記事ID147564のサムネイル画像

闘病中の世界的アクションスター・ジェットリーの現在(2021)とは?

世界的なアクションスターであるジェットリー。彼が闘病中であることを知っているでしょうか。そこで今回は、闘病中でもあるジェットリーの現在について迫ってみたいと思います。また、映画への出演予定などについてもお伝えします。

ジェットリーのプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):李 連杰(リー・リンチェイ/)
  • 所属事務所:不明
  • 生年月日:1963年4月26日
  • 現在年齢:58歳
  • 出身地:中国北京市
  • 血液型:AB型
  • 身長:165センチ
  • 体重:65キロ
  • 活動内容:俳優
  • 家族構成:妻、娘2人

中国全国武術大会で優勝

ジェットリーは、8歳だった1971年に北京業余体育学校に入学し、中国武術を習い始めました。そして3年後の1974年には、中国全国武術大会で個人総合優勝を果たしています。5年連続で優勝していて、2019年時点でその記録は破られていません。

『少林寺』で映画デビュー

1982年に、19歳で映画『少林寺』で映画デビューを飾りました。この際には、本名の李連杰(リー・リンチェイ)名義でした。また、1988年には映画『ファイナル・ファイター鉄拳英雄』で初監督を務めています。

太極拳を広めるための会社を設立

2011年には、太極拳の世界的な普及を目的として『アリババ』社の創業者ジャック・マーと共に『太極禅国際文化発展有限公司』を共同で設立し、CEOに就任しています。ジェットリーの活躍は、俳優としての活動だけではないのです。

ジェットリーの身長は165センチ

ジェットリーは小柄であり、身長は165センチとなっています。しかし、その小柄な身体から華麗なアクションが繰り出され、見る者を魅了しています。

ジェットリーは現在どうしている?

アクション映画などに多数出演しているジェットリーですが、現在はどうしているのか気になる方もいるでしょう。続いては、ジェットリーの現在についてお伝えします。

SNSに投稿された画像が話題に

2018年に、チベットを訪れた際の画像がSNSでファンによって公開されました。この時の画像について、『実年齢より20歳から30歳年上に見える』と言われたのです。それほどまでに、以前に比べて変わってしまっていたのでした。

映画『ムーラン』に出演

2020年には、映画『ムーラン』に中国の皇帝役で出演しています。この作品は、1998年にディズニーで制作されたアニメ『ムーラン』を実写リメイクした作品です。しかし、以前に制作されている『ムーラン』をリメイクする必要性に疑問を抱くなどしたことから、一度は出演を断っていました。

それでも、愛娘の言葉に後押しされて出演を決めたといいます。『ムーラン』には、ジェットリーの他に中国の大女優である「コンリー」やイップ・マン主演の「ドニーイェン」も出演しています。

車椅子生活になる可能性がある?

2016年に、脊椎損傷により近い将来に車椅子生活になる可能性があると語っていました。よって、車椅子生活になる可能性を抑えるために、映画出演を控えているとも語っています。さらに、過去の映画撮影において脊柱および足を怪我したことにより、その後遺症で背中を丸めていなければ長時間立っていられません。

ジェットリーの病気は何?

ジェットリーは、病気を患っているといいます。ジェットリーが罹ったのは、どういった病気なのでしょうか。そして、俳優としての活動への影響はどの様になっているのか、迫ってみたいと思います。

甲状腺機能亢進症を発表

2013年に、ジェットリーが数年前から甲状腺機能亢進症を患っていることを発表しました。この病は、歌手の絢香が罹っていることを公表し、サッカー選手である本田圭佑も患っていると噂された病です。

甲状腺機能亢進症とは

甲状腺機能亢進症は、『バセドウ病』とも呼ばれています。甲状腺より甲状腺ホルモンが多く分泌されることにより、全身がより代謝するようになる病です。原因は、血液の中に『TSHレセプター』という抗体ができることにあるとされています。

この『TSHレセプター』は、甲状腺を異物と捉えることで作られるのが特徴です。継続して甲状腺を刺激することで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、いずれ身体の新陳代謝が活発になってしまいます。病が進行していくと、寝ている間にもジョギングをしているのと同程度に暑がり汗をかくようになるでしょう。

その他にも、食欲が増進され食事の量も多いのにも関わらず体重が減るという症状も出ます。また手が震えて文字が書けなくなるといったことなども起こります。

サングラスの意味

甲状腺機能亢進症では、5人に1人が眼球突出するとされています。ジェットリーは頻繁にサングラスをかけていますが、それはこの眼球突出を隠すための配慮であるという話もあります。

激しいアクションが不可能

ジェットリーは、激しいアクションシーンが持ち味の映画スターです。彼の新しい映画でのアクションを観たいという方も多きかもしれません。しかしジェットリーは、服用中の薬による心臓への影響により、激しいアクションができないとされています。

ジェットリーはどんな性格?

ファンの方などは特に、ジェットリーがどういった性格の持ち主なのかが気になるのではないでしょうか。続いては、ジェットリーの性格について見ていきたいと思います。

温厚でおとなしい

ジェットリーの性格は、穏やかでありおとなしいとされています。また、奥手だという話もあります。共演者や周囲の人への人当たりも良いのかもしれません。

俳優たちに凄まれてビビる?

ジェットリーは、ドニー・イェンなど共演者に凄まれてビビったという逸話もある模様です。スクリーンの中では激しいアクションを見せるジェットリーですが、実際の本人は控えめな人柄であることも考えられるでしょう。

真面目にみられる

ジェットリーのインタビューなどを見て、彼に対し『とても真面目』との印象を持つ人もいるでしょう。また、父親と障害を持つ子供を描いた映画にノーギャラで出演したことから、良い性格だとする声も上がっています。

ジェットリーが『エクスペンダブルズ4』に出演?

『エクスペンダブルズ』シリーズに出演してきたジェットリー。続編を待ち望んでいるファンの方もいるかもしれません。これまでは3までシリーズが制作されていますが、4の制作はどうなっているのでしょうか。

『エクスペンダブルズ4』の制作開始との話

『エクスペンダブルズ4』の制作が、2021年秋から開始となると明かされました。『エクスペンダブルズ4』は、2018年5月に制作が決定した映画です。元々は2019年から撮影開始となる予定だったものが、延期となっていたといいます。

トール・ロード役が明かす

『エクスペンダブルズ4』の撮影開始の話は、トール・ロード役のランディ・クートゥアが明かしました。彼自身も、撮影開始の話を明かした時点ではまだ脚本を読んでいなかった模様です。

ジェットリーも出演の可能性

ランディ・クートゥアを始めとした、傭兵部隊である『エクスペンダブルズ』のメンバーたちが揃うことが期待されています。よって、続投はないと報道のあったシルベスター・スタローンも続投すると見られているのです。

そして、ジェットリーも『エクスペンダブルズ』のメンバーとして復活する可能性もあるでしょう。

ジェットリーはツイッターをやっている?

病魔と闘っているジェットリーですが、ツイッターはやっているのでしょうか。最後に、ジェットリーのツイッターについてご紹介します。

2016年からやっている

ジェットリーは、2016年8月からツイッターをやっています。ツイートは英語で行われていますが、翻訳が機能に付いているので訳を知ることはできるでしょう。

フォロワーは9.3万人

2021年7月現在のフォロワーは9.3万人であり、最後の投稿は2021年4月28日です。直近数ヶ月ほどはツイートがありませんが、いずれはまた新たなツイートを見ることができるかもしれません。

ジェットリーは病と闘いながら活動中!

ジェットリーは、2013年に『甲状腺機能亢進症』であることを発表しています。服用している薬の影響により、激しいアクションはできないともいわれています。それでも、2020年には実写映画『ムーラン』に出演するなど、俳優としての活動は続けているのです。

2021年秋からは『エクスペンダブルズ4』の撮影も始まるという情報もあります。ジェットリーが出演するという確実な情報はまだありませんが、彼も出演する可能性はあるでしょう。ジェットリーの今後の活躍にも期待大です。

ジェットリーの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ