記事ID146255のサムネイル画像

映画「ぐらんぶる」が話題!乃木坂よだちゃんが可愛い!

与田 祐希さんは乃木坂46の次世代エースとして期待されており、2020年には「ぐらんぶる」で映画初出演を果たすなど、グループ以外の活躍も目立ってきています。そこで今回は、与田 祐希さんが「ぐらんぶる」で演じた役柄や、好評の写真集について紹介します。

与田 祐希のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):与田 祐希(よだ ゆうき/よだちゃん、よだっちょ、よだよだ)
  • 所属事務所:乃木坂46合同会社
  • 生年月日:2000年5月5日
  • 現在年齢:20歳
  • 出身地:福岡県福岡市東区志賀島
  • 血液型:O型
  • 身長:152cm
  • 体重:-
  • 活動内容:乃木坂46のメンバー、ファッションモデル
  • 家族構成:-

 

 

よだちゃんの愛称で親しまれる乃木坂46メンバー

2016年に、乃木坂46の3期生オーディションに合格をした与田祐希さん。

乃木坂46のメンバーとして活動をスタートさせました。

ファンからは「よだちゃん」の愛称で親しまれています。

 

ちなみに与田祐希さんは乃木坂46のファンだったようです。

与田祐希の本名

与田祐希さんの本名は「與田祐希」のようです。

読みは「よだゆうき」で、同じですが漢字が違いました。

 

本名は難しい漢字なので、芸能界デビューに合わせて読みやすい漢字にしたのではないでしょうか。

与田祐希が卒業した学校は?

与田祐希さんは、2016年4月に福岡県立玄界高等学校・普通科・国際文化コースへ入学しました。

ですが、乃木坂46としてデビューが決まり通えなくなってしまいました。

2017年に日出高等学校(現在は目黒日本大学付属高等学校)の通信制課程・芸能・スポーツプロフェッショナルコースに転校しました。

 

2019年3月に卒業をしました。

その後は大学には進学せず、芸能活動に専念しています。

与田 祐希が映画「ぐらんぶる」で新たな一面を披露!

今年8月公開の映画「ぐらんぶる」をご存知でしょうか?

発行部数600万部超の同名人気コミックが実写化され話題となりましたね。

 

この作品に与田祐希さんが出演をしております。

どのような役立ったのでしょうか。

女優としての与田祐希さんと「ぐらんぶる」について調査致しました。

与田祐希の映画デビュー作「ぐらんぶる」とは?

井上堅二原作・吉岡公威作画の漫画を実写化した作品です。

大学のダイビングサークルを舞台に繰り広げられる、ボケ・ギャグ・ツッコミ満載の青春コメディとなっています。

 

ほぼ裸で物語が展開されるため、実写化不可能と言われておりましたが、実写化したためかなり話題となりました。

与田祐希が映画初出演でヒロイン役!

「ぐらんぶる」で映画初出演を果たした与田祐希さん。

主人公2人を踏んだり、バッドを振り回したりと、コメディらしくぶっ飛んだ演技を披露しており、新たな魅力を開花させていました。

演技の評価も高かったです。

 

与田祐希さんもインタビュー時に「イメージを壊せることがうれしかった」と答えています。

 

女優として、これから仕事がたくさん来そうですね!

【ぐらんぶるキャスト】

  • 竜星涼 さん(北原伊織 役)
  • 犬飼貴丈 さん(今村耕平 役)
  • 与田祐希 さん(古手川千紗 役)
  • 朝比奈彩 さん(古手川奈々華 役)
  • 小倉優香 さん(浜岡梓 役)
  • 石川恋 さん(吉原愛菜 役)
  • 鈴之助 さん(時田信治 役)
  • 岩永洋昭 さん(寿竜次郎 役)
  • 矢本悠馬 さん(山本真一郎 役)
  • 森永悠希 さん(野島元 役)
  • 平田雄也 さん(工藤会長 役)
  • 髙嶋政宏 さん(古手川登志夫 役)

【与田祐希さん出演作品】

  • 2018年ドラマ:モブサイコ100(高嶺ツボミ 役)
  • 2018年PV   :Thinking Dogs「愛は奇跡じゃない」
  • 2019年ドラマ:ザンビ(甲斐聖 役)
  • 2020年映画 :ぐらんぶる(古手川千紗 役)

与田祐希はダイビングのライセンス持ち

「ぐらんぶる」には与田祐希さんのダイビングシーンが登場します。

綺麗なダイビングで見惚れてしまう人が続出!

 

与田祐希さんは「乃木坂工事中」の企画で、すでにダイビングのライセンスを取得していました。

それが今回の映画で役に立った様子。

待望のブルーレイ&DVDも発売!

2020年12月16日には「ぐらんぶる」の、未公開映像も収録されたブルーレイ&DVDが発売されました。

 

「映画館に行けなかった人もおうちで見ることができます。未公開映像もあるので、映画を見た方も楽しめると思います」と与田祐希さんがPRをしておりました。

 

価格は6,980円です。

小柄だけどセクシー!与田祐希は写真集も好評

坂道グループは写真集が人気でいつも売り上げランキングにランクインしています。

 

与田祐希さんも写真集を出していました。

身長は低いですが、ナイスバディですよね!

 

与田祐希さんの写真集について調査致しました。

与田祐希は色気担当?

身長が152センチと小柄な与田祐希さん。

初期には自身のキャッチフレーズとして「ちっちゃいけど色気はあるとよ!」という言葉を使っておりました。

 

このキャッチフレーズは可愛らしいのですが、ネット上では黒歴史認定されてしまっています。

現在は使われていません。

ファースト写真集がトップ10入り

2017年末に与田祐希さんの初めてのソロ写真集「日向の温度」が発売されました。

シンガポールなどで撮影され、与田祐希さんのあどけない表情や大人びた表情を楽しむ事ができる一冊となっております。

 

こちらの写真集は累計発行部数が10万部を超えました。

2018年、上半期BOOKランキングの写真集部門で10位を獲得しております。

セカンド写真集で色気を証明!

2020年3月には、与田祐希さんのセカンド写真集「無口な時間」が発売されました。

ほぼすっぴんの貴重なショットや、大胆なランジェリーショットも掲載されていました。

 

この写真集で色気があることを証明し、累計発行部数が20万部を超えました。

ファースト写真集を超える人気が出て、次世代エースとして注目を浴びました。

 

「19歳の私の、等身大で飾っていない姿が詰まっている写真集になったと思います」と写真集についてコメントをしていました。

与田祐希がショートカットにイメチェン!

与田祐希さんはサラサラのロングヘアがトレンドマークでした。

ですが20歳の誕生日を迎え、番組内で髪をバッサリ切りました。

 

髪を切ろうとしたキッカケは?その後、メンバーや世間からの反応は?

与田祐希さんのイメチェンについて調査致しました。

もともとロングヘアだった与田祐希

与田祐希さんはもともと腰くらいまである綺麗なロングヘアでした。

短い時期でも肩下くらいの長さをキープしていましたね。

 

与田祐希さんの10代のイメージは、ロングヘアという感じでしたね。

生放送中にショートボブにカット!

与田祐希さんは、『乃木坂46時間TVアベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』の生放送中の企画で、ロングヘアをばっさり切りました。

 

スタジオには美容師が登場し、カットする髪の長さを打ち合わせし、「サヨナラ~」と言いながら最初のカットは与田祐希さんが行いました。

与田祐希さんはお顔が小さいので、ロングヘアもショートボブもどちらも似合っておりました。

与田祐希がショートカットにした理由は?

20歳になり心機一転スッキリしたかったそうです。

大人っぽく見えるようになりたかったといった理由でイメチェンした様子。

 

最初はショートボブの長さに戸惑っていた与田祐希さんですが、その後、別のインタビューで「ショートボブの自分にだいぶ慣れてきました」とコメントもしておりました。

イメチェン後のファンの反応

ファンからも好意的な意見が多数寄せられていました。

  • 「与田ちゃんショートもめっちゃ似合う」
  • 「与田ちゃんのショート最強説」
  • 「ずっとロングだった子は新鮮な分、よりショートにすると可愛く見える。」
  • 「こういうことは、なかなかできないので、伝説になると思いました」
  • 「与田さん、かわいいです、僕の好みです。」

 

与田祐希さん本人も「切って良かったなって思いました」と、満足している様子です。

ちなみに一緒に頑張っているメンバーからもべた褒めしてもらったそうです。

与田祐希は次世代エースとして期待されるアイドル!

2016年にオーディションに合格をし、乃木坂46のメンバーとして活動をしている与田祐希さんについて調査致しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

乃木坂46としての活動以外に、モデルや女優としても活動をしていました。

女優としては、映画「ぐらんぶる」ヒロインを務め、新たな一面を披露し注目をされています。

 

そして、魅力的な身体を生かし写真集を発表し、とても好評でした。

 

これからも次世代エースとして乃木坂46で輝き続けて欲しいですね。

与田祐希さんを応援します!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ