記事ID146384のサムネイル画像

    「ホーム・アローン子役」マコーレー・カルキンの現在(2020)は?

    映画「ホーム・アローン」に出演したことで世界的に有名な子役となったマコーレー・カルキンさんですが、誰もがうらやむ成功の陰では大変な思いをしていたようです。そんなマコーレー・カルキンさんの現在や、過去の壮絶な経験について紹介します。

    マコーレー・カルキンのプロフィール

    • 本名(英語):マコーレー・カーソン・カルキン(Macaulay Carson Culkin)
    • 生年月日:1980年8月26日
    • 現在年齢:40歳
    • 出身地:アメリカ・ニューヨーク州
    • 身長:167.6cm
    • 体重:66kg
    • 活動内容:俳優

    映画「ホーム・アローン」で一躍有名に!

    マコーレー・カルキンさんは、10歳の時に映画「ホーム・アローン」(1990年)に出演し、世界で大ヒットしたことから一気に知名度が上がりました。そして、世界一有名な子役としてギネスブックに認定されました。

    子役時代の収入が破格!

    マコーレー・カルキンさんの出演ギャラは、「ホーム・アローン」の時は10万ドル(830万円)でしたが、映画の大ヒットでギャラも跳ね上がり、「ホーム・アローン2」(1992年)では450万ドル(3億7千万円)だったそうです。

     

    「マイ・ガール」「危険な遊び」など他の出演作を含めると、子役時代の総合収入は、1700万ドル(約17億円ほど)にもなります。

    マコーレー・カルキンの現在(2020)が話題!

    「ホーム・アローン」が初公開された時、マコーレー・カルキンさんは10歳でしたが、それから年月が過ぎ、中年の域に達しました。そんなマコーレーさんは、「ホーム・アローン」のパロディCMに出演したり、現在も何かと話題になることが多いようです。

     

    現在の年齢発表がなかなか残酷?

    マコーレー・カルキンさんは、2020年8月の誕生日で40歳になりました。マコーレーさんは、そのことを自身のツイッターで「やぁみんな!“歳を取ったなぁ”と感じたかい?僕、40歳になったよ。礼ならいらないよ」と綴りました。

     

    「ホーム・アローン」で10歳だったマコーレーさんが中年になったことで、時の流れの速さを突きつけたと話題になり、ファンからは感慨にふける様々なコメントが寄せられました。

    改名予定の名前が個性的すぎる!

    マコーレー・カルキンさんは、2018年にアメリカのトーク番組に出演したとき、「ミドルネームのカーソンを改名する」と宣言し、事前に候補に上がっていた名前(シャーク・ウィーク、キーラン他)から投票で決めることも発表され、大きな注目を集めました。

     

    投票の結果、最も票を集めたのが「マコーレー・カルキン」だったそうで、改名すると「マコーレー・マコーレー・カルキン・カルキン」となります。2019年4月に「改名手続きのために裁判所に行かなければ」とツイートしましたが、2020年9月時点では改名した報告は出ていません。

     

    改名が正式に認められれば、本当に個性的で独特の名前になりますが、それがいつになるか現在のところ分かりません。

    「ホーム・アローン」のパロディCMに登場

    マコーレー・カルキンさんは、2018年の38歳の時に「Googleアシスタント」のCMに出演しました。マコーレーさんの出世作「ホーム・アローン」をパロディ化したもので、「もしもホーム・アローンの世界にGoogleアシスタントがあったら」というテーマで作られています。

     

    公式YouTubeチャンネルで公開されると、300万回以上も再生され、とても好評だったそうで「最高のCM」など絶賛するコメントも寄せられました。

    マスク着用呼びかけ画像に反響

    マコーレー・カルキンさんは、自身のインスタグラムで、新型コロナ感染予防対策として「ホーム・アローン」の少年時代のマコーレーさんが絶叫するシーンを再現できるマスクを披露しました。

     

    「僕の若い頃の皮をまとって新型コロナの安全対策をとっているよ。子ども達、マスク着用を忘れずにね」とキャプションが付けられていて、往年のファンを喜ばせました。

     

    元天才子役マコーレー・カルキンの壮絶な過去

    子役時代に一躍世界的に人気者となったマコーレー・カルキンさんですが、家族内に様々な問題を抱え、成人した後も薬物中毒に陥るなど、壮絶な過去がありました。そんなマコーレーさんの過去の出来事を調べてみました。

    父親からの虐待

    マコーレー・カルキンさんが子供の頃、父親は家族に対して支配的で、マコーレーさんも父親から身体的・精神的な虐待を受けていたそうです。父親は元役者で、人気者になったマコーレーさんを特に妬んでいたのだそうです。

    両親の裁判を機に子役を引退

    1995年にマコーレー・カルキンさんの両親が破局し、マコーレーさんの稼いだ金銭を巡り裁判沙汰になりました。裁判は泥沼化し、1996年にマコーレーさんは「父と母が決着をつけるまで自分はどの作品にも出演しない」と子役の休業を発表しました。

     

    1997年2月に、「マコーレーの稼いだ金は家族ではなくマコーレーの会計士が管理するように」と裁判所が命じ、同年4月にマコーレーさんのマネージャーを務めていた父親がすべてを放棄する形で裁判は終了しました。

     

    父親との縁を切ったマコーレーさんは、役者引退を決意し、普通の学生生活を送りたいと子役のために設立された高校に入学しました。

    薬物中毒で逮捕や激ヤセ

    マコーレー・カルキンさんは、2004年9月に規制薬物とマリファナ所持で逮捕されたことがあります。

     

    そして、2012年にマコーレさんが極度にやせ細った姿を見せ、重度のヘロイン中毒で余命半年であるとタブロイド誌が報じました。しかし、マコーレー・カルキンさんの代理人が、「報道内容は事実と異なる」と否定しています。

    マイケル・ジャクソンとの関係

    マコーレー・カルキンさんは、マイケル・ジャクソンさんのミュージックビデオに出演するなど仲が良かったそうです。マイケルさんに未成年者への性的暴行の疑いが出た時、マコーレーさんもマイケルさんから性的虐待を受けたのではないかと疑われました。

     

    しかし、マイケルさんの裁判に出廷したマコーレーさんは、「性的いたずらを受けたことは一度もなかった」と証言しています。マコーレーさんは、マイケルさんの娘パリスさんのゴッドファーザー(後見人)で、今でも交流があるそうです。

    マコーレー・カルキンの元妻や歴代彼女

    マコーレー・カルキンさんは、高校時代に知り合った女性と結婚しましたが、結婚生活は短かかったそうで、離婚後はいろんな女性と交際しています。そんなマコーレーさんの元妻や歴代彼女を調べてみました。

    レイチェル・マイナーと結婚するも離婚

    マコーレーさんは、高校で同い年の女優のレイチェル・マイナーさんと出会い交際に発展しました。そして、高校を中退して1998年4月に17歳でレイチェルさんとの婚約を発表し、2カ月後に結婚しました。しかし、結婚生活は長続きせず、2年後の2000年に離婚しています。

     

    レイチェル・マイナーさんはニューヨーク州出身で、映画「アリス」「BULLY ブリー」「ブラック・ダリア」などに出演し、ドラマ「SUPERNATURALスーパーナチュラル」「サン・オブ・アナーキー」などテレでも活躍しています。

    ミラ・クニスとの交際

    マコーレー・カルキンさんは、女優のミラ・クニスさんと2002年から2011年頃まで約9年間交際していました。ミラさんは、交際していたときは、マコーレーさんが超ビッグなスターだったので、彼を見たファンが絶叫することもあり、一緒に街を歩くこともできなかったそうです。

     

    ミラさんは、マコーレーさんと破局後、俳優のアシュトン・カッチャーさんと2015年に結婚し2人の子どもを出産しています。

    ジョーダン・レーン・プライスとの交際

    マコーレー・カルキンさんは、2013年頃にテレビドラマを中心に活躍している女優のジョーダン・レーン・プライスさんとパリのカフェでキスする姿をパパラッチされたことがあります。

    現在の彼女はブレンダ・ソング

    マコーレー・カルキンさんは、2017年頃からカリフォルニア州出身の女優ブレンダ・ソングさんと交際しています。ブレンダさんは、幼い頃から子役やモデルとして活躍し、ディズニー・チャンネルのドラマ「スイート・ライフ」でアメリカで人気者となった女性です。

     

    ブレンダさんとの交際は現在も順調なようで、マコーレーさんが2018年頃から彼女との子供が欲しいと公言していて、2020年頃からはブレンダさんもそのことを意識するようになったらしいです。ひょっとすると、近々2人がゴールインし、マコーレー二世が誕生するかもしれません。

    久々にメジャーな活躍が期待されるマコーレー・カルキン

    マコーレー・カルキンさんは、2003年に映画「パーティ・モンスター」で俳優活動を再開しましたが、「セイブド!」(2004)「男と女の不都合なセックス事情」(2007年)などインディーズ系の作品に数本しか出演しておらず、日本では劇場未公開でソフトリリースのみでした。

     

    でも、2020年に動画配信サービス「Disney+」で製作される「ホーム・アローン」のリプート版にマコーレーさんがゲスト出演すると発表され、2021年にはドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」シーズン10に出演することが決まりました。

     

    またメジャーな芸能活動が期待されるマコーレーさんですが、どんな演技を見せるのか、ファンなら早く見たいものですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ