記事ID148172のサムネイル画像

=LOVE・大谷映美里のスタイルキープ術は?メイクは?

アイドルグループ『=LOVE』のメンバー・大谷映美里。グループ内でも“女子力担当”と言われるほどに女子力の高い彼女ですが、どの様にしてスタイルをキープしているのでしょうか。そこで今回は、大谷映美里のダイエット法やメイクについて迫ってみたいと思います。

大谷映美里のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):大谷 映美里(おおたにえみり/みりにゃ)
  • 所属事務所:代々木アニメーション学院
  • 生年月日:1998年3月15日
  • 現在年齢:23歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 身長:155センチ
  • 体重:非公表
  • 活動内容:アイドル
  • 家族構成:両親、姉

『アキシブproject』のオーディションに合格

大谷映美里は、2013年1月22日に、『アキシブproject』のオーディションに合格しました。『アキシブproject』とは、秋葉原の「TwinBox AKIHABARA」をホームグランドに活動する地下アイドルです。

『アキシブproject』を卒業

大谷映美里は、2016年4月17日のサンリオピューロランドで行われたスペシャル公演を持ち、『アキシブproject』を卒業しました。卒業の理由は、“将来に不安を感じて”ということだったとされています。

指原莉乃プロデュース

大谷映美里は、2017年4月に指原莉乃プロデュースの『代々木アニメーション学院Presents指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション』に参加しました。このオーディションでは二次審査を通過して、SHOWROOMオーディションに進出しています。

=LOVE(イコールラブ)の誕生

後日に上記オーディションの最終審査が行われ、13名が合格し『=LOVE(イコールラブ)』というグループ名となることが発表されました。女性声優アイドルグループ『=LOVE』が誕生したのです。

『=LOVE』の正式メンバーとなる

2017年6月に、『=LOVE』のSHOWROOM個人配信開催に伴い、大谷映美里が正式メンバーとなったことが明かされました。『=LOVE』としての活動が始まったのです。同年8月5日には、『TOKYO IDOL FESTIVAL2017』において初ライブを開催しています。

そして9月6日に、メジャーデビューシングル『=LOVE』が発売されました。

大谷映美里のダイエット法はどんなもの?

女子力が高い大谷映美里は、どの様にしてスタイルをキープしているのだろうと気になっている方もいるでしょう。次に、大谷映美里のスタイルキープ術について迫ってみたいと思います。ぜひ、あなたも参考にしてみてください。

リンパマッサージ

大谷映美里は、毎日お風呂で顔のリンパマッサージをしています。手で拳を作り、頬からこめかみにかけて流していきます。また、耳の後ろから鎖骨にかけても縦に流していくのです。これをお風呂に浸かりながら10分間行うといいます。

 

10分というと長いものですが、大谷映美里は1時間から2時間ほど入浴をするという話があります。日々の努力から、大谷映美里の美しさが作られているのでしょう。

ヘッドマッサージ

大谷映美里は、ヘッドマッサージも取り入れています。『リファグレイスヘッドスパ』という機器を使い、頭部のマッサージをしているのです。ヘッドマッサージをすると、翌日の表情が柔らかくなり動きやすくなるとされています。一見、スタイルキープ術とは無関係と思われるかもしれません。

しかし、ヘッドマッサージで動きやすくなるということは、良く動けるようになるため消費カロリーも増加すると考えられます。これにより、スタイルをキープすることもできるという可能性もあるでしょう。なお、大谷映美里は『リファグレイスヘッドスパ』の強度を“最強モード”にしているといいます。

姿勢をチェックする

大谷映美里は、常に自分の姿勢をチェックしています。鏡の前でヒールを履いて、姿勢を正して真っ直ぐ歩く姿をチェックすることで、体型の変化に敏感になれるのです。やはり美意識やプロ意識が高いと感じられるでしょう。

食事は栄養価を高く

体重が気になってきた場合に、大谷映美里には食べる特別メニューがあるといいます。それは、どれも高栄養価で高エネルギーとなっていて、それでいて糖質やコレステロールなどは低い食材ばかりです。特別メニューとは、豆腐1丁の上に納豆、カットしたアボカド1個、温泉たまご、ネギなどの薬味を乗せたものです。

それにわさび醤油をかけて食べるといいます。それ以外にも、焼き芋などで効率よくエネルギーを摂ることもあるのです。

かわいい大谷映美里はどんなメイク?

可愛らしいいビジュアルを持つ大谷映美里ですが、彼女のメイクが気になるという方もいるでしょう。大谷映美里はメイクにも拘り研究をしているといいます。さて、彼女はどういったメイクをしているのでしょうか。

ポーチは2つ

大谷映美里は、コスメポーチを2つ所持しています。1つ目は持ち歩きしなくて良いベース系を入れていて、もう1つにはそうでないものを入れているのです。後者は、アイメイク用やリップなどを入れて持ち歩いているものと考えられます。

お気に入りはTHREEのパウダー

最近はマスクをするため、大谷映美里は肌のべたつきが気になるといいます。それもあり、彼女はTHREEのパウダーをお気に入りとしています。パフが雲を思わせるほどにふわふわとしていて、粉も“付けている”という感覚がないと語っているのです。

眉毛が重要!

本人の中で眉毛が特に重要であるとしていて、眉毛にはKATEの眉マスカラを塗るのがマイブームとなっています。彼女は、マスカラで眉毛の存在感を消してから、エクセルのアイブロウで書き足していといいます。

アイラインの跳ね上げで垢ぬけた?

大谷映美里は、目尻をリキッドアイライナーで描くようになったことで、映りが良くなったといいます。ペンシルで途中まで描き目尻をリキッドで描いて、少し跳ね上げるようにしたら盛れるようになったとも語っています。

キラキラのライナー

春には、目の下にキラキラのライナーを施しているといいます。フーミーのサクラ2というアイテムを5本くらいリピートして愛用しているのです。このアイテムには、小さなパールが入っています。ピンクベージュのため大人っぽい上に自然に可愛く見せることができるといいます。

目頭に“くの字”に入れると、目が大きく見えるでしょう。また目元に関しては、キングダムのアイライナーが“落ちない”としておすすめしています。

アイシャドウは?

アイシャドウは、春には目の際にエクセルの最も濃い色を重ねています。そして黒目の下にはTOM FORDの白を僅かに入れます。また目頭と目尻の両端(白のラメを入れた箇所以外)には、ドルチェ&ガッパーナのピンクを入れている点が特徴です。

大谷映美里がコラボ服を出した?

大谷映美里は、ファンションも手掛けています。彼女が、コラボアイテムを発売したというのです。大谷映美里はどういったアイテムを発売したのでしょうか。

コラボアイテムページを公開

2021年5月14日から、公式通販サイトでコラボアイテムページが公開されました。また、予約受付は2021年5月14日午後7時半からとなっていました。

コラボしたブランドは『HoneyCinnamon』

大谷映美里がコラボしたのは『HoneyCinnamon(ハニーシナモン)』というブランドです。『HoneyCinnamon』は全体的にガーリーで可愛いアイテムが揃っています。若い女性向けのファッションアイテムが主となっているブランドでしょう。

既に販売はしていない?

大谷映美里とのコラボアイテムは、既に取り扱いがない模様です。予約開始となり直ぐに完売となった可能性もあるでしょう。もしかしたら、また大谷映美里がブランドとコラボをすることもあるかもしれません。

大谷映美里はたぬきと関係がある?

大谷映美里をインターネットで検索をすると、“たぬき”という単語が出てきます。大谷映美里は“たぬき”と関係があるのでしょうか。最後に、大谷映美里と“たぬき”について迫ってみたいと思います。

プレが大谷映美里の写真集

大谷映美里と“たぬき”に関しては、関連性について有力な情報は見当たりません。しかし、“ツロムヨシV”というハンドルネームの方が、大谷映美里の写真集を誕生日プレゼントとしてもらったことを、2021年3月21日にツイッターで報告していました。

贈り主が“のまたぬき”

“ツロムヨシV”さんに大谷映美里の写真集の贈ったのが、“のまたぬき”という人物だった模様です。“ツロムヨシV”さんは、写真集を見て『内容神やった』と満足している様子です。大谷映美里の写真集は、喜ばれているということでしょう。

大谷映美里は姿勢にも気を使っている!

大谷映美里は、スタイルキープ術としてリンパマッサージやヘッドマッサージを採り入れています。また、食事に関しても糖質やコレステロールなどは低く、高栄養化であるものを摂っています。そして姿勢について、いつでも鏡の前でチェックをしていることも、スタイルキープに繋がっているでしょう。

大谷映美里はメイクでもそうですが、“女子力ナンバー1”と言われるだけあり美意識を高く持っているのです。大谷映美里を見習いたいという女性も多いのではないでしょうか。

大谷映美里の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ