記事ID143399のサムネイル画像

    福島女性教員宅便槽内怪死事件で亡くなった菅野直之は殺された?真相を考察!

    福島女性教員宅便槽内怪死事件では、普通に入れない狭い場所で男性の菅野直之が死体として見つかりました。この事件は村全体を巻き込んだ大ごとになり、ついには警察への再捜査を求める動きも出てきます。福島女性教員宅便槽内怪死事件の動機や真相は明かされるのでしょうか。

    福島女性教員宅便槽内怪死事件?菅野直之は殺された?真相は?

    福島県で起きた、福島女性教員宅便槽内怪死事件は、未だに不思議で不気味な事件として名前が挙がるほど有名な事件です。未だに解明されていないこの事件には様々な噂や説があり、疑問に思う人は決して少なくありません。

    今回はそんな福島女性教員宅便槽内怪死事件に注目ということで、遺体で発見された菅野直之は殺されたという噂や、事件の真相についてまとめてみました。

    福島女性教員宅便槽内怪死事件とは?

    福島女性教員宅便槽内怪死事件は、1989年2月28日に起きた事件です。30年近く経った今でも未解決事件であり、度々ネット上では事件の考察や疑問点などが討論されている場面を目にします。

    まずは、そんな福島女性教員宅便槽怪死事件の簡単な概要についてまとめてみたので、ご覧ください。

    トイレの便器の中に遺体が

    福島女性教員宅便槽内怪死事件というのは、その名の通り福島県に住んでいた女性教員の部屋のトイレの中から男性の遺体が発見されたという事件です。女性教員は福島県の都路村で小学校の教員をしていた23歳の女性であり、遺体の発見者でもあります。

    遺体として発見されたのは、同じ村内に住んでいる26歳の男性、菅野直之さんでした。菅野直之さんは福島第2原発の作業員として働いており、当時は主任を務めていたようです。

    この事件の不可解な点は、なぜ菅野直之さんが女性教員宅のトイレの中で死亡していたのかという点と、どのようにしてトイレの中に入ったのか、という点です。現実的にトイレの中に成人男性一人が入り込むというのは不可能だと言われており、この事件の最も不可解な点だと言えます。

    警察は寒さと窒息で死亡と発表

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の結論として、警察は遺体で発見された菅野直之さんは寒さと窒息で死亡したことを発表しました。事件が起きたのは2月下旬のことであり、まだ寒さが残る季節です。便槽内に入り込んだのであれば、寒さで凍え死ぬということは十分に予想できます。

    また、便槽内は非常に狭く、窮屈な場所です。身動きがとれる状態ではないため、窒息死した可能性も警察は発表していました。

    遺体で発見された菅野直之さんを便槽から取り出す際、トイレを破壊する必要がありました。トイレを破壊した後、遺体の菅野直之さんを運び出した後には2回ほど洗浄をし、検死をしたそうです。その検死結果として、『凍え兼胸部循環障害』が報告されました。

    福島女性教員宅便槽内怪死事件はありえない?

    警察の結論としては事故死と判断されているこの事件ですが、現実的に考えて福島女性教員宅便槽内怪死事件はありえないと言われています。今でも未解決事件として名前が挙がるというのも、遺体が発見された場所や動機、事件の背景がまったく見えてこないからだと言えるでしょう。

    そこで、この項目では福島女性教員宅便槽内怪死事件の不思議な点についていくつか注目をしていきます。

    菅野直之の人柄

    まず、遺体として発見された菅野直之さんに注目をしていきましょう。菅野直之さんの人柄は、とても明るく活発な青年であり、スポーツや音楽を愛する人物だったと証言されています。また、知り合いも多く人望も厚く、こういった事件とは無縁の人物だと語られています。

    友人や知人の証言によると、菅野直之さんは結婚式などの司会進行役なども務めるほどの人柄であり、多くの人から愛され、頼られていたこともわかっています。

    便槽内への侵入

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の説の一つには、遺体で発見された菅野直之さんが、女性教員の排泄を覗き見る目的として便槽内に侵入したのではないかと考えられています。たしかに、覗きをする目的であれば、万が一便槽内に入り安全を確保出来るのであれば絶好の場所だと言えます。

    しかし、先にも触れた通り、菅野直之さんの人柄や周りの証言を見る限り、菅野直之さんが便槽内に侵入してまで女性の排泄を覗き見するようには思えないのが大多数の意見です。そこまでマニアックな性癖の持ち主であれば、少なからずそういった証言が挙がってもおかしくありません。

    また、福島女性教員宅便槽内怪死事件の最大の謎であるのが、どのようにして便槽内に侵入したのかという点です。便槽内に入るためには、入り口である直径わずか36cmを通らなければなりませんが、成人男性である菅野直之さんが通れるはずがないのです。

    4000人の再捜査署名

    この福島女性教員宅便槽内怪死事件は、事故として結論付けられてしまいました。しかし、事故で成人男性であり、覗きというような性犯罪をおかすように思えない菅野直之さんが便槽内で死亡するというのは無理があると多くの人が思ったようです。

    そのため、この福島女性教員宅便槽内怪死事件に対し、事故死として片付けた警察に再捜査の依頼をするために、村内で約4000名もの署名が集まりました。菅野直之さんの人柄もあり、彼がそんなことをするはずない、と思い、疑問を抱いた人はかなり多かったようです。

    しかし、4000名もの署名が集まり、福島女性教員宅便槽内怪死事件が謎に包まれているにもかかわらず、警察は再捜査の依頼を却下しています。この警察の対応についても疑問が残るものであり、警察が何らかの情報を知っているのではないかと噂されるきっかけにもなりました。

    女性へのいたずら電話

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の第一発見者であり、その部屋の住人だった女性教員は遺体として発見された菅野直之さんとは知り合いだったことがわかっています。

    実は過去に女性教員のもとに、いたずら電話のようなものがかかってきたことがあったそうです。このことに恐怖を感じた女性教員は、恋人や知人、そして菅野直之さんに相談をし、実際に菅野直之さんらはいたずら電話に対して対応をしたこともあったようです。

    しかし、対応の際に録音したテープを警察に届け出たそうですが、警察は取り合ってはくれなかったこともわかっています。また、菅野直之さんはいたずら電話の犯人を突き止めていたようで、事件といたずら電話には何らかの関係があるのではないかと考えられています。

    菅野直之が死体として発見されるまで

    次に、菅野直之さんが遺体として発見されるまでの間について注目をしていきましょう。

    実は、菅野直之さんが遺体として発見されるまでにはやや時間が空いているのです。最後に目撃をされてから、遺体として発見されるまでの間は4日間であり、その間にどのようなことをしていたかがわかれば、福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相にたどり着けると言われています。

    父に声をかけて出かける

    菅野直之さんは、遺体として発見される日の4日前に目撃情報があります。最後に菅野直之さんを目撃したのは、菅野直之さんの父親であり、昼間に菅野直之さんが出かける際に父親に対し「ちょっと行ってくるからな」と声をかけていたそうです。

    父親は菅野直之さんがどこへ行くかは聞いておらず、そのまま見送ったことがわかっています。当時の状況としては、特に不審な点や変わった様子はなかったようであり、父親も菅野直之さんを見送ったとのことです。

    また、菅野直之さんはその前日に職場の先輩の送迎会に出席していたこともわかっており、菅野直之さんの所属する青年会の会長、そして会員がその日の深夜に菅野直之さんが帰宅する様子を目撃しています。ただし、帰宅から何時頃に帰宅したのかはわかっていません。

    2日間の空白がある

    遺体として発見される4日前には父親が菅野直之さんの姿を目撃していることから、2日間の空白があることがわかります。父親が最後に菅野直之さんを見て以降、遺体として発見されるまでの間には誰も目撃しておらず、その足取りはわかっていません。

    しかし、事件の鍵を握るかもしれないポイントもいくつか残されています。菅野直之さんが運転していたと思われる乗用車が、女性教員宅の近くにある農協の駐車場に停めてあったのです。車の状態は鍵がかけられていた状態であり、こちらも不可解な点だと言えます。

    また、遺体発見時の菅野直之さんの状態も不可解な点がありました。実は靴を片方しか履いてほらず、もう片方が土手で見つかっているのです。車の状態、さらにはバラバラになった靴、この2点だけでも事故と考えるのはやや難しいと言えます。

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の関連人物

    この福島女性教員宅便槽内怪死事件には、多くの関連人物がいるのもポイントです。事件の原因として濃厚視されているのは、女性教員をとりまく人間関係です。

    事故として処理をされ、さらには4000名も集まった再捜査の署名をも却下されてしまっては、犯人が誰なのか、どうして福島女性教員宅便槽内怪死事件が起きたのか、真相にたどり着くのは難しいと言えます。

    しかし、この事件に関連する人物像に注目をしていくと、なにか見えてくるものもあると言われています。この事件に関わっているとされる、菅野直之さんを含む人物たちの人物像について注目をしていきましょう。

    菅野直之の人物像

    先程もやや触れていますが、遺体として発見された菅野直之さんの人物像は周囲の反応を見ると『覗きをするような人ではない』というのが大きなポイントだと考えられます。人望も厚く、明るく元気な好青年であり、不審な点についてはまだ何も出ていません。

    また、菅野直之さんは都路村の村長選挙にも深く関わっていたことがわかっています。女性教員のいたずら電話の犯人を探し出してしまうことから、菅野直之さんは非常に正義感が強い人間であり、都路村の選挙で不正がある可能性についても注目をしていたようです。

    選挙での不正というのは、いわゆる賄賂というような形で票数を獲得していたのではないかということです。菅野直之さんは村長選挙に立候補していた村長にそういった疑惑があり、正義感から警察や然るべき場所に通報しようとしていたのではないかと噂されているようです。

    女性教員の人物像

    菅野直之さんの遺体が発見されたトイレの部屋の持ち主である女性教員は、村内において男性関係が派手だったという噂があります。過去には多くの男性と体の関係を持っており、菅野直之さんとも男女の親しい関係だったという噂もあります。

    当時、女性教員には婚約者がいたようです。この婚約は破談になってしまったようで、その理由についてはわかっていません。ただ、女性教員を知る人や噂から察するに、男性関係が原因で婚約破棄されたのではないかと一部では噂されているようです。

    また、女性教員はいたずら電話の被害を受けています。このいたずら電話の犯人はわかっていませんが、女性教員の派手な異性関係が原因で逆恨みされた、またはストーカーのような存在がいたのではないかとも考えられているようです。

    女性の婚約者の人物像

    次に注目をしていくのは、女性教員の婚約者です。女性教員の婚約者は、女性教員同様に都路村にある小学校で教員を務めていました。つまり、女性教員とは同僚という関係でもあり、一緒に小学校で働いていたことがわかっています。

    また、遺体として発見された菅野直之さんとの関係は、菅野直之さんが所属する青年会のメンバーの一人だったようです。面識があったかは定かではありませんが、同じ村、女性教員という共通の知人、同じ青年会という点を考えてみれば、知り合いだった可能性は高いと言えます。

    さらに、女性教員の婚約者である男性は、都路村の村長選挙で参謀として活躍をしていた人物の次男ではないかという噂もあるようです。つまり、都路村においては権力があった可能性があると考えられます。

    青年会会長Aの人物像

    次に注目をしていくのが、菅野直之さん、そして女性教員の婚約者が所属していた青年会の会長であるAという人物です。Aという人物は、都路村の青年会会長という立場だけでなく、菅野直之さんとは友人関係にあったということがわかっています。

    また、都路村の村長選挙において参謀として活躍をしていた人物(女性教員の婚約者の親とは別)と親しい関係にあったと言われています。どの程度親しかったのかはわかりませんが、青年会の会長は人望や信用も厚かったようなので、選挙とは何らかの関わりがあったのではないかと予想出来ます。

    青年会会長のAには、村長選挙に立候補していた村長から、賄賂として金銭を受け取っていたという噂が流れています。このことについてAは否定をしています。また、菅野直之さんが遺体として発見される5日前、送別会の際には菅野直之さんが自分の車で帰宅したことを確認している人物です。

    怪しい男性の人物像

    菅野直之さんの遺体が発見された、女性教員宅の近くに住んでいる怪しい男性の存在も気がかりであるとされています。この男性は、度々女性教員のことをジロジロと見ることがあったという証言があります。年齢は当時51歳であり、菅野直之さん達とは年齢が離れています。

    この男には犯罪歴があったようで、近所からは怪しい人物と思われることもあったようです。また、女性教員に対してのいたずら電話の犯人はこの男ではないか、という噂も流れているようですが、未だにいたずら電話の犯人かどうかはわかっていません。また、菅野直之さんとの関係も不明です。

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の当日、怪しい男は都路村におらず、出稼ぎにいっていたと証言をしています。そのため、事件については何も知らないと答えており、事件との関係を否定しているそうです。

    村の配達員の人物像

    都路村で郵便配達員をしていて、さらに菅野直之さんと同じ青年会に所属していた男性も、福島女性教員宅便槽内怪死事件に何らかの関係があると言われている人物です。郵便配達員の男性は、この事件に関係あるとされる選挙活動と何らかの関係があったようです。

    配達員の男性は、選挙活動を手伝うことにより、日当である金銭を受け取っていたとされています。また、選挙と関係があるとされる、とある建設会社には賄賂を送っていたという噂もあり、これは選挙では許されていないルールにもなっています。

    さらに配達員の男性は、菅野直之さんの遺体が発見される5日前に行われた送別会にて、菅野直之さんが自ら帰宅する様子も目撃しています。翌日に菅野直之さんが誰かと会う予定だったということを話していたとも証言しており、翌日会う予定だった人物が事件と関係があると示唆されています。

    青年会員の人物像

    次に注目をしていくのが、都路村の青年会に所属する会員の存在です。菅野直之さんと同じ青年会に所属していたということもあり、菅野直之さんとは知人関係だったようです。また、この会員は菅野直之さんの車が発見された農協で普段は勤務しているようです。

    会員の証言によると、菅野直之さんが遺族に対して、なにか気になることがあるという素振りを見せていたようです。しかし、それも菅野直之さんは訂正していたようで、なにかを一人で抱えていた、秘密を握っていたのではないかと推測されています。

    村長の選挙参謀の人物像

    福島女性教員宅便槽内怪死事件において、重要なことを知っているとされているのが、村長選挙の参謀を務めていた人物です。この人物は、菅野直之さんの親族とは親しい関係だったことがわかっています。

    また、菅野直之さんの遺体が発見されるまでは、誰もが菅野直之さんの居場所を知りませんでした。しかし、この人物は自身の奥さんに対し、菅野直之さんが便槽内に遺体として存在していることを知っていた素振りを見せていたのです。

    菅野直之さんが姿を消してから遺体が発見されるまでの間に、この人物は実際に菅野直之さんの自宅へと足を運び、菅野直之さんはどこにいるのか訪ねていたそうです。この人物が遺体の居場所を知っていたと仮定すると、かなり怪しい行動に見える人がほとんどでしょう。

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の説

    福島女性教員宅便槽内怪死事件には、様々な説が現在も囁かれています。特に有力とされる説は、どちらも菅野直之さんが何らかの真相や秘密を知ってしまった為、隠すために殺害された、隠されたのではないかというものになっています。

    菅野直之さんの人柄や評判を見る以上、普通に考えれば菅野直之さんが覗き目的のために便槽内に自ら入るというのは考えにくいと言えます。また、たとえそうだったとしても、どのように便槽内に入ったのか疑問が残りますし、一人で便槽内に入るのは不可能に近いと言えます。

    最後に、そんな福島女性教員宅便槽内怪死事件の中でも有力とされる説をいくつか紹介していきます。先程から紹介してきた福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要、関わっているとされる登場人物の人物像、不可解な点と共に、照らし合わせて是非注目をしてみてください。

    警察の隠蔽説

    福島女性教員宅便槽内怪死事件の不可解な点と言えば、警察が再捜査を却下したという点です。当時の都路村に住む人口の半分以上が、嘆願書に署名をしており、実際に不可解な点も多いため、なぜ再捜査をしないのかというのは非常に不自然な点だと言えるでしょう。

    そこで囁かれているのが、警察の隠蔽説です。ドラマや映画などでも多く見かけますが、たとえば大きな圧力によって事件の解明をするべきではないと判断されていたり、警察官、または警察に関係がある権力ある人物に影響があるからこそ、再捜査をしなかったというものです。

    実際、この福島女性教員宅便槽内怪死事件では、選挙が大きく関係しているように思えるものです。選挙と言えば権力も関係する場所であり、選挙の不審な点に気づいていた菅野直之さんが邪魔な存在だった、と考えると、様々な辻褄が合うように思えてしまうのは当然のことでしょう。

    福島原発の事故との関係説

    次に有力視されているのが、菅野直之さんが務めていた福島原発の問題です。実は菅野直之さんが遺体として発見される前には、福島第二原発3号機内にて様々な問題や事故が発生していたことがわかっています。また、問題が起こった際、責任者は運転をやめなかったことも判明しています。

    菅野直之さんはこの事件のことに関して、マスコミなどの取材を受けていたようです。これも上司からの命令であり、菅野直之さんが反原発思想を持っていないということか適任とされたからだと考えられています。

    そんな中で、菅野直之さんの上司である運転管理責任者が上野駅で飛び込み自殺をしています。その後、菅野直之さんが不審死を遂げていたため、もしかしたら福島原発の事件を隠蔽するために、関係者を自殺や不審死として見せかけ、殺害したのではないかと噂されているようです。

    女性教員周辺の人間関係説

    菅野直之さんが遺体として発見された場所にも注目をしてみると、菅野直之さんの知人であり、男女の関係だったとされる女性教員です。当時、二人がどのような関係だったかはわかっていませんが、女性教員は過去に派手な異性付き合いをしていたとされています。

    また、菅野直之さんは女性教員がいたずら電話の被害に受けていたことを知っていました。犯人も突き止めていたと周囲に話していたこと、そして送迎会の翌日に誰かと会う予定だったことを考えると、いたずら電話の犯人やそれを知る人物と会う予定だったのではないかとも考えられます。

    いたずら電話の犯人は事件と無関係だったとしても、女性教員周囲の人間関係の中で揉め事が起きてしまい、事件に巻き込まれてしまったとも考えられます。わざわざ女性教員宅の便槽内で遺体が発見されたというのは、女性教員周辺の人間関係が事情を知っている可能性は十分にありえるでしょう。

    真相は未だに闇の中

    福島県女性教員宅便槽内怪死事件は、改めて振り返ってみても不可解で不審な点がかなり多い事件だと言えます。おそらく事件について何らかのことを知っているであろう人物は何人かいるようですが、警察が再捜査を拒否した以上、事件の真相を知る術はありません。

    また、事件が起きた都路村の選挙や警察の事情、そして女性教員周囲の人間関係は、かなり入り乱れ、複雑だと言えます。どの事情がこの事件と関係しているかは定かではありませんが、おそらく菅野直之さんは事件に巻き込まれ、不審死を遂げたのではないかというのが世間の予想のようです。

    真相はわかりませんし、今回紹介して注目をしてきた点というのも、現在わかっている、または予想されている説にしか過ぎません。菅野直之さんのためにも、この福島女性教員宅便槽内怪死事件がいつの日か解明され、真実が公になる日を願っていきたいものです。

    未解決事件に関する記事はこちらからチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ