記事ID147221のサムネイル画像

    謎多き「岡山地底湖行方不明事件」の怖すぎる真相とその犯人は?

    2008年に起きた『岡山地底湖行方不明事件』を覚えているでしょうか。この事件では、大学生が1名行方不明となっています。そこで今回は、この事件の真相や犯人はどうなっているかについて迫ってみたいと思います。さて、一体『岡山地底湖行方不明事件』はどういった事件だったのでしょうか。

    『岡山地底湖行方不明事件』はどんな事件?

    2008年に起きた岡山地底湖行方不明事件は、高知大学の絵年生の学生が姿を消して、文字通りの行方不明になった謎多き事件です。

    次々に判明する不可解な証言や、大学関係者の不審な動きがおかしいと、不穏な噂を呼びました。そもそも事件とは、どのようなものだったのでしょうか。

    まずは岡山地底湖行方不明事件の、概要を紹介します。

    日咩坂鐘乳穴で起きた

    事件が起きたのは2008年1月5日のこと。場所は、岡山県新見市に所在する鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴(ひめさかかなちあな)」で起きました。

     

    高知大学の洞窟探検サークルのメンバーが、活動の一環として訪れていたのです。

    高知大学学術探検サークルメンバーが行方不明に

    午後6時15分に、サークルメンバーから110番に「メンバーが、1人が日咩坂鐘乳穴で溺れた」と、いう通報が入ったことが事件の始まりだったのです。

     

    この溺れたメンバーは、大学3年生のメンバーの名倉祐樹さん。当時は21歳でした。このサークルは、何回も、鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴」を訪れていたので、ある意味勝手知ったる場所だったのです。

     

    学生達によると、泳いでいるうちに気が付いたら姿を消していたという証言が出ています。

    名倉祐樹は見つからなかった

    通報を受けた県警は、既に時刻が18時を過ぎていたため、翌日からの捜査となりました。翌日から30人態勢で開始。

     

    鍾乳洞の日咩坂鐘乳穴は、奥行きが1600mで高さは15m、幅は7メートルという大きさです。途中では、狭くなって人がやっと1人通れるような場所も。

     

    さらに、奥に入ると光は届かずライトを昼夜照らすなど、過酷なものでした。捜査は大いに難航したのです

     

    鍾乳洞に詳しい大学のOBメンバーも探索に加わり5日に渡り捜査が続けられるも、行方不明になった名倉祐樹さんが見つかることはありませんでした。

     

    そして何一つ芳しい情報を得られないまま、10日後に捜索が打ち切られたのです

    行方不明事件の謎はどんなもの?

    こうして現地での探索が打ち切られたのですが、その後不可解な謎が数点出てきました。ここからは、岡山地底湖行方不明事件の謎について見ていきましょう。

    事故として処理された

    捜索そのものは打ち切られても、事件性に関する捜査が続けられました。一緒に鍾乳洞を訪れたメンバーに容疑がかかってもおかしくはありません。

     

    この後の章で説明しますが、メンバーからの証言には、明らかにおかしいものがあったからです。しかし、結果的には事故死として処理されました

    サークルメンバーの動きとは

    事故死として処理された名倉祐樹さんの行方不明事件は、時の流れ共に人々の記憶から薄れていくはずでした。

     

    しかし、捜査の打ち切りがされた後でサークルメンバー達は、おかしな行動をするようになったのです。このことから、「岡山地底湖行方不明事件」と、呼ばれるようになりました。

     

    メンバー達の不可解な行動につては、この後の章で詳細に紹介していきます。

    入洞届が提出されていなかった

    日咩坂鐘乳穴は、岡山県新見市が管理する天然記念物に指定されていることから、必ず入洞届を役所に提出するというルールがありました。

     

    しかし、2008年1月5に起きた事件当日分の届けはなされていなかったのです。これまでに何回も探検活動の一環として、訪れた場所です。

     

    このため、メンバー達が知らなかったということは考えにくく「闇が深い事件だ」と主にネット上で囁かれることに。

    行方不明事件の真相?

    岡山地底湖行方不明事件の真相について、掘り下げていきましょう。

    名倉祐樹さんが単なる事故死と断定するには、おかしな情報が多々出てきました。

    高知大学学術探検サークルの伝統

    高知大学の探検サークルにおいては、日咩坂鐘乳穴に赴いて飲み会を開き、危険行為をするというのが伝統行事になっていたそう。

     

    危険な行為とは、地底湖の奥の壁まで泳ぎ「タッチ」と声を上げて、また戻って来るというものでした。

    1人だけ泳がされた

    この日、倉祐樹さんだけが遊泳していたという可能性が大きいようです。探検に参加したした学生によると「1人だけ洋服を着て泳いでいた」と証言しました。

     

    ネットでは、メンバー達に強要されて泳がされたのではないかと、いう推測をする声も寄せられています。

    助けを求める声も聞かれず

    メンバーの証言では、倉祐樹さんが「タッチ」という声を上げたことは、判明していますが、助けを求める声を聞いたと答えるメンバーは誰もいなかったのだとか。

     

    もし、水面で溺れた状態であれば、激しく水を掻く音や「助けて」という声が上がってもおかしくありません。

     

    可能性としては、途中まで順調に泳いでいたのですが、激流に巻き込まれて溺れてしまい、声を出す暇も与えられなかったということは考えられます。

    部長らが犯人?

    警察では、サークルのメンバー達による犯行説については、疑っていなかったようですがネットでは、部長や副部長をはじめとした、サークルメンバーが犯人説を唱えている人もいるようです。

    そのような推測に結びついた理由がいくつかあります。メンバー達の証言の矛盾や、謎だと言われている行動、部長と副部長が取った対応について紹介します。

    メンバーらの証言が二転三転

    この事件は、かなりメディアで大々的に取り上げられました。捜査が進むにつれて、メンバー達の証言が二転三転しています。

     

    どうやらメンバー達は、決して積極的に捜査へ協力していたとは言い難い状況だったようですね。

    洞窟の危険性を知りながら放置?

    さらに、不可解な謎があります。名倉祐樹さんの救命を頼むために、メンバー全員が地上に戻ったのですが、引き上げる際に鍾乳洞用の装備を全て撤収しました

     

    装備の中には、ロープとライトも含まれています。こういった装備がないと無事に戻れないことは、メンバーは承知しているはずです。

     

    もしかしたら、名倉祐樹さんが無事に湖から出てきたら、地上に行くために必要になりますし、誰か残ってスタンバイしておくということもなかったという不思議な現場だったことが判明しています。

     

    これまでに訪れた経験が豊富な探検サークルメンバーが、なぜ危険を知りながら放置したのかは、謎のままです

    白米美帆と伊藤智子がメディア露出を拒否?

    この事件の不可解な謎の多さに目を付けたのは、各メディアでした。取材のために出演依頼をしたのですが部長の白米美帆さんと副部長の伊藤智子さんは断わったようです

     

    本来であれば、メンバーの行方不明を解決するためにも、部長や副部長は積極的に協力するのが筋ではないでしょうか

    部長の白米美帆

    部長の白米美帆さんは、事件当日のイベント責任者として参加していました。このことから警察の事情聴取を受けています

     

    あまりにも、証言がコロコロと変わっていくことから一時は、白米美帆さんに対して疑いの目を向ける捜査員もいたようです

     

    後に一部のネットユーザーからは、白米美帆さんによる計画的な犯行ではないかという声も上がっていました。

    副部長の伊藤智子

    事件の真相の鍵を握っていると言われていたのが、副部長の伊藤智子さんです。噂によると部長の白米美帆さんと共に事件の真相を隠すために動いたと言われています。

     

    2人で口裏を合わせて証言したという痕跡が残っているそうですが、具体的な内容は明かされていません。

    証拠隠滅された?

    名倉祐樹さんの行方不明事件は事故死として処理されましたが、ネット上において不可解な謎がまだある、と言われています。

    ホーム―ページやSNSにおいて、証拠隠滅を図ったのではないかと言われているのです。ここからは、ネット上の動きについて見ていきましょう。

    探検部のホームページから名前を削除

    捜査が打ち切られた後から、SNSの「mixi」において、名倉祐樹さんのアカウントが「あの事件の被害者だ」、と大きな話題を及びました。

     

    その直後に、部長の白米美帆さんと副部長の伊藤智子さんは、探検サークルのホームページに掲載されていた、部員名簿から名前を削除していたのです

    mixiが特定される

    名倉祐樹さんは、当時「mixi」を運用していたので、名前だけですぐに特定されています。部長の白米美帆さんも、マイミクのリストから特定されてしまったそうです

     

    白米美帆さんは、「2ちゃんねる」で騒ぎになっていることを察知したのか、ぐにニックネームと呼ばれる表記を変えています

    マイミクから外す

    さらに、白米美帆さんは名倉祐樹さんの「mixi」アカウントのパスワードを何らかの方法で入手し、不正にログインした上でマイミクから、自身のアカウントを外したと言われています

     

    名倉祐樹さんのマイクの人数が、事件後に減っていると「2ちゃんねる」などの掲示板で騒然としました。

     

    名倉祐樹さんはログインをすることができないはずなので、何者かがログインをしたということになりますね。

    内容の改ざん

    その後、名倉祐樹さんがこれまでに、アップしていた日記が次々に削除されています。現在も行方不明のままなので、本人がログインしたとは考えにくいのです。

     

    この内容改ざんに関しても、部長の白米美帆さんが関与したのでは、と見られているようです。

    『岡山地底湖行方不明事件』は闇の事件?

    岡山地底湖行方不明事件は、世の中からは「闇の事件」と呼ばれています。これまでに紹介してきた、証言が矛盾しているという内容を、もっと掘り下げてみてみましょう。

    部長の白米美帆さんと名倉祐樹さんに関しては、恋人同士だったという噂も浮上しています。

    証言が矛盾している

    闇の事件と呼ばれる理由の大きな要因に、メンバー達の証言に矛盾があることが指摘されています

     

    事件の発覚後の証言では、5人が参加したと証言していたのですが、その後13人に変更されました。

     

    さらに名倉祐樹さんが、遊泳中に「タッチ」という声が聞こえたと証言が出ていますが、捜索隊によると「現地の地形のせいで、声を聞くことは難しい」とコメント。

     

    そして、入洞するにあたり万全の体制で臨んだのかという質問に関してメンバーは、全員口をつぐんで答えなかったそうです。

    被害者は白米美帆の恋人だった?

    ネットでの推測になりますが、被害者の名倉祐樹さんは部長の白米美帆さんと、恋人関係にあったのではないかと言われています

     

    その理由としては、名倉祐樹さんが「mixi」において交際の様子について日記としてアップしていたので、不正にログインして該当記事を片っ端から消したと考えらえているようです。

    会見を開かなかった

    闇の事件と言われている理由のとして、大学のサークルメンバーの生死不明な状況下においても、会見を開かなかったことが注目を集めました

     

    基本的には、サークルのメンバーが出てきて会見を開いて説明をするというのが、普通だという認識がされています。

     

    会見を開かなかったのは後ろめたいことがあるのでは、という穿った見方をするケースもいたようですね。

    白米美帆と伊藤智子は現在どうしている?

    事件が起きてから、13年という年月が経過しました。2021年現在の、サークル関係者の筆頭である、白米美帆さんと、伊藤智子さんは何をしているのでしょうか。足取りを追ってみました。

    白米美帆は『人形劇団京芸』所属?

    白米美帆さんは、人形劇団の「人形劇団京芸」に所属していると噂があります。ホームページの劇団員紹介ページに、白米美帆さんが掲載されていました。

     

    かつてプロフィールに「趣味は洞窟」と書かかれていたので、部長の白米美帆さんと同一人物ではないかとネットで、憶測がまことしやかに囁かれていました。

     

    劇団に問い合わせをした人物によると、その後ホームページから、白米美帆さんのプロフィール自体が削除されてしまったのだとか

     

    現在「人形劇団京芸」のホームページは、団員紹介のページ自体がリンク切れになっています。

    伊藤智子の現在は不明

    伊藤智子さんに関しては、現在の足取りが掴めませんでしたこの件の犯人は上級国民なので、取材が取りやめになり事故死として処理されたのではないかと言われています。

    連絡が取れなくなった?

    Twitterにおいても、2018年に動きが出ています。突然「岡山地底湖行方不明の真相を語ります」という名前のアカウントが登場したのです。

     

    どうやら、大学の後輩が作成したアカウントではないかと見られています。

     

    そのアカウントのアップした呟きによると「白米美帆さんと伊藤智子さんは、その後登山サークルを退部したものの、大学は退学せずに通っていた。その後は連絡が取れない」と記載されています。

     

    2人は探検サークルに入っていたはずですなので、登山サークルと書いているのは、もしかしたら掛け持ちをしていたのかもしれませんね。

    日咩坂鐘乳穴は立ち入り禁止に

    事件が発生後に、日咩坂鐘乳穴は立ち入り禁止となりました。元から天然記念物に指定されていたので、市役所への届出が必要でしたが、事件が起きたから立ち入り禁止に変更された可能性もありますね。

    岡山地底湖行方不明事件は闇が深いまま

    岡山地底湖行方不明事件は、「日咩坂鐘乳穴」において2008年1月5日に起きた、高知大学の洞窟探検サークルのメンバーが、洞窟内で行方不明のまま捜査が打ち切りとなった事件です。

     

    行方不明になったのは、サークルに所属していた名倉祐樹さん。30人の捜査体制を敷いて救助活動を行うも、名倉祐樹さんが見つかるこがないまま10日後に捜査が打ち切られています。

     

    メンバーの証言に矛盾があったり、部長の白米美帆さんと副部長の伊藤智子さんは、メディアからの取材を断り、会見も開かないという異例の事態などに対して不可解な謎だらけだと囁かれました。

     

    事件後に名倉祐樹さんmixiのアカウントのマイミクから白米美帆さんが外されるなど、理解しがたい事象が起きました。

     

    現在も真相は解明されないまま、2021年を迎えています。白米美帆さんと伊藤智子さんの現在は分かっていません。今後解明する日がくるのでしょうか。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ