【東京喰種】赫子(かぐね)の仕組み・種類・強さなどを徹底解明!

漫画・東京喰種(東京グール)に登場する、喰種が捕食や戦闘の際に使用する器官である赫子(かぐね)。様々な種類や設定があるのをご存知ですか。今回は東京喰種(東京グール)に出てくるかぐねの仕組みを中心に解説。東京喰種(東京グール)のネタバレを含みますのでご注意を。

東京喰種(東京グール)とは?

漫画原作アニメも人気の東京喰種(東京グール)

かぐねについて説明をする前に、まずはかぐねが登場する原作漫画の東京喰種(東京グール)について説明をしていきます。
大人気漫画の東京グールは、原作の他にも多くのメディア展開がされています。

主人公の金木研(かねきけん)

作中ではカネキと呼ばれています。

東京喰種(東京グール)は、石田スイ原作の日本の漫画作品です。
2011年から週刊ヤングジャンプで連載されており、現在は新編となる「東京喰種トーキョーグール:re」が連載中です。

石田スイによるダークファンタジー漫画

作者は本作がデビュー作となる

東京グールの舞台は、現代の東京。
人間社会に溶け込み生きている、人肉を食べる怪人「喰種(グール)」を中心に、物語は描かれます。

2014年にアニメ化

かぐねを模した赤が目を引きます

東京グールは2014年にはアニメ第一期、2015年にはアニメ第二期が放送され、OVAも2作制作されています。
また2015年7月には実写舞台が上演され、2017年夏には実写映画が公開予定となっています。
様々なメディアミクス展開がされている、大注目の作品です。

東京喰種(東京グール)の「喰種(グール)」とは?

かぐねのことを知るのであれば、まずは喰種(グール)について知っていた方がよりわかりやすいかと思います。
「東京喰種(東京グール)」という作品タイトルにも使われている喰種(グール)について、説明をしていきます。

喰種(グール)

東京グールの話の主軸となるのは、喰種(グール)という架空の生き物たちです。
普段の外見は普通の人間と変わらない彼ら。しかし、その本質は『人間を喰らう』、食物連鎖の頂点に立つ存在です。

彼らは、赫子(かぐね)と呼ばれる捕食器官を有しているのが特徴です。

喰種(グール)の捕食

喰種(グール)は人間の姿でありながら人間を喰らいます

人間しか食べることのできない喰種(グール)は、その反社会的な食性から恐れられ、駆逐対象とされています。

普段の外見は人間と変わりませんが、捕食や赫子(かぐね)を使う際は、両目が赤い赫眼(かくがん)と呼ばれる状態へと変化します。

記事番号:25069/アイテムID:4336914の画像

赫眼(かくがん)状態の喰種(グール)

「東京喰種(東京グール)」にでてくる喰種(グール)たちは女子供、その性質を問わず駆逐の対象であり、あらゆる法も彼らを守ってはくれません。
そのため喰種(グール)の多くは人間になりすまし、隠れるように生活を送っています。
捕食や交戦時に現れる赫眼(かくがん)や赫子(かぐね)を確認され次第、喰種(グール)と判断され駆逐されます。

赫子(かぐね)とは?

「東京グール」という作品や、喰種(グール)について大まかに説明をしてきました。
ここからは本題である赫子(かぐね)について、細かく解説をしていきます。
東京グールの世界観を哀しく美しく彩るかぐね、まずはその概要を説明いたします。

東京グールという作品を彩る赫子(かぐね)

赫子(かぐね)の種類や性質は様々です

赫子(かぐね)とは、喰種が捕食や戦闘の際に用いる、彼らにのみ存在する器官のことです。
Rc細胞と呼ばれるグールの体内に存在する細胞によって構成されており、その性質から喰種捜査官からは液状の筋肉と称されます。

喰種捜査官が使うクインケ

その製造方法とは…

「東京喰種(東京グール)」に登場するグールたちを駆逐する喰種捜査たち、彼らが使用するクインケも喰種(グール)のかぐねからできています。
その製造方法は公にできないほど非人道的なもの。

普通の武器ではほぼ傷がつくことはないグールですが、赫子(かぐね)や赫子(かぐね)から作られたクインケからは傷を受けます。

赫子(かぐね)の種類①羽赫(うかく)

記事番号:25069/アイテムID:4336919の画像

赫子(かぐね)の種類①羽赫(うかく)

「東京グール」に登場する赫子(かぐね)には大きく分けて、4つの種類が存在します。
まずは羽赫(うかく)と呼ばれるかぐねについて、その特徴と使用者を含めながら紹介をしていきます。

羽赫(うかく)の特徴

肩の周辺からRc細胞がガスのように放出されるかぐねです。
それが羽のようにみえることが、名前の所以となっています。
軽く遠距離からの攻撃が可能なため、距離をとった戦い方をする喰種(グール)が多いです。
Rc細胞を常時に放出する形になるため、ガス欠に陥りやすいのが欠点です。

羽赫(うかく)のかぐね

絵面的にとても綺麗ですね

羽赫(うかく)の持ち主

東京グールに登場する羽赫(うかく)の持ち主には、本作のヒロインである霧嶋董香や彼の弟である霧嶋絢都、カネキに戦闘の手ほどきをしてくれた四方蓮示などがいます。
ヒロインのトーカが羽赫(うかく)のため、東京喰種(東京グール)という作品の赫子(かぐね)といえばこれを想像する人も多いはず。

霧嶋 董香(トーカ)

CCGからは「ラビット」と呼ばれています

霧嶋 絢都(アヤト)

トーカの弟、羽赫(うかく)ですが接近戦が得意とのこと。

記事番号:25069/アイテムID:4336923の画像

四方蓮示(よも れんじ)

あんていくにいる喰種であり、あんていく店長である芳村の右腕でもある。
通称「ヨモ」。
極めて無口であり、セリフの先頭には必ずと言っていいほど「…」がつくほど。
芳村の命で自殺スポットから死体を集めている。

赫子(かぐね)の種類②甲赫(こうかく)

「東京喰種(東京グール)」に登場する赫子(かぐね)、次は甲赫(こうかく)を紹介します。
甲赫(こうかく)の赫子(かぐね)の特徴や使用者は、どんなものがあるのでしょうか。

甲赫(こうかく)の特徴

肩甲骨の下あたりに出現するかぐねです。
金属質で、東京喰種(東京グール)の作品内に登場する赫子(かぐね)の中では一番頑丈ですが、その分重量があることが欠点とされています。

甲赫(こうかく)のかぐね

羽赫と比べ武器感が強いです

甲赫(こうかく)の持ち主

東京グールに登場する甲赫(こうかく)のかぐねの持ち主は、クレイジーな男・月山習やナキ、トーカやアヤトの父親のアラタ、笛口ヒナミの母であるリョーコがいます。

月山習

腕にかぐねをとぐろのように巻き付け戦う

ナキ

「アオギリの樹」のメンバーであるSレートの喰種(グール) 

霧嶋新(アラタ)

トーカやアヤトの父親であるアラタ

記事番号:25069/アイテムID:4336926の画像

笛口リョーコ

他とは異なり羽のような形状です。

赫子(かぐね)の種類③鱗赫(りんかく)

記事番号:25069/アイテムID:4336929の画像

「東京喰種(東京グール)」に登場する赫子(かぐね)、次は鱗赫(りんかく)についてご説明いたします。
鱗赫(りんかく)は「東京喰種(東京グール)」の主人公・カネキの赫子(かぐね)でもあるんですよ。

鱗赫(りんかく)の特徴

鱗赫(りんかく)のかぐねは腰のあたりから出現します。
うろこの触手を連想させる外見であり、強力な再生力とパワーが強みです。
ただし防御面には劣るため、ほかの赫子(かぐね)よりも脆い特性があります。

鱗赫(りんかく)のかぐね

攻撃力には優れるが防御に劣る

東京喰種(東京グール)に登場する鱗赫(りんかく)の赫子(かぐね)の持ち主は、主人公であるカネキをはじめ、全ての発端となった女性リゼ、ヤモリなどがいます。

鱗赫(りんかく)の持ち主

金木 研(カネキ)

東京グールの主人公です

神代利世(リゼ)

物語のはじまりでもある女性・リゼ

大守八雲(ヤモリ)

「アオギリの樹」の幹部である残忍な男

赫子(かぐね)の種類④尾赫(びかく)

「東京喰種(東京グール)」に登場する赫子(かぐね)、最後は尾赫(びかく)について説明をします。
ここまでの流れでなんとなく、字からどういった赫子(かぐね)か想像がつくでしょうか?

尾赫(びかく)の特徴

尾赫(びかく)は読んで字のごとく、尾てい骨のあたりから尻尾のように出現する赫子(かぐね)です。
東京喰種(東京グール)に登場する赫子(かぐね)の中で総合的な能力が最も高く、戦闘においては中距離で最も力を発揮します。
弱点らしい弱点はない。

尾赫(びかく)の赫子(かぐね)

強いて言えば決定力に欠けることが弱みか?

尾赫(びかく)の持ち主

東京グールに登場する尾赫(びかく)のかぐねの持ち主には、カネキの先輩にあたるニシキ、元6区のリーダーである神代叉栄、アオギリの幹部ノロなどがいる。

西尾錦(ニシキ)

あんていくの一員であるニシキ

神代 叉栄(鯱)

元6区のリーダーであるグール

ノロ

アオギリの幹部でSS~レートのグールです

4つの分類に当てはまらない赫子(かぐね)

東京グールに登場する赫子(かぐね)は大きく分けると上記の四種に分類されますが、中には複数のかぐねをもつグールも存在します。
両親が別々のかぐねを持っていると、その子どもに現れることがある模様。
「二種持ち」と呼ばることもあります。

二種のかぐねのハイブリッド

戦闘能力も極めて高いです

二種持ちの赫子(かぐね)の持ち主

記事番号:25069/アイテムID:4336936の画像

東京喰種(東京グール)に登場する二種持ちの赫子(かぐね)の持ち主は、あんていくの最年少メンバーであった笛口雛実がいます。

赫子(かぐね)の優劣関係について

ここまでは東京グールに登場するかぐねの種類を紹介してきました。
赫子(かぐね)にはさらに面白い設定があり、その種類によって優劣が存在するんです。

東京喰種の赫子(かぐね)を解説

じゃんけんのような感じとのこと…。

羽赫は尾赫に強く、甲赫に弱い。
甲赫は羽赫に強く、鱗赫に弱い。
鱗赫は甲赫に強く、尾赫に弱い。
尾赫は鱗赫に強く、羽赫に弱い。

画像にあるように、基本的には上のかぐねに対して強いという性質があります。

それぞれ不利有利があるかぐね

特徴も相性も様々です

東京グールにおいて、グールは極めて治癒力の高い生き物として描かれていますが、相性の悪い赫子(かぐね)から受けた傷は治りづらく、致命傷になることもあるといわれています。

東京グールの今後の展開にも期待!

東京グールのかぐねについての解説、いかがだったでしょうか。
作品の中にある一つの要素においても、これだけ深く入り組んだ設定があるなんて驚きですね。

今後の展開も見逃せない東京グール

まだまだ東京グールには謎が多いです

この記事では東京グールの中心人物、またかぐねによる戦闘シーンがすでに明かされたグールについてまとめました。
しかし実際には、まだその能力が明かされていないキャラクターが数多くいます。

今後の展開では、そういったグールの赫子(かぐね)についての謎が明らかになるのでしょうか?
東京グールの今後の展開から、まだまだ目が離せません!!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ