記事ID142371のサムネイル画像

韓国芸能界は闇が深い?枕営業や薬物スキャンダルに給料不払いなども?

キラキラとしたアイドルたちが日本の若者を中心に人気が高い韓国。しかし韓国芸能界の闇は深いと言われており、問題はとても多いようです。そこで今回は韓国芸能界の闇の部分にスポットを当てて、近年問題になっている点を紹介していきます。

【この記事は2019/8/16に更新されました。】

 

韓国芸能界は闇が深いと話題に

最近では、TWICEやBTSなどが日本でも、とても人気になりK-POPブームが再来しているようですね。キラキラした世界にいるK-POPアイドルを目指す日本人も増えているようです。今回はそんな韓国芸能界の裏事情・闇の部分にスポットを当てて、紹介していきたいと思います。

韓国芸能界の闇・女優に枕営業を強要?

これは韓国芸能界に限らず、日本や他の国でも行われていることなのかもしれませんが、韓国芸能界では、枕営業・性接待が横行しているようです。小さな事務所の新人アイドルや女優などの多くは「性上納」と言われる枕営業を避けて通れないとも言われているようです。

2016年には芸能事務所の代表が、女性タレントに枕営業を強要していたとして逮捕されています。しかも被害にあっていた女性タレントは、知名度のある人物であることが報道され韓国ではかなり騒ぎになりました。しかしこの事件も氷山の一角で、枕営業に苦しめられている女性たちは多くいるようです。

台湾アイドルのリン・ウェイリンが枕営業を強要されたと暴露

台湾出身の歌手で人気のアイドルグループ「3EP美少女」のメンバーだったリン・ウェイリンさんが韓国の枕営業について暴露している本を出版し騒動になりました。彼女は、2007年に韓国に進出するも人気が出ることはなかったようです。

そんな彼女たちは”非人道的な扱いを受けた”と言い「韓国の売れている歌手は男女問わず枕営業をしている」とし「自分も枕営業を強要されたが頑なに拒んだ」と話しています。

TWICEや少女時代など人気グループへの心配も

また、アイドルとしてデビューを目指す練習生たちもその被害者で、数年たっても売れない練習生は、ホステスとして働かさせられるということもあるようです。

日本でも人気のグループ少女時代やTWICEも、枕営業を強要されているのではないかと心配の声が上がっているようですが、両事務所とも韓国トップレベルの規模が大きい事務所であり、稼ぎも多いためリスクの高い枕営業をすることはないと思われます。

韓国版「花より男子」出演女優・チャン・ジャヨンが自殺

2009年には、韓国版のドラマ「花より男子」に出演していた女優のチャン・ジャヨンさんが、枕営業を強要された苦痛から自殺してしまうという悲劇も起きています。韓国版「花より男子」は日本でも人気があった作品のため、日本でも驚きと悲痛な声が上がりました。

29歳という若さで自ら死を選んだチャン・ジャヨンさんは、女優として活躍する裏で31人を相手に100回以上の枕営業をさせられていたようです。彼女が残していたメモには「肉体接待を強要されていた」ことや、性接待の相手として大手新聞社やスポンサー企業の幹部の名前が記されていたのだそうです。

チャン・ジャヨンさんの所属事務所社長は逮捕されたようですが、接待相手とされた幹部の人間は書類送検のみだったようです。事務所内に性接待用の部屋まで設備されていたといいますから、本当に恐ろしい世界ですね。現在は法律が厳しくなり、少しずつ減少傾向にあるようですがまだまだ根は深そうですね。

韓国芸能界の闇・薬物スキャンダルで逮捕者続出?

日本芸能界でも薬物スキャンダルで騒動になることが多いですが、近年韓国芸能界でも薬物スキャンダルが騒がれることが多いようです。

大人気グループBIGBANGのT.O.Pが逮捕される

2017年6月に日本でもドームツアーを行うほどの人気があるBIG BANGのメンバーT.O.Pが、大麻を吸引したとして逮捕された事件は韓国のみならず世界中を激震させました。

T.O.Pは、2016年10月にソウル市にある自宅で大麻を4回にわたって使用したとされ、本人が罪を認め公式サイトに謝罪文を掲載されました。しかしその数日後の6月6日に薬物を過剰摂取し、意識不明になった状態で発見され、救急治療室に搬送されたと報道されました。

その後無事に意識は戻りましたが、ファンの心に深い傷を残しています。T.O.Pはその後の裁判で懲役10カ月、執行猶予2年の有罪判決が言い渡されました。

歌手・GAINが「薬物をやらないか」と誘われたと暴露

T.O.Pの薬物スキャンダルと同時期にBrown Eyed GirlsのメンバーGAIN(ガイン)が、恋人チュ・ジフンの知人から薬物使用を勧められたとSNSで暴露しています。

参考人としてGAINと薬物使用を勧めたとされる知人の二人が、調査を受けることになりましたが、不起訴処分となったようです。

同時期に起きた薬物スキャンダルに、韓国芸能界にはまだ明らかなになっていない裏では薬物使用が蔓延っているのではないかと不安がる声も多く上がっています。

韓国芸能界の闇・給料未払い

韓国では先ほど紹介させていただいた通り、枕営業問題、薬物問題もありますが忘れてはいけないのが、給料未払い問題です。
韓国のお金で億単位のお金が出演者に未払いになっていると言われています。

『魔性の喜び』の出演者

2018年の秋頃に放送が終了した『魔性の喜び』に出演されていたソン・ハユンさんとイ・ジュヨンさんがドラマの出演料を払われていないことを明らかにしました。

双方の事務所は制作サイドに対して法的処置を行なっているようです。他にも、ドラマの際にスタイリングやヘアセット・メイクなども人を雇うのに事務所が負担していたそうです。

また、同じドラマに出演していた一部の俳優さんに関してはソン・ハユンさんとイ・ジュヨンさんには支払われていない出演料が全額支払い済みのこともあり大問題となっているそうです。

韓国芸能界の闇・過激なファン(サセン)による被害が多い?

日本でも最近関ジャニ∞のメンバーが過激なファンに対して悲痛な訴えをし、話題になりましたが、韓国芸能界でも人気アイドルたちを追っかけ回す「サセン」と呼ばれる過激なファンが多く、問題になっているようです。

アイドルが過激な追っかけファンに苦しめられている

日本でも人気が高く韓国で絶大的な人気を誇るEXOですが、サセンの被害に長年悩まされているようです。サセンがトイレの中に男装して入ってくるため、トイレ前でメンバーが監視しなければならなかったり、宿泊ホテルのバスルームにレコーダーが仕掛けられていたりと犯罪に近い行為までやりたい放題のようです。

EXOのメンバーベッキョンが、インスタライブでサセンから電話が昼夜問わずかかってくると訴え、ライブ中にもかかってきたサセンの番号を公開するほどでした。何度電話番号を変えてもかかってくるそうで、アイドルたちにかかるストレスは計り知れませんね…

サセンのせいで飛行機が遅延

最近あったのは、日本でも人気のあるボーイズグループWanna Oneが海外日程を終え、韓国に帰国する際の飛行機でサセンによって一般の乗客までもが、巻き添えを食う事件が起こっています。

Wanna Oneのメンバーを近くで見るためファーストクラスのチケットを取っていたサセンと思われる中国人4人が一般乗客の搭乗手続きが終わり、離陸準備に入っていた頃に、突然飛行機を降りたのだそう。そのため安全確認のために乗客が一度出る羽目になり、一時間も出発時間が遅れる事態になったそうです。

当の4人は、チケットの代金を全額払い戻しされたのだそう。こういったサセンファンの迷惑行為は12,000件を超えていると言われ、今回の事件を受け、大韓航空は出国エリアに入場後に搭乗をキャンセルする場合、「ノーショーペナルティ」を値上げする対策を取ることになりました。

韓国芸能界の闇・家族のトラブルが話題に?

最近韓国芸能界を悩ませている問題が、家族トラブル。芸能人本人のトラブルではないものの家族の借金や詐欺などのトラブルが発覚し騒動になっています。

RAINの両親も金銭トラブルで告発される

韓国の某掲示板に芸能人の家族に対する告発が相次いでいて、それを「ビットゥー」問題と呼ばれかなり話題になっています。「ビッ」とは”借金”や”貸し借り”のことを指していて「#MeToo」に因んでつけられているそうです。

人気女優キム・テヒの夫で歌手のRAINの両親に対しての告発文が、掲示板にあげられ騒動になりました。RAINの両親が餅屋を営んでいた時に、告発者の親から借りたお金を返さなかったという内容のものでしたが、現在RAINの母親は亡くなられています。

RAINは、両親の代わりに債務については最善を尽くし、返済するとしていますが、両親の名誉が傷つけられたとして名誉回復のために法的措置を取るとも発表しています。

ティファニーも父親の借金が明るみに

少女時代を離脱したティファニーも、ティファニーの父親から詐欺にあったという告発文が掲示板にアップされ「ビットゥー」問題に巻き込まれ苦しい立場に置かれています。

ティファニー自身も父親から借金を返済するよう圧力をかけられ、メンバーや家族に被害が及ぶのではないかと考え、ティファニーが父親の借金を過去数回代わりに返済していたといいます。それでも父親とその関係者からの脅迫は無くならなかったために、7年前に関係を整理した告白。

被害にあった方への謝罪文とともに、自分の苦しい過去を明かさなければいけない事態になってしまったようです。

韓国芸能界は今後どうなっていくのか

韓国芸能界の裏側・闇の部分について紹介してきました。もちろん韓国芸能界に限った話ではないのですが、自殺など命にかかわる事件も多くあり、今後改善が早急に必要とされていますね。悲しいニュースや事件がこれ以上起こらないことを祈るばかりです。

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事