記事ID146221のサムネイル画像

和田毅の妻・仲根かすみの現在(2020)は?娘がいる?

90年代を中心にグラドルなどとして活躍していた仲根かすみ。プロ野球選手の和田毅と結婚をして表舞台からは姿を消してしまいました。そんな彼女は、現在は一体どうしているのでしょうか。仲根かすみと和田毅の馴れ初めや子供のことなど様々に迫ってみたいと思います。

仲根かすみのプロフィール

  • 本名(ふりがな):和田 可澄美(わだ かすみ)
  • 生年月日:1982年4月3日
  • 現在年齢:38歳
  • 出身地:大阪府東大阪市
  • 血液型:A型
  • 身長:164cm
  • 活動内容:グラビア、タレント(現在は引退)
  • 家族関係:夫、娘

『ねずみっ子クラブ』でデビュー

仲根かすみさんは、1993年にバラエティ番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ)内の「セクシー小学生コンテスト」の出場者の中からメンバーを抜擢した『ねずみっ子クラブ』の1人としてデビューしました。デビュー時の芸名は「植 可澄美」です。

 

『ねずみっ子クラブ』は、秋本康さんが、おニャン子クラブ(猫)に続くものはネズミだろうとの発想から誕生したグループです。シングル「ねずみ算がわかりません」「先生!鈴木くんがエッチなんです!」をリリースしましたがCD売り上げが伸びず、1年程で解散してしまいました。

グラビアなどで活躍

仲根かすみさんは、1996年以降は芸名を「仲根かすみ」に変更し、グラビアを中心に活動しました。整った顔立ちと、アンバランスな豊かなDカップの容姿が人気で、写真集を10冊近く発売しています。

 

また1999年以降では、『ナオミ』『YASHA-夜叉-』『NHK教育テレビ フランス語会話』などドラマやバラエティ番組、教育番組、スポーツ番組と幅広いジャンルの番組に出演し活躍しました。劇場映画にも『八月の幻』『夏の思い出』などに出演しています。

和田毅との馴れ初めは?

仲根かすみさんは、2005年に福岡ソフトバンクホークスの和田毅さんと結婚しました。仲根さんと和田さんの出会いや交際、それに結婚式のことなどを調べてみました。

2004年に食事会で出会う

仲根かすみさんと和田毅さんは、2004年7月に開かれた食事会で出会ったそうです。そのとき、2人の共通の知人を介して知り合い、電話番号を交換して2ヶ月後には交際が始まったらしいです。

同年9月頃に急接近

仲根かすみさんと和田毅さんは、和田さんがアテネ五輪から帰国した9月頃から急接近し、12月には北海道・函館に2人で旅行したらしいです。忙しいながらも、2人はやりくりして月に1~2度の頻度でデートを重ねたそうです。

2005年5月にプロポーズ

仲根かすみさんは、2005年5月に和田毅さんからプロポーズされて承諾し、同年12月11日に結婚を発表し、芸能活動の引退を表明しました。

結婚式は出雲大社

仲根かすみさんと和田毅さんの結婚式は、和田さんの故郷でもある島根県の出雲大社で12月の大安吉日に行われました。婚姻届は12月10日に福岡市内の区役所に提出したそうです。

 

結婚会見では、仲根さんは「付き合い始めた時から、この人とずっと一緒にいられたら、と思った」と語り、和田さんは「ずっと一緒でも楽しいかなと思った」と話しました。

和田毅との間には子供がいる?

和田毅さんと結婚した仲根かすみさんは、結婚した翌年2006年に子供を出産しましたが、子供の性別や名前が何なのか調べてみました。

娘が誕生

仲根かすみさんは、2006年9月13日午後に、都内の病院で第一子となる女の子を出産しました。美人の仲根さんだけに、きっと可愛い女の子でしょう。

名前は不明

仲根かすみさんは、長女の名前や画像については、プライバシーを大切にしているのか公表されておらず、子供の名前は判りません。

長女の名前は心結(みゆ)?

仲根かすみさんの長女の名前は不明ですが、ネットではいろいろ推測されているようで、根拠は判りませんが名前は「心結」と書いて「みゆ」なのではと言われています。

仲根かすみと和田毅が離婚危機?

仲根かすみさんと和田毅さんに離婚の危機が訪れたという噂が囁かれたことがあります。どういう理由で離婚危機の噂が流れたのか調べてみました。

離婚危機になったとの噂

子供も誕生し、夫婦円満に見える仲根かすみさんと和田毅さんですが、離婚するではという噂が流れたことがあります。噂になった原因は幾つかあるようです。

夫の成績不振やケガに対するバッシング

仲根かすみさんの夫、和田毅さんが結婚後、ケガが増え、メジャーリーグでもケガが原因で本来の力をあまり発揮出ませんでした。それで、仲根さんに対して、さげまんではないかとバッシングの声が聞かれたことがありました。

 

このことが、離婚危機の噂の一因となったのかもしれません。

仲根かすみへの嫉妬も原因?

仲根かすみさんと和田毅さんの離婚危機が噂される他の原因に、和田毅ファンからの仲根かすみさんに対する嫉妬もあったようです。

 

和田さんは、ソフトバンクの人気選手なので、美人の奥さんの仲根かすみさんを妬んでいるファンが多かったらしいです。そのために、離婚の噂が囁かれてしまったのではと思われます。

夫婦仲は良好

離婚の噂が流れましたが、仲根かすみさんと和田毅さんの夫婦仲は良好のようです。実際に、離婚報道が出たことはありませんし、噂はただの噂に過ぎなかったようです。

 

仲根さんは、和田さんがメジャーリーグに行ったときも、初勝利を挙げるのに3年という月日を要しましたが、ずっと彼をサポートしていました。

 

和田さんが初勝利した日も、夜は祝賀会を行わず、待っていた仲根さんと娘さんにウイニングボールを渡したというエピソードもあるくらいで、至って円満な家庭のようです。

仲根かすみはインスタをやっている?

芸能活動を引退し一般人となった仲根かすみさんですが、現在、インスタグラムやツイッターなどSNSをやっているのかどうか、調べてみました。

仲根かすみはSNSをやっていない!

仲根かすみさんは、芸能界から引退し一般人となったためなのか、インスタグラム、フェイスブック、ツイッター、ブログなどSNSは一切やっていないようです。プライベートを大切にしているせいかもわかりません。

和田毅はインスタをやっている

仲根かすみさんの夫、和田毅さんはインスタグラムをやっています。2016年1月1日からの投稿があり、10.2万人のフォロワーがいます。福岡ソフトバンクホークスのメンバー達との集合写真や食事会などの画像などが投稿されています。

 

投稿画像には、奥さんの仲根かすみさんや娘さんは全く出てこず、あくまでチームや野球関係者だけのようです。

 

和田さんは、インスタグラムだけでなくフェイスブックもやっていますが、そちらにも仲根さんは登場していないようです。

仲根かすみはカレンダーを出している?

仲根かすみさんは、グラビアアイドル時代、カレンダーを幾つか出しています。主に水着姿にポイントを置いたカレンダーですが、現在でも手に入れることができるようです。

2003年度のカレンダー

2002年11月3日に発売された仲根かすみさんの2003年度の壁掛け式カレンダー(B2サイ、7枚綴)が、amazonにあります。調べたところ、中古品として現在2点ほど出品されています。

2006年度のカレンダーがある

2005年10月3日に発売された仲根かすみさんの2006年度の壁掛け式カレンダーが、amazonに掲載されています。中古品が3点ほどあるようです。仲根さんの結婚前の発売であり、仲根さんの最後のカレンダーとなりました。

 

仲根さんは、写真集も幾つか出していますが、芸能界での最後の写真集は2005年に出した「SIZUKU 雫」で、彼女のセクシーな魅力が詰まったファンにはたまらない写真集のようです。

仲根かすみは現在どうしている?

仲根かすみさんは、和田毅さんと結婚して15年ほど経ちましたが、現在はどうしているのでしょうか。彼女の現在の様子を調べてみました。

和田毅を支えている

仲根かすみさんは、現役を続ける夫、福岡ソフトバンクホークスの和田毅さんを現在も支え続けるています。和田さんの年俸が大きく下がった時も、きっと夫を励まして家庭を守り続けたのでしょう。

美しさは健在

仲根かすみさんが、2015年にメジャーリーグで頑張る夫、和田毅さんを観客席から応援する姿が福岡ソフトバンクホークス・ファンと思われる人のツイッターに投稿されたことがあります。仲根さんが33歳頃の画像ですが、変わらぬ美しさを保っています

仲根かすみは評価が高い?

仲根かすみさんは、良妻賢母と呼ばれていて、球界の奥さまたちの中でもすこぶる評判が良いんだそうです。仲根さんは、料理が得意でとっても家庭的だそうで、昔から“お嫁さん向きだ”と言われていたらしいです。

 

仲根さんは、アイドル時代から、ほんわかした雰囲気で現場を和ませていたそうですし、和田さんが試合に負けても仲根さんのほんわかした雰囲気に癒されて、闘志を湧かすことができるのかもしれません。

現在の仲根かすみを見たいファンが大勢いる?

仲根かすみさんは、アイドル時代から、ほんわかした雰囲気で現場を和ませていたそうですが、そんな彼女が芸能界を引退してはや15年。娘さんも中学生になりましたし、久しぶりに現在の彼女の姿を見たいと思っているファンも多いと思います。

 

そのうち、ひょっとしたら和田さんのインスタグラムに登場するかもしれませんね。

関連記事をチェック

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ