記事ID146715のサムネイル画像

緒形直人の現在(2021)は?仕事はセーブしている?

俳優として大河ドラマなどに出演してきた緒形直人。最近ではあまり作品で観る機会も減ったと感じている方もいるかもしれません。そこで今回は、緒形直人の現在について仕事をセーブしているのかという点も含めて迫ってみたいと思います。

緒形直人のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):緒形直人(おがたなおと/)
  • 所属事務所:オフィスコバック
  • 生年月日:1967年9月22日
  • 現在年齢:53歳
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 血液型:O型
  • 身長:173センチ
  • 体重:非公表
  • 活動内容:俳優
  • 家族構成:妻、子ども

劇団青年座研究所へ入所

緒形直人は、1987年に『青年座研究所』に入所しました。そして、1988年には映画優駿 ORACIÓN』で主演デビューを飾っています。その後、1989年には『青年座』に入団をしました。

『信長 KING OF ZIPANGU』で主演

1992年には、NHK大河ドラマの『信長 KING OF ZIPANGU』にて、主役の織田信長役を務めました。なお、2018年までは親子で大河ドラマの主演を務めた唯一の事例だったのです。緒形直人の父親は俳優の緒形拳であり、緒形拳は1965年の『太閤記』での豊臣秀吉や、1982年の『峠の群像』で大石内蔵助を演じています。

2018年には、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で六代目 中村勘九郎が金栗四三役で主演を務めましたが、父親である故十八代目 中村勘三郎も1999年に『元禄繚乱』で主役の大石内蔵助を演じているのです。

緒形直人は現在仕事をセーブ中?

緒形直人はこのところ観る機会が減っていると感じる方も少なくないかもしれません。緒形直人が仕事をセーブしているとみる向きもあるようですが、どうなっているのでしょうか。

干されたわけではない!

緒形直人が、干されてしまったのだろうかと心配している方もいるかもしれません。しかしながら、緒形直人はコンスタントに作品に出演し続けていますし、2013年以降は毎年映画にも出演しています。映画でいうと、2020年には『Fukusima50』と『もみの木』の2本に出演しているのです。

仕事の量は少ない

確かに、以前と比べると仕事の量は少なくなっていると考えられます。敢えて、仕事の量を減らしている可能性もあるでしょう。

家族との時間を大切に

緒形直人が仕事を減らしていると考えられる理由は、家族との時間を大切にしたいという思いからという可能性もあります。それは、緒形直人自身の子どもの頃の家庭環境も関係しているでしょう。緒形直人の父親は名俳優の緒形拳であり、撮影等で家を不在にすることも多かったとみられます。

そうしたことから、緒形直人は子どもの頃に寂しい思いをしたものと考えられるのです。緒形直人は、それがあるために自身の子どもには寂しい思いをさせたくないと考えた可能性があるでしょう。

緒形直人の嫁は誰?

アラフィフ世代の緒形直人ですが、結婚した嫁は一体誰なのでしょうか。ここでは、緒形直人の嫁についてご紹介したいと思います。

1993年に結婚

緒形直人は、1993年に26歳で結婚しています。1993年は、緒形直人が大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』で主演を務めた翌年であり、ドラマ『愛するということ』や映画『スペインからの手紙』に出演した年です。

嫁は仙道敦子

緒形直人が結婚した嫁は、女優の仙道敦子です。仙道敦子は、結婚をきっかけに芸能活動は休止していました。次では、2人の馴れ初めについてご紹介したいと思います。どういったきっかけで出会ったのでしょうか。

『西郷札』での共演

2人の馴れ初めは、1991年のドラマ『松本清張家活動40周年記念 西郷札』での共演により知り合ったことでした。共演を機に交際に発展して結婚に至ったのです。

ドラマ『この世界の片隅に』で復帰

仙道敦子は、2018年のドラマ『この世界の片隅に』で女優復帰をしました。2020年には、『僕はどこから』や『金魚姫』といったドラマに出演しています。

緒形直人には子どもがいる?

続いては、緒形直人と仙道敦子の子どもについて見ていきたいと思います。2人には子どもはいるのでしょうか。

3人の子ども

緒形直人と仙道敦子には、男の子2人と女の子1人という3人の子どもがいます。長男は芸能界デビューをしていますが、次男と長女は一般人であると考えられます。続いて、芸能界に入ったという長男について見ていきましょう。

長男・緒形敦が俳優デビュー

緒形直人の長男は緒形敦といい、21歳だった2017年に俳優デビューを果たしました。このデビューも、苦労の末だったのです。

1年間のレッスン

緒形敦は、2016年にスターダストプロモーションのオーディションを受け、合格しました。俳優の息子とはいえ、しっかりとオーディションを受けているのです。そして、その後は1年間にわたりレッスンを受けていました。このレッスンを経てのデビューだったのです。

デビュー作はドラマ『陸王』

緒形敦のデビュー作品は、2017年のドラマ『陸王』でした。山崎賢人演じる宮沢大地の、同級生という役柄を演じています。

緒形直人の収入はどうなっている?

仕事をセーブしているとされる緒形直人ですが、収入はどうしているのでしょうか。次に、緒形直人の収入について迫ってみたいと思います。

緒形直人の収入で生活?

嫁の仙道敦子は結婚前は女優として活躍していたものの、子育てもあってか長く芸能活動を休止していました。そのため、緒形家の収入は緒形直人が稼いだ収入のみで生活していたものと考えられます。

緒形直人は妥協をしない俳優

緒形直人は、妥協を許さない俳優であるとされています。よって、自身が納得できない仕事は受けない主義なのです。きっちりと選んで仕事を引き受けているのでしょう。

仙道敦子はナレーションはしていた

2003年の『流転の王妃・最後の皇弟 戦乱の愛 真実の物語~ラストエンペラーの時代を生きた夫と妻の波乱の生涯~ 第一夜 第二夜』で、仙道敦子は結婚後もナレーションの仕事は行っていました。

緒形直人の自宅はどこ?

緒形直人の自宅がどこにあるのか気になる方もいるかもしれません。続いては、緒形直人の自宅について迫ってみましょう。一体どこに住んでいるのでしょうか。

実家は横浜?

緒形直人は横浜出身ということもあり、父親である緒形拳の横浜市鶴見区にある邸宅が、実家であると考えられます。緒形直人は実家の邸宅で育ったのでしょう。

現在も横浜に在住?

緒形直人の息子・緒形敦の出身地も神奈川県であるとプロフィールに書かれています。よって、緒形直人や仙道敦子は現在も横浜に住んでいる可能性があります。ただ、実家の邸宅に住んでいるかどうかは情報がなく不明です。

緒方直人に認知症の噂?

認知症といっても、高齢者だけがなるわけではなく、若年性認知症もあります。緒形直人には認知症であるとの噂があったとされています。一体、どういったことなのでしょうか。

認知症との噂が出る

2015年に、緒形直人が認知症になったという噂が出ました。しかし、緒形直人は2015年以降も様々な作品に出演しています。では、この噂がどこから出たものなのでしょうか。

認知症に関する作品への出演が発端

緒形直人が認知症だという噂は、彼が認知症をテーマにした作品に出演したことが発端であると考えられます。緒形直人は、2014年の映画『サクラサク』で認知症の父親を持つ息子の役を演じました。それだけでなく、2015年にはNHKの『認知症の私からあなたへ』という番組の再現ドラマにも出演しています。

この中で緒形直人は、若年性認知症の患者の役を演じたのです。こうしたドラマに出演したことで、緒形直人自身が認知症だという噂に繋がった可能性があります。

緒形直人が認知症なわけではない!

緒形直人は認知症の患者役を演じたりしただけであり、緒形直人本人が認知症というわけではありません。現在も元気に、俳優として映画やドラマに出演しているのです。

緒形直人は元気に活躍中!

緒形直人は、俳優の緒形拳と女優の高倉典江を両親に持つ俳優です。大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』では主役の信長役を務めました。私生活では女優の仙道敦子と結婚し、芸能界入りした息子もいます。ただ、最近では露出が少ないように感じる方もいるかもしれません。

それでも緒形直人は、仕事をセーブしているとみられるものの、ドラマや映画に出演していて今も活躍を続けています。50歳を超えた緒形直人の、渋い演技にも期待したいところです。

緒形直人の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ