版「リング~事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念~」やオリジナルビデオ「新・百合族」では、演技力が高く評価されています。

これからは、三浦綺音が出演したドラマや舞台の作品をご紹介したいと思います。

ドラマ『双頭の悪魔』

WOWOWで1994年11月21日から11月26日まで放送された、同名小説をドラマ化した作品です。三浦綺音がどんな役所だったのか、情報は見つかりませんでした。しかし出演者覧には名前があるので、重要な役所だったのではないでしょうか。

芸術家が住んでいる山奥の村と、その隣村で起こった殺人事件。その殺人事件の謎を解いていくうちに、浮かび上がってくる双頭の悪魔が浮かび上がってきます。殺人事件と、双頭の悪魔の関係は…このような内容の物語です。

ドラマ『リング』

映画でもヒットした「リング」のテレビ版です。このドラマでは、三浦綺音は「貞子」に扮しています。映画版の「貞子」とは違って、原作に忠実で「半陰陽者の美しい少女」として「貞子」を描いています。

呪いのビデオも原作に忠実に描かれているので、マニアファンには現在も愛されている作品でもあります。この作品で三浦綺音は、惜しげもなくヌードを披露し、体当たりの演技で評価されました。

ドラマ『無影燈』

渡辺淳一原作の「無影燈」は、何度もドラマ化されているようです。三浦綺音が出演した「無影燈」は、渡辺淳一全集を記念して制作されたドラマです。

テレビ東京では、1996年4月12日にテレビ東京で放映されました。このドラマで三浦綺音は、花城純という役柄で出演しています。出演覧にも名前がありますので、重要な役所だったと考えられます。

映画『伝説のやくざ 最後の博徒・修羅の章』

テレビドラマの他にも、映画にも出演していた三浦綺音。その最初の出演作が、この映画となります。東映系ですので任侠映画となっており、日本極道史に残る抗争を描いた作品となっています。

三浦綺音の名前は出演者覧には見られないので、出演場面は少なかったのではないでしょうか。しかしこの映画に出演したことによって、次回作の出演が決まったと言っても良いと思います。

映画『三年身籠る』

女優の唯野未歩子さんの長編小説が、原作となっている映画です。この映画は妊娠をテーマにしているので、当時は話題となりました。

3年間という間、妊娠し続けた女性と、彼女を取り巻く人たちをユーモラスに描いている作品です。第21回高崎映画祭若手監督グランプリを受賞していて、中島知子や西島秀俊が出演しています。

あいにく三浦綺音の名前は見つけられなかったのですが、この作品に出演しているのは間違いないようです。

オリジナルビデオ『新・百合族シリーズ』

三浦綺音は映画の他にも、オリジナルビデオにも出演しています。それが「新・百合族シリーズ」となります。このシリーズは3作有り、その前作に三浦綺音は、主役として出演しているのです。

主役の女子高生山本さとみを三浦綺音が演じており、女性同士の恋愛をテーマにした作品となっているのです。この作品でも三浦綺音は惜しげもなく、そのヌード姿を披露して女優としてもしっかりと演技をしています。

裸の露出度が高い「新・百合族シリーズ」ですが、主役の三浦綺音の美しい裸体だけでは有りません。女性と交わる繊細なシーンなどをじっくりと演じていて、今でもファンの間では愛されている作品となっています。

舞台『不知火検校』

噂になった勝新太郎と初共演した舞台が「不知火検校」です。主役は勝新太郎、他には川谷拓三や安岡力也などが出演していました。勝新太郎と初共演した舞台でしたが、三浦綺音はこの初共演したことにより勝新太郎を尊敬するのです。

勝新太郎が舞台に対する姿勢やお客様に対する姿勢が、大変勉強になったと三浦綺音は語っています。

舞台『夢番地一丁目』

この舞台は、2000年10月5日から22日まで上演されています。山田邦子が座長としてでており、その他には犬塚弘、高峯ふぶきが出演していました。三浦綺音は百恵役で出演しています。

山田邦子が初座長を務めた舞台と言うことで、緊張もあったと思われますが、高い評価が得られた舞台でもありました。

三浦綺音の「貞子」が話題になった?

三浦綺音はテレビドラマで「貞子」役を演じています。その「貞子」が世間の間では。話題になったようです。どうして、三浦綾子が演じる「貞子」が話題になったのでしょうか。

三浦綺音の「貞子」は裸が多かった

映画「リング」が公開されて話題となったのは、1998年1月の事です。しかしそれ以前に、三浦綺音は「貞子」を演じて、話題となっていたのです。1995年「リング~事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念~」というドラマで、三浦綺音は「貞子」を演じています。

2時間のテレビドラマにしては、裸のシーンが多かったと言われています。しかも生前の「貞子」が登場するシーンで、「貞子」役の三浦綺音の胸がはだけてオッパイがぽろりとしたのです。

このように裸のシーンが多かったり、三浦綺音のぽろりシーンがあったりして話題になったと思われます。

三浦綺音の画像まとめ!

三浦綺音の素適な水着画像を、何枚かご紹介したいと思います。幼い顔立ちにバランスの良い身体が素適です。

三浦絢音の水着画像①

三浦絢音の写真集②

三浦絢音の写真集③

三浦絢音の写真集④

三浦絢音の写真集⑤

三浦綺音は素適な女優だった!

数々のドラマと舞台や、歌手としても幅広く活躍してきた三浦綺音。単なる脱ぐだけのアイドルとしてではなく、演技派女優としての地位も築いています。

現在は、芸能界での表だった活動はしていないようです。しかし三浦綺音がまた私たちの前に、女優としてその姿を見せてくれることを願ってやみません。

幼い顔立ちと身体のギャップ、体当たりの演技はファンの間では語り継がれています。いつの日か、三浦綺音が歳活動することを期待しております。

関連記事をチェックしよう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ