記事ID144503のサムネイル画像

【2019年最新版!】検索してはいけない言葉をまとめました!

検索してはいけないと言われてもしたくなってしまうのが人間だと思います。そこで今回は「検索してはいけない言葉」を集めてみました!この記事を読めば全部「検索してはいけない言葉」で検索してみたくなるはず!中にはグロテスクな画像もあるかも?閲覧要注意です!

検索してはいけない言葉とは?

「検索してはいけない言葉」とは一体何のことなのでしょうか?「検索してはいけない言葉」と検索するだけでも、たくさんヒットしてしまいます。

 

そこをクリックすると、恐るべき結果が待ち受けていることもあります。「検索してはいけない」と言われると検索したくなってしまうのが人間の本能なのかもしれません。

 

ついつい気になってしまうということで、今回は、2019年最新版として「検索してはいけない言葉」をご紹介します。

「検索してはいけない言葉」

さて、ここからはいよいよ「検索してはいけない言葉」についてみていきましょう!日本・海外を含めてみても「検索してはいけない言葉」は、たくさんあるのです。

日本では、あまりグロテスクな画像・動画などは、閲覧できないようになっていたりすることもありますが、海外ではお構いなしです。たくさんのグロテスクな画像・気持ち悪い画像が見られてしまうのです。

これは、良いことなのか…?悪いことなのか…?ひとまず、なぜ検索をしてはいけないのか?という疑問から見ていきましょう。

なぜ検索してはいけないの?

「なぜ検索してはいけないの?」という疑問を抱く方もいるかもしれませんが、大抵検索するとグロテスクな画像や動画が出てきて、気が悪くなるからです。

気になった方は、あくまで自己責任で検索をしてみてくださいね!

検索してはいけない言葉を集めてみた!(1)

「検索してはいけない言葉」の1つ目のトピックをご紹介します。ここからは、グロテスクなものやオカルト的意味が込められているものなど、様々な観点からご紹介をして行きます。覚悟は、よろしいですか?

 

本当に気分が悪くなってしまうかもしれませんので、ご注意ください。気分が悪くならない方のみ進んでいただければと思います。

暗い日曜日

「検索してはいけない言葉」、まず紹介するのは、「暗い日曜日」です。タイトルからして、気分がどんよりとしてしまうような日曜日を想像できますね。

 

「暗い日曜日」聞くと自殺してしまう」と言われているようです。これは、完全なるフィクションであり、誰かが作ったものなのでしょう。若い世代だけでなく、40代以上の人も知っている内容でした。

 

40代男性の感想に、「懐かしいな。今でも言われてるんだな…」というものがありました。これは、昔から言われているようですね。検索をしてもあまり怖いものでは無いようですが、どんよりとした空気になってしまうかもしれませんね。

コトリバコ

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「コトリバコ」です。「コトリバコ」は、オカルト発祥のものだとされています。子どもの身体の一部が箱に入っている画像が出てくるのだとか…。

グリーンねえさん

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「グリーンねえさん」です。「グリーンねえさん」は、ガチャピンのことを指しているわけではありません。これを検索すると、全身が緑色の屍蝋死体の画像が出てくるそうです。

くねくね

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「くねくね」です。「くねくね」とは、体をくねらせるように動く正体不明の物体の画像のことだそうです。何とも言えない画像で話題になっていたようです。

ウォーリーを探さないで

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「ウォーリーを探さないで」です。「ウォーリーを探さないで」とは、とある動画を見終わった数分後に、ウォーリーが叫んで恐怖映像になることを指すようです。

774保管庫

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「774保管庫」です。「774保管庫」と検索をすると、グロテスクな画像がたくさん出てくるそうです。閲覧する場合は、ご注意ください!

検索してはいけない言葉を集めてみた!(2)

「検索してはいけない言葉」の2つ目のトピックをご紹介します。こちらも先ほどに続いて、グロテスクなものやオカルト的意味が込められているものなど、様々な観点からご紹介をしていきます!

 

本当に気分が悪くなってしまうかもしれませんので、ご注意ください。気分が悪くならない方のみ進んでいただければと思います。

アステカの祭壇

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「アステカの祭壇」です。「アステカの祭壇」と検索をすると、心霊写真が出てくるそうです。

 

心霊写真を見ると呪われてしまうと言われており、2010年頃に心霊写真を扱う番組が休止することになったのだとか…。これを調べてもいいことが起きるわけではないので検索しないほうがよさそうですね。

呪われるAA

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「呪われるAA」です。「呪われるAA」を検索すると、特に怖いわけではありませんが、踊るアスキーアートが出てきます。

 

何とも言えないかわいらしさがあるのがアスキーアートです。アスキーアートを知っているのは、20代後半の方からでしょうか?時代の流れを感じてしまいますね。

exeファイル捨てたい

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「exeファイル捨てたい」です。「exeファイル捨てたい」と検索をすると、「コンピュータデータが全て消えてしまった」そうです。

 

これは、ある意味怖いですよね。本当に消えるかどうか不明ですが、ウィルスの関係とかもあるかもしれないのでご注意ください!

野崎コンビーフ

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「野崎コンビーフ」です。「野崎コンビーフ」は、イラストサイトの「MIDTOWN MADNESS」で公開されていた絵師さんの「梶谷令(いちごみるぐ)」さんの別名だそうです。

 

彼女の世界感は独特であり、不気味なイラストがたくさん登場するそうです。現在は、サイトはありませんが、pixivなどで活動をしているそうです。

かわいくさせて

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「かわいくさせて」です。「かわいくさせて」を検索すると、とっても怖い画像が出てくるそうです。

 

シンプルにただ単に怖い画像だそうです。これは、釣りでもなんでもなく本当に怖い画像が出てくるのだとか…。最近では、iPhoneのSiriなどもありますので音声検索をしてみるととんでもない結果が出てくるかもしれません。

 

「オッケーGoogle!かわいくさせて」と安易に言うものではないかもしれませんね?

strangeC003

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「strangeC003」です。「strangeC003」を検索すると、ケルベロスみたいな首が3本の恐ろしいバケモノが出てくるようです。

あたしはもうお嫁にいけません

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「あたしはもうお嫁にいけません」です。「あたしはもうお嫁にいけません」と検索をすると、閲覧注意の怖い画像が出てくるようです。

 

この画像を見ると、突然にめまいや吐き気を催すのだとか…。閲覧注意であることは間違いなしですが、「閲覧注意」と言われてしまうと見たくなってしまいますよね。

 

見た人の感想は、この絵を見るとゾッとする。そうです。この感想を見て、検索をするかどうかは、あなた次第…。

世界一怖い絵

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「世界一怖い絵」です。この画像は、本当の「世界一怖い絵」の画像です。

 

万人受けするような女性の絵が出てきますが、ずっと見ていると突然笑ったように見える絵が出てくるそうです。

 

海外で描かれた絵であり、絵の所有者が次々と亡くなっているそうです。この絵を描いた人物は、この女性の彼氏と言われています。画家だった彼氏は、浮気を繰り返し、それが原因で美しい女性は亡くなったそうです。の絵を仕上げた彼は、謎の死を遂げてしまうということが言われているそうです。信じるか信じないかは、あなた次第…。

検索してはいけない言葉を集めてみた!(3)

「検索してはいけない言葉」の3つ目のトピックをご紹介します。これまでたくさんの検索をしてはいけない言葉がありましたね。気持ち悪いものやグロテスクなものまでたくさんありました。

 

オカルト的な意味が込められているものあるので、全てが怖いというわけではないということが分かりましたね。中には、意味の分からない怖さもあったかもしれません。ここでは、ちょっと気持ち悪いけれどクセになる「検索してはいけない言葉」を見ていきましょう。

 

本当に気分が悪くなってしまうかもしれませんので、ご注意ください。気分が悪くならない方のみ進んでいただければと思います。

オグリッシュ

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「オグリッシュ」です。これを検索すると、「バラバラになった死体」や「動物たちの死体」などが出てくるようです。

 

そもそも、「オグリッシュ」とは、2000年頃に作られたニュースサイト「ogrish.com」のことを言います。ニュースサイトですが、戦争やテロ、事故、災害などをテーマにしているサイトであり、ありのままを伝えることを信念に置いていたサイトとして知られています。現在は、「ogrish.com」を検索してもサイトが出てこないので、「閉鎖したのか…?」と言われています。

 

まとめサイトなどによる閲覧者の感想を見てみると、死体が出てくることを知らなかった人も多くいて「残酷…」という感想などもありました。そして、必ず「検索してはいけない(しないほうがいい)言葉」として記録されています。

だるま女

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「だるま女」です。そもそも「だるま女」とは、どういう意味なのかを検索して見ると、「両腕両脚が無い女」と出てきます。

 

そして、もう一つ「戦前の見世物興行であった実話」という意味があったのです。誘拐や拉致された女性が両腕両脚を切断され、「だるま女」として慰み者や見世物とされているという実態は明らかではないため都市伝説とされています。

 

それから、もう一つの意味として、妻が海外でだるまにされた話が出てくることもあるようです。日本と海外では、「だるま女」の意味や扱いが違うのかもしれません。

蓮コラ

「集合体恐怖症」だと自分で自覚がある人にはオススメできません。「蓮コラ」を検索すると、穴だらけの女性が出てくるようです。

 

穴だらけの女性だけではなく、ハチの巣や様々なものが集合している細かい画像が出てきます。気持ち悪くなったり、めまいがする人も中にはいますので、ご注意を。ご自身が、「集まっているものが苦手だな…」「たくさんいると気持ち悪い…」と思うのであれば、検索は控えておきましょうね

樹海の落し物

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「樹海の落し物(おとしもの)」です。これは、実は日本にある「青木ヶ原樹海」という場所のようです。この言葉は、本当に「検索をしてはいけない言葉」なのかもしれませんね。

 

YouTube動画(レポート動画)などもありますので気になる方はご覧になって見てください。タイトルから怖さを助長しているものもありますので、ホラーが苦手でない人であれば、問題ないでしょう。

 

「青木ヶ原樹海」にある「樹海の落し物(おとしもの)」とはいったい何なのでしょうか?これは樹海に残されている遺留品が沢山出てくるようです。中には死体が出てきたという情報もあります。 

 

もし、検索をして死体の画像や、遺留品などが出てきた場合には、「ご冥福のお祈り」をしてあげてください。

イルカの夢でさようなら

「検索してはいけない言葉」、続いて紹介するのは、「イルカの夢でさようなら」です。「イルカ」とついているのに怖いのか…?と想像される方も多いでしょう。実際、これはオカルト的要素が含まれているもので、おそらくフィクションだと考えられます。

 

誰かが驚かせるために作ったものではないでしょうか?検索をしてみましたが、どういう意図があるのか読めないものでした。

 

「イルカの夢でさようなら」を検索して開いてみると女の子の声で「私を殺してから進んでね」というメッセージが出てくるようです。そして、LINK内の四角い部分ををクリックすると、死ね:「2ちゃんねらーは死ね」というサイトが登場するようです。これは、跡地のみ…?という謎に包まれているようですね。

他にもたくさんある!

今回は、「検索してはいけない言葉」の一部をご紹介しました。「検索してはいけない言葉」と検索をするだけでもたくさんの検索結果が出てきます。記事のタイトルを見るだけでもゾクゾクしてしまうでしょう。

 

検索をするのは自由ですが、中々手ごわい画像が出てくることも多いはず。最近では、ネットも普及しておりますので、興味本位で検索をするのは要注意です!(全てのものが楽しめるというわけではありません。殺人の画像など、海外の写真は高い確率でグロテスクなものです。)

 

ともかく、検索するかしないか、それは全てあなた次第です…!

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ