記事ID148454のサムネイル画像

元AV女優・黒木香の現在とは?結婚や子供は?村西とおるとの関係は?

『ワキ毛の女王』として有名であり、AV女優として活躍していた黒木香。突然に芸能界を引退してしまった彼女ですが、現在はどうしているのでしょうか。そこで今回は、黒木香の現在や結婚などについて迫ってみたいと思います。また、AV監督・村西とおるとの関係についても見てみましょう。

黒木香のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):非公開(/)
  • 所属事務所:-
  • 生年月日:1965年1月21日
  • 現在年齢:57歳
  • 出身地:鹿児島県鹿屋市
  • 血液型:A型
  • 身長:161cm
  • 体重:-
  • 活動内容:元AV女優
  • 家族構成:-

 

 

造船会社の社長令嬢

黒木香は、鹿児島県鹿屋市の出身であり、造船会社の社長令嬢として誕生しています。何不自由なく育ってきたと言われています。

 

小学校を卒業後、上京し、東京都千代田区一番町にある、中高一貫教育である私立女子学院高等学校を卒業しています。

 

卒業生の4割ほどは東京大学をはじめとする難関国立大学に進学する、進学校です。

AV女優として人気に

今でこそ、いろいろな職業、年齢の女性がAV女優として出演していますが、当時は、現役横浜国立大学在学生であることを明かしていた黒木香の存在に注目が集まりました。

 

また、自身の事を「わたくし」と言い、「私思いますに……でございます」と丁寧な、お嬢様言葉を使いながら、話す内容は卑猥であるというキャラクターが受け、AVの枠に留まらずテレビ番組にも多数出演していました。

 

また、当時のAVはほとんどが女性が受身の作品ばかりで、『SMぽいの好き』の女性から男性に迫る内容は珍しく、世間の女性の性に対する認識を大きく変えたとも言われています。

テレビドラマにも出演

バラエティ番組だけに留まらず、ドラマにも出演しています。

  • 『必殺スペシャル・新春 決定版!大奥、春日野局の秘密 主水、露天風呂で初仕事』
  • 必殺スペシャル・春一番 仕事人、京都へ行く 闇討人の謎の首領!』
  • 『ピンク色のメイドさん』

 

また、1988年公開の映画『TOKYO-POP』にも出演しています。

伝説の『ワキ毛の女王』として知られる

また、黒木香は『ワキ毛の女王』として知られています。

 

ワキ毛を生やしたままAVに出演しており、16歳の頃より1度もワキ毛を剃っていないと公言しており、黒木香のキャラクターとして定着しました。

 

ゴールデンの時間帯の番組にも出演しており、老若男女から認知されており、ワキ毛をみせながら「黒木香でございます」というモノマネが当時、小学生を中心に流行りました。

書籍も出版

  • 『フルーツ白書』(1987年8月、ワニブックス)
  • 『自堕落にもほどがある』(1987年10月、ネスコ)
  • 『女と男の間には―黒木香対談集』(1987年12月、飛鳥新社)
  • 『爆笑対談集 パブロフの犬のよだれ―欲望の条件反射』(1988年1月、ライトプレス出版社)

 

黒木香は、単著では4冊の書籍を出版しています。

黒木香の現在はどうなっている?

一時は、バラエティ番組を始めとし、テレビドラマ、映画、そして討論番組のテレビ朝日『朝まで生テレビ!』にもパネリストとして出演するなど、幅広いジャンルで活躍していた黒木香ですが、現在はなにをしているのでしょうか。

現在は消息不明

黒木香は、1994年に芸能界を引退しており、その後の消息は不明となっています。引退会見などは一切なく、すっと芸能界から去ってしまいました。

 

現在は、一般人として暮らしているようで、現在の動向は分かりません。

現在は57歳

黒木香は1965年1月21日生まれのため、現在は57歳になっています。

海外で暮らしている?

黒木香が海外で暮らしているとの噂もあるようです。

 

というのも、あれだけテレビに出演し、顔を知られていたにも関わらず、引退後の目撃情報もなく、日本にいるという形跡が確認されていないことから、海外にいるのではないかと憶測されるようになったようです。

 

しかし海外で目撃された訳でもなく、実際にはどこで暮らしているのか謎のままです。

黒木香は結婚しているの?

続いては、黒木香が結婚しているとの噂があるようなので、詳しく見ていこうと思います。

結婚したとの噂がある

後述する転落事故の後に、黒木香が結婚したとの噂があるようです。しかし確たる証拠はなく、結婚したらしいというネット上の書き込みなどがあるだけで、噂の域を越えないようです。

離婚して現在は独身とも言われている

一度は結婚したが離婚をして現在は独身であるという説もあるようですが、これも証拠などがあるようではなく、あくまで推測のようです。

子供がいるという話はない

現在、57歳になっている黒木香は、もしかしたら子供、孫までいる可能性も考えられますが、消息不明となっていることもあり子供がいるという情報は、見つけることは出来ませんでした。

AVの帝王・村西とおるとの関係はどんなもの?

続いては、AVの帝王とも呼ばれる、村西とおると黒木香の関係について、詳しく見ていこうと思います。

村西とおるとは?

  • 本名:村西とおる
  • 生年月日:1948年9月9日
  • 年齢:73歳
  • 出身地:福島県いわき市
  • 職業:AV監督、実業家

 

村西とおるは、高校卒業後、バーでボーイをしたのちに、英語の百科事典販売会社「グロリア」でトップセールスマンとなります。

 

そして、英会話教室、テレビゲーム機を置いた喫茶店チェーンを展開と、詳細を発揮し、ポルノ雑誌の小売店チェーン「北大神田書店」グループを立ち上げ、写真のモザイクをなくした違法なポルノ雑誌の制作と販売を始め年商20億にもおよんだとされています。

 

しかし、猥褻図画販売容疑で、1984年3月に逮捕され、懲役1年5か月、執行猶予4年の有罪判決が確定します。

 

1984年秋に保釈されると、アダルトビデオが人気を集めるようになっていたことに目を付け、村西とおるもビデオ制作に乗り出します。

 

監督をつとめる作品に、村西とおる自らカメラをかついで男優としても出演するスタイルが注目を集めるなど、AV業界で成功を収めた人物です。

愛人関係だった

村西とおるは監督をしながら、自身のAVに出演しており、黒木香のデビュー作「SMぽいの好き」も村西とおるが監督、男優として出演しています。

 

黒木香をAV女優として世に送り出した人物こそ、村西とおるでした。二人はそのうちに愛人関係となっていったようです。

 

二人の関係は、世間一般にも知られることとなり、ビジネスパートナーとしても共に歩んでいくことになります。

村西とおるの経営店の女将に

黒木香は、村西とおるの経営するダイヤモンド映像の系列会社・ビックマンの取締役を務めていました。また、村西とおるが渋谷に出店した高級焼き肉店『香貴苑』の女将も担っていました。

 

バブル時代の日本では、タレントショップが多数オープンしており、黒木香の店として、焼き肉店もにぎわっていました。

破局と芸能界引退

黒木香は、村西とおると、1993年頃に破局したとされています。そして、芸能界を引退すると発表もないまま、黒木香は表舞台から姿を消しました。

 

村西とおるは、1994年に現在の妻である、ダイヤモンド映像に所属していた元人気AV女優の乃木真梨子と結婚しています。

ギャラ未払いで破局?

村西とおるは、年商100億円を稼ぐほどになっていましたが、乗り出していたビデオ映画製作が失敗し、同時に過剰な不動産投資や、通信衛星放送事業への過大投資などによって、ダイヤモンド映像は1992年に約50億円の負債を抱えて、とうとう倒産してしまいました。

 

村西とおるは、50億円の借金を抱えることとなりました。

 

そのことで、黒木香へのギャラが未払いであるとの話もありますが、その点で訴訟を起こした記録は残っていません。

本当の破局の理由

黒木香は、事業がうまくいかなくなった村西とおるから暴力を振るわれるようになったことを親しいライターに明かしていたそうです。

 

再起を図るために、衛星放送チャンネルを獲得することに異常な執着心を燃やしていた西村とおるに対し黒木香は「この人と離れなければいけないんじゃないか。別れて自立しなくてはいけない」と考えるようになったことも話しています。

 

そしてギャラの未払いが発生したことが最終的なきっかけとなり、黒木香の方から別れたのではと言われています。

村西とおると黒木香がドラマになっている?

続いては、村西とおるを主役とした映画やドラマが話題となっている件について詳しく見ていこうと思います。

Netflixで全裸監督が配信

村西とおるや黒木香が題材となっているドラマ『全裸監督』が、2019年8月からNetflixで配信となっています。

 

本橋信宏著『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を軸に、村西とおるの半生を虚実交えながら描かれたドラマです。シーズン1が2019年8月8日より配信、2021年6月24日よりシーズン2の配信が開始されました。

 

シーズン1では、バブル真っ只中の1980年代の日本を舞台に、村西とおるがAVの帝王と呼ばれるようになるまで半生が描かれています。

 

シーズン2では、バブル崩壊とともに、会社が倒産し多額の借金を背負う事となる転落が描かれています。

黒木香役は森田望智

村西とおる役は山田孝之が務め、黒木香役は、朝ドラ『おかえりモネ』などに出演していた森田望智が演じました。

 

このドラマがきっかけで、再び黒木香にも注目が集まったのです。

『全裸監督』の動画配信は他にない

『全裸監督』はNetflixのみで配信されており、他では配信がありません。Youtubeには『『全裸監督』予告編 2 - Netflix』など、宣伝動画がアップされていますので、興味のある方は視聴してみてもいいでしょう。

黒木香はどんな経歴?

知的な印象が強い黒木香の経歴について見ていこうと思います。

横浜国立大学に入学

黒木香は、横浜国立大学へ入学し、教育学部美術学科でイタリアの宗教芸術を専攻していました。

AVに出演

黒木香は、横浜国立大学在学中だった1986年にイタリアへの留学費用を親には頼らず自分で工面するために、AVに出演しました。

 

大学名を公表した現役の国立大学生が出演するのは異例な事でした。

 

黒木香は、AV出演後、タレントとして人気が出て、大学に通うことが難しくなり、長期欠席状態となり大学を除籍となったと明かしています。

『smぽいの好き』が大ヒット!

デビュー作となった 『SMぽいの好き』が大ヒットとなり、一般にも名前を知られるようになりました。

 

1本100万円という契約金で撮影されたこの映像、監督の村西とおるは、那須塩原の大自然を舞台に、“草原を駆け抜ける少女”みたいな作品を撮ろうと考えていたそうです。

 

しかし、実際は、とてもテンションの高い、女性から男性を求めるような映像となり、当時、女性から求めるような内容のAVはほとんどなかったため、村西とおるは作品をボツにすることも考えていたそうです。

 

しかし、週に1度ぐらいのペースで巡回してきていた警視庁の刑事が、この映像を編集している最中に訪ねてきて、「今回は今まで観たAVの中で一番面白いね」と感想を漏らしたため、発表する事に決めたそうです。

黒木香が死んだ?

続いては、黒木香が亡くなったという噂が広がった事がありましたが、実際は何があったのか、詳しく見ていこうと思います。

自殺未遂でホテルから落下?

黒木香は、1994年に、宿泊していたホテルの2階より落下しました。

 

村西とおるとの破局後、間もなかったこともあり、週刊誌には別れたことにより自殺未遂を起こしたと書かれたのです。

酔っていて落ちただけ

しかし、真相は、酔っていて誤って落下してしまっただけだったようです。本気で自殺するのであれば、2階からという低い所からではなく、もっと高い所から飛び降りるはずですよね。

 

この落下事故から20年以上たった2019年には、村西とおるがツイッターで、自殺未遂では無かったと呟いています。

 

転落事故があったそのホテルは、現在は“中野 ホテルワールド会館”となっています。

黒木香の容態は大丈夫だったのか?

落下してしまった黒木香は、怪我のみで済みました。しかし、怪我の後遺症によりリハビリのために入院することになり、リハビリは半年にも及んだと言われています。

黒木香が裁判を起こした?

続いては、黒木香が出版社を相手に起こした裁判について詳しく見ていこうと思います。

出版社を相手に民事訴訟

黒木香が、1999年に流出したビデオの内容を掲載した『週刊現代』の発行元の講談社、『アサヒ芸能』の発行元の徳間書店、2002年に近況を報じた『女性セブン』、2004年に近況と写真を掲載した『週刊ポスト』の発行元の小学館各発行元、DVD販売会社のオブテイン・フューチャー社を相手取ってプライバシー侵害で計2,200万円の損害賠償などを求める民事訴訟を起こしました。

 

引退後に自身の消息に関する記事を出されたことや、出演したAV作品が再販されたことがプライバシーおよび肖像権の侵害に当たるとしたものでした。

裁判で勝訴!

徳間書店について2006年5月に一審で勝訴して、小学館には2007年4月に一審で勝訴した後に2007年11月の二審でも勝訴しました。

 

黒木香側が損害賠償額の増額を求め上告したものの、2008年に棄却され、二審判決が確定しました。

元AV女優・黒木香は、引退後、消息不明

『ワキ毛の女王』として有名になった、AV女優として活躍していた黒木香についてご紹介してきました。

 

AVの帝王と呼ばれる村西とおるとの破局後、突然に芸能界を引退してしまった彼女ですが、海外に住んでいる、結婚したなど、確たる証拠がない噂はあるものの、現在、どこで何をしているのかは一切分かりませんでした。

 

学生時代に専攻していたイタリアの宗教芸術関係の仕事をしていたりするのかもしれませんね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ