記事ID145034のサムネイル画像

    漫画家・岡崎京子さん事故後の現在(2020)!夫とは再婚?pinkや名言も

    岡崎京子というと、ファッション誌などで多くの連載をしていた人気漫画家でした。しかし、人気絶頂の1996年に交通事故に遭ってしまい、その後は新作は出ていません。岡崎京子は現在どうしているのでしょうか。夫の事についても探ってみたいと思います。

    漫画家・岡崎京子が事故に!現在は?

    漫画家として女性を中心に絶大な人気を獲得した岡崎京子さん。人気絶頂の中、交通事故に遭い、多くの方から心配されていました。そんな岡崎京子さんは現在どうしているのでしょう。過去の作品や名言も振り返ります。

    岡崎京子は時代を彩る漫画家

    岡崎京子さんは女性に人気の漫画を多く作成されています。漫画は1980年代から1990年代にかけて、サブカル誌、漫画誌、ファッション誌などに掲載され、オシャレで新しいタイプの漫画が人気となりました。

     

    まずは、岡崎京子さんがどんな作品を残したどんな方なのかをご紹介します。

    『ピンク』もヒット

    岡崎京子さんの代表作に1989年の『ピンク』があります。この作品は、一人くらしのOL由美子が主人公で、「愛と資本主義」がテーマ。主人公は、夜は売春をしながら暮らしていてペットはワニといった設定で、乾いた陰惨さの漂うストーリーで注目されました。

     

    この作品は、岡崎京子さんの好きな色をタイトルにしたもので、作風の転機とされ、その後も数々の人気漫画が誕生しています。

    『ヘルタースケルター』が映画化

    2012年に映画化された『へルタースケルター』も岡崎京子さんの漫画が原作となっています。この作品は、1995年から1996年まで『FEEL YOUNG』に連載されてストーリーが未完であることも話題に。

     

    斬新な作品で注目を浴び、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞等を受賞しています。また、この作品だけでなく、1993年から1994年にかけて雑誌『CUTiE』で連載されていた『リバーズエッジ』などの作品も映画化されています。

    数々のアシスタント

    岡崎京子さんは自身の漫画も人気ですが、過去にアシスタントを務めた方も人気漫画家がそろっています。その中には安野モヨコさんやよしもとよしともさん、マユタンさん、千里唱子さん、坂本大三郎さんがいらっしゃいます。

    岡崎京子の作品は名言がいっぱい

    数々の作品の中で「強くなりたいなあ 強く 強く 強く」「そうよ あたしはあたしがつくったのよ」といった名言を残している岡崎京子さん。

     

    これは、岡崎京子さんの漫画に登場する女性たちのセリフで、1980~90年代のポップカルチャーと、その時代を生きる女性の姿が重なる印象的なセリフで支持され、あっという間に時代を代表する漫画家になりました。

    岡崎京子は現在どうしている?

    岡崎京子さんが事故に遭ったことで多くのファンに衝撃が走りました。しかし、容態についての情報もほとんどなかったため、ファンの方が必死に情報を集めてネットで交換しあってしました。その中でわかっている情報をご紹介します。

    一歩ずつ元気に

    岡崎京子さんは1996年5月、交通事故に遭ってしまいました。その後は、一歩ずつ回復して元気を取り戻していますが、漫画は休筆をしている状態が続いています。

    オザケンのライブに

    岡崎京子さんは歌手の小沢健二さんのファンであり、若い頃から親交があったようです。事故後の2010年には小沢さんのライブに車椅子で訪れたことかわかっています。

    ハロウィンや旅行へ

    2017年頃には、表参道のハロウィンイベントに参加したり、岡崎京子さん自身の展示会へコメントを寄せたりと活動の幅も広がっています。また、旅行に出かけるなど、元気に過ごしているようです。

    岡崎京子の遭ったのはどんな事故?

    岡崎京子さんをこんなにも苦しめた事故はどんなものだったのでしょう。まさに晴天の霹靂といえる、当時の様子を振り返ります。

    夫と共に事故に遭う

    岡崎京子さんは1996年5月19日18時半、東京都世田谷区の自宅の近くで夫の朱雀正道さんと散歩中に突然進路を外した4WDにはねられてしまいました。

    飲酒運転によるひき逃げ事故

    加害者は、車を運転しているにもかかわらずに飲酒状態であり、そのまま逃げられてしまいました。岡崎京子さんは頭部打撲・頭蓋骨骨折・脾臓破裂で搬送され緊急手術を受けることに。意識不明の重体になりました。

    2カ月間自力で呼吸ができず

    岡崎京子さんは事故に遭ったことで自力で呼吸できないほどの重体に陥りました。しかし、ようやく2ヶ月後に肺の手術をすることにより、ようやく自分で呼吸ができるようになりました。

    後遺症で作家生命を事実上絶たれる

    岡崎京子さんは意識障害が続いたことで、創作休止と長期療養を余儀なくされたのです。一時は命の危険もありましたが、1996年6月22日には、意識が少しあることと、意識の回復があることを週刊文春により報じられました。

    岡崎京子は夫と離婚?

    交通事故の後、岡崎京子さんと当時の旦那さんは離婚しています。離婚した時期や、元夫のその後の様子についてご紹介します。

    事故から2年で離婚

    事故当時、岡崎京子さんと結婚していた夫はライターで写真家の朱雀正道(すじゃくせいどう)さんです。しかし、事故から2年後に1998年に離婚に至っています。

    元夫は1999年に再婚

    その後、元夫の朱雀正道さんは1999年にほかの女性と再婚しています。ただ、当時はまだ岡崎京子さんが意思疎通がはかれない時期であるといわれているので、この再婚には疑問を示す人も少なくありません。

    元夫は子供も授かっている

    岡崎京子さんの元夫である朱雀正道さんの間には子供はいませんでした。でも、その後、朱雀正道さんと再婚相手の間に子供が生まれていて、ホームページ上でも報告されています。

    岡崎京子の作品へのインタビュー

    2019年、岡崎京子さんの漫画が映画化されました。容態は心配されていましたが、作品が映画化されることで多くのファンが喜び、出演者もインタビューに答えています。

    2019年に映画『チワワちゃん』公開

    2019年に岡崎京子さんの漫画が原作である『チワワちゃん』が映画化されています。この作品は、心に突き刺さる新鮮なセリフが満載で、イントロが衝撃的。はじめのポップな毒がやがてやつなさへと変わっていく短編作品の最高傑作といわれています。

    門脇麦と吉田志織のインタビュー

    この映画『チワワちゃん』で主演を努めたのが門脇麦さん。タイトルにもなっているキーパーソンである“チワワ”を吉田志織さんが演じています。

     

    これを受けたインタビューに答えたお2人。門脇麦さんは、時代は現代に書き換えられているものの、90年代感も満載でいろいろな世代に楽しんでほしい映画であると答えています。

    岡崎京子をひき逃げした犯人は捕まった?

    岡崎京子さんを自宅前でひき逃げした犯人はどんな人だったのか気になる人も多いようです。まず、犯人が捕まったかについてですが、飲酒運転をしていたという事実が判明しているので捕まったことは間違いなさそうです。だだ、犯人の身元までは公になっていません。

    岡崎京子の完全回復が望まれる

    事故に遭ってからは休業が続いている岡崎京子さん。人気漫画家であるがゆえに、復帰を待ち望んでいる方も多くいるようです。大変な事故でありましたが、一日も早く体調が完全に元に戻ることをお祈り申し上げます。

    関連記事をチェック!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ