記事ID148544のサムネイル画像

のえのんってどんな人?本名や年齢は?動画内容や炎上騒動とは?

小学生からYouTuberとして活動を行っているのえのん。人気の彼女ですが、本名や年齢はどうなっているのでしょうか。そこで今回は、のえのんの本名や年齢などについてご紹介します。また、のえのんの投稿している動画の内容や炎上騒動、妹の”ほのぼの”についてもお伝えします。

のえのんはどんな人?

YouTuberとして活動を行っているのえのんの本名や年齢はどうなっているのでしょうか。名前は知っているけれど、具体的にどんな人か知らないという人もいらっしゃると思いますので、まず、のえのんの本名や年齢などから詳しく、見ていこうと思います。

 

最後までお付き合いくださいね。

小学生にしてYouTuberになる

小学5年生だった2015年4月からYouTubeに投稿を始めています。

 

投稿を始めたきっかけは、人気Youtuberのワタナベマホトを見て、『私も同じようになりたい!』『YouTubeを通して音楽活動やブランド展開など色んなことに挑戦しているのを見て、自分もクリエイティブな活動がしたい』と思いYouTubeを始めたのだそうです。

 

最初は、1,2分の動画を投稿しており、毎日投稿する事を心掛けていたそうです。今では8分以上の動画を投稿していますが、毎日投稿する事は続けているそうです。

 

一番最初に投稿した動画は、『麻酔が効いた状態でチョコ食べてみた!』という内容のもので、最初から人の興味を引く内容の動画をアップしていたようです。

 

本名は前野乃映が有力

本名は前野乃映(まえののえ)であると言われています。

 

正式に、公表されているわけではありませんが、のえのんの誕生日ツイートで「のえちゃん おめでとう」と書かれたボードの画像がアップされているため『のえ』という名前だと分かります。

 

苗字に関しては多数のサイトで前野だとされています。

 

もともと小学校で「のえのん」と呼ばれていたそうです。

年齢は19歳

のえのんは、2003年4月14日生まれであり、2022年現在は19歳になっています。まだ10代ですが、YouTuberとしては8年目に突入しています。

姉妹でUUUM(ウーム)に所属

のえのんは、YouTubeを始めてから2年後となる2017年に、ヒカキンやはじめしゃちょーなど、多数の人気YouTuberが所属する大手YouTuber事務所のUUUM(ウーム)に所属しました。

 

のえのんには後述する妹もいて、妹も同様にYouTubeをやっていてUUUMに同時期に所属しています。

のえのんの身長や体重

身長は153.2センチで、体重はtiktokの動画で39キロとさ明かされています。

 

153センチの女性の平均体重は51.5キロと言われており、美容体重は46.8キロ、モデル体重は42.1キロとされているので、のえのんはモデル体重よりもまだ軽い事になります。

 

そのスタイルを活かして、ファッションコーデなどの動画もアップしています。

のえのんはインスタやtiktokもやっている

のえのんはtiktokもやっています。tiktokは、478.3万のフォロワーがいます。

 

また、インスタは、8.1万のフォロワーがおり、メイクやヘアーセットを短時間で仕上げられる方法、真似してもらえるような動画がアップされています。

 

投稿のネタに関しては、tiktokで流行を調べたりしているそうです。

 

どんな投稿が人気なのかは視聴者数に現れてくるため、伸びているものと関連した動画を投稿するように心がけ、同年代で流行っているもの、その時YouTubeで流行っている動画などを参考にネタを考えるそうです。

のえのんの動画内容はどんなもの?

YouTubeでは、39.3万人のフォロワーがいるのえのんですが、どういった内容の動画を配信しているのでしょうか。

スクイーズ動画が人気

毎日投稿を続けていたのえのんの登録者数がグンと伸びるきっかけとなったのは、スクイーズという「低反発の粘土」のようなおもちゃについて投稿したときです。

 

当時、友達の間でも流行っていたもので、最初はそれを1つ買って、ビヨーンと伸ばす動画を投稿したところ、バスったそうです。

 

それ以降、スクイーズに関する動画を多数アップしていますが、スクイーズのコレクション数はなかなかのものです。

ぶりっこ講座もある

ぶりっこ講座というものもあり、メイク、コーデなど様々な動画が投稿されています。サングラスとカチューシャを使い色々なことをする動画が人気のようです。

 

また、ピアノを弾いてみた動画や姉妹で踊ってみた動画や美容系動画などもアップされており、同年代から指示を得ているYouTuberです。

一番バズッた動画

投稿するネタを考えるとき、海外の動画も見ているそうで、水風船を使って大きな氷を作って、思いっきり割る動画を見つけ、それをのえのんも作って動画を投稿したところ、視聴者から大好評だったそうです。

 

2018年に投稿されたこの動画は、430万回再生されています。

音楽も手掛けるマルチクリエイター

2020年4月14日にデビューシングル「フィロリーザプンクタータ -Phyllorhiza punctata」を配信リリースしました。ミュージックビデオも自身で撮影、編集、監督を担当しています。

 

ピアノやダンスといった音楽系も手掛けていて、マルチクリエイターとしても活動しています。

 

将来的には芸術分野で個展を開いたり作品販売をしたいとも考えているそう。

 

また、音楽活動に力を入れており、DTMというデスクトップ・ミュージックの講座を受けたり、ピアノのコードについていろいろ調べていたりして勉強しているのだそうです。

のえのんに炎上騒動があった?

人気YouTuberになれば、誰しも経験する事となる炎上ですが、のえのんにも起こったようです。詳しく見ていこうと思います。

2018年の忘年会

2018年に行われたUUUMの忘年会で、何百人といる集合写真が撮影され公開されました。

 

誰が誰かも分かりづらいような集合写真の中から、ワタナベマホトのファンが、ワタナベマホトと参加していた女性2人が集合写真で肩を組んでいることに気づきSNSで発言します。

 

まず、大勢の人がいる集合写真で顔も良く分からないような状態からワタナベマホトを見つけ出した人物にも驚きですが、ワタナベマホトのファンはその肩を組んでいた相手がのえのんだったことを特定しました。

嫉妬したファンが激怒した?

のえのんは以前からワタナベマホトがきっかけで、自身もYouTuberとして活動し始めたことを明かしており、嫉妬した模様のワタナベマホトのファンが、ツイッターでのえのんを批判し、炎上しました。

 

また、のえのんがワタナベマホトのツイッターにリプライを送っていたこともあり、ワタナベマホトのファンは以前からワタナベマホトにアピールしていたと言い出し、批判のツイートがのえのんに殺到しました。

 

「のえのん今から殺しに行きます」という殺害予告と取れるようなツイートまでされていました。

 

ちなみに、ワタナベマホトには、このように熱烈なファンも多くいましたが、2021年3月17日に児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕、略式起訴され、東京簡裁は罰金50万円の略式命令を出しています。この逮捕後、ワタナベマホトは引退を発表しています。

ワタナベマホトは謝罪

この炎上を受けて、ワタナベマホトは『距離が近い。反省する』と謝罪ともとれる発言をツイッターで投稿しました。

 

しかしのえのんはこの件の弁明をせず『楽しかった』とだけ言っており、ワタナベマホトのファンは『謝罪してください』とのリプライした者もいたようです。

 

この炎上に関しては、のえのんを庇う人も多く、そもそも肩を組みにいっていたのはワタナベマホトであり、のえのんがなぜ謝罪しないといけないのかという声が多数あがっていました。

のえのんの卒業した高校はどこ?

続いては、のえのんが卒業した高校について見ていこうと思います。

第一学院高等学校を卒業?

のえのんは、通信制高校の第一学院高等学校を卒業しています。

 

動画で高校の制服姿が投稿されており、第一学院高等学校のホームページには【先輩たちのSTORY】のコンテンツで、インタビューに答えています。

 

のえのんが第一学院高等学校に興味を持ったのは、中学校で第一学院のパンフレットが配られて、第一学院の卒業生に動画クリエイターがいることを知ったからだそうです。

 

そして、実際にキャンパスへ行き、雰囲気が良く、安心して通えそうな学校だなと感じたため、進学を決めたそうです。

 

通信制の高校ですが、通学する事もでき、のえのんは通える日はすべて通ったと明かしています。

 

芸術系の大学に進学

2022年4月から大学に進学することを公表しています。芸術系の大学に通っており、1年生の文化祭で、先生からからポスター作りを依頼されたことがきっかけで、デザインに興味を持ち、1年生の終わりごろには芸術系の大学に進学する事を決めていたと明かしています。

 

大学の合否発表をリアルタイムで中継したり、入学式当日の準備の様子や入学式での様子もアップされています。

 

大学受験時は、午前中は学校で授業に出席し、午後は自習室で勉強し、17:00~20:00までは塾に通って、それから家に帰って食事などをし、23:00~24:00の間に動画を編集するという生活を送っていたそうです。

 

通信制高校に通っていたからこそ、学業と仕事の両立が出来たと話しています。

のえのんに妹がいる?

続いては、のえのんの妹、ほのぼのについて見ていこうと思います。

現在は15歳

2007年8月1日生まれであり、現在は15歳です。のえのんと共にUUUMに所属しているYouTuberで、投稿はなんと8歳からで10歳には姉ののえのんと共にUUUMに所属しました。

 

のえのんと同様、アップする動画は自身で編集など手掛けているそうです。

本名は公開されていない

本名は明かされていませんが、のえのんの妹であるため苗字は前野であることは確かです。

サブチャンネルをもらう

2019年の4月から姉のサブチャンネルをもらい、ほのぼのがメインの動画を投稿しています。

 

『ほのぼの番組』としてチャンネルを運営していましたが、現在は、晒すっぴん【旧ほのぼの番組】というチャンネル名になっています。

のえのんの両親はどんな人?

続いては、子供が中学生や小学生からYouTuberとして活動する事を見守ってきた、のえのんの両親について見ていこうと思います。

両親の情報はない

のえのんとほのぼのの両親については、調べてみましたが情報がほとんどありません。よって、どの様な両親なのか、職業、年齢などは不明です。

YouTube活動には寛容?

のえのんらは小学生や中学生の頃からYouTubeを顔出しでやっていますが、それを許せるような寛容さのある両親であると考えられます。

 

また、顔を隠してですが、のえのんの動画に登場したこともあります。

手伝いはしていない

YouTubeの活動に関しては、のえのんらは自身で撮影や編集を行っているため、両親は手伝ってはいないのだそうです。

のえのんの収入はどの程度?

続いては、気になっている方も多いと思う、のえのんの月収、年収について見ていこうと思います。

月収は約80万円

のえのん姉妹の収入は、1ヶ月での動画の投稿本数が30本以上、再生の回数が680万回ほどであり、月収はおよそ80万円~100万ほどになると予想されます。

 

年収に換算すると軽く1000万円を超えていることになりますね。

 

これは、動画再生だけの収入で、他にも企業からの仕事やコラボなどでの収入もあると考えられます。

動画を頻繁に投稿するから稼げる?

のえのんは、今のブームに乗れていて、再生の回数を稼いでいるため月収が高いと見られているようです。

 

また、投稿頻度も高く1本あたりの再生回数も多いため、100万近くの月収を得ていると考えられます。

YouTuberの年収はどれくらい

ヒカキン、はじめしゃちょー、Fischer's-フィッシャーズ-、東海オンエアなど、有名・人気YouTuberとなると、メインの広告収入以外にも収入源があり、億レベルで稼いでいると言われています。

 

小学生の将来なりたい職業ランキングでも上位に入っているYouTuberですが、普通のYouTuberは大手事務所に所属していても平均広告収入は月6万円台ととても厳しい世界です。

 

その中で、のえのんは動画投稿を毎日続け、人気を着実に伸ばし、現在人気YouTuberとして活躍していると言えます。

のえのんは整形をしているの?

のえのんの事を検索する際、サブキーワードに【整形】と入れて検索する人が一定数いるようです。のえのんは整形をしているのでしょうか。

整形しているという話はない

調べてみましたが、のえのんに整形をしているという話は、出てきませんでした。

ほのぼのを二重にする動画はある

2018年に、妹のほのぼのを奥二重から二重にするという動画は上げているます。その後にも二重に関する動画が投稿されていることから、整形しているのかと調べる人が一定数いるようです。

これからの活躍に期待

小学生からYouTuberとして活動を行っているのえのんについてご紹介してきました。

 

小学生の頃から動画投稿をはじめ、大学生になった現在まで、毎日投稿を続けているのえのんは、人気YouTuberの一人と言えるでしょう。

 

やってみた動画などだけではなく、ピアノやダンスといった音楽系も手掛けていて、歌手としてもデビューし、ミュージックビデオも自身で撮影、編集、監督を担当するなどマルチクリエイターとしても活動しています。

 

さらには、将来的には芸術分野で個展を開いたり作品販売をしたいとも考えているそうで、今後さらに活躍の場を広げていくことでしょう。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ