記事ID142906のサムネイル画像

石橋和歩被告の彼女や生い立ちは?いじめられっ子の過去も!!

東名高速道路でのあおり運転事故で起訴され懲役18年の実刑判決を受けた石橋和歩被告。あおり運転を繰り返し、被害者に信じがたい内容の手紙まで送った石橋和歩にはいじめられっ子だった過去が。そんな石橋和歩の生い立ちや性格、噂の彼女などをご紹介します。

東名あおり運転事故の概要

東名高速夫婦死亡事故とは、2017年6月5日に発生した、神奈川県の東名高速道路でワゴン車が追突され、一家4人が死傷した事故です。この事故により両親が死亡しました。ワゴン車は、追い越し車線に停車していたが、加害者の石橋和歩に無理やり停車させられました。

2017年6月5日に発生

事故は2017年6月5日午後9時35分ごろ、東名高速道路の下り線で発生しました。事故の前、被害者ら家族の父親が、中井パーキングエリアで、パーキングエリアで加害者の石橋和歩の車が、道路を塞ぐように枠外に駐車していたのを注意します。そのことを逆恨みに思った石橋和歩は、被害者らが高速道路に入ると約1・4キロの間、邪魔をするように走行してきて前を遮りました。被害者らがやむなく止まると、男性と女性が出てきて、注意されたことについて抗議します。両親のうち被害者である父親を引きずり出そうとし、高速道路上で口論をしました。

被害にあったのは4人家族

そこから間もなく、ワゴン車にトラックが追突し、両親は死亡してしまいます。加害者の石橋和歩の知り合いである女性も重傷を負いました。

また直接の事故の原因である、トラックドライバーについては、過失致死傷で書類送検となっていますが、トラック運転手の男性は「左によけようとしてハンドルを切ったが、間に合わなかった」などと説明しています。追突の衝撃でワゴン車は前方に止めてあった石橋和歩の車も巻き込み、約13メートル先の中央分離帯にぶつかって停車しました。

長女の供述

事故について被害に遭った長女は、「事故の直前、パーキングエリアの出口をふさぐように止まっていた白い乗用車に注意したところ、高速道路上を追いかけられ、無理やり追い越し車線に止められた」、「猛スピードで白い車が追いかけてきて、さっき怒った車だってことが分かって、ちょっと逃げようとしたんですけど、車を前につけられてどうしても止まらなくてはいけないふうになってしまって、(男性が)車から降りて急につかみかかって(お父さんが)胸ぐらつかまれて、さっきのはけんかうってるのか、調子乗るんじゃねーよとか、高速道路にお前投げてやろうかとか」と言われたと話しています。

警察の対応

神奈川県警察は6月の事故後、けがをした2人の娘や、加害者の石橋和歩の車に同乗していた女性の聴取に加え、現場付近を当時走行していた車を洗い出して260台以上の運転者らから聞き取りを重ねました。

その結果、「前照灯が左右に何度も動くのをミラー越しに見た」などの証言を得ます。当時走行していた車の一部からは、ドライブレコーダーの映像も回収しています。裏付けを進めたところ、石橋和歩が停車前、極端に接近して走行したり、進路を塞いだりする妨害行為を繰り返した末に、被害に遭ったワゴン車を無理やり停止させていたことがわかったといいます。

ワゴン車にそうした走行は全く確認されず、石橋和歩の説明は虚偽であることが分かっています。

加害者・石橋和歩の暴走

石橋和歩はどのような人物なのでしょうか。また、なざこのようなあおり運転をしてしまったのでしょうか。見てみると、石橋和歩には前科もあったようなのです。詳しくいていきます。

なぜあおり運転をしたのか

逮捕前の10月1日、石橋和歩は取材に対して、「やっぱり言われたらこっちもカチンとくるけん。(中井PAから)普通に高速に出よったから抜かしていったら後ろからあおられて。止まれってことだよねと思ったから、そこ(追い越し車線)で止まった感じです」と答えていました。また「2人が亡くなったんですが」と聞かれると「やっぱりそれは悪いことをしたなって思いますね」と答えました。さらに「悪いことをしたなって言うと?」と聞かれると「そこ(追い越し車線)に止まったから」と、取材に答えていました。

石橋和歩には前科があった

石橋和歩には前科がありました。

石橋和歩は、この事故の1カ月前にも山口県下関市の一般道で、3台の車に同様の妨害行為をしていたのです。5月8日夜、石橋容疑者は下関市の一般道で運転中、時速約10キロまで急に減速します。追い越した車にクラクションを鳴らすなどし、進路をふさいで停車させ、窓をたたきました。

翌9日未明には、ゆっくり走行している際に追い越そうとした車の進路を2回妨害して停止させ、運転席のドアを3回蹴りました。同日早朝にも、追い越そうとした車の方へ自分の車を寄せて衝突します。

手前の信号で青に変わっても10秒ほど発車せず、その後も遅めの速度で走行していました。この時は、山口県警察が自動車運転処罰法違反容疑で書類送検し、起訴猶予処分になりました。

知人の反応

知人によると、加害者は普段から運転が荒く、前方の車が遅かったりすると、無理やり追い越して今回のように停車させることもあり、運転手に「お前遅い!」などと暴言を吐いていたといいます。また加害者は、年2回ほど事故を起こしていて、「当たり屋とかもしていたんですよね」とも話しています。

石橋和歩の容疑は

加害者の石橋和歩は10月10日、自動車運転死傷処罰法違反などの疑いで逮捕されました。捜査関係者によると、事故を引き起こしたとして、直接衝突していない車の運転手を逮捕するのは異例だといいます 。

石橋和歩は、「パーキングエリアで邪魔だと言われ、けんかになった」とトラブルがあったことは認める一方で、「高速道路で追い抜いたらあおられたので、止まれという意味だと思い、止まった」と反論しています。

石橋和歩の手紙が酷い!彼女は?

石橋和歩は2通の手紙がネット上で広まっています。しかし、その内容というのが空気を読まなすぎて炎上してしまいました。それに、彼女の情報もすでに特定されています。

石橋和歩が被害者に当てた手紙に非難殺到

石橋被告の書いた手紙で2通がネットで炎上するほど話題になっています。その1つが、今回の裁判で弁護側が示した謝罪文の中の彼女に関連する記述の部分です。

「お父さんとお母さんを死なせてしまって申し訳ないと思うけれど、この事故がなければ、彼女と結婚する予定でした。自分が支えていきたいので、この事故のことをお許しください」との謝罪文でした。謝罪文で「結婚する予定」という文言はおかしいのではないでしょうか。

”面会するなら30万”

もう1つは逮捕後、面会を申し出るマスコミに対しての手紙です。「オレと面会したいなら30万からやないと受けとらんけん。それが無理なら諦めたほうがいいよ。人のことネタにするのにタダで面会してもらうとか考え甘いばい」という内容でした。

石橋被告に面会を申し出る場合は「30万円を払え!」とマスコミに対し要求の手紙でした。

結婚予定の彼女がいた

謝罪文から推察するに、石橋和歩には結婚予定の彼女がいたようです。その相手は一緒に同乗女性である可能性が高いです。しかし、そのことを謝罪文で明らかにするのは常識的に考えておかしいといえるのではないでしょうか。

事故当時彼女も車に乗車していた

事故当時に彼女も同乗していましたがニュースの報道では彼女の経歴など明らかにされておらず、元交際相手としかでてきていません。

犯行時、石橋和歩は被害者の胸ぐらを掴んでいたようですが、そのときも同乗していた彼女は、「くだらん」などと発言して、石橋の犯行をばかばかしく見ていたようです。

その後、2018年12月3日には、石橋和歩の初公判が行われ、そのとき同乗していた彼女も裁判に参加します。当時同乗していた彼女は、「石橋和歩は頭に血がのぼると周囲の声が耳に入らない性格」と証言しています。事件当時、彼女は石橋和歩の犯行を必死で食い止めようとしていたのは事実のようです。

別のトラブルもあったという彼女の証言

他にも、同乗していた彼女の証言では、2017年6月のあおり運転事件の前にも何度か同じようなトラブルが他者とあったと証言しています。彼女はそのたびに、「いつまでこんなことするの?」となだめることしかできなかったと話しています。

しかし、石橋和歩は普段頭に血がのぼっていない状態のときは、すごく穏やかな性格であり、道路の法定速度もきちんと守る人間だったと話しています。石橋和歩の人間性に関しては、批判されることばかりですが、一緒にいた彼女に関してはかなり人間性の高い方だと分かります。

女性がいるとかっこつけたくなる

石橋の知人の証言によれば、石橋は女性と一緒だと格好つけたくなる性格のようで、2017年6月に起こったあおり運転の事故においても、同乗していた彼女がいたからこそ、被害者を追っかけてキレてしまったのではないかといわれています。

彼女の名前が中尾美穂と特定

石橋和歩があおり運転をした日に一緒に乗っていた彼女の名前は、中尾美穂という方だといわれています。中尾美穂の画像が出回っていますが、一般人ということもあって、ほとんどがモザイクで埋め尽くされています。

見てみると、最近の若者といった雰囲気で非常に綺麗な方だということは分かります。彼女の中尾美穂さんは、福岡女学院大学を卒業しており、学力も教養も兼ね備えた美人な方だったようです。

しかし、その後ネット上では、石橋和歩があおり運転をした日に同乗していた彼女は中尾美穂さんではなく、別の女性だ!といわれるようになっていきました。

つまり、事件が起きた日には石橋和歩は中尾美穂さんとは破局しており、新しい彼女が同乗していたのではないかともいわれています。

加害者・石橋和歩の生い立ちや性格は?

加害者や石橋和歩の生い立ちや性格はどのようなものだったのでしょうか。石橋和歩の家庭環境や普段の生活から今回の事件の原因が見えてくるのかもしれません。そこに迫ります。

いじめられっ子だった石橋和歩

別のあおり運転の際には、「自分は人を殴るために生きている」と叫び、被害者を恫喝した石橋被告ですが、彼の知人によると、そんなモンスターっぷりとはまったく違う、彼の別の表情が浮かび上がってきます。実は、石橋被告は地元の福岡では強烈なイジメられっ子だったというのです。

知人は「つい数年前まで、アイツは地元の仲間の中でイジメを受けていました。普段の石橋は、口数の少ない大人しいタイプ。自分の意見を主張しないので、仲間内でもイジられキャラでしたね。あおり運転で報じられている姿とは違って、強気な態度ではなかったですよ」と証言しています。

いじめの内容について

出回っている写真の中には鼻や唇を塗りつぶされており、額には「肉」と書かれているようなものが見つかりました。額から頭の後ろ側まで、すべてモヒカン型に刈り込まれている写真もあります。さらにモヒカンカットを撮影するためか、正面を向かされている写真もみつかります。

酷いイジメに遭っていたからといって、家族4人を死傷させた罪の重さは、変わることはありません。しかし、暴力は連鎖するということも、間違いないです。

空気が読めない性格

手紙のやりとりからも、空気が読めない性格のようです。さらに、東名に事故の際にも、女性の静止もふりきっています。一家の車に向かっていく石橋和歩に、女性は「やめて、危ないから」と止めたが、反応はありませんでした。石橋和歩が嘉久さんにつかみかかると、子供の泣き声が聞こえました。女性が「子供がいるからやめて」と制止すると、暴行をやめたのです。

かっとなると、誰の注意もきけない状況のようです。

石橋和歩の家庭環境①

石橋和歩は母親と2人暮らしでした。

事件発生当時、両親は離婚済みだったようで、石橋の母親は仕事に明け暮れており、普段石橋とのコミュニケーションはあまりとっていなかったともいわれています。

周囲の噂によれば、石橋和歩の事件が明るみに出て事件が大きく報道されるようになっていくにつれて、石橋和歩の母親はどうしようもない恐怖感で当初住んでいた家から逃亡してしまったともいわれています。

2017年6月に石橋和歩が事件を起こしたあとも、母親はまったくといっていいほどメディアには登場していないので、やはり家族関係はあまり良くなかったのでしょう。

石橋和歩の家庭環境②

石橋和歩の父親はすでに母親と離婚済みではありますが、石橋和歩の父は石橋和歩が幼少期のころは会社を経営していました。

離婚前は、石橋の母親も父親の会社で従業員という立場で働いていたようです。

マスコミ関係者は、石橋和歩が事件を起こした当初に石橋和歩の父親が住んでいる自宅を特定して、取材に行った際に父親は「息子は大人しい性格で、なぜ事件を起こしたのか全く分からない。被害者の家族にはただただ申し訳ない」と取材に応じています。

石橋和歩の家庭環境②

石橋和歩の過去を知る同級生も、学生時代の石橋和歩は非常に暗くておとなしい子だったとコメントしており、父親も石橋のことを優しいという表現は使っていないものの、おとなしいという印象をもっていたようです。

石橋の父親はマスコミに対しては、ありきたりなコメントで謝罪しており、一見石橋とは関わりをもちたくなさそうに見えますが、母にしても父にしても、石橋の親なことにかわりありませんから、心の底では息子のことを一番心配しているのかもしれません。

石橋和歩に与えられた判決は?

石橋和歩は自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)に問われました。しかし、その判決というものがあまり世間では受け入れられていないようで、世間からは批判の声もあるようです。

判決・懲役18年①

この事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の判決公判が2018年12月14日、横浜地裁で開かれ、深沢茂之裁判長は懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡しました。

深沢裁判長は「4度の妨害運転後に停止させたのは密接に関連した行為といえます。死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と述べ、被告のあおり運転と夫婦の死亡に因果関係があると認定し、危険運転致死傷罪が成立すると判断したのです。

あおり運転は事故現場直前のパーキングエリアで乗用車の駐車方法を注意されて逆上したことが発端です。

判決・懲役18年②

判決は「常軌を逸しており、強固な意志に基づく執拗な犯行で結果は重大。家族旅行の帰りに突然命を奪われた無念は察するに余りある」として、被告について「真摯に反省しているとまでは言えない」としました。

一方で、高速道路上で停車させた速度ゼロの状態が同罪の構成要件の「重大な危険を生じさせる速度」とするのは解釈上無理があると指摘し、停車状態で大きな事故が生じたり、事故の回避が困難になったりするとは認められないとしました。

閉廷後、記者会見した裁判員の女性は「さまざまな意見を出し、皆で納得して決めた」と審理を振り返りました。被告の弁護人は「判決理由を検討し、法律の解釈や量刑が妥当かどうか被告と協議したい」と語りました。

判決に世間からは批判の声も①

ネット上では懲役18年では短いとの声が多数あるようなのです。

過失運転致死傷よりも重い罪状に、自動車運転処罰法が定める危険運転致死傷罪があり、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する、と定められているのです。

自動車運転処罰法第二条の第四項には、「人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」とあり、今回のケースはこれに該当する可能性があります。

判決には世間からの批判の声も②

捜査関係者によると、「危険運転致死傷罪」は車が動いている運転中の事故が前提となるといいます。

また、車を停止させる前に繰り返した妨害行為については、妨害行為によってけがをしたり死亡したりしていないことや、大型トラックが突っ込む事故そのものに直結していたとはいえないことから適用できないと判断したといいます。

自動車運転死傷行為処罰法が制定される際に、法制審議会の部会のメンバーを務めた武内大徳弁護士は、「やはり危険運転致死傷罪の適用は難しいと思う」「今回の事故では、妨害行為そのものによって追突事故が起きていれば適用できた可能性はあるが、実際は双方の車が停車し、妨害行為はいったんとまっている。これを危険運転致死傷の類型に入れるのは難しいのではないか」と答えました。

東名あおり運転事故が与えた影響

東名あおり運転は、あおり運転の中でも極めて有名な事件です。そのため、社会に様々な影響を与えました。社会がどのように動いていったのか、その詳細を追っていきます。

取締まりの強化

東名高速における夫婦死亡事故により警察庁は2018年1月、あおり運転の取り締まり強化を通達しました。通達により「車を運転することが著しく交通に危険を生じさせるおそれがある運転者」は「危険性帯有者」とされ、交通違反による点数の累積なしに最長180日間の免許停止処分が科されます。

警察は「あらゆる法令を駆使」し、「厳正な捜査を徹底」し、「積極的な交通指導取締り」を行なっています。

運転者による対策

自動車にドライブレコーダーを搭載するのが有効な対策の一つです。煽られた際の記録が残り、警察や裁判所に提出して、捜査や被害者による告訴の際、有力な証拠となるのです。後方からの煽りに備え、前方用と後方用の両方のドライブレコーダーを搭載すると良でしょう。

あおり運転にあった際、同乗者がいる場合、スマートフォンやデジタルカメラ等で直ちに録画してもらう事も重要です。これは、ドライブレコーダーの死角を撮影したり、追い抜かれる際、相手の車や運転者、同乗者をよりはっきりと撮影する事ができ、相手が下車して迫ってきた場合の記録にもなるからです。

国土交通省は、新車へのドライブレコーダーの搭載の義務化を検討しています。

運転者自身の心がけ

警察庁は、あおり運転による交通事故を防ぐため、運転者に対して以下の点について心がけるよう呼びかけています。

①思いやり、ゆずり合いの安全運転、②キープレフトの遵守、③運転中は周囲の車の動きに注意する、④運転時に安全な速度を心がける、④車間距離を十分に保つ、⑤無理な進路変更や追越しをしない、⑥煽られたら安全な場所に(高速道路等ではSA・PAなど)停車し、危険な場合は110番する

というのが心がけだとされています。

あおり運転に遭った場合の対応

愛知県警高速隊所属の警部補藪上篤史は、あおり運転を受けた場合の対応として以下の点を挙げています。

①絶対に挑発に乗らない、②追い越し車線走行中は、左側の車線へ移動するなどして関わらないようにする、③あおり運転がやまない場合は、サービスエリアなど安全な場所で停車し、110番通報する。その場合、ドアをロックして窓を閉め、警察官が到着するまで車外に出ない

というような対応です。

あおり運転はもはや社会問題

石橋和歩はもともといじめられっ子だったようで、そのことが積み重なって日頃のキレやすさを生んでいるのではないでしょうか。

しかし、その発散という個人的な理由で人の命を奪うことは許されることではありません。あおり運転というのは身勝手な理由で行われています。

これだけのストレス社会において、もはや社会問題というところまできているのではないでしょうか。国の早急な対応が求められるのではないでしょうか。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ