記事ID145924のサムネイル画像

元‌プ‌ロ‌テ‌ニ‌ス・‌沢‌松‌奈‌生‌子‌の‌現‌在‌(2020)‌!‌実‌家‌が‌豪‌邸?‌ガ‌ン‌の‌噂?‌ ‌

伊達公子さんらと並んで日本女子テニス界の黄金時代を引っ張ってきた沢松奈生子さん。そんな沢松奈生子さんは引退後の現在、どのような活動をしているのでしょうか?今回は、沢松奈生子さんの現在や、豪邸だと噂の実家について紹介します。

沢松奈生子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):丹波奈生子(にわ なおこ)

 

  • 所属事務所:ワンダーボックス
  • 生年月日:1973年3月23日
  • 現在年齢:47歳
  • 出身地:兵庫県西宮市
  • 血液型:55kg
  • 身長:168cm
  • 活動内容:元プロテニスプレイヤー
  • 家族構成:配偶者、娘

 

 

沢松奈生子は元女子プロテニス選手

沢松奈生子さんは、元プロテニスプレイヤーです。

 

曽祖父からのテニス一家に生まれ育った沢松奈生子さん。母親の沢松順子さんは、妹の和子さんとペアを組んで1970年ウィンブルドン女子ダブルスのベスト8に入ったことがある実力者ですし、父親の沢松忠幸さんは、和子さんと一緒に1974年ウィンブルドンの混合ダブルスを戦った経験があります。

 

“両親ともにウィンブルドン出場経験がある選手”であり、超サラブレッドです。

 

沢松奈生子さんは初めてテニスをしたのが何歳なのかは覚えていないそうですが、生後2ヶ月の頃の写真では既にテニスラケットを握っていたそうです。

沢松奈生子の成績

沢松奈生子さんは、2学年上の伊達公子さんと並んで、日本女子テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりです。

 

1988年、神戸松蔭女子学院大学進学と同時にプロ入りをしています。

 

成績は、4大大会では1995年全豪オープンでベスト8に進出しており、オリンピックにも1992年バルセロナ五輪と1996年アトランタ五輪の2度出場しています。

 

沢松奈生子さんは、プロとして10年間にわたり世界ランキングトップ50位以内の座を維持し、4大大会でも、初出場だった1990年全仏オープンから、最後の1998年全米オープンまで「34大会」連続で本戦に直接出場を果たすなど、大活躍した選手です。

福山雅治の大ファン!

沢松奈生子さんは、福山雅治さんの25年以上のファンだそうです。

 

レギュラー出演している番組に、福山雅治さんがドラマの番宣で出演した際、MCの夏目三久さんが「ちょっと一つだけ、わがままを申して良いですか?」と福山雅治さんに話しかけ、「沢松さん…」と奥にいた沢松奈生子さんの方に歩み寄りました。

 

福山雅治さんのファン歴25年だと聞いていた夏目三久さんが、福山雅治さんの横に来るよう促しに行ったものの「無理、無理、無理」と沢松奈生子さんは、福山の横に並ぼうとはしませんでした。

 

どれだけファンなのかが良く分かりますよね。この様子にネットからは、「好きすぎて近寄るのも無理ってのは分かる」などの声があがっていました。

沢松奈生子のインスタグラムは?

芸能人の大半が、なんらかのSNSを活用して、自らの情報などを発信している昨今ですが、沢松奈生子さんは公式にはSNSをされていませんでした。

沢松奈生子は現在(2020)何してる?

続いては、引退後の沢松奈生子さんの活動について見ていこうと思います。

ちちんぷいぷいやあさチャン!に出演中!

沢松奈生子さんは現在、テニスの普及活動に力を入れており、テニス中継の解説者やコラム執筆などもされています。

 

日本テニス協会普及本部環境委員と日本オリンピック委員会総務委員会事業広報専門委員も務めています。

 

また、『あさチャン』や関西を中心に放送している『ちちんぷいぷい』にコメンテーターとして出演しており、プロテニス選手だった頃の印象とはまったく違い、関西の元気なオバチャンキャラで、活躍しています。

講演会の講師としても人気!

沢松奈生子さんは講演会なども積極的に行っており、プロテニスプレイヤーとして世界を転戦し、成績を収めてきた経験を元にお話をされています。

現在の旦那や子供は?

沢松奈生子さんは、2005年に洋菓子製造・販売会社役員である丹羽秀行さんと結婚しました。

 

知人の紹介で知り合ったのだそうで、旦那もスポーツが好きなのだそうです。

 

また、娘が一人いらっしゃり、『ちちんぷいぷい』のテレビ出演時なども子育てについての悩みや教育の問題に対して、いつも熱を持って語っていらっしゃいます。

 

娘もテニスをやっているのかどうかは不明ですが、沢松奈生子さんの旦那もスポーツが好きだそうですので、なんらかのスポーツはやっているのではないでしょうか。

沢松奈生子の実家が豪邸?家系図がすごい!

続いては沢松奈生子さんの実家や家計図について詳しく見ていこうと思います。

テニスの名門一家で実家は大豪邸!

沢松奈生子さんの実家がある場所は兵庫県西宮市です。

 

沢松奈生子さんの実家には、貿易商だった曽祖父が、海外からのお客様をおもてなしするために作ったテニスコートがあったそうです。

 

沢松奈生子さんの母親や親族一家も利用していたとのことで、自宅にテニスコートがあるなんて豪邸ですよね。

 

そして、先にも少し触れましたが、両親、叔母がウィンブルドン出場経験者というテニス一家に生まれています。

母親は沢松順子

母親の沢松順子さんは、妹の和子さんとペアを組み、1970年のウィンブルドン女子ダブルスでベスト8に進出した元テニス選手です。

父親は沢松忠幸

父親の沢松忠幸さんは、沢松奈生子さんの叔母・沢松和子さんと一緒に1974年ウィンブルドンの混合ダブルスに出場した経験があります。

叔母は沢松和子

叔母の沢松和子さんは、シングルスでは日本人女子初のグランドスラムベスト4進出を果たし、1975年のウインブルドン女子ダブルスでは優勝し、日本人女子テニス選手で史上初の4大大会タイトルを獲得した選手です。

 

また、日本人テニス選手として史上初の「プロ選手」になった先駆者で、日本でのテニスブームを起した選手です。現在は、日本テニス協会副会長をされています。

 

沢松奈生子さんは、両親がウインブルドン出場経験者と言うだけではなく、4大大会タイトルを獲得した凄い人を叔母にもっていました。

叔母の嫁ぎ先が柏市指定文化財に!

柏市に旧吉田家住宅という指定文化財がありますが、この「吉田家」というのが沢松奈生子さんの叔母が引退後に嫁いだ先となります。

沢松奈生子が癌?病気の噂の真相

続いては、沢松奈生子さんの病気のうわさについて真相を見ていこうと思います。

沢松奈生子は食道癌のリスクあり!

沢松奈生子さんは、出演していた「主治医が見つかる診療所」にて、人間ドックを受け、食道がん発症の危機を医師から指摘されました。

原因はコレステロール?

悪玉コレステロールの値は、要医療とされている180を超えた、『187』でした。異常なしが119以下ですので、以下に高いかがよく分かりますね。

 

悪玉コレステロールの値が高いと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすリスクが高くなると言われています。

 

この結果に、沢松奈生子さんは悲鳴をあげていました。

沢松奈生子の牛肉好きが悪影響?

この番組で、以前から番組主治医から、極端な野菜嫌いと肉好きを指摘されていた沢松奈生子さん。悪玉コレステロール値が改善されておらず、さらに胃カメラ検査を行ったところ、数十倍もがんになりやすいバレット食道が発覚しました。

 

バレット食道になると細胞が不安定になるため、食道がんになる可能性が約50倍になるのだそうです。

 

普段から肉や揚げ物が多い食事に加え、ステーキ300gを15分で間食するなど、大食いや早食いなどの食生活を送っていることが、番組の密着で判明し、これらが要因だと考えられると医師から指摘がありました。

 

元プロテニスプレイヤーの沢松奈生子さんは、普段から運動をしているということですが、医師曰く、普段から脂ののったお肉類を中心にとると、いくら運動してもコレステロールは改善しないんだそうですよ。

沢松奈生子はコメンテーターとして活躍中

元プロテニスプレイヤーで、日本女子テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである沢松奈生子さんについてご紹介してきました。

 

引退後は、解説者や後進を育てる為に尽力しながら、テレビなどでコメンテーターとしても活躍されています。

 

明るい関西のオバチャンキャラで親しみやすいキャラクターで人気がありますが、テニスが関わるとピリリとした雰囲気にもなり、選手時代を彷彿させます。

 

今後の活躍も期待したいですね。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ