記事ID147299のサムネイル画像

    圧倒的な存在感が話題の珍種キノコ!「タケリタケ」とは?食べれる?

    見た目にインパクトのあるキノコ「タケリタケ」はヒポミケス菌がキノコに寄生してできたキノコです。男性器のような見た目にビックリしてしまいますが、実際に食べることはできるのでしょうか?食用に向いていないと言われる理由や実際に食べた人の意見も一緒に紹介します。

    タケリタケとは一体どんなキノコ?

    見た目のインパクトで有名なタケリタケですが、一体どんなキノコなのでしょうか?タケリタケについてまとめました。

    ヒポミケス属の子嚢菌の一種

    タケリタケはキノコの一種と言われていますが、正確にはタケリタケというキノコがあるわけではありません。タケリタケは、さまざまな種類のキノコにヒポケミス属の子嚢菌(しのうきん)が寄生した奇形のキノコの俗称です。一般的に男性器のような形になったキノコがタケリタケと呼ばれます。

     

    テングダケ類にヒポケミス属の子嚢菌が寄生したキノコをタケリタケと呼ぶことが多いです。ただし、ヒポケミス属の子嚢菌が寄生したキノコを総称してタケリタケと呼ぶ場合もあります。

    寄生してタケリタケになる

    別のキノコにヒポケミスが寄生して形が変形することで、タケリタケと呼ばれるキノコが生まれます。主にタケリタケと呼ばれるようになるテングダケ類は、カサがしっかりと大きくなる普通の形状のキノコです。

     

    しかし、ヒポケミスが寄生すると、カサの成長が阻害されて開かなくなってしまいます。カサが開かずに男性器のような形になることでタケリタケになります。色は茶褐色になることが多いです。

     

    男性器そっくりになるタケリタケは珍しいですが、中には血管が浮き出ているような見た目になるキノコもあります。 ベニタケ類などは寄生されても男性器のようになりませんが、タケリタケと呼ばれる場合もあります。

    名前の由来は男性器?

    タケリタケの名前の由来は何でしょうか?見た目が勃起した男性器を連想させることから、タケリタケと呼ばれるようになったと言われています。タケリだけだと男性器を連想しにくいかもしれません。

     

    タケリは「猛り(タケリ)」のことですが、これは牛やサメなどの陰茎のことを言う場合もあります。このことがタケリタケという名前に関係しているとも言われています。

    タケリタケを漢字で書くと「猛茸」

    タケリタケは漢字で書くこともできます。「猛茸」あるいは、「猛り茸」、「勃り茸」などと書きます。勃り茸は当て字のようです。猛々しいキノコをイメージする人が多いですが、実物を見ると大きさや硬さを知ってがっかりする人もいるようです。

    英語では「Hypomyces」

    英語ではヒポミケスのことを「Hypomyces」と書きます。「Hypomyces」をカタカナでヒポミケス書くことが多いですが、実際の発音はハイポミケスに近いです。

    ヒポミケスが寄生するキノコや生息地

    タケリタケは、一部のキノコにヒポケミス属の子嚢菌が寄生することで生まれます。ヒポケミスが寄生するキノコやヒポケミスの生息地についてまとめました。

    ヒポミケスが寄生するキノコ

    ヒポケミスが寄生するキノコは、テングダケ類やベニタケ類、チチタケ類など種類が多いです。「雁茸(ガンタケ)」を始めとするテングダケ類のみ男性器のような奇形のキノコになり、これらをタケリタケと呼ぶのが一般的です。

     

    ベニタケ属やチチタケ属がヒポケミスに寄生された場合はカサが萎んだような形状になり、ツヅミタケと呼ばれるのが一般的です。ただし、これらのキノコも総称してタケリタケと呼ばれる場合もあります。

     

    ベニタケの萎んだカサはさまざまな形になり、女性器のように見えると言われることもあります。

    生息地は主に北半球

    キノコに寄生してタケリタケを生み出すヒポケミス属の子嚢菌は北半球に生息しています。タケリタケが多く発見されるのは、中国や北米大陸の東部と言われています。 日本にもヒポケミスが寄生するキノコは多いので、石川県や福井県、東北などでタケリタケが発見されています。

     

    タケリタケ自体珍しいキノコで数は多くないですが、意外と身近に生えているかもしれません。

    画像と本物は違う?

    その見た目から、タケリタケを見て硬いキノコを想像する人が多いようです。しかし、実際のタケリタケは柔らかく触っただけで、ボロボロ崩れてしまうこともあります。

     

    タケリタケは子嚢菌に寄生されているため、内部はボロボロになっています。硬そうに見えても本来のキノコより柔らかく、簡単に崩れてしまうほど脆いのがタケリタケです。

    タケリタケは食用?味は美味しい?

    インパクト抜群の見た目のタケリタケですが、食べることは出来るのでしょうか?タケリタケを食用にする場合の問題や食べた人の意見などをまとめました。

    食用には向かない

    ヒポケミスが寄生したキノコの種類によって異なるので一概には言えませんが、基本的にタケリタケは食用には向いていません。タケリタケが食べられるかどうかは、寄生したキノコの種類によります。

     

    寄生されたキノコの形状が変化して、元のキノコの種類がわからなくなるので簡単には食べられませんヒポケミス属の子嚢菌は無害と言われていますが、全容は解明されていないので食べるのは危険という意見もあります。

     

    食べられるキノコが寄生されたものなら、食べられるというのが一般的です。ヒポケミスが寄生した一部のキノコは食用として食べられています。

    毒キノコに寄生することが多い

    タケリタケが食用に向かない理由として、ヒポケミスは毒キノコに寄生することが多いという問題があります。一般的にタケリタケになるテングダケ類は、毒性の強いキノコで食べることはできません。

     

    ベニタケ属にも毒ベニタケなどの毒キノコがあります。 タケリタケは、毒キノコの形状が変化したものが多いので食べるのは危険です。

    大きさは男性器と同じくらい?

    タケリタケの大きさはどのくらいなのでしょうか?これは寄生するキノコの種類によって違いが出るので、大きさにはかなり幅があります。長さは6cm〜20cmで、柄の部分は直径2cm〜3cmほどと言われています。

     

    平均的な男性器が13cm〜16cmなので、それよりも大きなタケリタケも存在します。しかし、実際は大きなものは少なく、小さいものがほとんどなのでがっかりする人も多いと言われています。

     

    それだけに大きなタケリタケを見たことがある人は、貴重な体験をしているとも言えるでしょう。

    実際に食べてみた人の意見

    一般にタケリタケと呼ばれるテングダケ類が寄生されたキノコは食べられません。しかし、ヒポケミスが寄生した無毒のキノコを食べている人もいます。北米ではパスタ料理やクリームソースの煮込み料理に使われています。日本の東北地方でも、食べられているようです。

     

    ただし、食べた人の意見によると苦味が強く、特にカサの部分は苦いと言われています。頭痛薬のような味がするという感想もありました。柄の付け根の部分は美味しいという意見もありますが、食べられるタケリタケであっても味は良くないものが多いようです。

    タケリタケに対するネットでの反応

    タケリタケを見た人はどんな反応をしているのでしょうか?ネットに出回っているタケリタケの画像を見て、さまざまな反応が残っています。タケリタケに対するネットの反応をまとめました。

    形状にビックリ!

    タケリタケは本当に男性器にそっくりなものから、大して似ていないものまであります。実際に見るとあまり大きくないので、がっかりするという意見もあります。しかし、図鑑やネットで見られるタケリタケの写真は大きくて立派なものがほとんどです。

     

    タケリタケの男性器のような見た目にビックリする人は、後を絶ちません。より立派に見えるように撮影された写真も多いので、かなりインパクトがあるようです。

    子供には見せられない

    タケリタケの画像が、ネットにアップされて間もないころは、2chのなんでも実況板(なんJ)でもかなり話題になりました。インパクトのある形状に反響は大きく、「モザイクをかけたほうが良い」、「子供には見せられない」などの声も上がりました。

    インパクト抜群のタケリタケは食べないほうが良い

    男性器のような見た目でインパクト抜群のタケリタケについてご紹介しました。タケリタケは、さまざまなキノコに子嚢菌が寄生したことで生まれます。ネットの画像ほど立派でないことがほとんどですが、やはりインパクトのあるキノコです。

     

    タケリタケを食べる人もいますが、毒のあるキノコが多いので食用には適していません。タケリタケを見つけても食べないようにしましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ