記事ID143460のサムネイル画像

年少リングの意味は?入れ方や消し方。ヤンキーや少年院では御用達?

みなさんは年少リングという言葉をご存知でしょうか?やんちゃな若い人たちの間でタトゥーが一般化していますが、いきなりタトゥーを身体に掘るのには勇気がいるため、そのファーストステップとして年少リングを入れることが多いようです。入れ方や意味などを調査しました!

【この記事は2020/04/25に更新されました。】

 

年少リングとは?

年少リングとは、左手の薬指に指輪の形に見えるように掘った刺青のことです。やんちゃな若者たちの間で流行っているようですが、実は少年院が発祥のようです。ここでは、年少リングの意味、年少リングの発祥についてまとめてみました。最後に画像も載せていますので、最後まで読めば年少リングの概要について把握できるはずです。

年少リングの意味

年少リングの年少という言葉の意味は、【少年院】から来ています。このリングは実際の指輪のことではなく、刺青のことです。左手薬指に刺青のように入れることで、少年院に入っていた人と区別するために使われます。

現在は若者がおしゃれで指にリングの形で刺青を掘ることを年少リングと呼んでいますが、海外のセレブが指に入れているリング状のタトゥーとは意味が異なりますので、ご注意ください。

年少リングの発祥

年少リングは別名【鑑別リング】と呼ばれいています。一度少年院や鑑別を経験したものが二度と同じ過ちを繰り返さないとの誓いの意味で掘るそうです。そして、将来結婚した暁には婚約指輪で年少リングの跡を隠すというのが主流のようです。

しかし、現在はその元々の意味はなくなってしまっていて、本来なら左手の薬指に掘るべきの年少リングを、色々な指に掘られているケースも多いようです。現在は年少リングのこうした元々の意味からは離れて、ただかっこつけたいからという理由でリングを掘る若者が目立ちます。

年少リングの画像

年少リングの元々の意味を知らず、ただかっこつけたいからという理由で掘っているのは、ヤンキーなやんちゃな男の子やいかつい人たちです。彼らはお金が無いという理由で、セルフで年少リングを掘っているようです。中には授業中に掘る強者もいます。

年少リングの入れ方や消し方は?

さてここまでの説明で、年少リングの本来の意味についてはご理解いただけたかと思います。では実際に年少リングはどのように入れたり消したりするのでしょうか?ここでは年少リングの入れ方や消し方をお教えします。

入れ方①手彫り

手彫りでは針を束ねた道具を使用し、束ねた針には染料が蓄えられます。手を動かし皮膚に刺していくことで、皮膚に染料が流し込まれ、真皮層に沈着します。

手彫りのメリットは刺す力加減を調整できるので、線の太さなどを変えることが出来ることです。手でひとつずつ指していくので、時間がかかってしまうのがデメリットです。

入れ方②機械彫り

針を刺す際に、電動で針を振動させる機械(タトゥーマシン)を用いるのが機械彫りです。タトゥーマシンはモーターや磁石の力を使って、高速で針を上下させることで刺青を掘っていきます。歯医者で使うドリルに何本も針がついているようなもので、刺すというより切る感覚に近いです。

握りこぶし程度の大きさの刺青なさ30分ほどで掘れてしまいます。

手彫りと機械彫りの違いはあるの?

機械彫りのほうが一般的には痛みが少ないとされています。また機械彫りの方が色素が深くまで沈着している場合が多いです。手彫りでは色持ちが良く、柔らかく味のある色合いを出すことが可能です。

マシンは均一に統率のとれた刺青を表現するのに向いています。

刺青は入れる場所によって痛みが全く異なり、皮膚が薄かったり骨の上の部分だと痛みを感じやすく、指は最も痛みを感じやすい部分です。ただ傷が治りやすく痛みも引きやすいのが指の刺青の特徴です。

ちなみに上腕やふくらはぎなど比較的肉の厚い部分は痛みがあまりなく、こうした部位に刺青を入れる人も多いです。

消すにはどうすればい?

せっかく入れた年少リングですが、やはり若気の至り、後になって後悔し、消したいと考える人も多いです。しかし、消すのは入れるのに比べて大変です。刺青を消すには美容外科や皮膚科など専門機関を受診する必要があります。

刺青を消す場合、費用も時間もいれる時の倍以上かかってしまいます。さらにどうしても消えない場合は、皮膚移植や縫合などの手段まで考えられるので、刺青を消すのは非常にリスクが高いです。

刺青を入れる時点でこうしたリスクをよく考えて入れるべきです。

就活や社会生活への影響もあり

年少リングのように手に刺青があると常に見えてしまいます。そうすると就職や社会生活に影響が生じる可能性があります。ずっと手袋をしていれば良いですが、そのような職業はなかなかありません。

年少リングを隠すためにばんそうこうを貼って常に生活しているという方もいるようです。入れる時は安易な気持ちでいれたのでしょうが、後の人生に深く影響してしまうので、重ね重ねではありますが、入れる時は後の人生のことも考え本当に入れるべきか熟慮すべきです。

かつて高校生の間で流行った理由とは?

若者の間でタトゥーが流行っています。体の色々なところにタトゥーを入れることで、自分という人間を誇示するのです。

しかし、いきなりタトゥーを入れるのは勇気がいる…。そんな人たちに、刺青のファーストステップとして人気なのが年少リングです。

刺青といえば肩や腕に仰々しく掘るイメージですが、年少リングであれば指にワンポイントで入れられるので割と手軽にできます。こうしたお手軽さから年少リングは高校生の間で流行りました。

少年院では左手の薬指に入れるもの

少年院では年少リングは左手の薬指に入れたとされています。刺青は一生刻まれた刻印となって体に残るものですが、左手の薬指であれば、結婚指輪をはめれば目立たなくなり、年少リングがあるか分からなくなります。

年少リングを入れるのは同じ過ちを繰り返すなという思いからですが、左手の薬指に入れるのはこのような温情が含まれているためです。

他人を威嚇する意味もある

現在では前述したような年少リングが持つ意味は忘れられていて、単に他人を威嚇するために掘ったという場合も多いです。年少リング=ヤクザというイメージがあるために、年少リングがあれば他人が怖いと思い込んでくれるので、それが快感になるようです。

確かに学校の先輩が年少リングをしていたら怖いですし、街中で年少リングの人を見かけたら反射で遠ざかってしまいます。

鑑別三点星とは?

年少リングだけでなく手の甲に三点【・】を入れる鑑別三点星という刺青も存在します。鑑別三点星は、左手の甲の親指と人差し指の付け根に入れます。

鑑別三点星は、刑務所や少年院で知り合った人同士が仲良くなった【義理兄妹の証】としてタトゥーを入れる傾向が強いです。

年少リングを入れている芸能人

年少リングを入れている芸能人はいるのでしょうか?芸能人は人目を気にする職業なので、年少リングはご法度のように思えます。もし若気の至りで年少リングを入れてしまったとしても、専門機関で消すようにも思えますが、実際に年少リングを入れているとされる有名人は何人か確認されています。その有名人を3人ご紹介します。

和田明日香

美容料理研究家の和田明日香さんという方には、年少リングを入れているのではという噂があります。和田明日香さんは同じく料理家の平野レミさんの次男の奥さんです。

とても可愛らしいルックスで年少リングのイメージとはかけ離れています。少年院に入っていたと言う事実もなく、おそらく興味本位でこしらえたものだと推察されています。また噂では、過去の半生や新しい道へのスタートの意味をこめて年少リングをいれたとも言われています。

実際に年少リングを入れているのが分かる写真はありませんので、本当のところはどうか分かっていません。

YouTuber「釣りよかでしょう。」のとくちゃん

釣り関連の動画をyoutubeで配信している「釣りよかでしょう。」というチャンネルのとくちゃんという男性に、鑑別三点星があるのが確認されています。

とくちゃんは過去に逮捕された経験があり、実はヤンキーだったのではと噂されています。(この逮捕は誤認逮捕だったようです)

このとくちゃんですが、見た目は若いアパレル系のやんちゃな男性ですが、過去に暴力団などに所属していたのかもしれません。本人が明らかにしていないので、何ともいえません。

配信者の加藤美佳

ファッションやギャル系メイクの動画をたくさん投稿している動画配信者、かとみかこと加藤美佳さん。彼女も年少リングを入れているとの噂があります。ちなみに加藤美佳さんは日本人とフィリピン人のハーフです。

しかしネイルなどの動画では年少リングの存在が確認されておらず、これはただの噂のようで、実際にはかとみかさんに年少リングはありません。過去に飲酒問題を起こしていたことから、年少リングの噂も広まったようです。

タトゥーの寿命は?

年少リングに限らず、タトゥーにはインクの色落ちや色あせによる寿命が存在します。この寿命に大きくかかわってくる要素は、皮膚の老化やターンオーバーです。例えば、肌の老化やシミによって色素沈着がひどくなれば、そのはるか下に存在する刺青のインクも薄くなってしまいます。

また、タトゥーには一般的に経年劣化があると考えられており、今入れた模様と数年後の模様は変わってしまうことを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

さらに体形の変化によってタトゥーの形状に変化が生じる可能性もあります。刺青を入れたのちに大きな体重の変化があると皮膚の伸縮によってデザインが変わってしまいます。

急激なダイエットとリバウンドを繰り返す女性の場合、一般の人以上に多くの皮膚のたるみが生じることになり、せっかく描いてくれた彫師に対し、恥ずかしくなるほどの変化が生じることもあるようです。

年少リングを入れるなら後悔しないように

年少リングには元々、過去の過ちを反省し二度と同じことを繰り返さないという意味があります。今はその意味は忘れさられ、ちょっとしたファッション感覚や脅しの道具としていられれることも多いです。

そういった事情は人それぞれありますので関与しませんが、年少リングを入れるなら後悔しないようよく考えてから入れましょう。入れるのは機械を使えばすぐ出来てしまうので簡単ですが、それに比べ消すのは容易ではありません。時間もコストも入れる時の倍以上かかってしまいます。

せっかく意味があって入れた年少リング。もちろん長い年月が経てば入れたことに後悔することもあるでしょう。そういった時に最高の決断が出来るよう刺青を入れる時はプラス面とマイナス面を考慮して入れましょう。

日本では刺青は受け入れられていないと言えますのでそういった社会事情もよく考えて年少リングを入れてください。

関連記事はこちらから

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ