記事ID140466のサムネイル画像

愛子さまが拒食症で激ヤセ?原因は公務のストレスとダイエット?

愛子さまは学習院初等科時代から不登校や雅子さまの同伴など、心配な要素が目立っていましたが、最近では激ヤセ画像が発表され拒食症を心配されています。今回は、拒食症と言われる愛子さまの現在の様子について追跡していきたいと思います!

愛子さまが激ヤセ?原因は?

愛子内親王(通称:愛子さま)といえば雅子さまの娘としてたびたび皇室の話題の的となりますが、その愛子さまの激ヤセが話題となっています。異常なヤセ方から愛子さまは拒食症なのでは?と噂されることもありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

愛子さまの年代別の画像とともに拒食症説を検証してきたいと思います!

拒食症とは?

拒食症とは、体重や体型の感じ方が異常になる障害です。痩せすぎていても自分で異常と感じられなくなる症状のようです。また、必ずしも食欲が無いわけではなく、過食が見られることもあることから、神経性やせ症という新しい病名が提唱されています。

 

回復には心身両面のケアが必要ですが、どちらも低栄養がすすむほど治療が難しくなるため、早期の対応が求められるようです。愛子さまは一時期37kg台まで落ちていたというので心配ですね...。

愛子さまの最近までの様子を画像でチェック!

愛子さまは正式には敬宮愛子内親王(としのみや あいこないしんのう)と言います。2001年12月1日生まれで第125代今上天皇の皇長孫という位置付けになります。

 

では、そんな愛子さまの拒食症にまつわる噂を画像とともに検証していきましょう!

幼少期

こちらが幼少期の愛子さまです。少しふっくらとしていて、健康的な顔立ちをされています。この時期の画像を見る限りでは、拒食症などの心配はまだない様子です。

 

ちなみに皇族の料理を作る専用の部署は宮内庁管理部大膳課と呼ばれており、食事も栄養面でバランスよく管理されているようです。余談ですが、古来から存在した毒味役は現代では廃止されている模様...。政敵などもいないので当然ですけどね!

中学校へ御入学

こちらは中学校へ御入学されてからの画像と思われます。愛子さまは学習院中等科へ初等科からそのまま御入学されています。中学生になった愛子さまは、少しふっくらした印象が強まったような印象も受けます。

 

とはいえ女子の平均体型は中高生でふくよかになるのが一般的と言われていますので、取り立てて「太った」ということができないかと思われます。

そして現在の愛子さまがこちら!

愛子さまは現在高校生ですが、こちらの画像が拒食症の話題を引き起こした原因と言われています。顔や体つきが今までとは比べ物にならないほどほっそりとしており、もはや病的なのでは?と思われるほどです。

 

愛子さまといえば、目が細くふっくらとしたイメージが強かったので、この画像は大きな衝撃を呼びました。「別人説」「拒食症説」など様々な憶測が飛び交いました。

激ヤセの原因は?

激ヤセした姿を露わにした愛子さまですが、なぜここまで痩せてしまったのでしょうか?また、本当に拒食症なのでしょうか?その原因について考えてみます!

①過度なダイエット説

一番に浮上するのが、過度なダイエットが原因ではないか?という説です。拒食症の患者によくみられる特徴ですが、痩せている状態が美しい、健康的と思い込んでしまっていることが多いようです。

 

結果として食べない状態が普通になってしまい、身体も食べ物を受け付けない体つきになってしまうようです。過度なダイエットから拒食症、という流れはよくあるものなので、愛子さまもダイエットにハマってしまい、拒食症に陥りかけているのかもしれません。

ちなみに愛子さまは勉強熱心で神経質なくらい真面目とも言われています(皇室情報なので真偽は不明ですが...)。小さい頃はテストで間違えた感じを何度もノートに書いて覚えていたとか。完璧主義な一面があるのかもしれません。

 

その完璧主義ゆえに、痩せなくてはと強迫観念に駆られることもあったのかもしれません。皇室で出される料理を残すことも多いようで、一緒に食事をしている雅子さまから叱責されることもあるようです。

②公務のストレス説

二つ目が公務のストレスです。これは愛子さまに限らず雅子さまや他の皇族の方にも共通して言えることですが、公務のストレスは想像以上にこたえるようです。来賓との挨拶や式典への参加など、きちっとした姿で出席していなければならないので、心が休まる時がないですよね。

 

私たち国民にはわからない苦労があるのでしょう。母親の雅子さまも「適応障害」と診断され公務を欠席する日が多かったくらいです、その結果、食欲も減退してしまい、料理が喉を通らなくなってしまったのかもしれません...。

③皇室のプレッシャー説

そして皇室で生きていくうえでのプレッシャーも愛子さまには負担だったかもしれません。初等科に通っていた頃は、愛子さまに登校拒否を思わせる様子があったようです。周囲に馴染めなかったり、周りの子からいじめがあったとも報道されています。

 

それもそのはずで、愛子さまの移動には側近が付き添い教室内でも先生が愛子さまを厳しく注意するのが憚られていたとか。午後から登校しても怒られない愛子さまに、周りの子は子供心ながら不平等を感じていたことでしょう。

 

やはり扱いが違いすぎると、同じ空間にいて温度差があるはずです。はじめは「皇族と学友になれる!」と意気込んでいた人たちも、周囲に馴染めない愛子さまから距離を取り出すようになったのではないでしょうか。

また周囲の大人からの期待もあったようです。愛子さまはたびたび成績優秀で東大入学も視野に入れていると報道されていました。しかし現在では学習院大学への内部進学が濃厚と言われております。愛子さまの勉強環境がどのようなものか想像はつきませんが、プレッシャーだったことと思います。

 

また、愛子さまは英語が堪能と報じられることもありました。雅子さまと英語で会話する時間があったほどで、相当熱心に鍛えられていたのだと思います。しかし、雅子さまも愛子さまも公に英語を披露する機会がほとんどないため、「実は全然話せないのでは...」と言われるようになりました。

 

実情としては、愛子さまが優秀というイメージが先行してしまい内実が追いつかなくなってしまったのではないかと思われます。周りの大人からの期待も激しかったことと想像されますので、プレッシャーがストレスと食欲減退に繋がってしまったのではないでしょうか?

ちなみに東大進学が報じられた愛子さまですが、現在では可能性はほぼゼロと考えられます。東京大学が推薦入学をはじめたことから、「もしや愛子さまも推薦で東大に...?」と言われましたが、それこそバッシングの嵐になるかと思われます。

 

ただでさえ数字による明確な基準を適用しにくい推薦入試に皇室が絡んだとなれば、「裏があるはず」「国民を押しのけて」と非難が集中するでしょう。一般での入学が薄いとなれば愛子さまの東大進学はないものとなるかと思われます。

愛子さまも実践?炭水化物抜きダイエットは危険?

愛子さまの拒食症に絡んでダイエット説が浮上しましたが、内容は炭水化物抜きダイエットではないかと言われています。ご飯やパンの炭水化物を抜いて糖質を抑えるこのダイエットは即効性がある一方で、危険とも言われています。

 

人の摂取エネルギーの大半が炭水化物なので即効性はありますが、脳や身体の機能低下、大衆の悪化、リバウンドによる肥満など、負の側面が極めて多いです。愛子さまが実践していたとなると栄養管理の部署が黙っていないとは思いますが...。

 

大膳課では皇族が食べ残しをしても口出しはできないようですが、かといって皇族の好きなものを好きなように食べられる訳ではありません。栄養管理はしっかり行われているはずなので、愛子さまのダイエット説は弱いような気もします。

一刻も早い回復を願います...

ここまで愛子さまの拒食症の噂に関して検証してきました!原因には様々な推測が経ちましたが、やはり公務や学校でのストレスが総合的に影響して拒食症の症状を見せはじめた、という説が濃厚かと思われます。

 

加えて愛子さまの完璧主義な性格や「痩せ志向」も影響していたのだと思います。皇族という特殊な立場に置かれて心痛な場面もあるかもしれませんが、海外留学も控えている愛子さまには、一刻も早く回復して健康的な姿を見せてほしいと思います!

関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ