記事ID142283のサムネイル画像

愛子様の激やせの原因は拒食症?現在の写真は?影武者と替え玉の真実

皇室の愛子内親王こと愛子様が激やせと話題騒然。現在の写真を見ると、確かに昔に比べて愛子様は激やせしています。もしかして拒食症の病気なの?すでに2018年に死亡して本物ではなく替え玉、影武者ではないか?との噂までありますので写真を調べてご紹介します。

【この記事は2020/1/7に更新されました。】

写真を見て唖然!皇室の愛子さまの激やせは拒食症?

写真を見てびっくりしました。皇室の愛子内親王こと愛子様が、激やせしているではありませんか?

愛子様がすでに死亡して、替え玉や影武者を使っているとの噂まであります。もちろん愛子様ご本人だとは思いますが「愛子様激やせ」の原因は病気なのでしょうか?写真を見ながら真実にせまります。

愛子様の激やせは拒食症という病気なの?

中学3年生だった当時の愛子様。写真を見る限りではもはや病人レベルの激やせぶりです。

確かに思春期真っただ中だとしても、自分の容姿をここまで激やせさせる人はそうそういないですね。病気なのでしょうか?それともダイエットの影響でしょうか?

愛子様の激やせスタートは2017年の夏ごろから

愛子様の激やせぶりが写真でもわかるようになったのは、2017年の夏ごろです。

宮内庁が、愛子様の中学校での状況を語りはじめたからです。9月上旬から学校へ行かなくなり不登校が続いたとのこと。診察を受けると、休養が必要と診断され11月まで40日間学校を休みました。

激やせしたときに愛子様の症状は、写真からはわかりませんが担当医は「めまいやふらつきが見られる」と伝えました。

愛子様、激やせ写真の原因は拒食症ではなくダイエット

中学校3年生だった愛子様。2017年の夏ごろから急激に体重が落ち、激やせした写真でまわりを驚かせました。

最初は、心身的なストレスで拒食症になったのではないか?と噂されました。しかし、宮内庁担当者によると原因は、拒食症の病気ではなく思春期によくあるダイエットだったのです。

愛子様が激やせダイエットに取り組んだのは、お母さんである雅子さまの影響が大きいそうで、何事にも一度はじめたら最後までやり通すタイプが似ているらしく、その結果が激やせ写真の状態だったのです。糖質制限ダイエットで食欲が落ちていったというからなおさら心配になりますね。

みんな大好き!愛子さまのプロフィールと性格とは?

みんな大好き、皇室の愛子さまですが一般庶民の私たちとは違いベールに包まれた部分も多いですね。

愛子さまの簡単なプロフィールと、どういった性格でおられるのか?宮内庁の取材などを調べましたのでご紹介いたします。

愛子様のプロフィール

生年月日:2001年12月15日(17歳)

出生地:東京都千代田区皇居

続柄:皇太子徳仁親王第一女子

称号:敬宮(としのみや)

全名:愛子

敬称:殿下

お印:ゴヨウツツジ

父親:皇太子徳仁親王

母親:皇太子妃雅子

 

愛子様も写真を見る限りではずいぶん大きくなられましたね...

小さいときは激やせの様子もなく、健康体そのものです。お印とは日本皇族が身の回りの品に使うシンボルマークのことで、愛子様のゴヨウツツジは皇太子ご夫妻が「純白の花のように純真なこころを持った子供に育てばいいな」と願いをこめました。

愛子様というお名前は、三人の学者が協議して候補から選ばれたそうで、最終的に3つにしぼられた後ご夫妻は、天皇両陛下に相談して「愛子様」に決定しました。

激やせ愛子様の性格

激やせした愛子様の生まれたころの写真を見ると、現在とまるっきり違うのがわかります。愛子様はA型と言われています。皇族の血液型については公式な発表がないので、決定ではないのですが雅子さまと皇太子さまがA型ですので、必然的にA型になる確率はあがりますね。

では、愛子様の性格はどういったものなのでしょう?もともと皇太子夫妻が住まれる東宮家では、ピッピとまりという犬を2匹飼っており、まりが死んだあとはゆりという子犬を飼ったのですが、ピッピが死んだときに子猫を2匹飼い足しました。その子猫の名前を愛子さまが「ニンゲン」と名付けたことが国民を上から見ている!と話題になりましたね。

写真のように愛子様が激やせになる前の幼少期、ときどき「あいさつやお辞儀ができない」「学校の友達とコミュニケーションがとれていない」という情報が流れていました。どうやら引きこもりまではいかなくても、人付き合いが苦手なようで皇族ではなくても現代の若い人にも増えている傾向なので親近感がわきます。現在は中高と上がられて、思春期に入られて「激やせ」の写真以外は応対もきちんとされていて改善されています。

愛子様の激やせ写真。病気で死亡し影武者・替え玉を使ってるって本当?

2017年12月、激やせ写真が話題となった愛子様。炭水化物抜きダイエットをはじめて体重も37kgまで激減しました。

そんななか、愛子様がすでに死亡していて「替え玉」「影武者」がいるのではないか?と根も葉もない噂が流れています。本当なのか調べてみました。

激やせ写真の愛子さま替え玉・影武者説

愛子様が、ダイエットのため38kgと激やせしたため巷では「愛子様には影武者がいるのではないか?」という噂があがりました。

激やせした愛子様は、実は別人で影武者がいるというから笑えますね。

研究している人も暇人かもしれませんが、どうやら左手や歯の形、そして耳の位置も本人と違う!と細かい部分まで指摘されているので開いた口がふさがりません。

激やせ愛子様には、影武者はいない

愛子様が、写真の中で「影武者・替え玉がいる!」と騒がれたのには理由がありました。まず、愛子様は2015年から公の場に現れなかったことがあげられます。このことで、愛子さまは実は二人いて、今回の写真の激やせ側の人が影武者だというのです。

しかし、いくら別人であると噂されても愛子様の通う学習院の同級生ならすぐに見分けがつくでしょうし、嘘はごまかせません。愛子様が写真のように女性らしく成長したため、周りの人は影武者疑惑を作ったのです。

愛子様の耳の位置と歯並びやホクロも、影武者にはないと噂され写真で確認しました。しかし痩せてからの愛子様も同じような場所にホクロがあり歯並びも一緒ですので、替え玉説・影武者説はどうやらないようです。

愛子さま激やせからの激太り?現在の写真はどうなってるの?

激やせ写真で心配された愛子さま。ほとんどガリガリで骨と皮だけのような痛ましい写真でしたが、現在はどうなってるのでしょうか?

愛子さまの激やせは解消された?それともまだ激やせが続いてる?くわしく調べました。

愛子様の激やせ写真が最初に公開された日

愛子さまの激やせ写真が最初に公開された日は、2016年の12月でした。

場所は宮内庁で、敬宮愛子さまの誕生日である12月1日に撮影されたものです。いかがですか?あまりの激やせぶりにびっくりです。写真では頬骨がろこつに出ているのが確認できます。

宮内庁東宮職の方の話ですと、この頃の愛子さまは「少し痩せて、ふらつきはありますが心配ない」と発表されていますが、心配しますよね~

愛子さま激やせから激太りの写真

写真を見て再びびっくり!2017年12月から翌年2018年2月までは、激やせした愛子さまでしたが、なんと8月には再びふっくらとされて激太りしているじゃありませんか。なんと15kgも体重が増加したとのこと。

一時は過激なダイエットから、摂食障害になったのではとかなり心配されていた愛子さまでしたが、写真を見る限りではまた前の体重に戻ったようなふっくらプリプリとされています。

2018年夏に3週間のイギリス留学をされていたので、その影響でしょうか。しかし愛子さまは高校生ですので、高校生の時はどうしても女性ホルモンのバランスで、激やせからふっくらとした体つきになったりと不安定になるものですね。

18歳になられた愛子さまのお姿は…?

2019年12月に18歳になられた愛子様。
激痩せした様子もなく、お元気そうですね。
心なしか大人の落ち着いた雰囲気も感じられるような。
今後は大学進学における進路選択の話題が増えそうです。

これからも健康に過ごしてほしいですね!

他にもいた!愛子様のように激やせ・激太りした有名人

激やせで写真検索すると、どうしても愛子さまばかりが目立ちますが、過去にはいろいろな有名人が極度のダイエットで激やせして、再び激太りしています。

どんな有名人が、愛子さまのように激やせしたのか?写真をおもって見てみましょう。

拒食症と過食症を繰り返す芸能人たち

女優さんの場合は役柄なのか、愛子さまの激やせ写真のように拒食症なのかな?と疑うような痩せ方をする人がいます。


ぎゃくに写真で見てみると、一時的なストレスから体重が増えることがあるようですね。ストレスがたまるとそれを食べることで解消することはよくあります。


しかし、こうやって写真で残ってしまうと、黒歴史のようであとからほじくり返されるので芸能人はつらいですね...

激やせ愛子さまの今後を応援し続けよう

一時期は、激やせ写真で国民を心配させた愛子さま。それでも現在の写真を見る限りでは、昔のようにぷくぷくっとしたふっくらなほっぺが戻ってきています。

激やせから15kg太った愛子さま、イギリス留学を経てこれから大活躍される日も近いので応援し続けたいですね!

愛子さまに関連する記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ