記事ID146761のサムネイル画像

    スパイダーマン3にトビー・マグワイア出演の噂!?衣装合わせした作品は?

    初期の「スパイダーマン」シリーズでスパイダーマンを演じたトビー・マグワイアさんが、2021年公開予定の「スパイダーマン3」に出演するという噂が浮上しています。今回は、そんな噂が浮上した理由や、トビー・マグワイアさんの現在などを紹介します。

    トビー・マグワイアのプロフィール

    • 本名:トバイアス・ヴィンセント・マグワイア
    • 生年月日:1975年6月27日
    • 現在年齢:45歳
    • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
    • 身長:172cm
    • 活動内容:俳優、映画プロデューサー

     

    トビー・マグワイアさんが2歳の時、両親が離婚し、各地を転々としたそうです。コックだった父ヴィンセントさんが貧しさから銀行強盗を働き逮捕されてしまい、トビーさんは幼い弟たちを養うため学校を中退し、得意の演技力を生かそうとハリウッドに向ったそうです。

    子供の頃から活躍していた

    トビー・マグワイアさんは子役としてCMなどに出演し、1989年に「The Wizard」で端役ながら映画デビューしました。デビュー作ではクレジット表記もなかったそうです。

     

    その後、「ボーズ・ライフ」(1993年)、「アイス・ストーム」(1997年)、「カラー・オブ・ハート」(1998年)、「サイダーハウス・ルール」(199年)など様々な作品に出演しました。

    トビー・マグワイアさんは、「ボーイズ・ライフ」で共演したレオナルド・ディカプリオさんとは親友同士だそうで、一緒によく遊ぶらしいです。2013年の映画「華麗なるギャッツビー」でも共演しています。

    若い頃の筋肉がすごい

    トビー・マグワイアさんは、2002年に公開された「スパーダーマン」に出演していた頃、映画のためにハードな筋トレをしてムキムキの体を作り上げたそうです。

    2021年のスパイダーマン3にトビー・マグワイアが出演か?

    トビー・マグワイアさんは、2002年公開の「スパーダーマン」で主役のスパイダーマンを演じましたが、そんな彼がトム・ホランドさん主演のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「スパイダーマン」シリーズ最新作に出演するという噂があります。

     

    噂は本当なのか、またMCU版・最新作の内容やトビー・マグワイアさん主演の「スパイダーマン」シリーズのことを調べてみました。

    2021年公開のスパイダーマン3とは?

    トム・ホランドさんがスパイダーマンを演じるMCU版「スパイダーマン」シリーズの第3作目となる最新作が2021年12月公開予定です。正式タイトルは2021年1月段階でまだ発表されていません。

     

    最新作では、トビー・マグワイアさん主演の「スパーダーマン2」(2004年)の敵役ドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナさんが同じ役柄で出演し、ベネディクト・カンバーバッチさんがドクター・ストレンジ役で出演するそうです。

    トビー・マグワイアは元祖スパイダーマン

    トビー・マグワイアさんは、サム・ライミさんが監督を務めた「スパイダーマン」シリーズ、2002年、2004年、2007年の3作品でスパイダーマン役を演じました。本作の大ヒットで、トビーさんは一躍人気スターとなりました。

     

    主人公のスパイダーマンことピーター・バーカーと恋仲になるMJを演じたのはキルスティン・ダンストさん。彼女も、MCU版「スパイダーマン」最新作に出演するのではという噂があります。

    トビー・マグワイアが衣装合わせの噂

    トビー・マグワイアさんが、何の作品か分かりませんが衣装合わせを行ったという情報が流れました。一部で、2021年公開予定のMCU版「スパーダーマン」最新作の衣装合わせで、トビーさんが出演するのではないかとファンの間で噂されました。

    最新作で歴代のスパイダーマンが共演!?

    MCU版「スパイダーマン」最新作に、元祖スパイダーマン役のトビー・マグワイアさんだけでなく、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズの2代目スパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんも出演するのではと言われています。

     

    「アメイジング・スパイダーマン2」で敵役エレクトロを演じたジェイミー・フォックスさんが最新作に出演するらしく、それならアンドリューさんも出演するのではと思われているようです。

     

    正式な発表はありませんが、もし本当ならトム・ホランドさんを含めて歴代のスパイダーマンが大集合することになります。

    アベンジャーズとの絡みもあり?

    MCU版「スパイダーマン」シリーズ第3弾となる最新作では、「アベンジャーズ/エンドゲーム」で命を落としたアイアンマンことトニー・スタークに代わり、ドクター・ストレンジがスパイダーマンことピーター・バーカーの新しい指導者になるらしいというニュースが伝えられました。

     

    正式発表ではないので、こちらも公開されるまで確かなことは分かりません。

    トビー・マグワイアの現在の活動は?

    トビー・マグワイアさんは、2020年現在、40代半ばですが最近は目立った活動はしていないように見受けられます。現在のトビーさんの活動状況を調べてみました。

    45歳になったトビー・マグワイア

    トビー・マグワイアさんは、2020年6月27日に45歳の誕生日を迎えました。2002年から3本続いた「スパイダーマン」シリーズで初々しいスーパーヒーロー演じ知名度を上げたトビーさんも、中年の域に達しました。

    引退の噂の真相は?

    トビー・マグワイアさんは、2017年にアニメ「ボス・ベイビー」で声優を務めたぐらいで、2015年に出演した映画「完全なるチェックメイト」以降、俳優としての出演作がありません。俳優業を引退したのではとも囁かれましたが、どうもそうではないようです。

     

    インタビューで「引退したわけではない」と明言しています。「声をかけてもらえばいつでもやるし、きっとワクワクするね」と話しています。

    裏方の仕事も順調

    トビー・マグワイアさんは、映画製作にも携わっているようで、2015年には「フィフス・ウェイブ」(出演:クロエ・グレース・モレッツ)、2019年には「ベスト・オブ・エネミーズ~価値ある闘い~」「ブリアニー・ランズ・ア・マラソン」、2020年には「ゲット・デュークト!」などの製作を行っています。

     

    2021年12月に全米公開予定の「バビロン(原題)」(監督:デイミアン・チャゼル)でも、トビーさんは製作を務める予定だそうです。映画は、サイレント映画からトーキーに移行するハリウッド初期を舞台にした歴史劇で、ブラッド・ピットさんが出演者のひとりになるらしいです。

    トビー・マグワイアの元妻や現在の彼女

    トビー・マグワイアさんは、一度結婚し、子供をもうけながらも離婚しています。元妻がどんな女性だったのか、またトビーさんの現在の彼女が誰なのか調べてみました。

    2007年にジェニファー・メイヤーと結婚

    トビー・マグワイアさんは、2003年にユニバーサル・ピクチャーズの重役ロン・メイヤー氏の娘で宝石デザイナーのジェニファー・メイヤーさんと交際を始め、2006年に婚約しました。

     

    そして、2006年に長女ルビー・スウィートハートさんが誕生し、翌年の2007年9月にハワイ島コナで挙式をあげました。2009年5月には長男オーティス・トバイアスさんが生まれています。

    トビー・マグワイアさんは、幼少時代は貧乏でお金に苦労した経験から「早く安定した家庭を持ちたい」と常々話していたそうで、彼の夢が叶ったように思われました。

     

    結婚を機に、かってアルコール依存症だったトビーさんはベジタリアンになり、ヨガを趣味とするヘルシーライフを送るようになったそうです。

    2016年に離婚!理由は明かされず

    トビー・マグワイアさんは、結婚9年目となる2016年にジェニファー・メイヤーさんとの離婚を発表しました。離婚理由は不明ですが、トビーさんはジェニファーさんと以下の共同声明を出しています。

     

    「熟考の結果、私たちは別々の道を歩むことに決めました。子供たちを深く愛する親として、永遠の愛と尊敬、そして友情をもって共に子供たちを育てていくことが、最優先課題だと考えています。」

    現在の彼女はタティアナ・ディテマン

    トビー・マグワイアさんは、現在、18歳年下のモデルのタティアナ・ディエテマンさんと交際中だそうです。なんでも、2018年に親友のレオナルド・ディカプリオさんが主催したパーティで知り合ったそうです。

     

    2人がアメリカ・ロサンゼルスで手を繋いで仲よく歩く姿がパパラッチされており、交際は順調のようです。

    トビー・マグワイアの俳優復活に期待!

    最近は映画出演が途絶えているトビー・マグワイアさん。どうも現在は、2012年にマシュー・プラフさんと設立した制作会社マテリアル・ピクチャーズで製作者としての活動がメインのようです。

     

    俳優としての彼を見たいと思っているファンも多いはずですし、早くスクリーンに帰ってきて欲しいものですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ