記事ID22997のサムネイル画像

【画像あり】人気漫画七つの大罪の魅力的なキャラクターについて

いま人気沸騰中の漫画、七つの大罪。
とっても面白い漫画なんです。
その七つの大罪には魅力的なキャラクターがいっぱい!
あんなキャラクターに、こんなキャラクター。
今回はそんな七つの大罪のキャラクターについて調べてみました。

これから七つの大罪のキャラクターについて知っていこう!

大人気漫画七つの大罪。
そのキャラクターたちは皆個性的。
どんなキャラクターがいるのか楽しみですね。

空前絶後の人気を博する漫画『七つの大罪』。
大人から子供まで、今たくさんの人が読んでいます。
その七つの大罪のキャラクター達はどんな人物なのでしょう。
それらキャラクターについてみていく前に、まず七つの大罪とは
どういった作品なのかみていきましょう。

大人気漫画七つの大罪ってどんなかんじ?

まずは七つの大罪について軽くみていきましょう
七つの大罪について知ると作品をもっと楽しめます。
キャラクターをみる前の準備運動ですね。
それではまいりましょう。

七つの大罪の概要

七つの大罪主人公とその一行。
キャラクターが個性的で光っていますね。
そのキャラクターも作品の魅力でしょうか。

七つの大罪』(ななつのたいざい、The Seven Deadly Sins)は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』2011年52号の同名の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。また、2013年9月25日より資生堂「uno」とのコラボレーションが行われ、特別サイトで没になった第一話のネームが公開された。

出典:https://ja.wikipedia.org

資生堂の「uno」とコラボしたというのは新鮮ですね。
それだけ注目度の高い作品だったのでしょう。
人気漫画の宿命かな。

七つの大罪のあらすじとは?

七つの大罪には魅力的なキャラクターが一杯!

ブリタニア一の大国・リオネス王国は、聖騎士達による『聖戦』のための軍備強化、更に増長した彼らの横暴によって荒れに荒れていた。国の現状を憂いた第三王女・エリザベスは、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団『七つの大罪』に救国の助力を願うため一人旅立つ。実りのない旅の果てに辿り着いた酒場でついに追っ手に捕まってしまったエリザベスは、その酒場の主人である少年・メリオダスに救われる。実は彼こそ『七つの大罪』の団長、『憤怒の罪のメリオダス』だった。メリオダスもまたかつての仲間を探し放浪の途中であると告げ、二人はリオネスの未来のため旅路を共にすることになる。

出典:https://ja.wikipedia.org

みるからに面白そうですね。
七つの大罪がみたくなってきます。
これからどんな風に物語が展開していくのか。
大変楽しみです。
きっとその中でキャラクターたちも躍動するのでしょう。

七つの大罪の作者、鈴木央とは?

鈴木央の手から生み出されるキャラクターたち。
そんなキャラクターたちが活躍する漫画は多数あります。

1994年 - 『Revenge』がホップ☆ステップ賞で佳作を受賞しデビュー。
1996年 - 『SAVAGE』で、『週刊少年ジャンプ』本誌デビュー。
1998年 - 『週刊少年ジャンプ』にて『ライジングインパクト』連載開始。
2011年 - 『ミラクルジャンプ』にて『神契り』集中連載。『週刊少年チャンピオン』にて読切『ちぐはぐラバーズ』、『週刊少年マガジン』にて読切『七つの大罪』掲載。
2012年 - 『週刊少年チャンピオン』15号から30号まで『ちぐはぐラバーズ』連載。『週刊少年マガジン』にて『七つの大罪』連載。
2014年 - 『七つの大罪』がアニメ化される。
2015年 - 『七つの大罪』で第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞。

出典:https://ja.wikipedia.org

ライジングインパクトを描いた作者さんだったんですね。
いやあ、私も読みました。
結構面白かった記憶があります。
ライジングはゴルフ漫画でしたが、七つの大罪はそれとはうってかわって
冒険譚ですね。

ざっと七つの大罪についてみてみました。
今度はもう少し立ち入ってみましょう。
キャラクターを知るまえに屈伸運動です。

七つの大罪の舞台とは?

七つの大罪の舞台のひとつリオネス王国。
キャラクターたちが活躍して、ばったばったと
敵をなぎ倒す。

これからは七つの大罪の舞台について少し紹介します。
いったいどんな舞台で物語が展開するのか。
それを知るのもキャラクターをしる上で大切ですね。

七つの大罪のキャラクターたちが活躍する舞台はブリタニア

ブリタニア (Britannia) は、イギリスまたはグレートブリテン島]の古称、特に、古代ローマの属州「ブリタンニア」があったグレートブリテン島南部のラテン語名である。

出典:https://ja.wikipedia.org

どうやら七つの大罪はイギリスの昔の地域で物語が展開するようですね。
なかなか古式ゆかしい設定ではないですか。
憧憬を抱いてしまいますね。
キャラクターたちもそこに住んでいるのかしら。

リオネス王国

たくさんのキャラクターたちが跋扈する。
さて、どんな物語が展開されるのでしょう。

聖騎士により傀儡政権となった王国。エリザベスの(表向きの)故郷。

出典:https://ja.wikipedia.org

このリオネス王国をなんとかするためにエリザベスは旅に出るんですね。
そのエリザベスについては後ほど。

七つの大罪の舞台について軽く見てきました。
今度はいよいよ七つの大罪のキャラクターについて
みていきましょう。
どんなキャラクターがいるのか、楽しみですね。

必見!七つの大罪のキャラクターたち!

主人公キャラクター、メリオダス

凛々しい表情。
なかなかかっこいいですね。
金髪。

本作の主人公。移動酒場「豚の帽子亭」の店主にして「七つの大罪」団長。7月25日生まれ。
通称「憤怒の罪(ドラゴン・シン)のメリオダス」。印となる獣は龍。刺青の位置は左の二の腕。手配書の人相書きは無精髭をたくわえた男だが、実際には年端もいかない少年の姿をしている。

出典:https://ja.wikipedia.org

ヒロインキャラクター、エリザベス

本作のヒロイン。リオネス王国第3王女。6月12日生まれ。16歳。
抜群のプロポーションの持ち主で、前髪で右目を隠した長髪が特徴。王女であるが、国王バルトラの実子ではなく養子。王家の血を持たないばかりか亡国ダナフォールの出身。「森の賢者(ドルイド)」の巫女の血を引く「女神族の使徒」と呼ばれる存在。

出典:https://ja.wikipedia.org

マスコットキャラクター、ホーク

七つの大罪、ディアンヌ

七つの大罪」の一員。12月24日生まれ。約750歳(人間換算で15歳)
通称「嫉妬の罪(サーペント・シン)のディアンヌ」。印となる獣は蛇。刺青の位置は左の太腿。巨人族の少女。『豚の帽子亭』大看板娘を務めている。
一人称は「ボク」。団の中でも一、二を争う怪力の少女だが、拗ねたり、照れると髪で顔を隠すしぐさをするなど子供っぽい一面も見せる。

出典:https://ja.wikipedia.org

七つの大罪、バン

通称「強欲の罪(フォックス・シン)のバン」。印となる獣は狐。刺青の位置は左の脇腹。料理上手であるため『豚の帽子亭』のコックを担当。
「不死身の(アンデッド)バン」の異名で知られる、不死の肉体を持つ青年。左の首筋にメリオダスにつけられた消えない傷跡が残っている。

出典:

ざっくりとキャラクターについてみてきました。
まだまだ魅力的なキャラクターはいるのですが、
それは本編を見てのお楽しみってことで。

まとめ

いかがだったでしょうか。
七つの大罪について、少しは詳しくなれたでしょうか。
このほかにも様々な魅力が七つの大罪にはあります。
それらを追っかけるのもまた楽しいのではないでしょうか。
これからもどんどん七つの大罪を楽しんでいきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ