記事ID148536のサムネイル画像

スレンダーマンは都市伝説?写真や映画がある?元ネタは?日本にもいる?

あなたはスレンダーマンという存在を知っているでしょうか。スレンダーマンは都市伝説として語られている存在です。そこで今回は、スレンダーマンについて写真や映画、元ネタを探ってみたいと思います。また、スレンダーマンが日本にもいるという話についてもお伝えします。

スレンダーマンとは何?

最初に、スレンダーマンとはどういったものなのかについてお伝えします。スレンダーマンは、一体何なのでしょうか。特徴などについて迫ってみましょう。

スレンダーマンは都市伝説

スレンダーマンとは、実在はしない架空のキャラクターです。書く人それぞれにより、持つ特徴も多用性があります。また、スレンダーマンには瞬間移動の能力(スレンダー・ウォーキング)があります。そして近くにいるとスレンダー病に罹ってしまい、偏執症になったり悪夢を見るようになるでしょう。

 

それだけでなく、鼻血が出てしまうケースもあるといいます。

細身で背が高い

”スレンダーマン”と呼ばれていることもあり、細身で身長が飛び抜けて高い点が特徴です。その身長は、2メートルや3メートルとも言われています。また、腕あるいは触手が長くなっています。それは不自然に思えるほどでしょう。そして、スレンダーマンには顔がありません。

頭部は付いていますが、”のっぺらぼう”なのです。それもあり、異様に見えるかもしれません。

子供がターゲットになるから怖い

スレンダーマンには、”人を襲う”という伝説があります。しかし襲うといってもターゲットがいて、誰彼構わず襲うというわけではない模様です。スレンダーマンの主なターゲットとなるのは子供です。彼は、子供たちを誘拐してしまうでしょう。

『クリーピーパスタ』の中でも紹介されている

海外には、『クリーピーパスタ』というインターネット上の都市伝説があります。この中でも、スレンダーマンが紹介されているでしょう。『クリーピーパスタ』の登場人物は、”召喚”することができます。何等かのものを呼び出すことができるのです。そのため、スレンダーマンも召喚できるとの話もあります。

なおスレンダーマンを召喚するには、例えば『紙に自分でスレンダーマンの絵を描く』などの方法があるとされています。

スレンダーマンの写真や映画がある?

では、スレンダーマンの写真やスレンダーマンをテーマにした映画はあるのでしょうか。続いては、スレンダーマンの写真や映画についてご紹介します。

写真に撮影されている

スレンダーマンに関しては、目撃情報がほぼありません。しかし、スレンダーマンは写真に撮られているという話があります。例を挙げると、火災現場で撮影された写真に写り込んでいるといいます。

子供の遊ぶ傍に写り込む

スレンダーマンが写り込んでいるのは、これだけではありません。子供たちが遊んでいる傍で、スレンダーマンが少し体が透けた状態で写り込んでいる写真も存在するといいます。スレンダーマンは、連れ去るターゲットの子供を選んでいるようにも見えるでしょう。

ホラー映画『奴を見たら終わり』

『スレンダーマン 奴を見たら終わり』という映画は、スレンダーマンをテーマにしている2018年公開のホラー映画です。高校生4人組が、”スレンダーマンを呼び寄せる”という動画を視聴します。すると、その怪異に段々と浸食されていってしまうという物語です。

この作品でのスレンダーマンは、インターネットで語られている特徴が反映された見た目をしているといいます。また、2019年2月からデジタル配信やDVDレンタルが開始されているでしょう。Amazonのprime videoでもレンタルされています。

映画『ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち』

映画『ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち』は、2016年に公開されたダーク・ファンタジー映画となっています。主人公の唯一の理解者であった祖父が、不審死を遂げるところから物語が始まります。また、作中に”ホロ―ガスト”という悪の異能力者が登場します。

この”ホロ―ガスト”はスレンダーマンをモデルにしているのではないかと言われているでしょう。ティム・バートン監督作品の映画であり、こちらもAmazon primeのprime videoで配信中です。

スレンダーマンの元ネタは何?

スレンダーマンの都市伝説は、一体何が元となっているのか気になる方もいるかもしれません。ここで、スレンダーマンの元ネタについてお伝えします。

サムシング・オーフル・フォーラムのスレッド

インターネットに、”サムシング・オーフル”というウェブサイトがあります。このサムシング・オーフルのフォーラムに、2009年6月8日に立てられたスレッドが発端となっています。では、そのスレッドとはどういったものだったのか見てみましょう。

スレッドが立つ

フォーラムに立てられたスレッドとは、『画像編集ツールを駆使して超常現象的な画像を作ろう』という旨のものでした。その中で作られたのが、スレンダーマンだったということです。

スレンダーマンが投稿される

上記のスレッドが立てられた2日後に、ビクター・サージ(本名はエリック・クヌーゼン)という利用者がとある写真を投稿しました。それは、真っ黒い背広を着た長身かつ細身の人物が、何人もの子供たちと写っている白黒写真でした。

最初に投稿した時には写真のみでしたが、ビクター・サージは子供たちが誘拐されるのを見ていたかの書き込みをするようになります。そして、写っていた人物を『スレンダーマン』と呼んだのでした。

5か月ほどで有名になる

その後5か月ほどで、超常現象あるいは陰謀論を扱うラジオ番組に「本当にスレンダーマンはいるのか」や「スレンダーマンって何?」などといった問い合わせがくるほどに、スレンダーマンは有名になりました。

スレンダーマンは日本にもいるの?

スレンダーマンは日本にもいるのかという点が、気になる方もいるかもしれません。次に、日本においてのスレンダーマンの話について迫ってみたいと思います。スレンダーマンは、日本でも目撃されているのでしょうか。

ツイッターの画像が話題となる

2020年8月15日に、ツイッターに投稿された画像が話題となりました。その画像は、日本の都内にある某駅において2020年8月14日にとある人物が撮影したものです。無人のホームを撮影していた際に、撮られた画像であるとされています。

 

また撮影をしていたところ、奥の方から何者かが向かってくるように見えたといいます。そのため、撮影者は慌ててその場から立ち去ったのでした。では、投稿された画像とはどういったものなのでしょうか。

2枚の写真を投稿

そのツイートでは、2枚の画像が投稿されました。1枚目では、駅のホームの奥に人影のようなものが確認できたといいます。そして2枚目では、”人間を縦に引き伸ばしたような黒い影”がしっかりと画像に収められていたのです。

加工が疑われる

この投稿の画像には、合成または加工を疑う声もあります。しかし、投稿をした本人は『加工はしていない』と言っているでしょう。さらには、この画像について”幽霊やスレンダーマンではないか”という声も聞かれるようになったのです。

スレンダーマンに関する事件が起きた?

スレンダーマンに関して、事件が発生していることを知っているでしょうか。続いては、スレンダーマンに関する事件についてお伝えします。どういった事件が発生したのか、早速迫ってみましょう。

少女がめった刺しになった

スレンダーマンの事件では、少女が犠牲になっています。2014年5月31日に、アメリカのウィスコンシン州ウォキショー郡で、12歳の少女ペイトン・ロートナーがめった刺しに遭いました。ペイトン・ロートナーは、ナイフで全身の合計19箇所を刺されたのです。

犯人は同級生の少女たち

ペイトン・ロートナー殺害の容疑者となったのは、アニッサ・ウェイアーとモーガン・ゲイザーという2人の少女でした。しかもこの2人は、ペイトン・ロートナーと同じ中学校の同級生だったのです。彼女は、同級生たちに殺されかけたのです。

血だらけで歩いていた

ペイトン・ロートナーは、血だらけで「助けて」と言いながら道路を歩いていたといいます。道を歩いていたところを、彼女は発見されたのです。そしてペイトン・ロートナーは助かった模様です。

スレンダーマンの手下になるために刺した?

容疑者となったアニッサ・ウェイアーとモーガン・ゲイザーは、「スレンダーマンの手下になるために刺した」と動機を語っています。彼女たちは、都市伝説であるスレンダーマンを実在するものと信じていたのです。スレンダーマンの代わりに誰かを殺せば、彼の手下になることができると思った模様です。

そして、スレンダーマンと一緒に暮らせると思い込んでいたとされます。それだけでなく、誰かを殺さなければスレンダーマンに家族を殺されてしまうという妄想まで生まれたというのです。

犯行の手口はどうだったのか

では、彼女たちの犯行手口はどの様なものだったのでしょうか。2014年5月30日に、被害者を含め少女たちは容疑者の家でお泊り会をしていました。そして翌日の深夜に、ペイトン・ロートナーを殺害しようとするものの、躊躇ったのです。

さらに次の日、彼女たちはかくれんぼをしようと言いペイトン・ロートナーを森に誘いました。彼女たちはペイトン・ロートナーを地面に押し倒して、「ごめんね」と言いながらもナイフで19か所もめった刺しにしています。2人は、まだ意識のあったペイトン・ロートナーを残しその場を離れました。

その後に、ペイトン・ロートナーは自力で立ち上がって道路まで歩き、人に助けられ命を救われたのです。

精神病院に収容された

その後の2017年12月に、アニッサ・ウェイアーに対して25年間の精神病院への収容が言い渡されました。そしてモーガン・ゲイザーには、2018年2月に40年間の精神病院への収容の判決が出ています。彼女たちは、現在も精神病院に入院を続けているものと考えられるでしょう。

ペイトン・ロートナーは手術痕が残った

被害者であるペイトン・ロートナーは、刺された19箇所の傷についての手術が6回も行われました。彼女の体には、その手術でできた痕が残ったといいます。ペイトン・ロートナーに残った心身の傷は、傷害癒えないのかもしれません。彼女は、現在も恐怖や不安に苦しんでいるとされているでしょう。

スレンダーマンの正体は何なの?

都市伝説であり、事件のもとにもなってしまっているスレンダーマン。彼は一体何者なのでしょうか。ここで、スレンダーマンの正体について迫ってみたいと思います。スレンダーマンがどうやって生み出されたのか、見てみましょう。

画像・動画編集が生んだ

現在は、パソコンの画像編集や動画編集の技術が進んでいます。スレンダーマンそのものが、画像編集ソフトで生み出された存在であるとされています。また、出回っているスレンダーマンの画像たちもほとんどが加工されたものなのです。

 

動画も共有されるなどして、スレンダーマンが歪んだ形で変化していったという話があります。既に、過去のスレンダーマンとは異なるというのです。

見間違えた

人の脳は、造りが緻密になっています。そのため、些細なことであっても『あれはこういうもの』であるという思い込みもしてしまいがちです。スレンダーマンも、何か他のものをスレンダーマンだと見間違えた可能性もあるでしょう。例えば、木の枝の隙間から光が見えたとします。

その光が、異様に背の高い不気味な人の形に見えた可能性もあるのです。それがスレンダーマンに見えたのかもしれません。

ストーカーが誇張された?

人を恐怖に陥れる存在のストーカー。スレンダーマンはこのストーカーや不審者が誇張されたものであるとも言われています。ただでさえ恐怖心を与えるストーカーや不審者を誇張することで、スレンダーマンという存在を作りさらに恐怖心を与えようとした可能性もあります。

スレンダーマンがゲームに登場?

スレンダーマンは、映画だけでなくゲームにもなっています。では、スレンダーマンはどういったゲームに登場しているのでしょうか。最後に、スレンダーマンが題材になっているゲームについてご紹介します。

『Ghostwire: Tokyo』が発売

2022年3月に、プレイステーション用ゲーム『Ghostwire: Tokyo』が発売されました。このゲームは、人間が消えてしまった東京を探索するという、アクションアドベンチャーゲームです。この中に、スレンダーマンを彷彿とさせるキャラクターが登場するというのです。

影法師はスレンダーマンを意識?

『Ghostwire: Tokyo』では、様々な怪異(マレビト)が主人公に襲ってきます。このマレビトは、実際にある都市伝説や噂が元になっているとされる点が特徴です。例えば『影法師』というマレビトは、スーツ姿という点が特徴的です。この影法師は、仕事に追われ疲弊した心から誕生したとされています。

影法師は、スレンダーマンを意識しているのではないかという説があるでしょう。

Slender: The Arrival

2013年には、『Slender: The Arrival』というゲームも発売されています。このゲームは、2015年にプレイステーション4やXbox One向けにリリースされました。懐中電灯のみを持った操作キャラクターが、各ステージで迫ってくるスレンダーマンから逃れ真相に辿り着くことを目指すという内容のゲームです。

スレンダーマンは実在しない!

スレンダーマンとは、インターネットのフォーラムに立てられたスレッドで生み出された実在しない都市伝説です。身長が異様に高く、顔はのっぺらぼうである点が特徴となっています。また、子供たちを攫っていくという噂もあるでしょう。このスレンダーマンの存在を信じた子供により、事件まで発生しています。

そしてスレンダーマンは、映画やゲームといった創作物にも登場しています。それだけ、スレンダーマンは知られる存在となっているのかもしれません。スレンダーマンは実在しないことは覚えておくことがポイントです。

スレンダーマンの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ