記事ID148720のサムネイル画像

    「月が綺麗ですね」と告白されたら?意味や由来は?類語や返し方は?

    あなたは「月が綺麗ですね」という言い回しを知っているでしょうか。実はこの言葉は愛の告白に用いられる言葉とされています。そこで今回は、「月が綺麗ですね」と告白された場合の返し方や由来について迫ってみたいと思います。また、意味や類語に関してもご紹介します。

    「月が綺麗ですね」とは何?

    あなたは「月が綺麗ですね」という言い回しを知っているでしょうか。「I love you」の意味を持つ、告白の言葉なのですが、いつから使われるようになったのでしょうか。

     

    そこで今回は、「月が綺麗ですね」という言葉に込められた意味、由来、返事の仕方など詳しくご紹介していきますので、最後までお付き合いくださいね。

    由来は夏目漱石の逸話

    由来は、明治末期から大正初期にかけて活躍し、近代日本文学の文豪の一人、夏目漱石にあります。

     

    夏目漱石と言えば、『吾輩は猫である』『坊つちやん』『三四郎』『それから』『こゝろ』『明暗』などが代表作に挙げられます。

     

    夏目漱石が、英語教師をしていた時に、「I love you」を生徒たちが「我君を愛す」「あなたを愛おしく思う」など訳しました。

     

    正解なのですが、夏目漱石は、生徒たちに、「日本人はそんなにストレートに告白をすることはしない。直球過ぎる。“月が綺麗ですね”とでも訳しておきなさい」と教えたと言われています。

     

    この話から、「I love you」の和訳として、「月が綺麗ですね」は愛の告白に使う言葉として広がったと考えられています。

     

    今でもあまり愛の言葉を直接的に使う人は多くない日本人ですが、当時はもっとそうだったと考えられます。

     

    この夏目漱石の訳は、そういった中で、とても理解され、広がったのでしょう。

    愛の告白の意味を持つ隠語

    こうして生まれた愛の告白の言葉「月が綺麗ですね」ですが、文学的な表現で奥ゆかしさがあり、愛の言葉を直接的に使うことに抵抗がある人に、遠回しに気持ちを伝えたい人にはぴったりの告白の仕方かもしれません。

     

    しかし、相手がこの言葉の意味を知らなければ、通じない告白の言葉ではあります。使う際には、相手がこういった分野において詳しいかどうか調べておく必要はありますね。

    月が見えない時にも有効

    「月が綺麗ですね」という言葉で告白するタイミングは、月が見えない時やぼんやりとしか月が見えない時にこそ、有効であると言われています。

     

    本当に月が綺麗な夜に「月が綺麗ですね」と言っても、単なる月の感想になってしまう可能性が高く、本意が相手に伝わらないことが考えられるためです。

     

    「月が綺麗ですね」と言われ、告白されたと思っても、実際月がきれいであれば、告白なのかどうか、どちらか分からず相手に混乱をもたらすだけになるかもしれませんね。

    「月が綺麗ですね」に類語はある?

    文学的な奥ゆかしさのある告白の言葉として「月が綺麗ですね」をご紹介しましたが、同じような告白の意味を持つ言葉がいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

    夕日が綺麗ですね

    「夕日が綺麗ですね」という言葉には、「あなたの気持ちが知りたい」という意味が込められているとされています。

     

    デートの別れ際に言うと、今日はこれからどうしたいか、この後も一緒に過ごすのかどうか、相手の本心を聞きたい気持ちが表現できます。

     

    しかし、「月が綺麗ですね」よりは浸透していないため、「夕日が綺麗ですね」と伝えた後に、もう少し分かり易い言葉をつなげる必要があるでしょう。

    星が綺麗ですね

    「星がきれいですね」という言葉には、「あなたに憧れています」という意味が込められています。

     

    この言葉がこういう風に使われるようになった由来は、タロット占いから来ているのではないかと言われています。

     

    タロットカードでは星のカードは正位置で「希望」や「憧れ」を表しており、「憧れ」を象徴するものとして「星」が使われるようになったと考えられているようです。

    今日は少し肌寒いですね

    これは、「月が綺麗ですね」とは関連が少ないかもしれませんが、遠回しに、間接的にと考えると類語として扱えると思います。そして、実は一番使われている手法かもしれません。

     

    「今日は肌寒いですね」という言葉には、「あなたと手を繋ぎたい」という意味が含まれています。

     

    「寒くない?」などと聞かれたら、「ちょっと肌寒いですね」などと返すと手を繋ぎやすい雰囲気なるかもしれませんね。

    OKの場合の返し一覧があるの?

    「月が綺麗ですね」と告白された時、OKの返事をする場合は、せっかくですので、文学的な表現で返事したいですよね。

     

    続いては、「月が綺麗ですね」の告白に、OKの返事をする際にはどんな言葉を使うと良いのか、ご紹介していきます。

    死んでもいいわ

    「月が綺麗ですね」と告白をされ、OKと返事する際、「死んでもいいわ」と返してみてはどうでしょうか。

     

    これは、ロシア人作家ツルゲーネフの小説『片恋』のセリフで、直訳では「あなたのものよ」のセリフを、二葉亭四迷が「死んでもいいわ」と訳したことで有名なセリフです。

     

    とても文学的で奥ゆかしい、告白に対する返事になるのではないでしょうか。

    あなたと見るから綺麗なのです

    自身の気持ちが定まっている時に、相手を特別に思っているという、熱い思いを伝えられる、「あなたと見るから綺麗なのです」という言葉を使って返事をするのもいいかもしれませんね。

     

    普通の月でも、あなたと一緒だからきれいに見えるのだ、あなたと一緒にいるから特別なのだという思いが込められていると相手にもよく伝わると思います。

     

    「月が綺麗ですね」という告白に対して、対になっているようなとても合う返事ではないでしょうか。

    月はずっと綺麗でしたよ

    「月が綺麗ですね」と告白をされたのにも関わらず、直接的な表現で返すのは、ナンセンスですよね。

     

    「月はずっと綺麗でしたよ」と返事をすることで、自分もずっと好きだったという気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

     

    自分もずっと相手の事を思っていたということがよく込められた、告白への返事になると思います。とてもロマンチックですよね。

    断り方の一覧はどうなっている?

    続いては、告白を断るときの言葉選びについてご紹介していきます。断るときこそ、文学的に、直接的にではなく間接的な言葉選びをしたいですよね。

    私には月が見えません

    「月が綺麗ですね」と告白された時の、定番の断り文句に「私には月が見えません」という言葉があります。

     

    「私の心の中には恋心は見えていません」という気持ちが隠されており、間接的に断るにはぴったりの言葉ではないでしょうか。

     

    もっときっぱりと断るときには「月は沈んでいました」という表現もあります。

    手が届かないから綺麗なのです

    既婚者や恋人がいる人などに告白された場合には、『手が届かないから綺麗なのです』と返すのはいかがでしょうか。

     

    手が届かない、これ以上は進展しないという気持ちを含め、断りの返事をすることが出来るでしょう。

    そうですね

    返事を保留したい場合は、「そうですね」と言って流す方法もあります。

     

    曖昧に答え、話題を変えることも一案です。このまま告白に気づかないふりをして、流す際にも使えるかもしれませんね。

    女性から男性に言っても大丈夫?

    続いては、女性から告白する場合には、使ってもいいのかどうか、ご紹介していきます。

    女性が言ってはいけないわけではない

    男性からの告白の時のみ使える言葉というわけでは無く、もちろん、女性から告白する場合も使える言葉です。

    女性が言っても問題ない

    告白するときに、直接的な言葉を言う勇気が出ないときには、使ってみてはいかがでしょうか。

    「月が綺麗ですね」は、ロマンチックな告白の言葉

    告白の意味が込められた「月が綺麗ですね」という言い回しについて、ご紹介してきました。

     

    夏目漱石が、生徒たちに「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳してはと教えたところから広がったと言われています。日本人的な考え方や受け取り方で、多くの人たちに受け入れられ、現代にも引き継がれています。

     

    文学的で、奥ゆかしい告白の方法で、こういった言葉選びを好みそうな人への告白をする際は、使ってみてはいかがでしょうか。

     

    また、「月が綺麗ですね」と告白されたら、ご紹介した言葉たちで返事をされると、よりロマンチックな告白になると思います。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ