記事ID147309のサムネイル画像

    人気育児本作者ヤマダモモコ(平石桃子)の現在(2021)とは?

    2017年に出版された育児本「色気は分娩台に置いてきました。」で有名になったヤマダモモコ。彼女は、2019年に豊洲のタワマンで3歳の息子を内縁の夫に殺害されたシングルマザーの平石桃子さんと同一人物でした。彼女の職業や現在・事件について詳しく紹介します。

    ヤマダモモコ(平石桃子)のプロフィール

    • 本名(ふりがな):平石桃子(ひらいし ももこ)
    • 所属事務所:-
    • 生年月日:-
    • 現在年齢:35歳か36歳
    • 出身地:-
    • 血液型:-
    • 身長:-
    • 体重:-
    • 活動内容:インスタグラマー
    • 家族構成:息子

    育児書『色気は分娩代に置いてきました。』がベストセラーに

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんは、育休中にインスタグラムに育児漫画をアップしており、自虐的な内容が笑える、共感しかないと評判となり、10万人を超えるフォロワーがいるインスタグラマーでした。

     

    2017年には、「色気は分娩台に置いてきました。」を出版し、発売初日に重版が決定するほど人気となり、ベストセラー本となりました。

     

    これに伴い、雑誌の取材やラジオへの出演など一躍脚光を浴びました。

    子育て中ママのあるあるを自虐的なイラストとユーモアあふれるセリフが人気でした。

     

    例えば、『子どもが可愛いと褒められる時は、必ず「パパ似でよかったね」と言われる』や授乳中に乳首を子供に噛まれることを『チチガミ様があらわれた スタジオガブリ』など、センスあふれる言葉選びと相まって、フォロワーはどんどん増えていき、書籍出版となりました。

    職業は会社員でインスタや作家業は副業

    産休育休期間を利用しインスタグラムに、妊娠→出産→育児のノンフィクションエッセイを投稿し人気になったヤマダモモコ(平石桃子)さんの職業は会社員で、作家業はあくまでも副業でした。

     

    育休中にインスタグラムの投稿を始め、1年後には書籍化、その後、会社員に復職されています。

    バリキャリで海外出張が多いIT企業に勤務?

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんの勤務先の情報はありませんが、事件が起こったことで、豊洲にあるタワマンに住んでいたことが分かっています。

     

    また事件発生時も海外出張をしていたように、海外出張も多かったようで、米国を本社に持つIT企業に勤めていると言われています。

    ヤマダモモコ(平石桃子)の現在(2021)

    インスタグラムで人気を獲得し、2017年には出版した書籍が大ヒットしたヤマダモモコ(平石桃子)さんですが、現在はどうしているのでしょうか。

    インスタでの活動はなし

    事件についての詳細は後述しますが、元々、産休育休の期間を利用して、インスタグラムへの投稿をしていたようで、復職してからは本業が忙しいのか、更新も途絶えがちでした。

     

    2019年に起きた事件の少し前からインスタの更新は無く、現在はインスタの公式アカウントも閉鎖されています。

    ヤマダモモコ(平石桃子)に関する現在についての情報はなし

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんは、現在、インスタグラムを含む、SNS、メディアでの活動などは一切していないため、一般人である彼女の現在の情報は得ることはできませんでした。

    インスタ活動停止にファンはショック

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんには、インスタグラム内に多くのファンがいました。

     

    事件のことも含めて、インスタでは「ショック」「悲しい」「残念」という声が多くあがっています。

     

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんの育児漫画は、飾らない人柄、そして自虐が入っており、くすっと笑える内容のものも多く、多くの育児中の母親から共感を得ていました。

    内縁の夫による幼児暴行死事件

    続いては、ヤマダモモコ(平石桃子)さんの息子さんが亡くなった、内縁の夫による幼児暴行死事件について詳しく見ていこうと思います。

    長男の隆太郎君が内縁の夫に殺害される

    2019年12月3日、ヤマダモモコ(平石桃子)さんが一緒に住んでいた内縁の夫、渡辺雄二容疑者が、当時3歳だった息子を暴行などで失血死させた疑いで逮捕されました。

     

    事件が起きたのは、9月28日頃、江東区豊洲の当時の自宅マンションで、渡辺容疑者が119番し事件が発覚、ヤマダモモコ(平石桃子)さんの息子は心肺停止の状態で病院に搬送され、翌29日に死亡しました。

     

    最初、渡辺同容疑者は「風呂場でうつぶせの状態で浮いていた」と説明していたそうですが、解剖の結果、死因は外部から強い力が加わったことによる内臓損傷による失血死と判明し、暴行によるものと判断し、渡辺容疑者の逮捕に至りました。

     

    亡くなったヤマダモモコ(平石桃子)さんの息子さんは、口の中などにケガをしていたそうなのですが、渡辺容疑者は海外出張に出かけていたヤマダモモコ(平石桃子)さんに「転んでケガをした」と写真を送っていたそうですが、これは殴って出来た傷だったのでしょうか。

    内縁の夫はIHIに務めるエリート社員だった

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんは、内縁の夫とは2019年の春から同居しており、内縁の夫は、IHIという大手重工業メーカーに務めるエリートでした。

     

    ジェットエンジンの整備マニュアルを作成していたそうですが、育児休暇を取得中で、自身の子供と共に、ヤマダモモコ(平石桃子)さんのタワマンで暮らしていました。

     

    帝京大学理工学部を卒業し、2008年にIHIへ入社しています。高校時代の恋人と結婚して3人の子供をもうけていますが、離婚しています。

    その後、別の女性との間に、男の子が生まれるが、その女性とは別れて、子供は引き取っています。この男の子が事件当時、一緒に暮らしていた子供と考えらます。

     

    年収は1千万を超えていたとの話もありますが、大学時代の奨学金の返済など、お金に困っていたという噂もありました。

    ヤマダモモコ(平石桃子)はコメントを発表

    事件後に、ヤマダモモコ(平石桃子)さんは自分が出張をしていなければ、保育園に預けていれば、こんなことにならなかったとコメントを出しています。

     

    事件当時、渡辺雄二容疑者は、育休をとっており、自身の連れ子とヤマダモモコ(平石桃子)さんの息子の面倒を見ていたようです。

     

    安心して、任せて出かけたのでしょうが、このような痛ましい事件が起こってしまいました。

    ヤマダモモコ(平石桃子)の家族や住まいについて

    続いては、ヤマダモモコ(平石桃子)さんの結婚歴や住まいについて詳しく見ていこうと思います。

    2019年に元夫と離婚

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんは、2019年に離婚しています。

     

    離婚した元夫は、育児漫画の中にも度々登場するヒデさんで、社会人になってから交際を始めたという二人でしたが、もともと二人は幼馴染で、ヒデさんはカメラマンをされていました。

     

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんが、育児漫画をインスタグラムで投稿するようになったきっかけも、ヒデさんが「面白いから漫画を描いて、インスタに投稿してみたら?」と提案したことだったそうです。

    息子はりゅう君

    インスタや育児書に登場するりゅう君は、彼女の長男で2016年に生まれており、本名は山田隆太郎くん、事件当時は3歳でした。

     

    山田姓は元夫の姓です。

    住まいは豊洲のタワマン

    事件が起きた際、ヤマダモモコ(平石桃子)さんの住まいは豊洲のタワーマンションでした。情報によると「キャナルスクエア豊洲」で家賃の高い人気のタワマンのようです。

     

    なお、現在も同じ場所に住んでいるかは不明です。

    息子の暴行死事件後の世間の反応

    続いては、事件が起きた際の世間の反応について見ていこうと思います。

    ヤマダモモコと同一人物だったことにショック

    事件に巻き込まれたシングルマザーの平石桃子さんが、人気の育児書の著者・ヤマダモモコと同一人物だったことにショックだという意見がとても多くあがっていました。

     

    それだけ、多くの方がヤマダモモコ(平石桃子)さんの育児漫画に共感し、支持していたことが分かります。

     

    しかし、ヤマダモモコさんがタワマンに住む、バリキャリの女性である事に驚きを隠せない人もたくさんいたようです。

    育児書に登場していたりゅう君が亡くなって悲しい

    育児漫画の主人公でもある、よく登場してたい可愛いりゅう君が殺害されたことに、非常にショックを受けているファンもたくさんいました。

     

    ヤマダモモコ(平石桃子)さんの育児漫画に共感し、りゅう君の成長を見守ってきたフォロワー、我が子の子育てをしてきたフォロワーの悲しみのコメントがとても多かったようです。

    人気育児本作者ヤマダモモコは、事件後、活動停止していた

    2017年に出版された育児本「色気は分娩台に置いてきました。」で、有名になったヤマダモモコさんについてご紹介してきました。

     

    彼女は、2019年に豊洲のタワマンで3歳の息子を内縁の夫に殺害されたシングルマザーの平石桃子さんと同一人物で、大きな話題となりました。

     

    現在は、インスタグラムのアカウントも削除され、何をされているかは分かりませんでした。一人息子を内縁の夫に殺害され、その心情ははかり知ることは出来ませんが、息子さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ