記事ID136875のサムネイル画像

本田真吾が手掛けるホラー漫画「切子」!ネタバレありで紹介!

「ハカイジュウ」などの作品で有名な本田真吾さんが描くホラー漫画「切子」。この1巻完結の読み切り漫画を今回はネタバレありであらすじからラストまで紹介します。かなりのネタバレを含みますので、「切子」をネタバレなしで読みたい方は注意してください!

漫画「切子」をネタバレありで紹介

漫画「切子」は「ハカイジュウ」が人気の漫画家・本田真吾さんが描くネオ呪殺系Jホラー漫画です。

「切子」は1巻完結の読み切り漫画。
気になった漫画作品があっても、完結していなかったり、長寿漫画で全巻揃えるのにお金がかかったりすると見るのをためらいますが、「切子」はそういったことがないので手軽に見ることができますね。

漫画「切子」は表紙の絵からも想像できるように、結構えぐい内容となっています。
でもホラーやミステリー好きなら満足できる漫画ではないでしょうか。

今回は、そんな漫画「切子」をネタバレありで紹介します。
1巻完結なだけに少し紹介しただけで内容が大きくネタバレしてしまうかもしれません。

ネタバレが嫌な方は要注意です!

ちなみに本田真吾さんのハカイジュウはこちら。
YouTubeで紹介されています。

ネタバレあり!漫画「切子」のあらすじ

漫画「切子」のあらすじをネタバレありで紹介します。
序盤のネタバレを含みます。
全くネタバレせずに「切子」を読みたい!という方はネタバレにご注意を!

漫画「切子」あらすじ(序盤のネタバレあり)

舞台となるのは中学時代の同級生が集まる母校で行われた同窓会。
ここで同級生6人が17年ぶりに集まるのですが、美少女だった同級生・奥村切子が自殺して亡くなってから17回忌となる年でもありました。

同窓会はお互いの近況報告や他愛もない話で盛り上がっていましたが、話題は切子のことに。

切子は容姿端麗・頭脳明晰・誰もが憧れるアイドル的存在。
それだけに自殺に関しては謎が多かったのです。

なぜ切子が自殺しなければいけなかったのか。
そんな話をする中、同級生の1人良介は切子の自殺の真相について疑問を抱えていました。

その後、同窓会に遅れてきたメンバーの登場もあり再び盛り上がりを取り戻す一同ですが、楽しい時間は続きません。

突然トイレから響く同級生・理緒の悲鳴。
あわててメンバーがトイレへ駆けつけると、そこには無残な姿となった理緒がいました。

ネタバレあり!漫画「切子」はどのように展開する?

漫画「切子」のネタバレありのあらすじを紹介しましたが、無残な姿となった理緒を発見した後、物語はどのように進むのでしょうか。

続いてはその後の展開をネタバレありで紹介します。

ネタバレあり!漫画「切子」のストーリー展開

理緒を発見した後、メンバーたちは警察に連絡しようとするのですが、携帯が繋がりません。
それだけじゃなく、豪雨のせいで土砂崩れが発生。
母校は逃げ場のない大きな監獄と化してしまったのです。

誰が理緒を殺害したのか不安になるメンバーたち。
そこで思い浮かぶのがこの同窓会の招待状を作成した人物のこと。

実は招待状の差出人には「K」としか書いておらず、誰が作成したのかわからなかったのです。

Kといえば切子(KIRIKO)もK。
これは自殺した切子の復讐じゃないかという話になります。

しかし、やっぱり真相はわからずじまい。
そうこうしているうちに他のメンバーも殺害されてしまうのです。

漫画「切子」ラストのネタバレ!顔が記憶と違う?

漫画「切子」のラストをネタバレ紹介します。
ラストだけはネタバレしたくない!という方は要注意です!

ではラストのネタバレ紹介をします。

漫画「切子」ラストネタバレ

結局同窓会で生き残れたメンバーは良介とみずほだけ。
みずほと切子の話をしているうちに良介は驚きの事実を思い出します。

切子は実は美少女でも皆に愛される存在でもなく、同級生からいじめを受けていたのです。
良介は切子のことを間違った形で記憶していました。

良介は切子をいじめから救ってあげていたものの、それをきっかけに切子が自分にまとわりつく様子がうざったくなり、切子を突き放してしまいます。

それが切子を自殺へ追い詰めるきっかけになってしまったのだと判明し、良介は愕然とします。
ですが、良介は最後まで切子に殺されることはありませんでした。

切子は許してくれたんだと真面目に生きることを決心した良介。
が、窓の外には切子の姿が…。

最後は読者の想像を色々と掻き立てるクライマックスとなりました。

漫画「切子」ネタバレまとめ

今回はホラー漫画「切子」をネタバレありで紹介しました。

1巻読み切りとなっているので、少しの余暇にちょうどいいですね。

このネタバレを見て漫画を読みたくなった方はぜひ購入してみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ