記事ID136116のサムネイル画像

ゾンビ化する娘を守る父!シュワちゃん制作映画!『マギー』ご紹介♪

ゾンビ化するウィルスが蔓延していく世界で、娘がゾンビ化するウィルスに感染し、それを守る父親を描くヒューマン・ホラー映画作品の『マギー』。この映画『マギー』は、アーノルドシュワルツネッカーが制作に携わっている話題作。あらすじや予告編などご紹介していきます!

アーノルドシュワルツェネッガー作。映画『マギー』

アーノルドシュワルツネッカー作の映画『マギー』。
この作品は、戦わないゾンビ作品として話題になったヒューマンドラマ中心のゾンビ映画です。
元ボディービルダーや政治家。セクハラなどのスキャンダルも話題になっ”シュワちゃん”こと、アーノルドシュワルツネッカーの作った映画作品で珍作ともいえる話題作品です。
今回は、映画『マギー』についてご紹介していきます。

映画『マギー』の予告編動画

2015年にアメリカ合衆国で制作されたホラー映画作品の『マギー』。
この映画作品で制作と主演を務めたのがアーノルドシュワルツネッカー。
そして映画『マギー』の監督は、ヘンリー・ホブソン。この作品で長編映画の映画監督としてデビューを果たしました。
そんなマギーの予告編は、世界的なゾンビ化するウイルスが蔓延し、畑の作物も焼き払うなど生死にかかわる出来事が起きている世界。
ゾンビ化するウィルスの除去や、感染者の隔離。ゾンビ化するウィルスに効果のあるワクチンもまだ開発されていない世界。
そんな世界でアーノルドシュワルツネッカー演じる父親の娘”マギー”が、外出禁止令が出ている中禁止されている場所へ行き、感染してしまう…。という予告編。
ラストも気になって仕方がない!!

予告編②

映画『マギー』の予告編②は、おおよそな内容がわかりやすく編集された動画です。
娘のマギーがゾンビ化するウィルスに感染してしまい、アーノルドシュワルツネッカーが演じる父親役のウェイド・ヴォーゲルが、ゾンビとして娘を殺すのではなく、娘を守る決断をした。けれど...という物語だという内容がわかる予告編です。
ゾンビとして殺すのか。ゾンビ化していく娘のマギーを娘として守るのか。
更なる展開が気になる予告編になっています。
最後の結末も気になります!

映画『マギー』のあらすじ

映画『マギー』の世界は近未来。感染するとゾンビになるという謎のウィルスによって世界は崩壊しようとしていた。という世界が舞台になっています。
アメリカ合衆国の田舎町に住んでいるアーノルドシュワルツネッカー演じるヴォーゲルの一家もゾンビにもウィルスにも恐怖を抱き暮らしていました。
そんな中、娘のマギーがウィルスに感染したとされ隔離病棟へ連れていかれます。
アーノルドシュワルツネッカー役のウェイトが、娘のマギーを隔離病棟で過ごすことが請けいられず、マギーを自宅へ連れて行ってしまいます。
そんな行為は許されることではなく、ウェイトは周囲の住民や警察などと対立してしまいます。
そこで、ウェイトがマギーに対して下した決断は?!

制作&主演:アーノルドシュワルツネッカー

1947年生まれで俳優・政治家・ボディビルダーなどと、幅広い分野での活動をするアーノルドシュワルツネッカー通称シュワちゃん。
この映画『マギー』の制作に携わって史上最大の珍作と言われるほどいい作品を作ったということで、また話題にもなりました。

戦わない映画。

過去に素敵な肉体を作り上げていたことで有名なアーノルドシュワルツネッカーことシュワちゃん。
素敵な肉体美を知っている人からすれば、少し信じられない映画作品になっている『マギー』。
映画『マギー』の中では、鍛え上げられた肉体も今回だけは封印しています。

今までのシュワルツネッカーが演じた映画作品とは違い、戦わない映画作品の映画『マギー』。
娘のことを思う勇敢な父親の心情が伝わってくるような迫真の演技も見どころです。

シュワちゃんが作品に惚れ込んだ。

しかも、映画マギーのすごいところはそれだけではありません!
映画『マギー』の脚本に惚れ込んだシュワちゃんが、自分でプロデューサーの役目も果たしたという作品。
シュワちゃんが惚れ込み、自身も制作にかかわったヒューマン映画でもある映画『マギー』は、チェックせずにはいられません!

映画『マギー』は見る価値有!

映画『マギー』は、俳優としてもボディービルダーとしても政治家としても
幅広い分野で活躍しているアーノルドシュワルツネッカーが惚れ込んだ原作がもとになって制作された作品です。
見ていない人は絶対にチェックしてみてくださいね♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ