記事ID147095のサムネイル画像

さくらももこの旦那・うんのさしみの現在(2021)とは?

2018年8月に惜しまれつつ乳がんで他界した人気漫画家・さくらももこ。『ちびまる子ちゃん』が大人気の彼女ですが、うんのさしみという夫がいます。そこで今回は、さくらももこの夫であるうんのさしみについて迫ってみたいと思います。

うんのさしみとは誰?

佐倉桃子さんの夫「うんのさしみ」さんとはどんな人物なのでしょうか?うんのさしみさんの職業や年齢、イケメンと噂される理由などについてまとめました。

イラストレーター

うんのさしみさんは、日本のイラストレーターです。詳しい情報は公開されていませんが、2001年ごろから、うんのさしみ名義でイラストレーターとして活動しています。

2021年で52歳

あまり情報がないうんのさしみさんですが、生年月日に関しては情報があります。1969年1月17日生まれです。2021年4月現在で、52歳になっていることがわかります。

うんのさしみはイケメン?

うんのさしみさんは、イケメンではないかと噂になっています。ネット上にはうんのさしみさんとされる顔写真の画像があります。目鼻立ちもはっきりしており、このことからイケメンといわれているようです。

 

さくらももこさんと雰囲気が似ているという意見もあります。ただし、この写真が本当にうんのさしみさん本人の写真なのかは、わかっていません

本名は不明?

うんのさしみさんの本名は、一切わかっていません。うんのさしみさんに関する情報は少なく、本名に関する情報もありません。「うんのさしみ」という名前はいかにもペンネームですが、名前を見ただけでは本名出ないとは断言できません。

 

ただし、「うんのさしみ」は、さくらももこさんと一緒に仕事をした際にできたペンネームなので本名ではないことがはっきりしています。妻のさくらももこさんも本名を公開していないので、苗字に関する情報も不明です。

 

さくらももこさんは、旧姓が三浦美紀であると公表しているという情報もあります。ただし、こちらも真偽はわかりません。

うんのさしみは現在どうしている?

うんのさしみさんは、さくらももこさんの夫であり、イラストレーターとして共同で仕事もしていました。うんのさしみさんは、現在どうしているのでしょうか?うんのさしみさんに関して、現在わかっている情報をまとめました。

既に一般人になっている?

うんのさしみさんは、イラストレーターして作品を発表していますが、さくらももこさんと関係のある仕事がほとんどです。また、作品を発表しているのが2000年代の前半から半ばごろまでで、最近はイラストレーターとして活動しているのかわかりません

 

2010年に出版された本のイラストも描いていますが、以前に出版された本の文庫版です。イラストレーターとして活動の形跡がないので、すでに引退して一般人になっているのではないかともいわれています。

元からプライベートは謎

うんのさしみさんのプライベートは、元々謎で情報が全くといっていいほどありません。さくらももこさんもプレイベートの情報がないため、2人は離婚したのではないかという噂まで流れたといわれています。

 

プライベートの情報はないため、うんのさしみさんがイラストレーターをしているのかは全く分かりません。ただし、うんのさしみというペンネームを使う前から、イラストレーターをしていた可能性もあるので、現在も別名義で活動しているかもしれません。

さくらももこと結婚

うんのさしみさんとさくらももこさんは、いつ結婚したのでしょうか?2人が何年に結婚したのか、うんのさしみさんが友蔵さんみたいな人と呼ばれていることなどをまとめました。

2003年10月に結婚

プライベートな情報を明かしていないさくらももこさんですが、うんのさしみさんとの結婚に関しては公表しています。2人が結婚したのは、2003年の10月でした。

さくらももこの作品に登場

うんのさしみさんは、さくらももこさんの作品「神のちからっ子新聞」に登場しているといわれることもあります。神のちからっ子新聞は、編集部の5人が作ったという設定の新聞をそのまま漫画として掲載している作品です。

 

神のちからっ子新聞でイラストを描いている男性がうんのさしみです。うんのさしみさん本人が漫画に登場したようですが、漫画の中のうんのさしみはあくまでさくらももこさんが作ったキャラクターです。

 

実はうんのさしみというペンネームは、神のちからっ子新聞のキャラクターが由来になっています。

友蔵さんみたいな人

生前のさくらももこさんは、うんのさしみさんのことを「友藏さんみたいな人」と言っていたそうです。友蔵さんは、ちびまる子ちゃんに登場する主人公の祖父さくら友蔵のことです。友蔵はさくらももこさんの理想のおじいちゃん像で、とてもやさしい人物として描かれています。

 

うんのさしみさんに関するエピソードなどはほとんどわかっていませんが、優しい性格だったようです。

さくらももことの馴れ初めはどんなもの?

プラベートが謎に包まれたさくらももこさんとうんのさしみさんですが、馴れ初めなどの情報はわかっているのでしょうか?2人の馴れ初めやペンネームに関するエピソードなどについてまとめました。

馴れ初めの情報がない?

うんのさしみさんとさくらももこさんが、出会った経緯や馴れ初めなどの情報は全く分かっていません。うんのさしみ名義でさくらももこさんと最初に仕事をしたのは、2001年出版のツチケンモモコラーゲンでイラストを描いた時だとわかっています。

結婚当時は既に売れっ子だったさくらももこ

1990年にTVアニメちびまる子ちゃんが放送され、まもなく国民的に知名度の高い作品になります。うんのさしみさんと結婚した2003年当時はもちろん、ツチケンモモコラーゲンの時点でさくらももこさんは売れっ子作家でした

 

うんのさしみさんとは仕事関係で知り合ったのではないかといわれており、ツチケンモモコラーゲンの仕事が2人の馴れ初めかもしれません。

名前を出すのを嫌がったことでうんのさしみが生まれた?

ツチケンモモコラーゲンは、哲学者とさくらももこさんが対談した本です。学術書のような雰囲気の挿絵を表紙にしたいということで、協力を求めた知人がうんのさしみさんでした。この時点でうんのさしみさんがイラストレーターをしていたのかはわかりません。

 

この時、うんのさしみさんの絵にさくらももこさんが少し手を加えているそうです。うんのさしみさんは、自分だけで描いたのではないことで名前を出すのは嫌がったといいます。そのため、うんのさしみというペンネームが生まれたそうです。

 

ツチケンモモコラーゲンの後書きでは、その後も絵本の仕事をする予定だと書かれています。

うんのさしみとさくらももこには子どもがいる?

うんのさしみさんとさくらももこさんには、子どもが生まれていることがわかっています。うんのさしみさんとさくらももこさんの子どもに関する情報、さくらももこさんの長男に関する情報などをまとめました。

息子がいる

うんのさしみさんとさくらももこさんには、息子さんがいることがわかっています。ゆうひさんという名前で、2004年生まれだといわれています。ただし、子供が生まれたことが報道されたりしたわけではないので、生まれた時期に関しては噂のようです。

 

ゆうひさんに関しては情報がほとんどなく、詳しいことはわかっていません。さくらももこさんは、前の夫との間に生まれた長男のことをエッセイで書いたりしています。しかし、ゆうひさんのことに関しては、作品内で一切触れていません。

前夫との子どももいる

さくらももこさんは、うんのさしみさんと結婚する前に離婚歴があります。前の夫はりぼんの元編集者で音楽評論家の宮永正隆さんです。さくらももこさんと宮永正隆さんの間には、長男が生まれています

息子の名前は陽一郎

さくらももこさんと宮永正隆さんの子どもの名前は、三浦陽一郎さんだとわかっています。三浦陽一郎さんは、1994年生まれで現在27歳です。2019年には、さくらプロダクションの代表取締役社長に就任しています。

さくらももこと共同で本を出版

さくらももこさんは、陽一郎さんが幼いころはちびまる子ちゃんの作者だということは秘密にしていたといいます。そんなさくらももこさんですが、陽一郎さんが8歳の時には共同で絵本を出版しています。

 

2人が作った絵本は、「おばけの手」という名前で陽一郎さんのペンネームはさくらめろんです。さくらももこさんは、長男とのエピソードを書くこともあったのでさくらめろんという名前はファンの間で有名になっています。

うんのさしみの作品

うんのさしみさんは、絵本のイラストなどを手がけています。うんのさしみさんのイラストが掲載されている本の情報をまとめました。

アミが来た

チリ人作家のエンリケ バリオスさんの作品を日本語訳した作品です。さくらももこさんとうんのさしみさんが、共同で翻訳と絵を担当しています。2人のイラストが並ぶように掲載されています。2人のイラストは、並べても全く違和感がなくタッチがよく似ていることがわかります。

まほう色の瞳

「まほう色の瞳」は、「アミが来た」と同じ作者の作品です。アミが来たより少し大人向けの内容で、イラストはうんのさしみさん1人で描いています。また、日本の読者に向けた作品になっています。

グランドファーザーとつり人

2003年に出版されたスピリチュアル絵本です。絵と訳をさくらももこさんが担当しており、うんのさしみさんのイラストも掲載されています。2010年には、5次元文庫マージナルから文庫版も出版されました。

ツチケンモモコラーゲン

さくらももこさんと哲学者の土屋賢二さんが対談したエッセイ集です。2001年に発表された単行本の表紙には、うんのさしみさんの書いた爬虫類のイラストが掲載されています。巻末には「うんのさしみ」というペンネームが生まれた経緯が書かれています。

うんのさしみさんは別名義でイラストレーターとして活動中?

さくらももこさんの夫うんのさしみさんの情報についてまとめました。うんのさしみさんはイラストレーターとして作品を発表していないため、すでに引退しているのではないかといわれています。

 

ただし、さくらももこさんと共同で仕事をする際に作られたペンネームなので、現在は別の名義で活動しているのかもしれません。別名義でイラストレーターをしているとしても、そのことがわかる可能性は低そうです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ