記事ID146187のサムネイル画像

分裂炎上したVTuber「キズナアイ」のその後は?中の人は誰?

VTuberのキズナアイを知っていますか?キズナアイの活動は2020年時点で4年ほどとなっています。そこで今回は、紆余曲折あったキズナアイのその後や、中の人についてなど様々に迫ってみたいと思います。さて、キズナアイは現在はどうなっているのでしょうか。

キズナアイとは?

キズナアイが誰なのか、知らないという方もいるかもしれません。そこでまずは、キズナアイがどういったものなのかをご紹介したいと思います。

キズナアイはVtuber

キズナアイとは、Activ8株式会社が制作したバーチャルYoutuberです。2016年にデビューしていて、現在はKizuna AI株式会社に所属しています。音楽アーティストでもあり、AI(人工知能)であると自称している点が特徴です。

チャンネル「A.I.Channel」と「A.I.Games」を運用

キズナアイは「A.I.Channel」と「A.I.Games」という2つのYouTubeチャンネルを開設しています。そして、それぞれのチャンネルを合わせると2020年6月時点でチャンネル登録者数は423万人を超えていて、総視聴回数も4.5億回を超えるほどとなっているのです。

中田ヤスタカなどから楽曲提供?

音楽のアーティスト活動も行っていて、中田ヤスタカなどから様々に楽曲提供を受けていて、中にはキズナアイが自身で作詞した作品もあります。2018年には9週連続リリースを行っており、その全てにおいてiTunes Storeのエレクトロニック・チャートで1位を獲得したほどです。

また、2018年の年末には東京と大阪で『Kizuna AI 1st Live “hello, world”』という、初めての単独ライブも開催しています。

キズナアイの仕組みはどうなっている?

続いては、キズナアイの仕組みについて迫ってみたいと思います。キズナアイはどういった仕組みで活動をしているのでしょうか。

中の人がいる

キズナアイは"インテリジェンスなスーパーAI"という設定になっています。現在の技術ではプログラミングでキズナアイを製作するのは難しいでしょう。そういったことから、"中の人"がいるからこそキズナアイは存在しています。

 

キズナアイは単なるアニメーションではないということを知っておきましょう。

中の人とモーショントラッキング

中の人である声優が声を出して動くことにより、コンピューターでモーショントラッキングされたキズナアイが同じように動きます。そして、中の人が重なるようにして動くことによって、より生きているような感じを出すことが可能となっています。

キズナアイの中の人は誰?

キズナアイには中の人がいるとお伝えしましたが、ではどんな人が"中の人"を務めているのでしょうか。キズナアイの中の人について迫ってみたいと思います。

中の人は明かされていなかった

キズナアイに関しては、「Project A.I.」が製作委員会であることとキャラクターデザインをした人物については明かされていました。しかし当初はキズナアイの中の人は誰なのかは謎のままだったのです。

春日望がキズナアイの中の人?

以前から声優の春日望がキズナアイの中の人ではないかと囁かれていましたが、2020年4月にマネジメント会社が設立したことから、中の人が春日望であると正式に公表されました。

春日望と斎藤桃子が有力視されていた

春日望がキズナアイであると公表されるまでは、斎藤桃子も有力視されていました。それは、2人ともキズナアイと誕生日が同じ6月30日であることなどが理由となっています。

オリジナルボイスモデルが退社?

キズナアイは『Activ8』が作り上げたキャラクターですが、オリジナルボイスモデルは既に退社していて、『Kizuna AI株式会社』の所属となっています。

キズナアイが分裂した?

キズナアイは、なんと分裂してしまったといいます。さて、キズナアイには何が起こったのでしょうか。その詳細について見ていきましょう。

2019年5月キズナアイが4人に

キズナアイの分裂騒動は、2019年5月29日にキズナアイが『キズナアイが4人いるって言ったら信じますか?』という動画を投稿したことから始まりました。この動画には、見た目は変わらない4人のキズナアイが登場し、動画は10までのシリーズがあるのです。

分裂とはどういうこと?

声も性格も違うものの同じアイデンティティを持ったキズナアイが、3人(Love、あいぴー、爱哥(あいがー))インストールされたのが、分裂の真相です。loveとあいぴーは当時、オリジナルのキズナアイと同じ見た目であり、チャンネル、Twitterを共有し活動していました。

オリジナルのキズナアイは消えない

2019年6月30日にキズナアイの誕生日イベントが開催され、その中でオリジナルのキズナアイが分裂騒動について「キズナアイの可能性を広げるため」であったという点を話しています。また、オリジナルのキズナアイは消えないという点も語っていました。

オリジナル・キズナアイの動画投稿が減少

2019年7月後半になってから、オリジナルのキズナアイの動画投稿や配信が激減し、オリジナルに代わりそれ以外のキズナアイの動画が色々と投稿されました。また、Bilibili動画内の公式チャンネルの登録者数が100万人に到達する寸前となったこともありました。

その際には、オリジナルのキズナアイのファンが『オリジナルのキズナアイのいるときに100万人到達を取っておこう』と動き、ファン登録を解除するケースが相次ぎました。

頻度が下がったのはサマソニ準備のため

【LIVE】サマソニ開幕!緊急LIVE配信!」という配信動画の中で、オリジナルのキズナアイが『サマソニに向けた準備のため籠っていたことから投稿頻度が減っていた』と話していました。

キズナアイは見分け方がある?

分裂してしまったキズナアイですが、それぞれに見分け方はあるのでしょうか。それぞれのキズナアイについて見分け方を探ってみたいと思います。

オリジナルのキズナアイ

2016年から活動をしてきた最初のキズナアイであり、メイン衣装がライブ用など5着あることがポイントで、シチュエーションにより衣装が変わります。また、ウイルスによって誕生した二重人格のようなブラックアイもいるのが特徴です。

Love

2019年6月にインストールされ、初めはオリジナルと同じ見た目をしていたものの、2019年12月より『Love』という愛称がつき"#"の形をした水色のヘアピンをつけるようになりました。また2020年5月に『Love』が正式名称となり、6月には見た目も大幅に変更されています。

あいぴー

2019年6月にインストールされ、初期はオリジナルと同じ見た目をしていましたが、2019年12月より『あいぴー』という愛称がつき"*"の形をした黄色のヘアピンをつけるようになっています。2020年5月になると『あいぴー』が正式名称となり、6月に見た目も大幅に変わりました。

爱哥(あいがー)

2019年6月に最後にインストールされたのが"爱哥(あいがー)"でした。中国語仕様であり中国の動画サイトbilibiliで活動しています。2019年12月より爱哥(あいがー)という名称を持ち、オリジナルのキズナアイと同じ顔をしているものの、服が中国らしいものであり短いツインテールと赤い髪飾りが特徴です。

キズナアイのその後はどうなっている?

キズナアイは分裂をしてしまいましたが、その後はどうなったのでしょうか。そのまま分裂した状態なのでしょうか。その点について見ていきたいと思います。

loveちゃんとあいぴーが新しい姿に

キズナアイの分裂した人格であるloveとあいぴーが、2020年6月に新しい姿を披露しました。2人が、キズナアイの別人格ではなく個々の人格として独立して活動したいと考えたからです。

あいぴーが活動停止

独立したあいぴーでしたが、「あいぴーの活動において継続が難しい事象が発生」したとして、独立から2か月で活動を停止してしまいました。

キズナアイが1人に戻った!

Loveやあいぴーが独立したことで、キズナアイはオリジナルが1人で活動できるようになりました。そして、それからもキズナアイはコラボ動画やバーチャル花火大会を催したりして精力的に活動をしています。

キズナアイのゲームがリリースされた?

キズナアイのゲームがあったらやってみたいという方も多いかもしれません。最後に、キズナアイのゲームについて迫ってみましょう。

『Kizuna AI - Touch the Beat!』リリース

2020年10月13日(火)に、VRリズムゲーム『Kizuna AI - Touch the Beat!』がOculus Storeからリリースされました。ゲームやキズナアイが好きな方は、やってみるのも一案でしょう。きっと動画を見ているのとは異なる世界観を感じることができるかもしれません。

世界のみんなと繋がりたい

バーチャルアーティストとしても活躍するキズナアイと、音楽を一緒に楽しめる空間となっています。また、『世界中のあなたとつながりたい』というコンセプトである点が特徴です。

連続コンボを目指す!

ユーザーは、キズナアイのパフォーマンスステージを特等席で応援しつつ、リズムに乗りビートを刻みながらペンライトを振るというゲームとなっています。上手くプレイできれば、それだけキズナアイを近くで見られるようになることから、連続コンボを目指すものである点も注目ポイントです。

キズナアイのこれからの進化も楽しみ

キズナアイは、分裂騒動に見舞われたこともありましたが、Vtuberとして大活躍しています。それは歌の世界やゲームにまで幅は広がっているのです。どんどんと進化をしていくキズナアイに、今後もますます目が離せません。

キズナアイの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ