イヤミ課長・木下ほうかは韓国人?ヤンキーだった?過去を徹底調査!

「痛快TV スカッとジャパン」のイヤミ課長としても、認知されている木下ほうかさん。そんな彼には「ヤンキー説」「韓国人説」など沢山の噂がありました。木下ほうかさんファンの方からすると、気になりますよね?この記事では、木下ほうかさんの噂を徹底調査しました!

木下ほうかって韓国人なの?

代表作だとバラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」、他にも映画や舞台などでは、個性派俳優として活躍されている木下ほうかさん。スカッとジャパンではイヤミ課長の役で、お茶の間を笑いの渦に巻き込んでいます。

課長役をしているあの顔を思い浮かべると、「ムカつくな〜」なんて思う方もいるのではないでしょうか?そんな木下ほうかさんですが、ネットなどの噂では「韓国人ではないのか?」ということがささやかれていました。

これは調べずにいられないということで、この記事では本当に木下ほうかさんは、韓国人なのか、どんなきっかけで噂が広まったのか、経歴などを含め紹介します。木下ほうかさんのテレビで見る一面と違った顔をみたい方にはオススメですよ!

木下ほうかのプロフィールは?

韓国人とも噂されている「名課長」木下ほうかさん。そもそも彼はどんな場所で生まれ、育ち、どんな活動をしているのでしょうか。あの嫌味ったらしい課長を演じられるなら、さぞ「変わった性格をしているんでしょ」なんて偏見を持っている方もいると思います!

そんなあなたの疑問を解決するために、木下ほうかさんのプロフィールを紹介します!

木下ほうかのプロフィール!

本名:木下 鳳華(きのした ほうか)
生年月日:1964年1月24日(54歳)
出生地:日本 大阪府大東市
身長:173 cm
血液型:O型
職業:俳優、タレント
ジャンル:映画・テレビドラマ
活動期間:1980年代 -

木下ほうかは大阪府出身だった!

木下ほうかさんは韓国ではなく、大阪府出身でした。大阪に生まれ育ち、最終的には大阪芸術大学を卒業されています!大阪芸術大学を卒業後には、吉本興業大阪本社に入社し吉本新喜劇に入団したのだとか。

もう、このお話だけ聞くと生粋の大阪っ子ですよねぇ?一方で、韓国人だという噂もありますし、木下ほうかさんには何か秘密がありそうですね。

上京をしたのは島田紳助のおかげだった!

そんな大阪っ子だった木下ほうかは吉本新喜劇に入団後、わずか3年で退団しました。理由は3年間の間に、目立った活躍ができなかったことだそうで、退団後に上京を決めます。その決断を考えさせたのは、今は引退している「島田紳助」さんなんだそう!

島田紳助さんに「ほうか、役者をやりたいんやったら、やっぱ東京行かなあかんやろ?」と言われ、上京後も料理を振舞ってもらったりと可愛がってもらったのだとか。島田紳助さんと木下ほうかさんは良好な関係だったのですね!

木下ほうかの主戦場はVシネマだった!

木下ほうかさんは韓国人と噂されていますが、上京当初の映画出演作では、主に純日本テイストな「Vシネマ」に出演していたのだとか。悪そうな役を演じることが多かったようです。

しかし木下ほうかさんは、悪そうな役ではなく、明るいキャラクターを演じたかった、とも述べていました。希望していない役でも、難無くこなす木下ほうかさんは素敵ですね!

木下ほうかは空手の有段者だった!

木下ほうかさんは空手の有段者でした。初段を取得されていて、現在もキックボクシングが趣味なのだそう。見た目も華奢でインテリジェントな印象もありますが、実は運動が好きな方でした。ここまで見ても、木下ほうかさんの仕事や趣味などには驚かせられますね!

木下ほうかが韓国人との噂は?

役者という夢を志し上京を決断した木下ほうかさん。現在では沢山の地上波のバラエティ番組などにも出演していますが、当時は吉本新喜劇で結果が出ず、退職するなどの苦労もたくさんしてきました。

その苦難を乗り越え、徐々に認知されるようになり、お茶の間ででは「あの人は誰だ?」なんて噂されるようになり、それと同時に「韓国人ではないのか?」とも言われるようになりました。

韓国と木下ほうかの関連性は名前だった!

木下ほうかさんが韓国との関連性は、プロフィールでも紹介しましたが「木下 鳳華」という名前が関わっていました。漢字で鳳華(ほうか)と読みますが、韓国語だとポンファと読めるのだとか!

お名前は木下ほうかさんの祖父が命名したそうです。読み方も難しく韓国名でも読めるため、韓国人と噂されてもおかしくないですよね?これが1つ目の理由でした!

木下ほうかと韓国との関連性は映画だった!

木下ほうかさんは2000年に「sWinG maN」という映画に出演していました。この映画の出演者欄のとこに記載してあった、名前も噂に関連しているそうです。木下ほうかさんはプロデューサーも兼任していたので、プロデューサー欄のに名前が記載されていたそうですが、「朴鳳華」の名義だったそうです。

「sWinG maN」には木下ほうかさん他に、宮崎あおいさんも出演しています。木下ほうかさんにとっては、「sWinG maN」は始めて主演映画となり、大変思い出深い作品だと予想されますね。

木下ほうかの本名は韓国名「朴鳳華」だった!

韓国や日本など、場所にとらわれず活躍をしている木下ほうかさん、本名が朴鳳華なのだそうです。現在も俳優業以外では、朴鳳華の名前を利用しているそう。

韓国から帰化したとも噂されていますが、このようなエピソードからも、木下ほうかと朴鳳華の2つの名前で活躍しているため、帰化している可能性は低いですね!

共演者・寺島進が木下ほうかに放った韓国を連想させるキーワード!

韓国人だと連想させるエピソードは、ゲームの新作発表会でも起こっていました。PS4用ソフト「龍が如く 極2」の新作発表会で、同ゲームに出演している寺島進さんが「ステージに上がっている何人かは朝鮮人!」だと発言したのです。

そのことによって「木下ほうかさんもステージ上の朝鮮人の一人に入っているのでは?」と話題となったことがありました。

木下ほうかはヤンキーだった?

韓国人と噂されていた木下ほうかさんには、もう一つ噂されていることがありました。それは「ヤンキー説」です。

木下ほうかさんは元ヤン説がインターネット上で噂されており、この噂についても、真相を突き止めてみました。ゴシップ好きな方にオススメのエピソードです!

木下ほうかさんの髪型がヤンキー!

木下ほうかさんが元ヤンだと噂されるようになったのは、「学ランオールバックで、バイクに乗っていた」写真が流出したからだと言われています。

生まれつき裕福な家庭に育ちましたが、高校生になるとヤンキーファッションが流行り、目覚めたのだそう!しかし、ヤンキーというわけではなく「当時の流行がヤンキーだったから取り入れた」と本人はおっしゃっています。

しかし、頭に剃り込みが入っていてオールバック。それに加えてバイクにまたがっている高校生なんて「ヤンキー以外の何者でもないじゃないか!」と思っちゃいますね!

木下ほうかの趣味がバイク!

ヤンキー説がで噂されている木下ほうかさんは、当時からバイクが大好きと語っています。「ハーレー」や「400CCのオートバイ」に乗っていたりしていて、現在はヤンキーというより、お洒落に乗りこなしている「オシャレ親父」といったイメージでしょうか!

つるの剛士さんのブログにも、三船美佳さん、つるの剛士さん、木下ほうかさんのバイクを並べた3ショットが公開してありました。ツーリングロケだったそうですが、バイクが趣味なんてお洒落ですよね!

木下ほうかは韓国と大いに関係があった!

現在、「痛快TV スカッとジャパン」のイヤミ課長としても有名な、木下ほうかさんは大阪生まれでした。裕福な家庭に育ち、大学卒業後には吉本新喜劇に入団しました。しかし、入団当初はうまくいかず、わずか3年での退職を決意します。

退職後は大先輩「島田紳助」さんに誘われ、状況の道に。上京後は、今のイメージとは違った、「Vシネマ」などで活動していました。韓国人と噂されていましたが、名前や韓国での活動によってということがわかりました。

過去にはヤンキーだったと言われておりましたが、それはファッションだけで、実際はオシャレ親父でしたね。これからも「イヤミ課長」木下ほうかさんを、心よりみんなで応援していきましょうね!

オススメの関連記事!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ