記事ID148277のサムネイル画像

    須藤凜々花(元NMB48)の現在(2021)とは?卒業後の活動や子どもは?

    総選挙のスピーチで突如として結婚宣言をした元NMB48の須藤凜々花。驚かれた方も多かったでしょう。そんな須藤凜々花は現在どうしているのでしょうか。そこで今回は、彼女の現在や卒業後の動向、結婚について迫ってみたいと思います。

    須藤凜々花のプロフィール

    • 本名(ふりがな/愛称):須藤 凛々花(すどう りりか/りりぽん)(結婚後の姓は不明)
    • 生年月日:1996年11月23日
    • 現在年齢:25歳
    • 出身地:東京都
    • 血液型:A型
    • 身長:158.4cm
    • 体重:41kg
    • 家族構成:夫

    『AKB48グループ ドラフト会議』で候補生に選ばれる

    幼い頃の須藤凛々花さんの父は会社社長だったそうで、裕福な家庭で育ち、クラシックバレエを習い、児童劇団にも所属していたそうです。彼女が小学校低学年のとき、両親が離婚し、弟と共に母に引き取られ、母子家庭で育ちました。

     

    須藤凛々花さんは元々AKB48グループのファンだったらしく、趣味はAKB48グループのDVDを見ることだったそうです。また、ももいろクローバーZのファンでもあったそうです。

     

    高校2年生のとき、2013年9月22日に、同年11月に初開催となる『AKB48グループ  ドラフト会議』の候補者オーディションで、30人の候補生の1人として選ばれました。

    NMB48チームNが交渉権獲得

    2013年11月10日にプリンスホテル新高輪で行われた『AKBグループ  ドラフト会議』で、須藤凛々花さんは、SKE48チームKII、チームE、NMB48チームNの3チームから指名されました。そして、NMB48の山本彩さんが抽選で交渉権獲得の札を引き、交渉権を獲得しました。

     

    そして、2014年1月15日に東京ドームシティホールで行われた『AKB48リクエストアワーセットリストベスト200  2014』の3日目公演で、他のドラフト生と共にお披露目され、チームNへの加入を発表しました。

    「Don’t look back!」で選抜入り

    須藤凛々花さんは、2014年3月に『チームN  3rd  stage「ここだって天使がいる」』で劇場公演デビューしましたが、同年7月17日に網膜剥離のために一時活動中止しました。でも、翌月の8月8日には活動を再開しています。

     

    そして2015年3月31日に発売されたNMB48の11枚目のシングル『don’t look back!

    初めて表題曲の選抜入りを果たし、次のシングル『ドリアン少年』で、自身初となるシングル表題曲でのセンターポジションを務めました。

    卒業の発表

    須藤凛々花さんは、2017年月21日にNMB48からの卒業を発表しました。そして、8月30日に卒業公演を行い、NMB48としての活動を終わりにしました。

    須藤凛々花は現在どうしている?

    須藤凛々花さんは、現在はどんな活動をしているのか?大学生になっているようですが、どこの大学に進学したのかなどを調べてみました。

    大学生になっている?

    須藤凛々花さんは、2018年に大学受験に挑みましたが合格しませんでした。でも、浪人して大学受験に再チャレンジし、何とか合格したらしいですが、どこの大学の何科に入学したのは不明です。

     

     

    医学を志している?

    須藤凛々花さんは、将来の夢は哲学者で、もっとも尊敬する哲学者はニーチェだったそうです。なんでも、ニーチェの名言「人生を危険に晒せ」は彼女のテーマだそうで、2016年に発売された彼女初の著書のタイトル「人生を危険にさらせ!」(政治学者・堀内進之介さんとの共著・幻冬舎)にもなっています。

     

    でも、医学の道に進んでいると言う情報もあり、哲学と医学のどちらかを学んでいる可能性があるようです。

    須藤凛々花は卒業後に何をしていた?

    須藤凛々花さんは、NMB48を卒業した後は、何をしていたのか、芸能活動をしばらくは続けていたようですが、そんな彼女の卒業後の活動を調べてみました。

    高校に再入学している?

    須藤凛々花さんは、高校はNMB48に加入時に関西の学校に転校したそうですが、多忙のため学校に通えず、体育の実技の単位が足りず卒業できなかったそうです。それで、NMB48卒業後は、高校の再入学を決意し、体育の授業を受け直したそうです。

    高校卒業試験に合格

    須藤凛々花さんは、2017年12月9日に放送された『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ』(AbemaTV)に出演したとき、12月に高校卒業認定試験に合格したことを発表しました。

     

    そして、翌年に大学受験しましたが、落ちてしまいました。浪人して1年後に大学受験に再チャレンジして合格したと言われています。

    芸能界引退

    須藤凛々花さんは、NMB48を卒業後、しばらくはタレント活動を続けていましたが、2019年1月31日に芸能界を引退し、一般人となりました。

    須藤凛々花の結婚相手は誰?

    須藤凛々花さんは、結婚しています。結婚相手はどんな男性でどんな仕事をしているのか?また馴れ初めはどういったものだったかなどを調べてみました。

    文春がスクープ

    2017年5月8日に、須藤凛々花さんがラジオの仕事を終え、買い物の後に彼氏の家に行くところを週刊文春にスクープされたことがあります。翌日の朝にも須藤さんは再度目撃されたそうです。

    2017年6月17日に結婚宣言

    須藤凛々花さんは、2017年6月17日の『第9回AKB48選抜総選挙』の開票イベントで20位になり、檀上スピーチで結婚宣言をしました。まゆゆこと渡辺麻友さんは、このスピーチを聞いて顔をしかめていました。

     

    なんでも、NBK48メンバーは恋愛禁止のルールがあったそうで、それを須藤さんが破ったことに渡辺さんが少なからず衝撃を受けたのか、何とも言えない表情を見せました。

     

    AKB48の元メンバーだった指原梨乃さんは、須藤さんの結婚発表に対し、バラエティ番組に出演したとき、「いきなり結婚するんでやめますというのはムカつく」ときついコメントをしています。

     

    結婚宣言をした同時刻にネットの文春オンラインで須藤さんが複数回の男性宅への宿泊が暴露されました。ひょっとしたら、事前に文春で暴露されるのを知り、須藤さんがスキャンダルになるのを恐れて、先に結婚宣言をしてしまったのかも知れません。

     

    結婚宣言については、8月6日に開催されたライブのアンコールで須藤さんはNMB48全メンバーの前で謝罪しています。

    結婚した旦那は医師?

    須藤凛々花さんが結婚宣言をした相手の男性とは、彼女の母の誕生日パーティーに来た人たちの1人で、母の友達の親友だったそうです。そのときは、「ひと目見た時に素敵な人だな」と思ったそうですが、彼女は彼とは何もしゃべれなかったらしいです。

     

    ひと目ぼれした男性は、イケメン髙身長な医療関係者だそうです。

    1年間片思いだった

    須藤凛々花さんは、一目ぼれした男性とは、すぐに交際が始まったわけではなく、1年間片思いのままでした。その間に、彼女の出した本を読んだ男性の感想が母から転送されてきたそうで、それでまた惚れてしまい、母からLINEを教えてもらい男性とのやり取りが始まったらしいです。

     

    そして交際が始まったようです。彼氏となった男性の年齢や名前など詳細は公表されておらず分かりません。

    2018年4月13日に結婚

    須藤凛々花さんは、2018年4月13日に婚姻届を提出し、同月19日に正式発表しました。そして、結婚した翌年の1月に芸能界を引退しました。結婚は、挙式などは行っておらず、入籍のみだったそうです。

    須藤凛々花は妊娠したの?

    須藤凛々花さんは、2018年に結婚しましたが、デキ婚ではと噂されたことがあるそうです。その真偽と、現在妊娠しているのかどうかなどを調べてみました。

    デキ婚ではなかった?

    須藤凛々花さんが、妊娠したので結婚をしたという噂がありましたが、デキ婚ではなかったようです。須藤さん自身も、妊娠は否定していました。

    妊娠したという噂はない

    須藤凛々花さんは、2020年10月の時点では、妊娠したとの情報は見つかりませんでした。彼女が大学生になっていれば、勉強を重視した生活を送っていると思われますし、現在もどうも妊娠はしていないようです。

    ラップ好きだった須藤凛々花の今後は?

    須藤凛々花さんは、芸能界引退の前に、スポーツ紙のインタビューで「ラップがしたいです。ラッパーさんは哲学者だと思っているので」と語ったことがあります。彼女は、ヒップホップや日本語ラップが好きなことを以前から公言していました。

     

    現在は一般人になっているので、ラッパーとして音楽活動をしているのかどうかは分かりませんが、もし彼女が女性ラッパーとして芸能界に復帰するなら、聞いてみたいものですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ