記事ID144825のサムネイル画像

【復‌帰】‌高‌畑‌裕‌太‌の‌現‌在‌(2020)‌!‌事‌件‌の‌真‌相!‌紅‌白‌ダ‌ン‌サー‌と‌熱‌愛‌も?‌

高畑淳子さんの実の息子で俳優として活躍していた高畑裕太さんですが、2016年に強姦致傷容疑で逮捕されて以降、公の場からは姿を消しています。今回は、そんな高畑裕太さんの現在の状況のほか、2019年に報じられた菅原小春さんとの熱愛について紹介します。

強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太が復帰?

女優・高畑淳子さんの実の息子で俳優として活躍していた高畑裕太さんですが、2016年に強姦致傷容疑で逮捕されて以降、公の場からは姿を消していました。

 

しかし、高畑裕太さんが舞台で復帰をしたと話題となりました。そこで、今回は、改めて事件の詳細や、高畑裕太さんの現在の状況のほか、2019年に報じられた菅原小春さんとの熱愛について詳しく調べましたのでご紹介していきます。

 

最後までお付き合いくださいね。

高畑裕太のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):高畑裕太(たかはた ゆうた)
  • 所属事務所:フリー
  • 生年月日:1993年9月13日
  • 現在年齢:26歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 身長:181 cm
  • 活動内容:俳優・タレント
  • 家族構成:高畑淳子(母)大谷亮介(父)
         高畑こと美(異父姉)

母親は女優の高畑淳子

高畑裕太さんの母親は、女優の高畑淳子さんです。数多くのドラマや映画、舞台に出演しており、様々な役柄を演じる名脇役として有名な女優です。

 

2014年秋の叙勲では紫綬褒章を受章しました。

 

2度の離婚歴があり、長女の高畑こと美さんと長男の高畑裕太さん、2人の子どもがいます。長男の裕太さんは事実婚関係であった、俳優・大谷亮介さんとの間の子で、最初の夫との間に子どもはなく、長女のこと美さんは2人目の夫との間の子どもです。

父親は俳優の大谷亮介

ドラマ『相棒』などで、活躍されている俳優の大谷亮平さんですが、2016年に高畑裕太さんが事件を起こした際に、父親であることが報道され、大谷亮介さんと高畑淳子さん双方から事実であることが公表されました。

 

大谷亮介さんと女優の高畑淳子さんは、結婚する予定で、事実婚状態だったのだそうです。当時、高畑淳子さんは、別居はしていたが、既婚者だったため、二人の交際は、不倫交際だったのです。しかし、結局、結婚はせずに別れを選んだんだそうです。

「まれ」出演で知名度が上昇

高畑裕太さんは、高校3年生時、進路を悩んでいた際、母親の高畑淳子さんが出演していた舞台『欲望という名の電車』を鑑賞し、感激し役者を志すようになりました。

 

2012年、土曜ドラマ『あっこと僕らが生きた夏』で俳優デビューし、2015年にNHK連続テレビ小説「まれ」に出演して知名度が上昇しました。

 

その後、明るいキャラクターがうけ、バラエティ番組でも活躍していました。

高畑裕太の現在(2020)が話題!

それでは、事件後の高畑裕太さんについて見ていこうと思います。2016年に事件を起こして以降、どうしていたのでしょうか。

3年ぶりに舞台で復帰!

2016年8月に強姦致傷容疑で逮捕され、不起訴となっていたものの、芸能活動は無期限休止となっていた高畑裕太さん。

 

活動休止中は、入院した後、しばらくは自宅にひきこもったり、海外に滞在していたようです。その後、遺品整理のアルバイトを始め、社会復帰を果たしている報道がされました。

 

そして、2019年8月、高畑裕太さんがかつて所属していた事務所に籍をおいている和田憲明さん演出の舞台『さよなら西湖クン』で3年ぶりに公の仕事に復帰しました。

 

舞台内容は、高校の野球部メンバーの再会の様子を描いた青春群像劇で、高畑裕太さんは無職のヒモを演じていました。

母・高畑淳子は憔悴気味?

必死で息子をサポートしてきた高畑淳子さんは、舞台初日を観劇後に、車に乗り込むと疲労からか倒れ込んだとのことです。本人以上に緊張していたのかもしれませんね。

 

高畑淳子さんは、テレビ局関係者に「裏方でもいいから、芸能界で働かせることはできないか」と、息子の復帰に向けて、動いていたそうです。

 

 

復帰に関わった女性の存在

高畑裕太さんの復帰には、母親の高畑淳子さんだけでなく元所属事務所の社長・石井久美さんも大きく関わっていたそうです。

 

石井さんは、まわりが止めるのも聞かず、高畑裕太さんの才能を信じ、復帰できるように努めていたそうです。

本格復帰は厳しいとの声も

舞台『さよなら西湖クン』で、3年ぶりの復帰となりましたが、舞台は小規模なものでした。

 

これが本格復帰に繋がるかは分からないと言われており、世間の声も厳しいものがたくさん上がりました。

なんj民の間でも話題に

高畑裕太さんの復帰が決まると大きく報道され、なんJなどのスレッドでも大きな話題となりました。

 

様々な意見が出ましたが、基本的には復帰には否定的な意見が多く出ました。

高畑裕太の事件の真相は?

続いては、高畑裕太さんが起こした強姦致傷事件に関して詳しく見ていこうと思います。

事件の概要

高畑裕太さんは、2016年8月23日、映画「青の帰り道」の撮影のために前橋市内にあるビジネスホテル滞在していました。そのホテルで、女性従業員に対して性的暴行を加えたとして、強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕されました。

 

電話で『部屋に歯ブラシを持ってきて』と女性従業員を呼びつけて、いきなり引きずり込んだと大々的に報道され、大きな話題となりました。

一部でハニートラップという噂も

しかし、一部ではこの件は、ハニートラップだったのではないかという噂が浮上しています。

 

まず、高畑裕太さんは「女性を見て欲求を抑えきれなかった」と、容疑は認めていますが、部屋へは高畑裕太さんと女性が一緒にエレベーターに乗って向かったのだという証言をしています。

 

そして、被害女性が相談し、警察に通報した知人の男性が、暴力団関係者であると報道されたのです。それも、犯行があった1時間後には医師の診断書が用意されていたと言う点も、計画的だったのではないかと言われています。

 

これらのことから、この事件はハニートラップだったのではないかという噂が一気に広がりました。

その後は示談が成立

その後は被害者との示談が成立し、高畑裕太さんは不起訴処分となりました。その際の示談金ですが、明らかにはなっていません。

 

東スポでは示談金300万と慰謝料8000万を支払ったと報道されました。その後、週刊文春は1500万ほどであったと報道しています。

 

100万から200万が示談金の相場だそうなので、どちらにせよ大きなお金が動いたようです。

 

 

高畑裕太の彼女は菅原小春?

続いては、高畑裕太さんの熱愛スクープについて見ていこうと思います。ダンサーの菅原小春さんとの交際が報道され話題となりました。

菅原小春とは

菅原小春さんは、国内外で活躍するダンサー・振付師です。2018年の紅白歌合戦で、米津玄師さんの「Lemon」とのコラボパフォーマンスで、話題となりましたので記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

 

また、2019年のレコード大賞を受賞した『パプリカ』の振り付けも担当されています。

2019年に熱愛報道

事件後、引きこもり生活だった高畑裕太さんは、芸能界復帰を目指してダンスのレッスンを受けており、そこで菅原小春さんと出会ったのだそうです。菅原小春さんといえば、俳優の三浦春馬さんと交際していた事が有名です。

 

高畑裕太さんが菅原小春さんにひと目惚れをし、猛アタックして交際に至ったそうで、報道された時には、交際は10か月で同棲中だとのことでした。

現在は破局済み?

二人の交際は、熱愛発覚後すぐに破局したと報じられました。元々、菅原小春さんの事務所は二人の交際に反対していたとの話もあります。実際、二人の交際は認めていません。

 

それに菅原小春さんは複数のスポンサーとの契約があり、性犯罪を起こしている高畑裕太さんとの交際はイメージが悪いですよね。

 

また、この熱愛報道は高畑裕太さんサイドが芸能界復帰の足がかりにと考えリークしたものだという話もあります。

 

様々な要因があったと考えられますが、二人は別れを選んだようです。

清水富美加との関係は?

高畑裕太さんは、NHK連続テレビ小説「まれ」で、女優の清水富美加さんと共演しました。その清水富美加さんが、バラエティ番組で高畑裕太さんのことを「共演NG」だと語ったことがありました。

 

「高畑くんは人との距離を測るメーターが壊れてますよね」「距離感が近い」と清水さんが語っており、完全拒否されていました。

 

清水富美加さんは高畑裕太さんの近すぎる距離感が苦手だったようです。

高畑裕太は復帰していたが前途は険しい

高畑裕太さんについて見てきました。俳優としての仕事が忙しくなってきていた矢先の2016年に事件を起こし、その後、2018年には芸能界に復帰していますが、その後の目立った仕事は無いようです。

 

一度起こしてしまった事は、取り返しが付きません。今後、高畑裕太さんは芸能界に戻るのか、注目されますね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ