記事ID148561のサムネイル画像

    怖い画像が見れるサイトはある?大人向けから子供向けまで徹底紹介!

    怖い画像を見てみたいと思うこともあるかもしれません。そんな時に見られる怖い画像が見られるサイトはあるのでしょうか。そこで今回は、怖い画像のサイトを大人向けから子供向けまで徹底紹介します。またこけしに関するホラー画像や、momo(もも)の噂についても迫ってみたいと思います。

    大人向けの怖い画像まとめのサイトはあるの?

    怖いけど見てみたいという好奇心を抑えられなくなることってないでしょうか。そういった人のために、怖い画像、心霊画像などをまとめたサイトが存在します。

     

    心霊画像から、少し変わり種まで、様々なサイトがあるので、ご紹介していきたいと思います。最後までお付き合いくださいね。

    本当に怖い画像ベスト50選(心霊、怖い絵他)

    ネットに『本当に怖い画像ベスト50選(心霊、怖い絵他)』という記事があります。

     

    集合写真で、ひとりだけ顔が歪んだ少年の画像など、心霊写真かと思われるようなものから、たまたま人や物などが映り込み不気味な画像になっているもの、『毒エサまきました』と書かれた看板などのヤバイものを映した画像、合成写真と思われるものなどが掲載されています。

    【閲覧注意】怖い画像まとめ!

    ネットに『【閲覧注意】怖い画像まとめ!不気味な画像から意味コワ画像まで!』という記事があります。

     

    • 墓場で撮った写真で、男性の方に手が乗っている、心霊写真的なもの。
    • 体操選手が柔軟性があり、首を後ろにそらした結果、首が消えた心霊写真のように様に写ってしまっただけだったといった、たまたま撮れた人の姿がホラー画像のようになっているもの
    • 掛け時計の裏左下あたりから妙な触手が出ていてある意味怖い画像

     

    などなど、“意味が分かると怖い画像まとめ20選!”や“心霊系の怖い画像まとめ15選!”など豊富に掲載されています。

    【画像】よく見るとめっちゃ怖い画像

    『ホラー情報まとめ』というサイトに、『【画像】よく見るとめっちゃ怖い画像』というページがあります。もとは、掲示板に、ユーザーが画像を貼り付け、その画像のどこが怖いのかを他のユーザーが当ててコメントを書き込んでいっています。

     

    初見ではなかなか気づかず、書き込みコメントでその怖さの意味を理解したとコメントしている人もいます。

     

    トリック的な写真もあり、じっくりと見ながら考える楽しみのあるサイトです。

    【閲覧注意】意味が分かると怖い画像集

    YouTubeに、『【閲覧注意】意味が分かると怖い画像集』という動画がアップされています。ゆるりるチャンネルに投稿されたものであり、キャラクターが画像を紹介しています。

     

    内容的には、着ぐるみの口に多数の子供たちが手を突っ込んでいる写真があり、着ぐるみの中は空気が少ないのに、空気の取り込み口を子供たちの手でふさがれており、中の人にとっては息がしづらくなるホラーだといったものなどが紹介されています。

     

    また、野菜サラダが詰められた袋の中にカエルがまぎれているといった、カエルが苦手な人からすると発狂しそうな画像も紹介されています。

    “わかる人にはわかる”恐怖画像を集めてみた

    BuzzFeedに、『“わかる人にはわかる”恐怖画像を集めてみた』という記事が掲載されています。31の画像が紹介されており、答えは書かれておらず、どれも良く見れば分かるものが多いですが、よく分からないものもあります。

     

    こちらは、ホラーというよりは、ぱっと見、恐怖画像のようにも見えるが、実はそうでは無い写真が集められています。

    pixabayの画像

    pixabayにもホラー系の画像がアップされています。『怖い女性』や『ホラー』など、キーワード検索すると、無料素材の怖い画像が多数表示されます。

     

    素材としてアップされているものですが、それぞれに雰囲気があり、ホラー写真として存在感があります。

    子供向けの怖い画像サイトはある?

    続いては、子供向けの怖い画像サイトについても紹介していきます。

    ネット検索でも見付かる

    ネットで 『怖い画像子供向け』と検索すると、多数の怖い画像が見付かります。しかし、大人でも気持ち悪い、怖いと感じる画像が混じってあがってきますので、子供さんに見せる際は注意が必要です。

    11枚の恐怖画像

    『子ども泣くわ!見たらトラウマりそうな狂気画像11枚』という記事が、BuzzFeedに掲載されています。

     

    11枚の画像が掲載されており、食べ物や看板、人形、絵本のイラストなどの写真なのですが、どれもこれも怖かったり、気持ち悪かったりするものばかりです。

    子供向けの交通安全ビデオ

    『【恐怖映像】海外で制作された子供向けの交通安全ビデオが下手なホラー映画より怖い』という記事があります。

     

    1963年に撮影されたという交通安全のビデオは、主に自転車に乗る子供たちを対象としており、交通ルールを守って正しく自転車に乗るよう促している内容です。

     

    自転車に乗る子供たちが登場し、いろいろな「悪い例」を示していくのですが、なぜか子供たちが皆、猿のマスクを被っており、その姿がインパクト大です。

     

    皆でピクニックに向かうのですが、子供たちは無茶な二人乗り、信号無視、標識を見なかったなどの理由で事故にあってしまいます。

     

    最終的には、ピクニックの場所にたどり着けたのは一人だけで、たどり着いた一人は猿のマスクをかぶっていませんでした。

     

    『ルールを守れない=猿』という意図があってのことなのかどうかは分かりませんが、子供向けとはいえ、かなりシュールな映像となっています。

    こけしの恐怖画像があるの?

    お土産物屋さんなどでよく売られているこけしですが、最近、こけしの良さを再認識する人が増え、「第三次ブーム」が到来していると言われています。

     

    見た目の愛らしさから、特に若い女性を中心にじわじわと人気が高まっているそうです。

     

    そんな、かわいらしい存在のこけしの恐怖画像も存在するようです。どういったものなのかを詳しく見ていこうと思います。

    宮城の鳴子温泉での画像

    その写真が撮られた場所は、鳴子こけしの産地としても知られる、宮城県に所在する鳴子温泉で撮影されました。温泉街のいたるところにこけしの店や工房が存在してお土産としても人気です。

     

    鳴子こけしの最大の特色は、首を回すと「キュッキュッ」と音が鳴る点です。胴体は肩が張り、中央部に向かって少し細くなり、裾に向かって再び広がった安定感のあるシルエットが特徴です。

     

    また、こけしの模様は、横から見た菊の姿を重ねて描く華やかな「重ね菊」が代表的なもので、瓜実型の頭部には前髪が描かれ、童のようなあどけない顔の表情で素朴な可憐さをもつこけしです。

    電話ボックスにこけしの顔

    鳴子温泉は、“鳴子こけし”の産地として有名であると先ほどもご紹介しましたが、鳴子郵便局の前には”こけし型ポスト”が設置されていたりと、街のいたるところにこけしがオブジェとして飾られています。

     

    そして、こけしの恐怖画像というのは、鳴子温泉地の大崎市鳴子総合支所に設置されている電話ボックスの一つを映したものです。

     

    電話ボックスの上に、大きな鳴子こけしの頭部が備え付けられているもので、夜に撮影されたその写真は、ホラー画像のように見えるのです。

    ツイッターに投稿された

    空弾シオンというアカウントの人物が、夜に撮影した、こけしの頭がのっている電話ボックスの写真を『深夜散策しててぶっちぎりで肝が冷えたやつ』と言うコメント共にツイッターに投稿し、瞬く間に拡散されました。

     

    19.5万件のイイネ、3.7万件のリツイートがされており、『1人の時にみたら泣く』『こえええ』『ホラーゲームかと思った』『デスゲームが始まりそう』などという声が上がり、反響を呼びました。

     

    また、このツイートでこけしの電話ボックスの存在を知り、訪れてみたいという声も多数上がりました。

     

    確かに、存在を知らず、夜、見てしまうとびっくりしてしまいそうです。

    momo(もも)というホラーゲームがある?

    昨今、YouTubeからはたくさんの情報が発信されるようになりました。内容も多岐にわたっており、子供から大人まで様々な年代の人が利用し、楽しんでいます。

     

    そんな中で、子どもたちを自殺に追いやるゲームとして、SNS上で話題になった「Momoチャレンジ」をご存じでしょうか。

     

    続いては、大きな話題にもなった「Momoチャレンジ」についてご紹介していきます。

    YouTubeのモモチャレンジ

    ペッパピッグ(Peppa Pig)などの子供向けアニメの途中で、恐ろしい顔をした女性モモの画像に切り替わり、危険なことを強要してくるという内容の動画があるとされています。

     

    YouTubeなどの子どもが好む動画に紐付けされており、冒頭は子供向けのアニメのため、知らず知らず視聴しており、気づけばその恐ろしいモモの動画を子供が見てしまうというものです。

    WhatsAppでコンタクトを取る

    ソーシャルアプリのWhatsAppでモモにコンタクトを取ると、暴力的な画像が送られてきて、様々な命令が届くと言われていました。

     

    モモは、コンタクトしてきた相手のすべてを知っているといい、電話をかけてくることもあるとされています。

     

    その命令、”チャレンジ”には自傷行為や自殺等も含まれると言われています。そして、送られてきた命令に従わないと、「今夜お前の家に行く」「呪いをかける」「ずっと付けまわす」といった、脅しをかけられるというのです。

    ブルーホエールとの関係性

    2013年にロシアで誕生した殺人ゲーム・ブルーホエールは、ロシアのオンラインコミュニティに存在する、自殺願望者を集めたグループが多数あります。

     

    ゲームに参加した子どもたちは、そういったグループに所属しており、現世が虚無に満ちたものであり、特別なプロセスを踏襲した死を通過して別の世界に行くことで救われると洗脳され、ブルーホエールに参加したと考えられます。

     

    ブルーホエールでは、参加者にナイフを使ってグループのシンボルであるクジラの絵を腕に彫る、飛び降りに適した場所を見つける、早朝4時20分に目覚ましをかける、ホラー映画を1日中見続けるなど、様々なミッションが与えられます。

     

    そして、そのミッションを実行したという証拠写真を投稿し、ゲームを始めた50日目に命を絶つというルールの恐ろしい自殺ゲームなのです。

     

    この自殺ゲームによって、ロシア国内でなんと半年という短い期間で130人以上が犠牲となったと言われています。多くの自殺者がSNSで自殺の実況中継をしていたとも言われています。

     

    モモチャレンジがこのブルーホエールと形式がとても似ているため関連性が疑われました。

    マインクラフトに広告が表示

    2018年頃に、人気のオンラインゲームであるマインクラフトにも広告が表示されました。

    アルゼンチンの12歳少女は自殺したの?

    アルゼンチンの12歳少女の自殺の原因がモモチャレンジにあるのではないかとアルゼンチン・ブエノスアイレスの警察は突き止めているという噂が広がりました。

     

    少女の兄が裏庭で首をつった少女の遺体を見つけた時、近くにはスマホが落ちていて、少女は自殺の前にスマホで自分の姿を撮影していたと言われています。

     

    WhatsAppを通じて知り合った人物に自殺をそそのかされたと見て捜査されているという噂ですが、警察はMomoチャレンジによって少女が自殺したと見ているどころか、自殺した少女の存在すら確認していないという情報もあります。

    日本人クリエイターが盗用された?

    momoというキャラクターの元になったのは、特殊造型を手がける「LINK FACTORY」の代表、相蘇敬介の作品である『姑獲鳥((うぶめ)』です。

     

    「パンチのある怖いものをつくろう」と、お産で亡くなった女の妖怪である姑獲鳥をモチーフに選んで制作されたものです。ギョロリと見開いた目と、頬まで裂けた口。そして、巨大な頭部から鳥の足を生やしたグロテスクな風貌は、まさしく思惑通りの作品と言っていいでしょう。

     

    そんな、相蘇敬介作の姑獲鳥(うぶめ)が、モモチャレンジに盗用されてしまったのです。本人は、もちろん許可した覚えはないと取材に答えています。

     

    にもかかわらず、「死ね!」「そんなものをつくって恥ずかしくないのか」などと、英語やスペイン語で誹謗中傷のメールが届き、いたずら電話までかかってきたそうです。

     

    盗用された上に誹謗中傷を受け、本人は戸惑いの心中を明かしています。

    BBCはデマだと言っている?

    「Momo」と名乗るキャラクターが、チャットアプリWhatsAppを乗っ取り、子どもたちに危険な命令を下して、自殺に追い込む、モモチャレンジというゲームが存在するという点は確認できていません。

     

    また、WhatsAppを乗っ取られたという報告は入っていないうえに、子どもが自傷したという通報も実際はないとのことです。

     

    イギリスのBBC放送でもデマであるとしています。また、アメリカの老舗総合メディア『The Atlantic』もデマであると報じています。

     

    また、YouTubeもmomoチャレンジについて調査し、YouTubeには同ゲームへの参加を促すような動画の存在は確認できなかったと発表しています。そして、子供向けサービスのYouTube Kidsにおいては同ゲームに関する一切のコンテンツは排除する、としました。

    イラストの怖い画像もあるの?

    続いては、怖いイラストや漫画についてご紹介していこうと思います。映像や画像よりもインパクトのある恐怖をもたらすイラストや漫画が多数存在します。

    怖い…でも見たい!ホラーイラスト特集【閲覧注意】

    ネットに、『怖い…でも見たい!ホラーイラスト特集【閲覧注意】』というページが存在します。“貞子の家”など多数のホラーテイストのイラストが掲載されています。

    「世界で最も怖ろしい」絵 [痛いニュース(ノ∀`)] white

    ピンタレストに、『「世界で最も怖ろしい」絵 [痛いニュース(ノ∀`)] white』という目を見開いた形相のホラーな絵が掲載されており、類似画像に、似たような怖い画像がたくさん表示されます。

    リアルホラー漫画

    『【怖すぎ注意】怖い!不気味!しかも実話!独特なタッチのリアルホラー漫画に背筋が凍る』という記事が掲載されており、ホラー漫画が掲載されています。

     

    また、ホラー漫画家としては、古くは、水木しげる/犬木加奈子/山岸凉子/楳図かずお、などの名前がよく挙げられます。

    トラウマレベルの死ぬほど怖い画像もある?

    トラウマレベルの怖い画像としてまとめているサイトも存在しますので、ご紹介していきますね。

    実在するトラウマになる怖い画像

    ガラパゴニアというサイトに、『【閲覧注意】怖くて怖くて怖すぎる!実在するトラウマになる恐ろしい画像の数々…』というページがあります。

    子供とピエロの画像

    こちらは、心霊現象の写真ではなく、子供とピエロの画像、ホラーな人形やドアノブに巻き付くヘビ、ピザの上にむらがるサソリなど、生活の中に存在するタイプの、実際に見たり触ったりすることができるようなものの写真です。海外の写真がほとんどです。

     

    多数の画像が掲載されており、どれもトラウマに成りうるような画像となっており、ある意味リアルで恐怖ですね。

    世界一怖い画像がある?

    続いては、世界一恐ろしいと銘打っている動画や画像についてご紹介していきたいと思います。

    BuzzvideoStoryに投稿

    動画視聴アプリ・Buzzvideo Storyに投稿された動画に、『世界一怖い画像』として掲載されている画像があります。

    世界一怖い画像はポメラニアンだった?

    投稿された動画を見てみると、ゆっくりとご飯を食べるフレンチブルドッグが映し出され、あまりにご飯がすすまないので、ポメラニアンが連れてこられ、フレンチブルドッグにほえ、ポメラニアンがご飯を食べ始めるという内容でした。

     

    この動画で、世界一怖いとされているのは犬のポメラニアンだったのです。

     

    肩透かしを食らった人も多かったのではないでしょうか。

    Yahoo!知恵袋への質問

    また別の世界一怖い画像とされているのが、1枚の女性の絵の画像です。

     

    2012年にYahoo!知恵袋に女性の絵と共に『この画像の題名が(世界一怖い画像)なんです。どこが怖いんですか?』との質問が寄せられるほど、普通の絵に見えます。

    心理的な効果を見せてくれる

    この絵は、ツイッターを中心に拡散された動画で、この絵を見続けるとこの女性が突然笑い出したように見えるのだそうです。

     

    また、この絵の所有者が次々と亡くなっているという曰くつきの絵だとの噂もあります。この女性は、彼氏が、浮気をしたこと苦に自殺をしてしまいます。その事に、悲しみにくれた彼氏はその女性の絵をかきあげ、原因不明の死をとげます。 その後、美しいこの絵は、次々と所有者が変わりますが、その都度、所有者は原因不明の病で死んでいったというのです。

     

    その両方が相まって、世界一怖い画像とされているようです。

    ドラえもんの怖い画像がある?

    続いては、長年にわたって日本で愛されてきたキャラクター・ドラえもんの怖いと言われる画像を見ていこうと思います。

    ドラえもんの怖い顔 画像15選【笑えない…】

    ネットに『ドラえもんの怖い顔 画像15選【笑えない…】』という記事があります。15種類の怖いドラえもん画像が掲載されています。

     

    • のび太を悪の道に誘うドラえもん
    • 激おこ状態のドラえもん
    • 目がイッてるドラえもん
    • かっこいいドラえもん
    • 目が吊り上がったドラえもん
    • 壊れたドラえもん
    • のび太を平然と追い込むドラえもん
    • のび太を一刀両断するドラえもん
    • 体調不良でも罵倒するドラえもん
    • のび太を煽りまくるドラえもん

    など、丸いフォルムで癒しキャラであるドラえもんの意外な姿がピックアップされています。

    激おこ状態のドラえもんなど

    『激おこ状態のドラえもん』として紹介されている画像は、血走った目でドラえもんが激怒しており、手にはスパナを持っています。

     

    このドラえもんは「ドラえもんだらけ」という話で登場しています。

     

    のび太に大量の宿題を押し付けられたドラえもんは、未来のドラえもんを連れてきて一緒に手伝おうとしますが、結果的には2時間おきに過去のドラえもんがやってきて宿題を手伝わされるというループに陥り、ついにドラえもんがブチギレてしまうというお話です。

    目がイってしまっている

    詳細は分からないのですが、夕暮れの中、焦点の合わない目で空を見上げているドラえもんの画像が紹介されています。

     

    目を見開いて、口角は不気味に上がっています。

    ホラーにはストレス解消の効果が!

    怖いけどついつい見たくなってしまうといった方のために、様々な怖い画像を集めたサイトなどをご紹介してきました。いかがだったでしょうか。

     

    なぜ、怖いのにホラー映画、ホラー漫画、怖い画像などが見たくなるかというと、脳神経科学的に見ると、「恐怖」と「快感」は密接に絡み合っているからなんだそうですよ。

     

    怖いものを見た後、副交感神経が優位な状態になり、ストレスが解消される効果もあるとされています。

     

    いきなり映像は怖いという人は、画像などから徐々にホラーの世界に足を踏み入れていくのもいいかもしれませんね。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ