記事ID147463のサムネイル画像

ジャニーズファンが生みの親?「リアコ」とは何?意味や特徴は?

あなたは「リアコ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。もしかしたら初めて聞いたという方もいるかもしれません。そこで今回は、「リアコ」について特徴や対象、ガチ恋とはどう違うのかについて探ってみたいと思います。それでは、「リアコ」の世界を少し覗いてみましょう。

リアコとはどんなもの?

最近ちらほら聞くようになった「リアコ」という言葉。何となくは知っていても、詳しいことはよく分からないという人が多いのではないのでしょうか。リアコとはどういうものかまとめてみました。

アイドルなどに恋焦がれる

「リアコ」とは、男性アイドルや男性俳優、アニメ・ゲームのキャラクターなどに恋い焦がれている人のことです。ただ特徴的なのは、憧れではなく本気で恋愛や結婚をしたいと思っていることです。

リアコの言葉の意味

リアコとはリアルの「リ」と恋の「コ」を指していて、「リアルに恋をしている」という意味の言葉です。推しにリアルに恋している女性を「リアコ女子」とまとめて呼ぶこともあります。

リアコあるあるとは何?

リアコ女子にはいくつかの共通点があります。それは一般的なファンとかなり異なります。特徴的なリアコのあるあるについてご紹介します。

同担は拒否!

リアコは自身が応援している推しを同じく応援している人を嫌う傾向があります。他のファンに優しくしているのを見ると、嫉妬して嫌悪感を抱くこともあります。リアコは独占欲が強く、同じ相手(担当)を推すファンをライバル視して拒否します。

プレゼントを頻繁に贈る

応援している人に自身の存在を知ってもらうために、相手が好きな物やブランド品などを調べて頻繁にプレゼントを贈ってしまうことがあります。なかには高額なプレゼントをするリアコ女子もいます。

イベントに足繫く通う

推しの出演しているイベントには、足繫く通っていることもリアコの特徴です。参加頻度が増えれば、推しに顔を覚えてもらえる確率がアップします。たとえどんなに遠い場所でも、チャンスがあればイベントに参加したいと考えています。

自分だけ特別と思い込む

自分だけが特別扱いをされていると思い込むのも特徴です。テレビや舞台で推しが微笑んだり、ファンサービスする姿を見て「彼と目が合った」とか「私だけを見てくれた」などと思い込みます。

自分のことは気にしない

リアコは推しに情熱を注ぎ、お金も費やすため、自身のことは気にしなくなる傾向があります。ヘアケアやメイクアップがおざなりだったり、ファッションが流行遅れだったりします。推しと似た世界観の服装を好むため、周囲と違う独特な服装をしていたりします。

リアコとガチ恋の違いは何?

リアコの類義語で「ガチ恋」という言葉があります。ガチ恋もリアコと同じようにアイドルやアニメ・ゲームのキャラクターなどに恋している人を指します。リアコとガチ恋がどう違うのか調べてみました。

基本的には同じ

リアコとガチ恋は、基本的には同じ意味です。リアコは、「リアルに(本当に)恋をしている」という意味の言葉です。ガチ恋も、「ガチで(本気で)恋をする」という意味の言葉です。

男女により違う?

リアコは、女性が男性アイドルなどに本気で恋をすることです。しかし、ガチ恋は男性が女性アイドルなどに恋をすることを指します。リアコとガチ恋の違いは、男女による違いです。

リアコの恋愛対象はどこから?

リアコの恋愛対象は、自分の身の回りの現実世界に存在する人ではありません。俳優やアイドルなど芸能人や、現実に存在しないアニメのキャラクターなどが恋愛対象です。詳しくみていきます。

若手俳優や芸能人

リアコは容姿の整った若手俳優などを見ると、ドラマでの役柄と相まって恋に落ちてしまいます。ドラマで演技している姿と、バラエティー番組に出演している姿とのギャップにキュンとしてしまうケースもあります。そして次第に若手俳優と一般男性を比べてしまいます。

アイドル

ジャニーズアイドルやK-POPアイドルなどに恋をする女性もいます。ジャニーズアイドルやK-POPアイドルは、ファンへのサービス精神が旺盛なため、恋に落ちてしまうといいます

アニメキャラ

アニメの中のキャラクターも、恋の対象となることがあります。自身の理想とする男性像を貫いてくれる点もポイントです。現実離れした格好良いルックスや甘い仕草を見て、どんどん夢中になってしまいます。

リアコ男子もいるの?

リアコ=女子、というのが一般的ですが、男子でもリアコはいます。男子が男性アイドルを好きになったり、男子キャラに恋する場合もあります。ただ、その心境は複雑なようです。

男子でもリアコする

男子でリアコということがおかしいのだろうかと悩んでいて、ネットで「男なのに男キャラにリアコで同担拒否というのはおかしいのだろうか」と質問をしている投稿がありました。

好きなのは仕方ない!

女子で女子キャラにリアコしている同担拒否の人からの質問の回答として、「好きなものはしょうがない。おかしくないですよ。」というアンサーが寄せられていました。

リアコで辛い時はどうする?

リアコは現実世界にはいない相手が恋愛対象です。本当に好きになっても、いつまでも報われない恋に疲れた時はどうすれば良いのでしょうか。

推しの情報収集ストップ

SNSなどで推しのことを情報収集していくと、どんどん深入りし過ぎてしまいます。どんなに恋しても、普段会えない芸能人や架空の存在のアニメキャラクターとの恋は叶いません。SNSのフォローを止めたり、ファンクラブを退会して情報収集を止めてみるのも方法です。

お金は自分に使う

これまで推しに使っていたお金を自身に使うようにすれば、生活もより充実してきます。今までイベントに使ったり、課金していたお金を、自分自身の容姿や勉強のために使ってみりのも良いでしょう。

イベントチケットなどは処分!

リアコを止めたいと思っても、これまで集めてきたグッズは思い出があって処分しにくいかもしれません。まずは、イベントチケットなどから処分してみると手放しやすくリアコを止める取っ掛かりになるでしょう。

リアコは叶う方法がある?

素敵なアイドルや俳優に夢中になっても、現実に彼らと付き合える可能性は限りなくゼロでしょう。しかし、全く可能性がないわけではありません。叶う方法を調べてみました。

マネージャーになる

推しの所属する事務所に入社する方法があります。もしかしたら、推しのマネージャーになって、結婚するチャンスがあるかもしれません。ただ、推しの担当になれない可能性もあります。

テレビ局に入る

アナウンサーあるいはメイク、ADなどとしてテレビ局で働くのも推しに近づく方法の1つです。有名芸能人が、アナウンサーやスタッフと交際して恋愛報道されることはよくあります。

何かのスペシャリストになる

何か特定の分野に秀でていれば、テレビで取り上げられたり呼ばれたりする可能性が出てきます。社長などとしてパーティーに参加したり、知人の紹介で知り合うチャンスもあり得ます。

熱烈ファンとなる

推しの様々な舞台やサイン会などに顔を出したり、特徴のある手紙を書き、自身を覚えてもらう方法もあります。また、SNSにメッセージを送れば返信が来ることもあり得ます。推しの一番のファンになって近づき、交際に発展するケースもあります。

芸能界入りを目指す!

芸能界入りを目指す方法もあります。上手くいけば、この方法が最も確実な手段です。ただ、芸能人になれる人は極僅かです。夢を叶えるためには、何かを犠牲にしたり厳しいことを覚悟する必要があります。

リアコの楽曲がある?

リアコには関連する楽曲が幾つかあります。リアコの切ない胸の内や、好きな気持ちを歌った歌詞が共感を呼んでいます。

同担☆拒否

同担☆拒否 (feat. かぴ)

TikTokで話題となった、honeyworksの「同担☆拒否」がリアコについての楽曲です。honeyworksは、2010年からニコニコ動画やYouTubeを中心に活動しているクリエイターユニットです。

『リアコこじらせてしんどい』

#同担拒否 #リアコこじらせてしんどい 「リアコこじらせてしんどい」同担☆拒否 - HoneyWorks feat.かぴ ( 歌詞 / tiktok / 同担拒否 / あやめろカバー / ティックトック/ 歌ってみた)

歌詞の中に「リアコこじらせてしんどい」という言葉が出てきます。本来、「こじらせる」という言葉は「物事を面倒にする」や「長引かせる」という意味です。ただ最近は、オタク用語の一つとして「リアコ」や「ガチ恋」と一緒に使われています。

カバーも登場

YouTubeには「同担☆拒否」のカバー動画が幾つかあります。Twitterでも「#歌ってみた」で投稿されています。

「リアコ」とは「リアルに恋している」の略でアイドルや俳優を恋愛対象にしている女子

今回は、「リアコ」について特徴や対象、ガチ恋とはどう違うのかについて探ってみました。「リアコ」とは現実世界の男子ではなく、アイドルや俳優やアニメキャラクターに恋をしている女子のことです。「ガチ恋」はリアコの類義語です。意味はほぼ同じですが、男女による違いがあります。

 

リアコの特徴はいちファンとしてでなく、本気で芸能人やアニメキャラクターと交際したり結婚したいと思っていることです。ただ、上手に自分の気持ちをコントロールすることも大切です。

関連記事をチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ