記事ID141996のサムネイル画像

愛子様不登校の原因は?激痩せ影武者説もある現在の様子まとめ!

小学生の時から取りざたされてきていた愛子様の不登校。中学校でも引き続き不登校の様子だという声も。しまいには激痩せによる激変で影武者説が浮上しているレベル?今回は愛子様の不登校の理由と激痩せの真相、影武者説についてまとめています。

愛子様不登校の原因は?激痩せ影武者説もある現在の様子まとめ

小学生の時から何かと話題にのぼる愛子様の不登校のニュース。中等部に入られても不登校や遅刻は続いていたようです。今回はそんな愛子様の不登校の原因について調べてみました。また、激痩せと言われてしまうくらいガリガリになってしまった愛子様。別人すぎて影武者説まで出るほど。

激痩せの原因はストレス?拒食症なのか、はたまた影武者なのかも調べてみました。現在の愛子様の様子についてもまとめています。

愛子様のプロフィール

呼称:愛子内親王(あいこないしんのう)
生年月日:2001年12月1日
続柄:皇太子徳仁親王第一女子(今上天皇皇孫)
称号:敬宮(としのみや)
全名:愛子
身位:内親王
敬称:殿下
お印:ゴヨウツツジ
父親:皇太子徳仁親王
母親:皇太子妃雅子

2001年12月1日14時43分、皇太子徳仁親王と同妃雅子様の間に東京都千代田区の宮内庁病院で出生されました。

身位は内親王

皇室典範に定める敬称は殿下だそうです。住居は、東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある東宮御所。名と称号の由来は「仁者は人を愛し、礼ある者は人を敬ふ。人を愛する者は人恒に之を愛し、人を敬ふ者は人恒に之を敬ふ」に拠る。

名前の由来さえ難しすぎて分かりにくいですが、『愛子』という名前は良い名前ですよね。お生まれになった時、真似をして『愛子』と名付ける人も多かった印象があります。

女性皇族として最年少

21世紀(3千年紀)に生まれた初の皇族で、2018年現在、女性皇族として最年少なのだそうです。現在まだ17歳の愛子様ですから、まだまだこれからがとても楽しみですよね。

愛子様が不登校?原因は?

今回の問題は、宮内庁が2010年3月5日、定例会見で明かすという異例の展開で始まりました。それによると、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは、同じ2学年の複数の男子児童から「乱暴」を受けていたというのです。その具体的内容は明かしませんでしたが、事実であれば大問題ですよね。

原因はいじめ?

愛子さまは、10年3月3日から不登校になり、8日になって雅子さまの付き添いでようやく登校を始められました。当時通っていた学習院側は『いじめ』は否定しています。『愛子様への暴力は無かった』とのこと。

報道によると、09年7月から複数の男子児童がカバンを投げ上げたり、廊下を走ったりして、愛子さまにも迷惑がかかっていたそうなのですが、愛子様への暴力は無かったそうです。児童らに注意をし、11月にはこういう迷惑行為も無くなったのだそうです。

ショックを受けたのではという見解

学習院では、会見で、男子児童が猛スピードで走ってきたため、愛子さまは当時のことを思い出してショックを受けたのではと説明しました。

『定義の問題もあると思いますが、こちらとしては学級崩壊があったとは認識しておりません。一般の人から『気にしないで頑張れ』『宮内庁の発表には違和感がある』との意見もいただいています。今回の件で、保護者からの反応も特にありません』という風に学習院側は仰っています。

中学でも引き続き不登校

中学1年生の1学期から再度、不登校が続いた愛子様。それに対して同級生の不満もあったようです。思春期の中学生にとって愛子様だけが特別扱いされている状況が許せなかったのかもしれません。12月1日、13歳になった愛子様。中学生になられて初めての誕生日にも、学校に姿を現す事は無かったのだそう。

学校内でも愛子様の不登校が話題に

一学期後半から始まった愛子さまの“不規則な登校”。遅刻や欠席の回数が増え、さらには期末試験や終業式までも欠席されました。心配の声が高まるなか、二学期がスタートすると、その状況は悪化し、“午後登校”を繰り返されていたそうです。

そんな状況に同級生たちは『生徒たちの間では、“今日は2時だね”とか“ちょっと今頃登校してるわよ”、“あっ、今日はお早い登校で…”などと愛子さまの登校時間について話題にする機会が増えているようなんです。』など話題になっているのだそうです。

『当然のように遅刻が繰り返されていく愛子さまの不自然な状況に、生徒たちが疑念を強く抱くようになったんです。

それで、中等科の上級生の有志数名が団結し、最近になって自分のクラスの主管(担任教師)に“私たちは遅刻しないように、まじめに登校しているのに、なぜ愛子さまだけが自由な時間に登校しても許されるのでしょうか?”と説明を求めたそうです。』

愛子様の激痩せ姿が別人?

ふっくらとした顔立ちをしていた愛子様ですが、いつの間にかほっそりと激痩せしてしまっているようです。それにより、愛子様の影武者説が浮上しました。様々な検証サイトまで出ている始末です。どういった事なのか見ていきましょう。

愛子様の激痩せは公務の重圧?

公務の重圧、もしくは過度なダイエットによる拒食症が原因ではないかと言われている愛子様の激痩せ。画像を見ても不健康そうで心配になりますよね。痩せている方がキレイに見えるという考え方からダイエットを行い拒食症になったという見方が多いですね。

拒食症なの?

『摂食障害』は、思春期の女性が『ダイエット』をきっかけに発症することが多く、食事制限がエスカレートする『拒食症』や、反動で食べては嘔吐を繰り返す『過食症』になることもあると言われています。

夏休み中の愛子様はほっそりという印象でしたが、一部で掲載された2学期が始まってからの愛子様は『激痩せ』『ガリガリ』という感じで心配されていました。

あまりに痩せすぎて影武者説も

激変ぶりに「別人」「痩せすぎ」などという声が上がっている中、「影武者がいるんじゃないか?」とまで言われています。果たして愛子様の影武者は存在するのでしょうか?愛子様の影武者は3人いるともいわれています。詳しく調べてみました。

影武者は3人いた!

幼少時は、もっとたくさんの「愛子様」が用意されていた形跡がありますが、今現在のこっているのは、本物愛子さまと、ダミーの愛子様が2名と思われます。『敬宮愛子様』は、少なくとも3人いらっしゃるようです。

本物の愛子様とダミー愛子様、影子と呼ばれるもう1人の愛子様。

影武者の証拠①

ある考察では2015年よりも2014年当時の愛子様の方が身長が高くなっている事から、やはり愛子様には影武者がいるといいます。撮影している角度にもよるものではないかとも思いますし、まだちょっと信じられませんね。

影武者の証拠②

ずっと以前よりネット上で指摘されていた愛子様と影武者の違い。『影子には八重歯があります。耳の形も位置も違います。』だそうです。これは分かりやすいのではないかと思います。確かに検証画像を見てみると違う事が分かります。八重歯があるというのは決定的な違いだと思います。

影武者の証拠③

愛子様は歯並びが特徴的なので、小等部の『歯並びの良い愛子様』は別人である可能性が高いのだそうです。『影子でもない、愛子様にも見えない。もう一人いることがわかりました。「健常児アピール」には、必ずダミー愛子か、影子を使用してます。』とのことです。

前歯に隙間がなく、さらに、左上に犬歯があります。耳の長さが若干長いこと、耳の位置が若干高いところにあるということ。それ以外の、素材やデザインは、全て本物の愛子様と同じです。クローンか、試験管ベビーの双子かもしれません。まるで映画の世界のようですが、こんなことが本当に起こっているのでしょうか。

愛子様の影武者説、真相は闇の中

2014年の愛子様より、2016年の愛子様のほうが背が小さいですね。成長期にある愛子様の背が、何故、1年前より低くなるのでしょうか。色々と証拠もあり、影武者は実際にいると思ってしまいそうですが、成長期の愛子様ですから、見た目の変化は多少なりあると思います。愛子様の影武者説についての真相は闇の中ですね。

現在の愛子様

様々な噂が飛び交う愛子様ですが、現在の愛子様はどのようないで立ちなのか、気になる現在の愛子様についてみていきましょう。

2017年3月、愛子様が中学校を卒業

学習院女子中等科に通っていた愛子さまが、2017年3月に無事に卒業しました。『午前9時過ぎ、愛子さまは皇太子さまと雅子さまとともに学習院女子中等科の卒業式に晴れやかな笑顔で向かわれました。』この時の愛子様はほっそりという感じでガリガリでは無かったですね。

『先生方とお友達に恵まれて、楽しい3年間を過ごすことができました』と記者の方の問いかけに答えていらっしゃいました。

平和への思い

また、愛子さまは、卒業記念の文集に「世界の平和を願って」と題した文章を寄せられました。去年5月の修学旅行で広島の平和記念公園を訪れたことにより、「意識が大きく変わった」と振り返り、「『平和』は人任せにするのではなく一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくもの」などと平和への思いをつづられました。

愛子様の不登校や影武者について

愛子様の不登校はいじめが原因とも言われていましたが、学習院側は否定されていた事から、いじめでは無かったようですね。少し乱暴に遊ぶ男の子に驚いただけなのかもしれません。影武者説については真相は分かりませんが、愛子様は3人いると言われています。愛子様についてのまとめでした。

この記事を読んだ方にオススメ記事3選!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ