記事ID137079のサムネイル画像

ドラマや映画に多数出演!カメレオン俳優中村倫也の過去の出演作品は

今回は、中村倫也さんについて紹介します。その中でも出演していたドラマについてまとめました!中村倫也さんが7つ出演しているドラマについてご紹介します! カメレオン俳優と呼び声の高い中村倫也さんは今よりも有名になる前どのような作品に出演していたのでしょうか?

中村倫也とは?

名前(ふりがな):中村 倫也(なかむら ともや)
生年月日:1986年12月24日
現在年齢:32歳
出身地:東京都
血液型:A型
身長:170cm
所属事務所:トップコート
職業:俳優

幅広く数多くの作品に出演された中村倫也さん。
不良役から、爽やかな好青年までと多種多様な役を演じ分け”カメレオン俳優”、”実力派俳優”と呼び声が高く、今も次々と話題作へ出演されています。

今回は中村倫也さんが過去に出演されていたドラマについてまとめてみました!

中村倫也が出演していたドラマは?

カメレオン俳優と称される中村倫也さん。1年間ずっとドラマや映画に引っ張りだこです。そんな中村さんの出演作品をご紹介します!

「風のハルカ」

風のハルカは、2005年10月3日から2006年4月1日まで放送された、連続テレビ小説です。
湯布院の父子家庭の下で貧しい家庭で育った主人公・ハルカが、大阪の別れた母の元へ行き、幸せの本当の意味を知り家族の再生を目指す物語です。

中村倫也さんはは、ドラマの中で神崎由紀夫という人物を演じています。
主人公のハルカの従弟役を演じていました。おっとりした話し方だけど芯はしっかりしていて、家の農業を手伝い、家業を継ぐことに誇りを持っています。
農村として湯布院の地域づくりを象徴する人物です。

「ハリ系」

ハリ系は、2007年10月13日から12月29日まで、毎週土曜日に放送していたドラマです。
中村倫也さんは、耳田ハリ彦という役で主演を務めました。連続ドラマ初主演のドラマです。

ハリネズから人間へと進化した人間(ハリ系)と普通の人間(人間はサルから進化したのでサル系)はずっと仲良くお互いに違和感を感じることなく暮らしてきました。
そんな中、ハリ系男子と普通の人間の女の子が恋に落ちます。
見た目とは普通の同じ人間なのに、背中にハリがあることからうまくいかない二人。二人の恋を中心に展開していくファンタジードラマです。

「お義父さんと呼ばせて」



お義父さんと呼ばせては、2016年1月19日から 3月15日まで、毎週火曜日22時から22時54分に、関西テレビ制作のフジテレビ系の火曜の22時に放送された日本のテレビドラマです。

中堅商社やまびこ商事で働く大道寺保という主人公は、51年の人生で自分の幸せを切実に願い、付き合っていた28歳年下の美蘭に結婚を申し込みます。一方で美蘭は、大企業帝洋物産の役員の娘で、その事を彼氏の保に隠していました。家族に挨拶に行き、初めて保と父親が同い年だと分かったとき、生き方が全く違う彼氏と父親が対面し、対決していくドラマです。

中村倫也さんは、美蘭という娘の兄を演じ、父親のおかげで有名企業に入社しました。女装趣味がある事が発覚し家族に言いだせずに悩んでいたところを発見され、ありのままの自分をさらけ出せと説得され、家族の前でカミングアウトする役を演じています。

「スーパーサラリーマン左江内氏」


スーパーサラリーマン左江内氏は2017年1月14日から3月18日まで日本テレビ系毎週土曜日21時から21時54分に放送されました。番組改編に伴い21時スタートのドラマはこれが最後となりました。
主演は堤真一さん。原作の設定を受け継ぐも、オリジナルのお話や、他の藤子・F・不二雄のネタを取り入れられてました。ドラマの監督・脚本を手掛けたのはコメディドラマや映画ではなくてはならない人福田雄一さんです。

ごく平凡なサラリーマン、左江内がいた。左江内はなるべく責任を背負わず過ごしたいという人柄。ある日、「スーパーマン」を自称する男性に付きまとわれ、スーパーマンになってくれないかとお願いを受けます。左江内はそれを本気にせずに相手にほったらかしていましたが娘の危機を知り、引き受けることになります。
受け取った「スーパー服」にはさまざまな能力があり、それを生かして正義のために仕事や家庭での合間、夜など戦わないといけない毎日。しかし、左江内が戦う相手は、ごく日常の揉め事ばかりでした。

中村倫也さんは、ムロツヨシさん演じる刑事・小池の部下、刈野助造という警察官役で出演されました。

ホリデイラブ

ホリデイラブは2018年1月26日から3月16日までテレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠で放送されていました。

原作はこやまゆかりさんの『ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜」です。
結婚して7年の平凡で幸せな夫婦。3年前から夫が単身赴任で家に週末しか帰らないという生活を送っていました。そんな中で夫の口から「浮気」をしたという残酷な現実を突きつけられます。相手の女の家に上がり込んだいたことが相手の旦那にバレ、そこからストーリーが始まります。

中村倫也さんは浮気相手の旦那役で猜疑心が強く、家庭では妻を束縛している井筒渡役を演じていました。

手紙

この作品は累計発行部数240万部を超え、映画かも舞台化もされたことのある東野圭吾の代表作品です。『手紙』は2018年12月19日にテレビ東京系で亀梨和也さん主演で単発ドラマとして放送されました。

東野圭吾の作品と言えば『ガリレオ』シリーズや、『マスカレード・ホテル』シリーズをはじめとする所謂ミステリー系の作品が多いですが『手紙』は、強盗殺人犯の弟という肩書きを背負った主人公が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、将来自分の家族を持つまでの軌跡を兄弟の手紙を通して描いた物語です。

中村さんは、犯罪を犯した主人公のお兄さんの恋人の婚約者役を演じていました。

初めて恋をした日に読む話

初めて恋をした日に読む話は2019年1月15日から3月19日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されていました。


主人公・春見順子(深田恭子)は高校時代まで男勝りな優等生でした。大学受験で東京大学を受けるも失敗。就活も恋においてもことごとく失敗し、一緒に住む家族との関係も悪化していきました。そんな中、髪をピンク色に染め上げた不良高校生・由利匡平(横浜流星)に出会います。とても低レベルの高校に通う彼が父親を見返したいという理由から東大へ合格させてほしいと頼まれます。そんな2人が0から東大合格を目指す、東大合格奮闘劇です。


中村さんは、春見の高校の同級生で元不良の高校教師。由利の担任の山下一真役を演じられました。

これからも中村倫也さんから目が離せない!

話題作へ次々と出演が決まり、今後も大注目な中村倫也さん。
7月1からは、黒木華さん主演のTBS系金曜ドラマ「凪のお暇」に出演されます。

主人公が引っ越したアパートの隣の部屋に住む男。物語の鍵となります。見た目はやばそうだけど、性格はとても優しい穏やかな安良城ゴン役を演じられるそうです。

今回は、中村倫也さんについてご紹介しました!
高校1年生のころに所属事務所からスカウトされたことがきっかえで芸能界へ入られました。清潔感はあり爽やかな顔とは裏腹に落ち着いた低めの声でとても魅力的です。

俳優デビューをした2005年以降、映画30作品以上、ドラマ90作品近く、舞台25作品以上に出演され、最近ではディズニー映画『アラジン』の実写化で声優デビューもされています!

今ではドラマ、映画、舞台に引っ張りだこな中村倫也さんから今後も目が離せません!

下にある動画は中村倫也さんについてです。プロフィールなど書いてあって彼についてとても知ることができるとおもいます!

中村倫也について

関連記事はこちらから!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ