記事ID147591のサムネイル画像

    「ケツ毛バーガー」とは何?食べ物?事件?名前の由来や内容は?

    「ケツ毛バーガー」という事件をご存じですか?ケツ毛バーガー事件は2006年にネット上で起きた事件ですが、名前がかなりインパクトが強いため、現在でも話題になることがあります。この事件の被害者や加害者は誰?事件の内容や被害者の現在(2021)も紹介します。

    ケツ毛バーガーとは何のこと?

    「ケツ毛バーガー」という事件をご存じでしょうか。

     

    「ケツ毛バーガー」事件は2006年にネット上で起きた事件ですが、名前がかなりインパクトが強いため、現在でも話題になることがあります。

     

    それではまず、この事件について詳しく見ていこうと思います。

    2006年にネット上で起きた画像流出事件

    ケツ毛バーガー事件は、2006年10月にネットで村岡万由子さんという女性の裸の画像が流出した事件のことを指します。

     

    裸の写真が流出しただけではなく、最終的には、彼女の個人情報まで流出してしまった、被害者には一生消えることの無い傷を残した事件です。

    「ケツ毛バーガー」の名前の由来は?

    とてもインパクトの強い名前ですが、この名前の由来は流出した写真の中で、裸の村岡万由子さんの後ろ姿を撮った写真で、お尻に毛が挟まれているように写っているものがありました。

     

    その写真から、当時の2ちゃんねるで画像をからかって、『ケツ毛バーガー』と名前が付けられたようです。

     

    全部で35枚ほど流出しており、どこかに出かけている写真や、村岡万由子さんがM開脚している写真や、エッチをしている最中の写真などもありました。

    被害者・村岡万由子さんについて

    続いては、被害者の村岡万由子さんは、どういった女性だったのでしょうか。詳しく見ていこうと思います。

    出身高校・大学

    村岡万由子さんは、大阪出身で、1982年1月10日生まれですので、現在は39歳になっていると考えられます。

     

    村岡万由子さんは、大阪府内で偏差値の高い、大阪府立三国丘高校を卒業しています。そして。大学は大阪市立大学心理学部を2004年に卒業しています。

    鳴門教育大学大学院修了

    村岡万由子さんは、大阪市立大学心理学部を卒業後、徳島県にある国立大学の鳴門教育大学大学院まで進んで2006年に卒業しています。

     

    とても、学歴の高い人女性だということが分かります。

    徳島県警察署に勤務

    大学院卒業後は、徳島県警察署に勤務していました。徳島県警では、少年補導員を担当しており、その頃に写真が流出してしまったようです。

    小学校のスクールカウンセラーとして勤務

    ケツ毛バーガー事件が起こった後、警察を退職し、2009年頃は大阪の小学校のスクールカウンセラーとして働いていたようで、事件から3年近くたっていましたが発覚した際、ネットではまた盛り上がり、一時、この小学校のHPのサーバーがパンクしたと言われています。

    ケツ毛バーガー事件の加害者は誰?

    村岡万由子さんは一般人ですが、どうしてプライベートな写真が流出し、拡散されてしまい、個人情報までも流出してしまったのでしょうか。

    パソコンのウイルスが原因

    写真を故意に流出させたわけでは無く、パソコンのウイルスが原因で画像が流出してしまったのです。

    当時の恋人・白鯛素久さんが画像を流出!

    当時、村岡万由子さんが交際していた恋人の白鯛素久さんが、Shareというソフトを使っていたことによりウイルスに感染し、写真が流出してしまいました。

     

    このShareというソフトは匿名性を保ったまま、多くの人とファイルの共有ができるソフトです。自分の持っている動画や写真などを共有しておけば誰でもそれをダウンロードすることができ、逆に他の人が共有しているデータを自分もダウンロードすることができるのです。

     

    ソフト自体に違法性はありませんが、例えば販売されているCDの音源データ、漫画をスキャンしたデータ、盗撮した映画などを、共有することに使用する人もいるため、問題視されることが多かったソフトです。

     

    このウイルスは、あるハッカーがファイル共有ソフトを使うユーザーを懲らしめるために開発したもので、このウイルスによって自衛隊の機密情報や企業の顧客情報などが流出したこともあります。

    勤務先の三洋電機の業務情報も流出

    また、彼は当時三洋電機に勤めており、ウイルスのせいで勤務先の三洋電機の社員名簿や集合写真といった個人情報、業務情報まで流出してしまいました。

     

    彼は、会社の許可を取らずに、仕事を持ち帰ており、自分のPCで仕事をした結果、ウイルスに感染していたため、業務情報が流出したのです。

     

    その結果、彼は会社から厳しい処分を受けたと言われています。事件後、退職したという噂もあります。

     

    現在、何をしているのか調べましたが情報はありませんでした。

    画像を拡散させた犯人は織茂由弦

    プライベートな写真や会社の業務情報が流出したのは、ウイルスのせいでしたが、ここまで写真や個人情報が拡散したのは、織茂由弦という男性が、悪意を持ち村岡万由子さんの画像を拡散させたからです。

     

    当時、流行っていたmixi(ミクシィ)に村岡万由子さん・白鯛素久さん・織茂由弦の3人が登録しており、村岡万由子さんと白鯛素久さんは本名で登録していたため、すぐに織茂由弦に個人情報まで知られてしまいました。

     

    そして、織茂由弦は、mixiで村岡万由子さんが入っていたコミュニティに、その流出していた画像を張り付け拡散したのです。

     

    更に、当時の2ちゃんねらーが盛り上がり、スレッドを立てて画像を貼り付け、画像が拡散され続けるという事態に陥りました。

     

    織茂由弦も、mixiで画像を至るところに張り付け、拡散し続けたのです。

    織茂由弦は後に逮捕

    織茂由弦の悪質な行動に、mixi運営は事態を重く見て、織茂由弦のアカウントを削除しました。しかし、運営の判断を逆恨みした織茂由弦は、違うメールアドレスでmixiアカウントを入手し、しつこく村岡万由子さんの画像を拡散し続けました。

     

    織茂由弦は、2012年3月10日に、ファイル共有ソフトの「Winny(ウィニー)」から流出した卑猥な画像を集めたインターネットサイト「弐萬ちゃんねる」を運営し、350人の氏名などの個人情報や卑猥な画像と動画の約3万点を公開しており、京都府警にわいせつ電磁的記録媒体陳列容疑で逮捕されています

    MIXIの株価にまで影響

    ケツ毛バーガー事件が起き、mixiの株は大暴落しました。

     

    mixiが推奨していた「実名登録」がこのケツ毛バーガー事件により問題視され、情報管理の仕方に疑問を持つ声が多数上がりました。

     

    ケツ毛バーガ―事件の騒動の翌日であった10月5日は株価が大きく暴落しました。その後の10月12日には、320万だった株価が200万を割れるまでに下落したのです。

    マスコミでも報道

    ウイルスにより流出した村岡万由子さんの画像が、mixiや2ちゃんねるで拡散され、話題になると、テレビや新聞などのマスコミもこの事件に注目しました。

     

    流出写真を掲載し、ケツ毛バーガー事件を報道するところが出てきました。そのため、ネットをしていない人間にもこの事件は広まる結果となりました。

    被害者・村岡万由子さんの現在(2021)は?

    自分の裸の写真が拡散され、氏名や勤め先、出身校など個人情報が拡散されてしまった村岡万由子さんですが、現在はどうしているのでしょうか。

    現在(2021)は介護職員をしている?

    村岡万由子さんは、一般人であるため、現在の情報がありませんでした。

     

    スクールカウンセラーをしていた後の情報は少なく、現在は介護職員をしているという噂もあるようなのですが、真実かは不明です。

    画像は今でもネットに残っている

    インターネットに一度上がった情報は消えないので、現在でも画像が残っており、検索をかけるとすぐに見ることが出来る状態です。

    SNSの怖さを再確認

    SNSをしていると、思いがけずに、簡単に個人情報が漏れてしまう事があります。使用する時は悪用されないように気を付けなければなりません。

     

    このケツ毛バーガー事件は、普通に生活をしていた女性が、不特定多数の人に晒されてしまう恐ろしさの象徴のような事件ではないでしょうか。

    「ケツ毛バーガー」とは、個人情報流出事件

    2006年にネット上で起きた『ケツ毛バーガー』事件についてご紹介してきました。

     

    交際相手のパソコンからウイルスにより、全裸の写真や個人情報が流出してしまった事件でした。様々な場所で拡散され、収拾がつかないほど広がってしまったこの事件は、昨今、ネットリンチとして問題されている誹謗中傷に近いものがあるのではないでしょうか。

     

    個人情報が簡単に流出してしまう現在、自分の身を守るためにも、しっかりとした知識を持つことと、こういった写真は撮らせない、NOという勇気が必要ですね。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ