記事ID148575のサムネイル画像

    玉木伸弥はタマホーム社長!学歴や経歴は?反ワクチンで炎上した?

    タマホーム社長「玉木伸弥」は反ワクチン派を会議中に公言。社員いじめや新興宗教にはまっているとの噂もあり、最近何かと世間を騒がせています。玉木伸弥の学歴や経歴は?気になる年収は億単位か?玉木伸弥の妻や子供についても紹介します。

    話題のタマホーム社長・玉木伸弥

    「ハッピーライフ、ハッピーホーム、タマホーム」のメロディーでお馴染みの、住宅メーカータマホーム。その、タマホームの社長である玉木伸弥さんが、反ワクチン派を会議中に公言するなど、何かと話題になっています。

     

    そこで、タマホーム社長・玉木伸弥さんについて、詳しくご紹介していこうと思いますので、最後までお付き合いくださいね。

    玉木伸弥のプロフィール

     

    • 本名(ふりがな/愛称):玉木伸弥(たまき しんや/-)
    • 所属事務所:-
    • 生年月日:1978年10月13日
    • 現在年齢:43歳
    • 出身地:福岡県
    • 血液型:-
    • 身長:-
    • 体重:-
    • 活動内容:タマホーム株式会社代表取締役社長

     

     

    現タマホーム代表取締役会長

    タマホームはの創業者は、玉木伸弥さんの父親・玉木康裕さんです。玉木伸弥さんが社長に就任した2018年は、創業20周年にあたる年でした。

     

    1998年に福岡県で、4名でスタートしたタマホームは、2018年時点では、売上1,600億円超・従業員数3,000名超の東証一部上場企業に成長していました。

    玉木伸弥の学歴!出身大学は?

    玉木伸弥さんは福岡県筑波市出身で、福岡県福岡市城南区にある福岡大学の商学部を2001年に卒業しています。

     

    商学部の偏差値は56~59とされており、上位学部である医学科の偏差値が70近く、下位学部の偏差値が40台と、学部間での難易度差が大きくなっていますが、大学全体で見ると、私立中堅レベルにあたる大学です。

    玉木伸弥の経歴

    玉木伸弥さんは、大学卒業後にすぐに父親が会長だったタマホームに入社しています。入社してからの経歴は

     

    • 2001年6月 タマホームに入社
    • 2002年10月 総務部部長代理
    • 2004年6月 広告宣伝部長
    • 2005年6月 執行役員広報宣伝部長
    • 2008年8月 取締役
    • 2011年6月 常務取締役
    • 2012年6月 専務取締役
    • 2013年12月 取締役副社長兼開発事業部本部長
    • 2014年7月   代表取締役兼CEOに就任
    • 2018年8月 代表取締役社長に就任

    となっており、入社翌年には総務部部長代理に就任しています。さらに入社4年目で部長に就任するなど、通常では考えられない、親族経営ならではの、順調な昇進により、39歳で社長に就任しています。

     

    ちなみに、玉木伸弥さんの一つ下の弟・玉木克弥さんは、副社長を務めています。

    玉木伸弥の年収や評判

    39歳という若さで、2018年にタマホームの社長に就任した玉木伸弥さんですが、彼の評判はどうなのでしょうか。また、年収はどれくらいになるのでしょうか。

    新興宗教にはまっている?

    玉木伸弥さんの名前を検索すると、”新興宗教”や”おかしい”といったキーワードが出てきます。

     

    なにか新興宗教にどっぷりはまっているのかと、調べてみましたが、玉木伸弥さんが宗教にはまっているという決定的な情報はなく、この噂が出てきたのは、後述するコロナワクチンに関する発言からのようです。

     

    後ほど詳しくご説明します。

    世間の評判は?

    世間では、「2代目社長」という印象が強く、後述するコロナワクチンへの発言などが大きく影響し、宗教に簡単にはまりそうな社長、勧誘に弱そう、ヤバイ、こんな会社に勤めたくないなどといった声があがっています。

    玉木伸弥の年収は?

    玉木伸弥さんの年収は2億2千万円と言われており、所有株の配当だけで8700万円ほどあり、所有株の資産も11億円を超えています。

    会議中に反ワクチン公言で炎上!

    続いては、文春オンラインが報じて、大きな話題となった、玉木伸弥さんが発した“ワクチン禁止令”やパワハラ疑惑について詳しくご紹介していきます。

    「ワクチン接種に反対」を宣言

    玉木伸弥さんは、2021年7月に開かれた幹部参加のオンライン会議で、「世の中がなんと言おうとも、ワクチン接種に反対です!」と公言したそうです。

     

    また、6月に、タマホームのほぼ全社員がオンラインで視聴した「経営方針発表会」で玉木伸弥さんは、「(新型コロナ)ワクチンを接種したら5年後に死にますからね」と発言したそうです。また、「5Gがコロナ感染を引き寄せる」といった内容も発言したそうで、視聴していた多くの社員は戸惑いを隠せなかったようです。

     

    実際、タマホームの社内メールで、『感染拡大防止の観点より、5G形態を利用されている方は5G機能を『社用携帯』『個人携帯』ともに設定でオフに変更していただき、感染防止対策を徹底し、感染抑制に努めていきましょう」といった内容のメールがまわっていたそうです。

     

    また、社員向けに配信された玉木伸弥社長の動画では「コロナになったら死んでしまうのではないかと不安になった時に言う、秘密の言葉を教えます。心の中で、自分に向かって、家族に向かって、『大丈夫、大丈夫。大丈夫、大丈夫。大丈夫、大丈夫』と言うと、本当に大丈夫になってきます」とも発言したようで、これらのことから玉木伸弥さんはなにか新興宗教にはまっているのではないかとも言われるようになったのです。

    ワクチン接種した社員に自宅待機命令

    ワクチンを接種した社員は無期限で自宅待機命令が下り、出社したい場合は『モデルルーム周辺の草むしり』や『配置転換』と言われたのだそうです。

     

    自宅待機期間中は欠勤(無給)扱いとすると社内で配布された資料には記載されており、表向きは『打つか打たないかは個人の判断』とのことですが、実質は『打つな』と言われているようなものです。

     

    このような社長の暴走ともとれる言動に対し、まわりは何も言わないのか疑問に思いますが、株式を保有しているのはほとんど親族や関係者が占めており、社長や親族のワンマン経営のような状態になっているのかもしれません。

    世間からも批判を受ける

    この反ワクチン公言やワクチン接種した社員に対する処分が世間に広まったことで、評判が非常に悪くなりました。

     

    それに対し、タマホームからは

    • そのような事実は一切ございません
    • 新型コロナワクチンの接種につきましては、個人の判断に委ねております

    とのリリースがされています。

     

    更に、一週間後には

    • ワクチン接種後の副反応を考慮し、ワクチンを接種した社員においては一定期間在宅勤務を行うものとしていた
    • 在宅勤務期間中の給与等も適正に支払いを行っている
    • 報道されたような違法行為があった事実はない

    との内容のニュースリリースが更新されました。

    玉木伸弥の結婚相手や子供について

    独特の存在感を示す、タマホーム社長・玉木伸弥さんですが、嫁や子供はいるのでしょうか。

    妻についての情報は少ない

    玉木伸弥さんが結婚している事は確かなのですが妻に関する情報はなく、画像も出回っていませんでした。また、結婚した時期や馴れ初めなども不明です。

     

    玉木伸弥さんは公益財団法人「1more baby応援団」という、結婚・妊娠・出産・子育て支援団体を2015年1月15日に設立しており、その設立に際して、自身も結婚していて嫁がおり、2人目の子供を妊娠している事を明かしています。

    子供が2人いる

    2015年に2人目が生まれたことが分かっており、2人目は女の子だということも判明しています。しかし、1人目の性別や生まれた年などは不明です。

    息子に会社を継がせる?

    第一子の性別は分かりませんが、もし女の子だとしたら、親族経営が続いているタマホームですので、あととりとなる息子が生まれるまで頑張るのではなどと言われているようです。

    反ワクチンで炎上し、今後が不安視される

    若くしてタマホーム社長に就任した玉木伸弥さんについてご紹介してきました。

     

    反ワクチン派を会議中に公言し、ワクチンを接種した社員に対しては嫌がらせともとれる対応を行っていたり、コロナに対する誤った持論を展開したりと、新興宗教にはまっているという噂まで広がっています。

     

    タマホームのコロナのワクチン接種に対する対応が報道された際は、SNSを中心に大きな話題となり、それに伴い株価も下がり、玉木伸弥社長の言動を不安視する声も多数上がっているようです。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ