記事ID144994のサムネイル画像

    美人すぎる女流棋士・香川愛生!元彼は関西若手棋士の糸谷哲郎?

    15歳の時に女流棋士への道へ進んだ香川愛生さん。当時は最年少で話題となりました。同時に注目をされているのがアイドル並みに可愛い容姿です。今回は香川愛生さんの元彼は?お色気戦法とは?など、色々と調べまとめました。

    美人すぎる女流棋士・香川愛生!

    皆さんは、美人過ぎる女流棋士と呼ばれている香川愛生さんをご存知でしょうか。15歳の時に女流棋士への道へ進み、当時は最年少で話題となりました。

     

    同時に注目をされているのがアイドル並みに可愛い容姿です。今回は香川愛生さんの経歴からの元彼の存在、有名なお色気戦法なそ、色々と調べまとめました。

     

    ご紹介していきますので、最後までお付き合いくださいね。

    香川愛生のプロフィール

     

    • 本名(ふりがな):香川愛生(かがわ まなお)
    • 生年月日:1993年4月16日
    • 現在年齢:26歳
    • 出身地:東京都調布市
    • プロ入り年月日:2008年10月1日(15歳)
    • 師匠:中村修九段
    • 段位:女流三段

     

     

    プロになる前の活躍

    香川愛生さんは、中学生の頃から有名な存在で、2005年、2006年の女流アマ名人戦で2連覇をしています。また、2006年の第27回全国中学生選抜将棋選手権大会の女子の部でも優勝をしています。

    15歳の時にプロの道へ

    香川愛生さんは、2008年10月1日付で女流2級としてプロ入りをしました。15歳という年齢は、当時の現役女流棋士の中で最年少となり、話題となりました。

    大学受験のため活動休止

    香川愛生さんは、高校3年生の春頃までは、将棋に集中して取り組んでいましたが、理想と現実のギャップに苦しんでいたのだそうです。プロの壁にぶち当たっていました。

     

    家族が進学を望んでいたこともあって、悩んだ末、奨励会を退会して受験勉強を始める選択をし、予備校に通うようになりました。立命館大学の一芸入試制度で受験をし、10月には無事に合格しました。

     

    その後、2012年1月1日からは復帰しています。一度、将棋から離れ、改めて将棋がしたいと思ったのだそうです。

     

    2012年に立命館大学文学部に入学しました。

    美人女流棋士として人気が高い

    美人女流棋士として人気の高い、香川愛生さんですが、将棋との出会いはどういったものだったのでしょうか。

    小学3年生で将棋を覚えた

    香川愛生さんが将棋と出会ったのは、小学校3年の時だそうです。

     

    休み時間に男子たちに混ぜてもらったのが最初で、ルールも知らなかったので簡単に負けてしまいました。

     

    それがとても悔しくて、香川愛生さんの心に火が着いたんだそうです。それから近所の将棋好きが集まる会に顔を出すようになり、夏休みは将棋会館にも通うようになったのだそうです。

     

    何がきっかけになるか分かりませんね。香川愛生さんのきっかけは、面白いと思ったわけではなく、負けたのが悔しかったのがきっかけだったようです。

    プロの道へ進んだ

    香川愛生さんは、小学校6年の時、「女流アマ名人」というアマチュアの女流の全国大会で優勝しました。また、他の大会でも成績がよかったのでプロを目指すようになりました。

     

    中学校2年で育成会に入会し、それから1年半後、女性同士で戦って女流2級でプロになりました。

    将棋の成績は?

    香川愛生さんは、立命館大学在学中の2013年に里見女流王将に勝利し自身初となるタイトル女流王将を獲得しました。それから2年間タイトルを保持しましたが、2015年に里見香奈女流四冠相手に失陥しています。それからは、タイトルからは遠ざかっていますが、タイトル戦本選の常連です。

     

    また、毎年度功績を残した将棋棋士や女流棋士などに日本将棋連盟から与えられる将棋大賞で、女流棋士賞を1回、女流最多対局賞1回獲得しています。

    将棋界のまゆゆ

    女流将棋界トップの人気と実力を兼ね備えている愛らしいルックスから将棋界のまゆゆと呼ばれています。

     

    ニコニコ生放送で吉本の小藪一豊さんがまゆゆと呼んだ事がきっかけで「将棋界のまゆゆ」と言われるようになったという噂があります。

     

    確かに元AKB48の渡辺麻友さんに雰囲気が似ていますよね。

    香川愛生の元彼は?結婚は?

    続いては、香川愛生さんの恋愛事情について見ていこうと思います。

    棋士の糸谷哲郎が噂された

    【糸谷哲郎プロフィール】

    名前:糸谷哲郎 生年月日:1988年10月5日(31歳) プロ入り年月日:2006年4月1日(17歳) 出身地:広島県広島市 段位:八段

     

    香川愛生さんの熱愛については、過去に一度、噂がありました。そのお相手が、棋士の糸谷哲郎さんです。糸谷哲郎さんは竜王のタイトルを保持した事もある方です。

     

    理由は、2人が他の人の対局を解説しているときに、息があっており、仲が良く見えたためと言われています。

    糸谷哲郎と結婚まで秒読み?

    香川愛生さんは東京出身にも関わらず、糸谷哲郎さんが所属する関西支部に移籍をしたことや、タイトル防衛戦の真っ最中にも関わらずにハワイまで飛んで、糸谷哲郎さんの応援に駆けつけたことなどから、交際している、結婚するのではないかと噂されていました。

    交際を否定

    香川愛生さんの彼氏は、糸谷哲郎さんと言われていたましたが、二人とも熱愛を否定しました。

     

    香川愛生さんが、関西支部に移籍したのは立命館大学に進学したタイミングでしたし、ハワイまで応援にかけつけたのは、香川愛生さんだけではなく、関西支部で仲が良かった若手4人で観光もかねて行ったようです。

     

    実際、仲が良いのでしょうし、香川愛生さんが糸谷哲郎さんを尊敬しているというのが、仲がよさそうに見えた要因なのかもしれませんね。

     

    現在、香川愛生さんの彼氏の噂は見つける事ができませんでした。

    香川愛生はタレントとしても活動

    香川愛生さんは、タレントとしても活躍されており、様々なメディアで将棋の事を発信しています。どういった仕事をしているのか見ていこうと思います。

    数々のバラエティ番組に出演

    これまでに多数のバラエティ番組に出演をしている香川愛生さん。2018年には、「有吉反省会」に出演をし、可愛すぎると話題になりました。

     

    他にも、情報ライブ ミヤネ屋/ナカイの窓/ダマされた大賞/Qサマ/バイキング/有吉ジャポンなど様々なジャンルのテレビ番組に出演しています。

    また、朝日新聞朝刊に連載を持っていた事もあります。

    コスプレも得意

    香川愛生さんはアニメやゲームが大好きで、自分もその子になりきるためにコスプレをしたいと思ったことがきっかけでコスプレを始めました。

     

    「りゅうおうのおしごと!」の空銀子「逆転裁判」の狩魔冥などのコスプレを披露しています。コスチュームは一部の市販品を除き全てお母さんの特製のものだそうです。

    映画にも出演

    映画を見る事も趣味の香川愛生さん。一時期は、年間100本見る事を目標にしていたこともあるほどです。

     

    そんな、香川愛生さんは、ゲームクリエイター/原作・脚本家のイシイジロウ氏が手がけた初の短編映画である、2016年公開の映画「女流棋士の春」に主演として参加をしました。主題歌も担当されています。

     

    演技や歌までこなしていらっしゃいます。

    「女流棋士の春」のあらすじ

    「女流棋士の春」は将棋に関する映画で、香川愛生さんが演じる主人公の賀川春(かがわはる)にとっての「特別な棋譜」を中心にストーリーが進んでいきます。

     

    緑山国際大学に通う沢田一二三(澤田拓郎)は、同じゼミ生の女流棋士・賀川春(香川愛生)に憧れていた。しかし、春は将棋以外のことに興味がなく、仲のいい友人もいない様子で、彼は春に話し掛けるチャンスをつかめずにいた。ある日、昼休みにキャンパスで春が一人でいるのを見掛けた一二三は、目隠し将棋の勝負を申し込むが……。

    女流棋士の本を執筆

    2018年に発売された「職業、女流棋士」を手がけた。将棋への情熱と女流棋士への思いが綴られており、女流棋士という職業について語る内容になっています。

     

    自ら広告塔となって女性の将棋の世界を広めていきたいという意図も汲み取れる内容です。

    香川愛生のお色気戦法が話題に!

    香川愛生さんと言えば、お色気作戦と言うキーワードがあがってきますが、どういったことなのでしょうか。詳しく見ていこうと思います。

    ミニスカートで対局をした

    香川愛生さんは、一時期、対局にミニスカートで臨んでおり、ミニスカートをはいて相手を翻弄したと、そのスカートの短さがネットを中心にとても話題となりました。

    通称「スカートまくり上げ戦法」

    最初に確認されたのは、2014年8月3日に行われた「NHK杯テレビ将棋トーナメント」の熊坂学さんとの対局の時です。動画を見て頂ければ伝わると思いますが、かなり短いですよね。

     

    その状態で、向かい合って座る訳ですが、対局相手の方は、目のやり場にかなり困っていたのではないでしょうか。

     

    「スカートまくり上げ戦法」の他に、「悩殺戦法」「攪乱作戦」などとも名づけられました。

    批判的な意見が多数

    この香川愛生さんのミニスカート姿に関しては、「非常識な女」「対局にはふさわしくない」などの苦情が殺到しました。

     

    確かに、タオルを膝にかけているとはいえ、少し短すぎますよね。昔からの将棋ファンの方や女性からは特に批判が多かったようです。

    斬新だったという意見も

    批判が殺到した反面、香川愛生さんのミニスカートは今までにない、斬新だったとの好意見も将棋ファンからあがっていました。

     

    男性ファンからは高評だったようです。

    現在はミニスカートを自粛

    香川愛生さんが着ていた洋服は、実は、友達からお祝いでプレゼントをされた洋服だったそうです。NHK杯に出る事ができる女流棋士は毎年一人で、そのお祝いにプレゼントされたそうです。

     

    『せっかくだからと着てみたらスカートが短かった。とても悪目立ちをしてしまったし、あの時のことは反省している。』と後日、告白しています。

     

    それ以降は、ミニスカートははいていないようです。

    才女だった!香川愛生の学歴は?

    続いては香川愛生さんの学歴について見ていこうと思います。

    東京都立神代高等学校に進学

    香川愛生さんは、調布市の仙川にあり、周囲は寺社に囲まれている「東京都立神代高等学校」に進学をしています。偏差値は58で、自由な校風で有名のようです。

     

    この学校は、漫画「ROOKIES」の「二子玉川学園高校」のモデルになった学校でもあり、他にも『フルメタル・パニック!』『フルメタル・パニック!アナザー』の都立陣代高校のモデルであったりと、多数の作品のモデルや舞台となっています。

     

     

    立命館大学に進学

    香川愛生さんは、2012年に立命館大学の文学部に進学をしました。一芸入試制度で将棋推薦枠での入学だったようです。

     

    大学生活とプロ棋士の両立は大変だったそうで、大学の授業以外の時間は、ほぼすべてを将棋に費やしていたと語っています。

     

    また、立命館大学は将棋部が強く、香川愛生さんは、試合にはプロなので出場できないものの立命館大学将棋研究会に入っていたそうです。みんな簡単には勝たせてくれないくらいの実力者揃いだったそうで、刺激になっていたようです。

    香川愛生は美人で才女の女流棋士

    女流棋士の香川愛生さんについてご紹介してきました。

     

    タイトルをとったこともある実力者であり、美貌から将棋会のまゆゆと呼ばれ、多数のメディアに露出するなど、多岐にわたって活躍されていました。

     

    これからも香川愛生さんから目が離せませんね。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ