記事ID142161のサムネイル画像

大友勝二(宇都ノ宮晃)が逮捕!栃木のプリンスに一体何があったのか

栃木のプリンスこと大友勝二さん。ホテルニュー塩原が誇るプリンスとして「月曜から夜更かし」に出演したこともあります。ところがそんな大友勝二さんが逮捕されてしまいました。プリンスとまで言われる立場になったのに、大友勝二さんはなぜ罪に手を染めてしまったのでしょうか。

大友勝二が逮捕!その事件の真相は

栃木のプリンスとして知られる大友勝二さんが逮捕されるという事件が起きました。なんと、その罪は児童買春。王子様がなぜそんなことに手を付けてしまったのでしょうか。

大友勝二ってどんな人?

「月曜から夜更かし」に出演したこともありますが、大友勝二さんについてあまり良く知らない人も多いでしょう。ということで、まずは大友勝二さんがどのような人物なのか、そのプロフィールから見ていきましょう。

大友勝二のプロフィール

名前:宇都ノ宮晃
本名:大友勝二
出身地 :北海道
現住地 :栃木県
職業:歌手

栃木のホテルニュー塩原などを中心に歌手活動をしていた大友勝二さん。演歌歌手として、住み込みで働いていたといいます。メディアにも姿を出すことがたびたびあり、徐々に知名度を高めていました。

ホテルニュー塩原

年間で63万人、一日で630人が訪れるという大人気のホテルです。温泉やディナーのバイキングなどが魅力で、リピーターも続出とのこと。

このホテルに、大友勝二さんは住み込みで勤務していたようです。しかし、大友勝二さんが事件を起こして逮捕されたしまった後は、ホテルニュー塩原のホームページなどからは大友勝二さんの情報が抹消され、何事もなかったかのように運営されています。

大友勝二の事件の全貌は?

児童買春という罪に手を汚してしまった大友勝二さん。一体なぜ、どのような経緯で事件は起きてしまったのでしょうか。

2017年3月事件が起きる

事件が起きたのは2017年3月のこと。16歳の少女に現金4万円を手渡しみだらな行為をし、さらに少女の下着を購入したと言います。

また、大友勝二さんは相手の少女に対し、高校の制服を持ってくるよう指示していたとも言われています。黒いキャップなどをかぶって顔を隠しながら、渋谷で少女と待ち合わせ、そのままホテルに行き、行為に及んだのだそうです。当時、相手の少女は高校一年生でした。

犯行の動機はストレス解消

大友勝二さんがそのような行為に及んでしまった理由として、本人曰く「ストレスを解消したかった」とのこと。このストレスの元については、いろいろな憶測がなされています。

ホテルで住み込みで働いていたのが苦しかったのではないか、40過ぎても独身でやけになっていたのではないか、などと言われているようです。

大友勝二の事件が発覚した理由

大友勝二さんの事件が発覚したのは、相手の少女の暴露によるものだったといいます。相手の少女は大友勝二さん以外の男性とも同じようなことをしていたのですが、ある時他の男性とトラブルを起こし、警察沙汰になってしまったそうです。

その結果、少女は警察に過去のことを聞かれ、そこで大友勝二さんの名前が上がったのです。そのため、事件が起きたのは2017年3月ですが、実際に大友勝二さんが逮捕されたのは2017年6月の事になりました。

ホテルでの大友勝二の姿は?

最初に大友勝二さんという名前を聞いて、知らないと思った人も多いはず。しかし、プリンスの名前は伊達ではありませんでした。かなり人気が高く、今でも復帰を望んでいるファンは多いと言います。

2012年8月から活動

大友勝二さんがホテルニュー塩原で働き始めたのは2012年8月のことでした。歌謡ショーを行い、芸名である宇都ノ宮晃は『宇都宮』と『日光』に由来すると言います。土曜日以外はほぼ毎日歌謡ショーを行い、連日150~200人が訪れるほどの盛況ぶりだったといいます。

芸能界にデビューしているわけでもないのに、毎日150~200人もの人が訪れるというのは相当なものです。長らく活動を続けてきたのが実を結んだということかも知れません。しかし、土曜日以外はほぼ毎日の活動で、住み込みの勤務だったことからも、いろいろとストレスや不安が募ることもあったのではないでしょうか。

大友勝二の収入

毎日150~200人も集めるとなると、ホテルニュー塩原にとっても大友勝二さんは大きな戦力であったはず。そのため、相当なギャラを受け取っているのではないかと思われます。

ところが、ギャラはないのだそうです。完全に成果型報酬であり、売れた「おひねり」が収入源だったそうです。おひねりというのはチップのようなものですから、額も僅かばかりで、1本売れても500円程度だったそうです。

さらに、60人を集めなければクビにされると宣告されていたようです。少しでもファンを獲得しようと大友勝二さんは必死だったでしょう。こういったこともストレスになっていたかも知れません。

生活環境も過酷

また、大友勝二さんは生活環境もあまり良くなかったといいます。食事はホテルのバイキングの残り物、寝る部屋は楽屋だったといいます。

しかしそれでもファンに好かれることを意識し、徹底的なファンサービスを心がけた大友勝二さん。そのおかげで、中高年の根強い女性客を獲得でき、一度の歌謡ショーで10万円を大友勝二さんに投じる人もいたそうです。

そして徐々にテレビにも出始め、これから花ひらくという時期に、大友勝二さんは事件を起こしてしまったのです。ただ、性犯罪は常習性が高いと言われるため、もしかしたらこれまでも見つからなかっただけで、ずっと繰り返してきたのかも知れません。

ブログは更新されていない

予断ですが、大友勝二さんはブログを開設したものの、何も投稿していなかったといいます。ホテルでの活動でファンはたくさんいたので、そのブログに訪れた人も少なくなかった様子。しかし、何も投稿されておらず、プロフィールしか記入されていなかったといいます。

ただ、週に6回の歌謡ショーに、空いた時間には売春をしていたわけですから、なかなかブログに投稿する内容も時間もなかったのかも知れません。このブログが更新されていないのも、大友勝二さんの闇を物語っているのかも知れませんね。

大友勝二には夢があった?

大友勝二さんには夢があったそうです。自らやってしまった罪によってその夢をつぶしてしまう形になりました。では、どのような夢を抱いていたのでしょうか。

大友勝二の父は紅白に出ることを夢見ていた

大友勝二さんのお父さんは、紅白に出ることを夢見ていたといいます。そのお父さんも、お母さんも歌が好きで、大友勝二さんも一緒に民謡を歌っていたといいます。

これが、大友勝二さんが歌の道に進むきっかけとなりました。そして、いつの日か紅白に出ることを目標に掲げたのです。

ホテルニュー塩原と出会う

大友勝二さんは北海道出身です。ある時栃木を訪れたときに出会ったのが、ホテルニュー塩原。大きなホテルで、ここで歌えば多くの人に聞いてもらえると感じたそう。その時には不安感もほとんどなかったと言います。

そして、ホテルニュー塩原で活動を始めます。持ち歌はもちろんのこと、そのほかにも演歌や歌謡曲、さらにはアニメソングなど幅広く歌うことで、ファンを増やすことに専念しました。

そうして地道な活動を続け、テレビに出るまで知名度を高めることができたのです。

ホテル従業員の評価も高い

大友勝二さんはホテル従業員からの評価も非常に高かったと言われています。いつもまじめで礼儀正しく、知名度も上がってきたためそろそろ紅白出場も実現するのではないかと言われていたほど。そういった性格だからこそ、異名が「プリンス」だったのかも知れません。

それほど周囲から好かれていたため、擁護する声や復帰を望む声も多くあります。ただ、ホテルから出される厳しい条件や、常に周りに気を遣ってファンを獲得しようとすることに疲れ、少女に手を出してしまったのでしょう。

ストレス耐性は資源ですから、ある部分に割り当てると他の部分がおろそかになってしまうと言います。外で評判が良い人が身内の前では豹変するなど、珍しい話ではありません。

大友勝二の更生を願おう

大友勝二さんの犯してしまった罪や、ホテルやファンからの評判などについて紹介しました。今でも根強いファンが待っているのですから、心を入れ替えて再び歌を聞かせてほしいものですね。

関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ