記事ID146945のサムネイル画像

    吉永小百合の夫・岡田太郎とは?15歳の歳の差婚!?

    若い頃から映画などで活躍し、大女優として今もなお活躍し続ける吉永小百合。その彼女の夫は、岡田太郎という男性です。吉永小百合と岡田太郎は15歳差であるとされていますが、一体どういった経緯で結婚に至ったのでしょうか。2人の馴れ初めなどを追ってみました。

    岡田太郎とはどんな人?

    吉永小百合さんと結婚した岡田太郎さんが、どんな人物だったのか、どんな仕事をしていたか、また現在は何歳になったのかを調べてみました。

    フジテレビのディレクターだった!

    吉永小百合さんと結婚した岡田太郎さんは、当時はフジテレビのディレクターをしていました。岡田さんは一般人のため、出身地や生年月日など詳細は明らかになっていません。

    共同テレビジョンの社長・会長に就任

    岡田太郎さんは、フジテレビで働いた後、共同テレビジョンの社長、会長、相談役を歴任しています。

     

    共同テレビジョンは、テレビ制作プロダクションで、フジ・メディア・ホールディングス(FMHD)の子会社でフジサンケイグループに属しています。

    2021年には91歳?

    岡田太郎さんは、生年月日は不明ですが、妻である吉永小百合さんが2021年で76歳になりましたから、15歳差であると考えると2021年には91歳なると思われ、かなりの高齢です。

    妻は吉永小百合?

    岡田太郎さんは女優の吉永小百合さんと結婚しましたが、2人の馴れ初めはどんなものだったのか、また結婚に対する吉永ファンの反応はどうだったのかなどを調べてみました。

    1973年に吉永小百合と結婚

    岡田太郎さんは吉永小百合さんと、1973年に電撃結婚しました。岡田さんは、過去に離婚経験のあるバツイチで、最初は再婚することを渋っていたそうです。

     

    でも、結局、吉永さんからの逆プロポーズという形で結婚に至ったらしいです。披露宴は、京王プラザホテルで執り行われました。

    サユリストたちが嘆き悲しんだ

    吉永小百合さんには、サユリストと呼ばれる熱狂的なファンがいますが、そんなサユリストたちは吉永さんが結婚したことに大いに嘆き悲しんだそうです。

     

    サユリストとして知られるタモリさんも、吉永さんと同じ早稲田大学出身ということもあり彼女への思い絶ちがたく、テレビ・バラエティ番組「笑っていいとも」の最終回ゲストに吉永さんを呼んだくらいです。

    年の差が15歳!

    吉永小百合さんと岡田太郎さんが結婚したとき、吉永さんが28歳で岡田さんが43歳でしたから、年の差は15歳になるようです。吉永さんの両親は、岡田さんがバツイチのうえ2人の歳が離れ過ぎていることもあり、結婚に猛反対していたらしいです。でも、吉永さんは岡田さんへの強い愛ゆえに押し切ったと思われます。

     

    現在なら、武田真治さんと静まなみさんの22歳差婚、TOKIO城島茂さんと菊池梨沙さんの24歳差婚など、芸能人の年の差婚年カップルは多くいますが、1970年頃は、ほとんどなく、どうも否定的に見られていたようです。

    2人の馴れ初め

    吉永小百合さんは、女優デビューしてから寝る間もないくらい働いていたそうで、13年程経った頃、ストレスが溜まりに溜まり心身ともに疲弊していたことがありました。そして突然、声がうまく出なくなってしまったそうです。

     

    その時、19歳の頃から知り合いだったフジテレビの岡田太郎さんから「休めないのなら、今できることを一生懸命やれば、それは見てくれる人がきっと分かってくれるよ」と声を掛けられました。そして、岡田さんは親身になって治療法を模索したそうです。

     

    いつしか吉永さんは岡田さんに全幅の信頼を置くようになり密かに交際がスタートし、愛を育んでいったらしいです。

    結婚をしていなかったら女優を辞めていた?

    吉永小百合さんは、後に岡田太郎さんと結婚したことで、完全に行き詰っていた状態から自由になり本当の新しい第一歩を始めることができたと振り返っています。「もし結婚していなかったら、女優を辞めていたと思う」とも話しています。

    2人には子どもがいる?

    岡田太郎さんと吉永小百合さんは1973年に結婚して、かなり長くなりますが2人の間に子供がいるのかどうかを調べてみました。

    岡田太郎と吉永小百合に子どもはいない

    岡田太郎さんと吉永小百合さんの間には、調べたところ子どもはいないようです。吉永さんが子どもを作らなかったのには、どうも理由があるようです。

    子どもを作らない理由がある?

    吉永小百合さんと岡田太郎さんに子どもがいないないのは、吉永さんと彼女の母との確執があったためだと言われています。なんでも、吉永さんは若い頃は母に言われるままの束縛に近い日々を送っていたらしいです。

     

    それで、自分が子どもを作ってしまうと母と同じように束縛してしまうのではないかと不安を抱き、子どもを作らないと決めたらしいです。でも、年齢を重ねてから過去を振り返り、子どもを作らなかったことを後悔することもあると語っています。

    岡田太郎の学歴は?

    吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんの卒業大学など出身校がどこなのか、また吉永さんの学歴についても調べてみました。

    岡田太郎の学歴は不明

    岡田太郎さんのに関する情報は、一般人なのでとても少なく、出身高校や出身大学などの情報も見受けられず、学歴は不明です。

    吉永小百合は高校を中退

    吉永小百合さんは、1960年に渋谷区立代々木中学校を卒業し、東京都立駒場高等学校に入学しました。翌年に私立精華学園女子高等学校(現・東海大学付属市原望洋高等学校)に転入学しています。

     

    学力は優秀だったそうですが、女優としての仕事が多忙で中退してしまいました。

    早稲田大学第二文学部

    吉永小百合さんは、高校は中退しましたが、高卒と同等以上の学力があると認められ早稲田大学第二文学部・西洋史学専修に入学しました。そして、多忙な中でも勉学に励み、1996年に次席の成績で卒業しています。

    岡田太郎は現在どうしている?

    吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんは高齢になっていますが、重い病気に罹かっていたという話があります。現在の岡田さんの状況を調べてみました。

    岡田太郎は病気?

    吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんは、2014年に肝臓の重い病気を患ったことがあるそうです。詳しい病名は公表されていませんが、一時は危篤状態になったらしいです。でも、先進医学と吉永さんの献身的な介護もあって一命を取り止め、回復して無事退院したそうです。

    自宅をバリアフリーに

    岡田太郎さんが退院後、吉永小百合さんは岡田さんが不自由を感じずに暮らせるよう、自宅をバリアフリー住宅に改装したそうです。2018年の時点では、夫婦仲睦まじく暮らしていると言われました。

    2021年も健在の様子

    2021年3月の時点で、吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんが亡くなったという情報はありませんので、おそらく健在で穏やかに過ごしていると思われます。

    田中美奈子の夫も岡田太郎?

    女優で元歌手の田中美奈子さんの夫の名前が、吉永小百合さんの夫と同じ名前だそうです。そんな田中美奈子さんの夫のことを調べてみました。

    田中美奈子の夫も岡田太郎

    田中美奈子さんの夫の名前は、吉永小百合さんの夫と同じ岡田太郎さんです。田中さんの夫の岡田太郎さんは、1974年4月15日生まれで、現在46歳です。東京都出身で血液型はO型。

    2007年に結婚

    田中美奈子さんと岡田太郎さんは、2007年9月12日に結婚しました。岡田さんは田中さんより7歳年下ですが、15年ほど前から同じ町内会で家族ぐるみの付き合いをしていたそうです。

     

    田中さんは、2008年の40歳の時に第1子となる女児を帝王切開で、2009年に第2子となる男児を高齢出産しています。

    家事をしつつ俳優業

    田中美奈子さんの夫・岡田太郎さんは、現在は田中さんに代わって家事をするかたわら、俳優業を行っています。

     

    田中太郎さんの出演ドラマに「火消し屋小町」、水曜ミステリー9「多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉4 細い赤い糸」「アストロ球団」、名探偵コナンドラマスペシャル「工藤新一の復活!黒の組織との対決」「新・牡丹と薔薇」、映画「スペーストラベラーズ」などがあります。

    妻・吉永小百合といつまでも互いに寄り添い合う夫・岡田太郎!

    吉永小百合さんが主演する新作映画「いのちの停車場」(共演:松坂桃李さん、広瀬すずさん)が、2021年5月に公開されます。吉永さんは、在宅医療を行う医師の役柄で、高齢の夫・岡田太郎の世話をする彼女に相応しい作品のように思われます。

     

    今年で76歳になりましたが、とても若々しく美しく女優としての輝きを放ってる吉永小百合さん。夫・岡田太郎さんの深い理解に支えられ、吉永さんもまた岡田さんを愛情たっぷりに支え、いつまでも仲睦ましく過ごしていってほしいものですね。

    関連記事をチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ